クロスバイクの改造カスタマイズやロードバイク自転車情報

ESCAPE Airと自転車ライフ

チェーン 自転車メンテ・改造

ミッシングリンクが外れない!チェーンから付け外しする方法

更新日:

自転車チェーンにミッシングリンクを取り付けた結果とポイント

クロスバイクやロードバイクのチェーンに取り付けるミッシングリンクの付け外し方法についてまとめています。

ミッシングリンクとは?

ミッシングリンク

チェーンの付け外しを楽にするスモールパーツ

ミッシングリンクはチェーンを接続するための小さなパーツでチェーンのコマとしてチェーンに取り付けて使用します。

チェーンを接続する場合、普通はコネクトピンと呼ばれる接続用のピンをチェーンの関節部分に打ち込むのですが、コネクトピンの場合は一度接続してしまった後はチェーンカッターを使ってピンを押し出してチェーンを切断するしかありません。要するに使い捨てです。

しかし、ミッシングリンクを使用するとチェーンカッターを使わずともミッシングリンクを指でスライドさせることでチェーンから付け外しできるようになり、チェーンの付け外し作業をグッと楽にしてくれる素敵なパーツです。

ミッシングリンクの買い間違いに注意!

ミッシングリンクを購入する際の注意点はギアの段数とチェーンのメーカー(シマノかカンパニョーロの確認が必須です。

それぞれに規格が違いますから買い間違えると使用できないので注意してください。

● スプロケットのギアの段数に注意(対応した段数のものを使用する)
● チェーンメーカーに注意(シマノかカンパニョーロ)

クロスバイクのチェーンにミッシングリンクを取り付ける

簡単に付け外しができるミッシングリンク

ミッシングリンクを実際にチェーンに取り付けている人がいるのか気になったので、調べてみると思っていたよりもずっと多くの人が使用しているようです。

チェーンの取り付け取り外しが自由にできてメンテナンスがしやすくなるというのはやっぱり魅力的なのだと思います。

ミッシングリンクの付け外しはとても簡単で、取り付ける場合はチェーンに引っ掛けたミッシングリンクのパーツを合わせればスッと入る感じで固定されますし、外す場合は指先でミッシングリンクを挟んでスライドさせる程度でスルッと外せるようです。

ところがいざミッシングリンク取り付けてみようとすると全然取り付けできません

取り付け取り外しが難しいミッシングリンク

ミッシングリンクが取り付けられない

でミッシングリンクの付け外し方を動画でチェックすると、スッ、スッと付け外しが出来るはずなのですが、何故だか僕のミッシングリンクは全然取り付けできませんでした。

ミッシングリンク自体が曲がってしまうんじゃないかと思うくらいに思いきり力を加えても全然取り付けできないのです。

いくら頑張ってもミッシングリンクを取り付けできないので途中で諦めて、コネクトピンでチェーンを繋いでしまおうかと思ったくらいでした。

ミッシングリンクには個体差がある

何度もミッシングリンクを取り付けようと頑張ってみましたがどうしても取り付けられません。しかしチェーンから外してパーツだけにした状態だと簡単にハメることができます。うーん。

ミッシングリンクがハマらない
ミッシングリンクをずらした状態

160811_4
ミッシングリンクを合体させた状態

ミッシングリンクが付け外しできないのは個体差の所為?

ミッシングリンクが取り付けられないのでいろいろ調べてみると、ミッシングリンクには個体差が結構あるみたいで、ユルユルでスッとハマるものもあれば、キツキツで押しても引いてもハマらないものまで色々なパターンがあるようです。

取り付けできないミッシングリンクの取り付け方

1.チェーンにミッシングリンクをセットします

ミッシングリンクの取り付け方

この時に、針金などでチェーンを繋いでおくと、チェーンが固定されるのでミッシングリンクも取り付けやすくなります。

2.ミッシングリンクをセットした状態でペダルを踏み込む

ミッシングリンクを取り付ける width=

次にミッシングリンクをチェーンに引っ掛けてセットした状態でペダルを踏み込むと「カチッ」って感じでハマります。ペダルを踏む際は後輪が空転しないように接地させてからペダルを踏み込んでください。

ミッシングリンクの外し方

ミッシングリンク・リムーバーを使用する

ミッシングリンクの外し方

ミッシングリンクを外すのはもっと大変です。ミッシングリンクを外そうと両端から押さえつけようとしてもチェーンがグニグニするだけで絶対に外れません。

そこでミッシングリンクリムーバーというミッシングリンクを外すためだけに存在するペンチのような工具を使用します。

専用工具があるくらいですから、ミッシングリンクは手では簡単に付け外し出来ないというのがむしろ普通なのかもしれません

ミッシングリンクコネクタとリムーバ

実はミッシングリンクのメーカーとして有名なKMCの工具にはミッシングリンクコネクタとリムーバの2種類があり、取り付け用と取り外し用があります。

探してみるとKMC以外の工具の場合は、コネクタとリムーバを兼ねているようです。なぜKMCが工具をわざわざ分けているのかは不明ですが、一つの工具で済むものならばそちらが良いということで、僕は付け外しできる工具を購入しました。

専用工具を使用すると今までの苦労が何だったのかと思うくらいにあっさりとミッシングリンクの付け外しが出来るようになりました。

ミッシングリムーバーについては下記の記事でレビューしていますので参考にしてください。

参考 → ミッシングリンクが外れないのでミッシングリンク用リムーバーを購入

ミッシングリンクの付け外し方法のまとめとポイント

ミッシングリンク取り付けのポイント

● チェーンをカットする位置を間違わない(カットする位置によっては取り付けできません。)
● スプロケットの段数に応じたミッシングリンクを使う(段数によってチェーンの厚みが違う)
● シマノ用とカンパニョーロ用がある
● ミッシングリンクを取り付けるタイミングと取り替えるタイミングはチェーン交と同じ

ミッシングリンクはゴールドがおすすめ

ミッシングリンクをゴールドにするとメンテナンス時の目印になる

KMCのミッシングリンクにはシルバーとゴールドがあります。シルバーの方がチェーンの色に近いのでミッシングリンクを付けていると思われたくない人はシルバーを選択すれば良いと思いますが、ゴールドを選択するとミッシングリンクの位置が一目で判るので僕は敢えてゴールドを使用しています。

ミッシングリンクの色がチェーンと違うとチェーンの清掃や注油の際にスタート位置の目印になるのでおすすめです。

ミッシングリンクを活用してチェーンを長持ちさせる方法

ミッシングリンクを上手に使うポイント

コメント欄で頂いたミッシングリンクの活用方法が大変参考になったので紹介させていただきます。

KMCなどのミッシングリンクを買うと2ピース付いてくるのでチェーンも2本用意します。そしてミッシングリングを取り付けたチェーンで1000Km程度走行したタイミングで、もう1つのチェーンに交換します。

取り外したチェーンとミッシングリンクはまだ使えるので、ビニール袋に入れてその中にチェーンオイルをスプレーして密閉して保存しておきます。(オイルと一緒に密閉しておくことでオイルが馴染むのと防錆の効果があります。)

再び1000Km程度走行したタイミングで最初のチェーンに交換するというやり方をすると、1本だけを限界まで使用するのと比べてチェーンもミッシングリンクも長持ちするようです。

以上、ミッシングリンクを付け外しする方法と活用方法などについてまとめてみました。参考になれば幸いです。

ミッシングリンク一覧

8速用ミッシングリンク

9速用ミッシングリンク

10速用ミッシングリンク

11速用ミッシングリンク

-チェーン, 自転車メンテ・改造
-, ,

Copyright© ESCAPE Airと自転車ライフ , 2018 All Rights Reserved.