*

自転車にアクションカメラを付けてドライブレコーダーにして車の幅寄せ対策をしてみる

公開日: 交通安全・危険防止, 自転車全般

アクションカメラをドライブレコーダーにしてみる

自転車に乗って車道を走っている時に、風圧を感じるほどに幅を寄せて、猛スピードで抜き去って行く車に遭遇したりします。

ヒヤッとするどころか、死さえ頭をよぎる瞬間です。

日頃のニュースを見ないのか、勉強しないのか、未だに自転車が車道を走ることが間違いで、それが気に食わないと思っているドライバーの方もいるようで、邪魔だから歩道を走れと言わんばかりに、すれすれを追い抜いて行く車。

僕も車の運転をする身ですから言わせてもらうと、故意、あるいは危険だと思っていないのいずれかですから、なおさら腹が立つ行為なのです。

そこで車の幅寄せ対策として考えたのがアクションカメラをドライブレコーダー(サイクルレコーダーだよね)として使用して車に逆プレッシャーをかけられないか、ということ。

車の幅寄せ対策にアクションカメラは使えるか

アクションカメラと言えば、オフロードバイクのダウンヒルやMTBなどでは録画された動画が人気だったりで、自転車乗りならずとも知らない人は居ないんじゃないかと思える小さなビデオカメラです。

ロードバイクの場合は、レースなどでの番組などで使用されているのを良くみかけます。ツールドフランスなどでも使用されていましたし、してなかなか楽しいものだと思います。

最近ではフレームの軽量化が進んだために、レース規定の重要に満たすためのウェイトとしてアクションカメラを敢えて搭載するなどもあるとかないとか。

で、アクションカメラの定番と言えば、GoPro(ゴープロ)と言いたいところですが、何せ高価なカメラの為、僕は中国の携帯電話などを手掛ける大手メーカーが作った格安アクションカメラを使用して、実験的に車載動画を撮影してみることにしました。

アクションカメラをドライブレコーダーとして使ってみる


上記のように同じアクションカメラの括りでも価格が大きく異なります。しかしそこまで性能に差があるかと言われれば、用途にも依りますが、個人的にはほとんど差は無いものと感じています。

これを自転車に取り付けて、録画しながら走行してみれば、ドライブレコーダーとして使えたりするかな?ということをやってみたくなったのでした。

アクションカメラのxiaomi Yiを自転車に取り付ける

自転車にアクションカメラを取り付ける

とりあえずカメラをハンドルやシートポストに取り付けるための台座が必要になるのでカメラマウントを購入。自由に角度を調節できる雲台です。

アクションカメラをシートポストに取り付ける

こんな感じで、アクションカメラのxiaomi Yiをシートポストに取り付けてみました。存在感有り過ぎですが、目的としてはこれくらいの方が良いかもしれません。

アクションカメラのxiaomi Yiで撮影した結果

早速、この状態でいろいろな場所を走って撮影してみた結果です。

本来ならば動画をアップしたいところですが、ナンバーのモザイク処理などが面倒だったため、フレームを画像をで書き出したものを数枚アップしておきます。

アクションカメラをドライブレコーダーにしてみて撮影

自転車にアクションカメラを搭載して撮影

アクションカメラを自転車に搭載して撮影

画像を見てもお分かりいただけると思いますが、思っていた以上にはっきりと撮影することが出来ました。

自転車たまらん坂忌野清志郎
ちなみに最後の写真の現場は、ロードバイクでのツーリングを趣味にしていたことで有名なミュージシャンの忌野清志郎さんのファンならピンと来るであろう、たまらん坂。
ファンでない方にはどうでも良い情報です。

自転車にアクションカメラを取り付けてドライブレコーダーに出来るか?のまとめ

自転車のドライブレコーダーとして使えるか?

夜中の暗い道でも撮影してみましたが、ライトがあれば意外としっかりと映すことができました。

解像度が低くてもそこそこ綺麗に撮れますし、長時間撮影できないというバッテリーの問題だけが気になりますが、それでも一時間半程度は撮影できるので、街乗り程度だと必要十分だと思います。

目的である、幅寄せ追い抜きをさせないという点については、この日の走行に関してはヒヤッとさせられるような追い抜きはありませんでした。

それがカメラを搭載していたからかどうかは、もう少し長い期間使用してみないと、なんとも言えない感じではありますが・・・

ただ、手応えとしては効果あるんじゃないかなと思いますし、何かあったときの記録としては十分役立てそうです。

撮影した動画は楽しいか?

最初は楽しいかな・・・と思ったんですが、車でもドライブレコーダーの映像を眺めて楽しんでいる人が居ないのと同じように、非常に淡々とした動画になるので、全くつまらない、というのが正直な感想です。

グループ走行であるとか、レースの動画などであれば、は楽しいようですが、一人で走っている動画なんて・・・ですね。

FDR-X1000VPhoto via:http://www.sony.jp/actioncam/products/FDR-X1000V/feature_4.html
SONYのアクションカメラであるFDR-X1000VなどはGPSを内蔵していて、専用ソフトを使えば、地図や速度、距離なども併せて表示出来るなどで、これであれば、走行記録でも楽しめそうです。

そんなこんなで、幅寄せ対策としてはちょっとした手応えのようなものも感じることができたので、自転車に搭載していてもう少しサマになるようなカメラ、例えば上記のFDR-X1000Vなどを本気で検討してみても良いかもしれません。

楽しむことを除けばpanasonicのHX-A1H-Dが小型で45gの軽量な他デザインも良く、拡張バッテリーやハンドルバー専用のマウントなども充実していて、個人的には第一候補かも。

ちなみにスペック的には、実撮影で35分、拡張バッテリー45分程度だそうです。レビューを見ても自転車で使用している人が多いのも特徴。



こうしたちょっとした工夫で、安全に運転できるようになり、ストレスが少しでも減れば、十分に投資する価値はあるんじゃないでしょうか。

Comment

  1. より:

    安全運転でたのむわ

  2. ああ より:

    参考になりました
    ただこれって車道を右側走行してないですか?

    • escape air より:

      ああ様
      コメントありがとうございます。
      あー。見方によっては右走行に見えますね。。。
      見切れているタイヤは後輪です。つまりは後方カメラになってます。煽り対策には後方カメラの方が良いかなと思った次第です。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑