交通安全・危険防止 自転車全般

高速走行中に自転車のブレーキが利かなくなった時の対処法

更新日:

自転車のブレーキが利かなくなった

どの自転車メンテナンス本を読んでも、日頃の走行前点検の項目の一つに、必ずブレーキの点検が含まれているくらいに、自転車のブレーキは安全運転するにあたって非常に大切な部分というのは、わざわざここで書かなくても分かり切っていることかと思います。

そんな安全運転の要であるブレーキが、もしも高速走行中に効かなくなったら・・・あってはいけないことですが、トラブルはいつ起きるか分かりません。

スポーツサイクルで長い坂道を下ったりすると簡単に法定速度くらいは出てしまうわけですから、自転車と言えども一歩間違えば非常に危険です。

万が一のことも考えて、もしも高速走行中に自転車のブレーキが利かなくなった時にどう対処したら良いかということも頭にいれておいた方が良いかもしれません。

高速走行中に自転車のブレーキが利かなくなった時の対処法

自転車のブレーキが利かなくなった時の対処法

現実的な対処法

片方だけで緩やかに減速する

ブレーキは前後付いているので、両方同時に効かなくなるなんてことは滅多にないと思われます。残されたブレーキを酷使し過ぎない程度に緩やかに減速するのが良いようです。

というのも、急ブレーキをかけるとタイヤがロックしてしまい、前輪の場合は後輪が浮いて垂直になってしまうジャックナイフと呼ばれるような状態になってしまいますし、後輪の場合はスリップの危険があります。

前後どちらにしても、一気にブレーキをかけるのではなく、時々緩めながら徐々に減速していくのが基本ということを覚えておくと良いようです。

安全そうな場所に突っ込む

突っ込んでも大事にならなさそうな場所があれば、迷わず突っ込んでとにもかくにも停車させる方法。

山道など長い下り坂が続くような道では、ブレーキトラブルが発生した自動車やバイクが突っ込めるような緊急避難場所のようなものがあったりします。そういう場所を見つけたら迷わず突っ込むのが良いと思います。

足で地面を擦ってブレーキをかける

この方法が一番現実的な気がしますが、問題は多くのスポーツサイクルの場合、足が地面に届くか届かないかくらいの高さでポジションを出していると思うので、実際問題で実践するのは難しいかもしれません。

現実的でない対処法

ガードレールなどに車体をこすりつけて減速する

完全に捨て身な技です自動車でのみ有効な荒技。生身の自転車ではまず無理でしょう。

足をホイールに差し込んで無理矢理ブレーキ

絶対にやってはいけないことの一つ。
学生時代に興味本位で試したことがあります。
緩いスピードでしたが車体が反転するほどの衝撃があり、分厚いバスケットシューズを履いていなければ足の指を飛ばしてしまうところでした。

自転車のブレーキトラブルをなくす為の基本

自転車のブレーキトラブル
前後両方のブレーキが利かなくなってしまった場合は、これと言った対処方法も無く、運を天に任せるしかない状態になってしまうようです。

ではどのようにすれば自転車のブレーキトラブルを減らすことができるかを考えてみました。

走行前点検の実施

走行前にブレーキの効きが悪くないか、ワイヤーが緩んでないか、ブレーキシューは擦り減っていないかなどを必ず確認してから乗り始める。最初は面倒でも習慣付けてしまえば当たり前のこととして実践出来るようになると思います。

走行前点検を習慣付けるだけで、自転車乗車中のブレーキの制動に関する不安はほとんど感じることなく乗れるようになりました。

リムが汚れているとブレーキの制動力が落ちるので、リムの点検と清掃も忘れずにおこないましょう。

正しいブレーキングを身につける

ブレーキングの基本は、前後のブレーキを併用することで制動力が良くなる。
前後どちらかだけを使うようなブレーキの掛け方はバランスを崩して危ないので注意。ブレーキをかける順番は、後ブレーキが先
また、一気にブレーキをかけるのではなく、分割してブレーキをかけるポンピングが基本。

スピードを出し過ぎない

坂道をスピードを上げて下るのは最高に楽しいし気持ち良いのは理解出来るところですが、自転車のブレーキの制動力は自動車やバイクに比べて高くないということを頭に入れて、節度ある速度で走るようにする必要があると思います。

スピードを出さないというのは安全運転の基本です!

【参考】スピードを出すことをやめたら自転車がさらに楽しくなった3つの理由|Escape airと自転車ライフ

スピードが出ている時にブレーキが効かなくなったら・・・と考えると「恐いな・・・」と思うことも多く、何か画期的な解決策は無いものかどうかを調べてみましたが、基本的にはそんな夢のような対応策は無いようです。

実際にトラブルになってからでは遅すぎるので、日頃からメンテナンスを欠かさず、速度も必要以上に出さないような安全運転を心掛けたいものですね。

-交通安全・危険防止, 自転車全般
-

Copyright© ESCAPE Airと自転車ライフ , 2017 All Rights Reserved.