*

クロスバイクを10速化(11速化)するためのパーツと選択した理由

公開日: 10速化・11速化, コンポーネント, 自転車メンテ・改造

クロスバイクを10速化する
僕の愛車であるクロスバイクのESCAPE Air のコンポーネントをshimano 105で10速化(11速化)してしまおうと計画しパーツを購入しました。

最初は単純に105のグレードのパーツを買い集めれば良いとばかり思っていましたが、実際購入しようとすると、各パーツの中にもいろいろと種類があるようで、自分のフレームや用途に応じて適切なパーツを買い揃える必要があるようです。

僕自身が購入の際につまづいたポイントも含めて、僕がESCAPE AirをShimano105で10速化(11速化)するために買い揃えたパーツを紹介しておきます。

クロスバイクのESCAPE AirをShimano 105で10速化(11速化)するために僕が選んだパーツ

クロスバイクを10速化するためのパーツ

フラットバー用のシフター

シマノ SL-RS700 Rapidfire Plus シフトレバー シルバー (左右セット)

僕がシフターとして選択したのはSL-R770
現在は廃盤になっている10速用のフラットバー用のシフターです。現在流通している10速用のシフターはSL-R770の後継となる105グレードのSL-R780になります。
11速用は同じく105グレードでSL-RS700になります。


実は僕、間違った物を購入してしまい、片方だけ買い直すという失敗をしてしまいました。

買い間違えたのはSL-R770
実はこれはフロント3速用なので左側のフロントシフターのインジゲーターが3速表示されています。

しかし僕が購入したクランクはフロント2速用なので、本来買わないといけなかったフロント用のシフターは2速用のSL-R770-D-Lが正解だったのでした。

実際問題でSL-R770はフロント2速との互換性もあるので、使えないこともなかったのですが、インジゲーターに使わない3速の目盛りがあるのも気持ちが悪いですし、フロントディレイラーも3速用のものに買い直す必要があったので、泣く泣く2速用のSL-R770-D-Lを再注文したのでした。

現在のSL-R780、SL-RS700ともにフロント2速用っぽいので同じような買い間違いをすることは無いかと思いますが、こう言った小さな違いで型番違いになっているパーツが意外と多いので気をつけたいところです。

フロントディレーラー 2速用

シマノ FD-5800 ブラック バンドタイプ31.8mm(28.6mmアダプター付) 2X11S W/TL-FD68 FD-5800

フロントディレーラーも購入時に注意が必要なパーツになります。
まず変速がフロント3速用と2速用があります。
11速の現在の105には2速用しかないようなのでこの点で間違うことは無いと思いますが、Tiaguraなどは3速もあるようなので、取り付ける予定のクランクとシフターのフロントの段数と合わせて購入しましょう。

次に悩むのが、バンドタイプか直付けタイプかになります。
バンドタイプはクランプを使用してフレームに固定させる方式のもので、直付けタイプはフレームに取り付け用のボルト穴が既に空いていてクランプ無しでも取り付けられるというものです。

いずれにしても、現在自分の自転車に取り付けられているフロントディレーラーを確認すれば、どちらのタイプを選べば良いかの判断ができると思います。

ちなみにクロスバイクのESCAPE Airは取り付け部品が有るタイプ、つまりはバンドタイプを購入するのが良いでしょう。

リアディレイラー

シマノ リアディレイラー SS対応 CSロー側最大23-28T RD-5800 ブラック

リアディレーラーも種類があります。
SSタイプかGSタイプになり、対応するスプロケットの最大幅が違ってきます。

SSタイプが最大28Tまで対応。GSタイプが最大32Tまで対応しています。

ヒルクライムなどの世界ではどの程度のスプロケットを使っているかで脚力を判断されることもあるようで、その判断されるラインとして最大のギアが25Tか28Tだそうです。

つまりは28T以上のギアは坂道でも探して山にでも行かない限りは必要の無いギアと言えると思えるので、通常はSSタイプを選択して間違いないと思います。

ESCAPEシリーズなどのクロスバイクにありがちな大きなギアを取り付けて激坂にも対応出来るようにしたいのであればGSを選択した方が良いでしょう。

いずれにしてもここで選択したディレーラーの範囲の歯数のスプロケットを選択することになります。


カセットスプロケット

カセットスプロケット

走りの具合を大きく左右するのがカセットスプロケット。
日頃どこを走るかを基本に選べば良いと思います。市街地メインであれば歯数の差が少ないクロスレシオなカセットスプロケットを選べば良いでしょうし、山道などに出かけたい、坂道の多い場所を走るのであれば、大きな歯数のギアガあるワイドレシオなカセットスプロケットを選んだ方が快適だと思います。

僕の場合は、市街地メインなので12-25Tをチョイス。
クロスレシオなカセットスプロケットで僕の脚力だと山道は当然走れない選択ですし、市街地でも長い坂だとちょっと苦労してしまいますが、それでもまぁ市街地で出て来る程度の坂道であれば乗り切れないこともないので良しとしています。

逆に言うと、クロスバイクの標準であるようなフロント3速xリア8速で、市街地を走るにはものすごく無駄なギア構成だなと思ったりします。まぁたまにしか変速しなくて良いので楽と言えば楽ですが。

チェーン

11速用チェーン

105も11速化したので11速用のチェーンを買えば間違いないと思います。チェーンに関してはDURA-ACEでもそれほど高くはないのでメンテナンスのし易さや一転豪華主義的にチェーンだけDURA-ACEにする人も多いようです。

ボトムブラケット BB

シマノ ボトムブラケットSM-BB9000 BSA ロード用 付属/TL-FC24   68mm

サイズはBSAかITAの2種あります。
BSAとあるものはJISサイズと呼ばれる68mm幅。
品番にBC137と入っていたりするためBC1.37と呼ばれたりもするようです。
ITAはイタリアンサイズは70mmになります。

クロスバイクの場合はほとんどの場合でBSA(JIS規格)の68mmを選択しておけば間違いはないと思います。

チェーン同様に、DURA-ACEでも価格はそんなに高くないのでBBだけDURA-ACEにしている人も多いようです。

クランクセット

シマノ クランク105 170mm FC-5800 ブラック 34X50T

クランクには長さと歯数に種類があるので選択に迷ってしまうパーツの1つ。

現在の主流はコンパクトクランクと呼ばれる一回り小さいサイズのものらしく、ノーマルクランクと比べて軽いギアになるので、同じカセットスプロケットを使用していてもコンパクトクランクの方が漕ぐのが楽になります。それ故、脚力ギリギリのカセットスプロケットを使っている人達からすると「貧弱」と呼ばれることもあるとかないとか。

ノーマルクランクは52x39Tとかの53x39Tギア構成。
コンパクトクランクは50-34Tなどのギア構成。

僕はノーマルクランクである52x39Tを選択しましたが、市街地を走るレベルであればどちらでも良いと思われます。

クランクは、長ければ長いほど大きな力で回せるようになり、短いクランクのほうが速い回転をさせやすくなります

クランクの適正な長さは身長によって決めることが多いようで、僕が購入したクロスバイクのESCAPE AirのMサイズのフレームには170mmのクランクが付けられていたため、新たに購入したクランクも170mmのものを選択しました。

160cm以下だと165mmのクランクを選択した方が無難のようですが、165mm~170mmを選択しておけばほぼ良い感じになるようです。172.5mmや175mmは余程身長が高いとかでない限りは選ばないようです。

クロスバイクを10速化(11速化)するために気をつけるべき購入ポイント

なんだかんだで、出費が重なる中で、買い間違いの買い直しで出る出費ほどバカらしいモノは無いので、クロスバイクを10速化(11速化)させる際にパーツを購入する時には、下記のポイントに留意しておくと良いと思います。

フロントのギア数を合わせる
今だと2速用が標準になると思います。
シフター、フロントディレーラー、クランクセットで変速ギア数を合わせましょう。

フロントディレーラーはクランプの有無を確認する
フレームに直接取り付けるタイプか、クランプやバンドなどで固定するタイプかを確認してから購入しましょう

リアディレラーのサイズ
通常はSSを選択。大きなギア(30以上など)のスプロケットを使う場合はGSを選択。

カセットスプロケット
山に坂でも探しに行かない限りはクロスレシオなものを選択しておいた方が無難。
最大ギアで28T以下が目安。

ボトムブラケット
クロスバイクならBSA JIS規格の68mmを選択。

クランクセット
市街地メインならコンパクトクランクでもノーマルクランクでもどちらでもOK。
クランクの長さは165mm〜170mmが標準サイズ。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑