*

自転車の盗難防止ロックは鍵式かナンバー式かどちらがお勧め?

公開日: 盗難対策, 自転車全般

自転車の盗難防止ロックは鍵式かナンバー式かどちらがお勧め?

クロスバイクやロードバイクに必要不可欠な盗難対策。
いろいろなタイプのロックがありますが、僕の場合、乗用しているのはU字ロックとワイヤーロックの2種類です。

そしてU字ロックには鍵式のモノを、ワイヤーロックにはダイヤルをクルクル回すナンバー式のモノを使用しています。

そこには僕なりのちょっとしたコダワリがあるわけですが、自転車の盗難防止ロックは鍵式が良いのかナンバー式が良いのかを、それぞれの特徴を踏まえて考えてみたいと思います。

sponsored link

スポーツバイクの盗難防止用のロックの鍵式とナンバー式の特徴比較

鍵式の自転車盗難防止用ロックのメリットとデメリット

自転車盗難防止用ロック鍵式のメリットデメリット

防犯性の高さで考えるならばナンバー式よりも鍵式の方が優れていると思います。鍵式もピッキングなどが考えられるので完璧ではありませんが、それでもただナンバーを回転させていけば素人でも開けられてしまうナンバー式と比べれば、よっぽど安心感があります。

ただし、常に鍵は持ち歩く必要があるので、コンビニなどに立ち寄る際にも、財布やカバンの中から鍵を取り出さなくてはいけないので、ナンバー式と比べると多少面倒になります

また、鍵を失くしてしまうと開けられなくなってしまうのもちょっとした難点かもしれません。自宅で失くしてしまう場合はまだ対処の方法があるとは思いますが、出先で鍵を失くしてしまうと、盗難されてしまって自転車が無いのに次ぐくらいのショックがあるはずです。

目の前に自転車があるのに乗って帰れないというのは、なんとも辛いものです。そんなわけで僕は鍵式を使う場合はスペアキーも持ち歩くようにしています。ウッカリさんはそれくらいの準備をしておかないと不安なのです。

ちなみに鍵式のロックには通常数本のスペアキーが付いていて、それぞれにシリアルナンバーが付与されているので、仮に全て失くした場合にはメーカーにシリアルナンバーを伝えると有償ですがスペアキーを入手することができます。

鍵式ロックのメリット
● ナンバー式より防犯性が高い

鍵式ロックのデメリット
● 鍵を持ち歩く必要がある
● 鍵を失くすと厄介

ナンバー式の自転車盗難防止用ロックのメリットとデメリット

ナンバー式の自転車盗難防止用ロックのメリットとデメリット

ナンバー式は鍵が無いのでウッカリ鍵を失くしてしまうような事故が無いことや、すぐに施錠できるお手軽さが鍵式と比べて優れている点だと思います。

手軽さの反面、防犯性に対しては番号を回して行けば誰でもそのうち開けらるので、長時間自転車から離れる際に使用するには、ちょっと心もとない気がします。

実際問題で、ナンバー式の鍵だけかけて長時間自転車から離れるなんてことは僕自身はしないでしょう。

ナンバー式ロックのメリット
● 鍵が無いので手軽

鍵式ロックのデメリット
● 時間さえかければ誰でも開けられる

スポーツバイクの盗難防止用のロックは鍵式とナンバー式の使い分けがポイント

スポーツバイクの盗難防止用のロックは鍵式とナンバー式の使い分け

鍵式とナンバー式のロックそれぞれに長所と短所があるため、それぞれの特徴を考えた使い分けがポイントになるかと思います。

僕の場合だと、コンビニに立ち寄るなど、ちょっとだけ自転車から離れるような場面では、手軽なナンバー式の鍵を使用して、駐輪場などに長時間駐輪する際にはナンバー式に加えて鍵式のロックをするという、いわゆるダブルロックをして、場面に応じた使い分けをしています。

そうすることで、それぞれの特徴を活かした盗難対策が出来るように思うのです。

使用頻度が圧倒的に高いのがナンバー式自転車用ロック

ちなみに最初にGIANTストアで店員さんに奨められて購入したナンバー式のワイヤーロックは、上の写真のようにクロスバイクのフレームに装備した状態で使用していました。

自転車本体に取り付けられるスタイルは、かなりお手軽なので、それはそれで気に入っていましたが、走行中の見た目があまり良くなかったので取り外し、折りたたみ式のフォールディングロックに変更しました。

フォールディングロック

コンパクトなフォールディングロック

フォールディングロックはワイヤーロックに比べて切断されるリスクも低く防犯性が高いことや、使用しない時は折り畳んでポケットに入るくらいにコンパクトになるので気に入って使用しています。

ポタリングやロングライドなど、ほとんど自転車から離れないようなことが想定されるようなサイクリングの場合は、なるべく荷物を少なくするという点でもナンバー式のフォールディングロックは使いやすいので持っておくと便利だと思います。

つまるところ、自宅保管が基本で、あまり自転車から長時間離れないような使い方であれば、お手軽なナンバー式のロックがおすすめになりますし、僕のように駐輪場保管で自転車から長時間離れるような時に使用することを考えているような人には鍵式のロックがお勧めです。

以上、鍵式とナンバー式のロックについて考えてみました。自転車の盗難対策を考える際の参考になれば幸いです。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑