クロスバイクの改造やロードバイク自転車

ESCAPE Airと自転車ライフ

コンポーネント 自転車メンテ・改造

ロードバイクのフレームに組み込める電動アシストシステムVIVAX assist

更新日:

電動モーターVIVAX assistPhoto via:http://vivax-assist.com/en/produkte/vivax-assist-4-0/vivax-assist_4-0.php

クロスバイクやロードバイクのフレームに組み込める電動アシスト自転車についての記事です。

普通の自転車でヒイコラ言いながら登るような坂道でもスイスイと登ることができるようになる電動アシスト自転車は、一度乗ると手放せなくなるほど自転車の世界を変える装備です。

一般的には電動アシスト自転車と言えば、ママチャリやシティサイクルを思い浮かべます。僕も子育て世代ですので、子供の友達のお母さんたちの多くは電動アシスト付き子供乗せ自転車に乗っていますし、僕自身も電動アシスト自転車を購入しました。

電動アシスト自転車にすると、子供を乗せた状態で総重量は50kg程度になりますが、どんな坂道でも座ったまま涼しい顔で登ることが出来るようになります。ヒルクライマー顔負けの素晴らしい走りがを手に入れることができるのです。

電動アシスト自転車と言えばブリジストン、パナソニック、ヤマハですが、各メーカーもママチャリやシティサイクルだけでなくクロスバイクなどのスポーティな自転車にも電動アシスト機能を装備したモデルを出すようになりました。

その中で2015年末にヤマハが販売を開始した電動アシスト付きのロードバイクYPJ-Rはクロスバイクやロードバイクに乗る人の界隈でも大きな話題になりました。

クロスバイクやロードバイクと電動アシストとは相反するもののようにも思えますが、グループライドなどに出かけた時に、体力の劣る人でも遅れをとらずに走れるようになtたり、スポーツとしてではなく純粋にサイクリングを楽しみたいと考える人にとって速くて快適で楽に遠くまで走り続けられる電動アシスト付きのロードバイクは自転車の楽しみの世界を広げてくれるものなのです。

販売が開始された当初はガチのロードバイク乗りの方々から絶対売れないなどの意見が多かったと記憶してますし、僕自身もそう思っていましたが、今現在では街で見かけることもありますし、シリーズ化もされているので意外と好調な売れ行きなのだと思われます。

さて、クロスバイクやロードバイクに電動アシスト機能を付けるというのは、なかなかナイスなアイディアだとは思うのですが、電動アシスト自転車にはバッテリーや駆動系のメカが必須装備となり、せっかくのクロスバイクやロードバイクのカッコ良い見た目とはマッチしないという問題があります。

何かもっと、さりげなくバッテリーが搭載出来る方法はないのでしょうか

贅沢を言えばバッテリーを搭載していると気付かれないような電動アシスト自転車があれば素敵じゃないか!と思ったので調べてみるとVIVAX assistというロードバイクのフレームに組み込めるタイプの電動モーターを発見しました。

この製品はロードバイクに乗る人達の間でも有名な製品のようで、世界最大の自転車展示会でもあるユーロバイクなどにも出展していてます。

開発は2005年から行われていて、既に10年以上の歴史があ流ようです。
その間に小型化や軽量化、そして電動アシスト自転車にありがちなモーター音を減らすなどの改良が加えられ今現在に至るようです。

そんなわけで、ロードバイクのフレームに組み込める電動モーターVIVAX assistについて調べてみることにしました。

ロードバイクのフレームに組み込める電動モーターVIVAX assist

160201_2Photo via:http://vivax-assist.com/en/

電動モーターVIVAX assist概要

VIVAX assistは、バッテリーと駆動系の電動アシストシステム全てをシートチューブに収納出来てしまうほどコンパクトな電動モーターです。

開発のコンセプトはヤマハのYPJと同じで、体力に自身のないような人たちでも気軽にロードバイクやマウンテンバイクなどのスポーツバイクでサイクリングが楽しめるようにと考えられたもののようです。

ヤマハのYPJとの大きな違いはその見た目で、バッテリーと駆動系を完全にフレームの中に収めてしまっているので普通のロードバイクと全く同じで、電動アシストが組み込まれているのは見た目から全く判断できない点でしょう。

しかもその重量はわずか1.8kgと軽量で、とかく重量を気にするロードバイクの世界の需要にも応えるものになっているようです。

ちなみに一般的なママチャリの電動アシスト自転車の重量は25kg~30kg程度、電動アシスト自転車としては驚異的な軽量化が出来たと言われるヤマハYPJでさえ16kgです。

VIVAX assistを一般的なカーボンフレームのロードバイクに搭載した場合、10g台になることを思うと、如何に軽いかが理解出来るかと思います。

駆動時のパワーは200ワットで、ハンドル付近にスイッチボタンを配置でき、スイッチのオンオフをボタン一つで操作できるようになっているようです。

電動モーターVIVAX assistのスペック

ドライブユニット

メインとなるドライブユニットは2種類あり、vivax assist 4.75(スタンダードタイプ)とvivax assist 4.90(レースタイプ)

バッテリー

バッテリーはサドルバッグに収納できるタイプとドリンクボトルタイプ、シートポストに組み込めるタイプの3種類でリチウムイオン電池が使用されています。

バッテリー容量はバッテリー容量は2種類で60分稼働できる6.0AHタイプと9分稼働できる9.0AHタイプがあります。

※シートポストタイプはφ31.6 mm か φ30.9 mmに対応
※シートポストはアルミ、アルミ(CaneCreek)、カーボンから選択できます。
※ドリンクボトルとシートポストタイプは6.0AHのみ。

操作系

電動アシストのスイッチはボタンでオンオフの切り替えが出来るほか、一般的な電動アシスト自転車の操作パネルと同様にアシストレベルを調整できるタイプや、ワイヤレスタイプのものもあるようです。

価格

基本価格 €2.849(約400,000円 2018.1.6現在)で、組み込み価格 €3,008(約410,000円 2018.1.6現在)となるようで、それなりの価格になりますね。

モデル

バッテリーと駆動系のセットのみを購入することも出来るほか、既にフレーム内に組み込んだ状態での購入も出来るようです。

フレームのみ、完成車タイプなどが選べます。
基本スペックは完成車でコンポーネントにシマノのアルテグラを搭載して重量は10.3kg。
価格は€5.949〜(約800,000円 2018.1.6現在)程度のようです。

ロードバイクの他、マウンテンバイクやクロスバイクに対応させたモデルの取り扱いもあります。

スペックその他の詳しい情報は公式ページで確認できます。

取り扱いディーラー

VIVAX assistを扱うディーラーは残念ながら日本にはないようです。
基本的にはEU諸国を中心に流通しているようです。

VIVAX assistを搭載した自転車の動画

ぱっと見で電動モーターが仕込まれているなんて全く判りませんね
動画を見ると想像以上にグングン回ります。

VIVAX assistと同様のシステムが使用されたメカニカルドーピング

フレームに組み込んでも外観からは判らないのでレースなどでこっそり使用する、いわゆるメカニカルドーピングも懸念されているようで、実際にシクロクロスのレースで初めてメカニカルドーピングが発覚し、使用した選手が失格になるということもありました。

メカニカルドーピングにも色々種類があるようですが、その際に使用されていたとされるのがこのVIVAX assistと同様のシステムだと言われています。

Femke Vanという女性の選手が使用し他のが公式レースでの初めてのメカニカルドーピングでしたが、疑惑的なものはYoutubeあたりでmechanical dopingで検索すると色々な動画が見つかり興味深いです。

まとめ

電動アシスト自転車もこのVIVAX assistくらいにうまくカモフラージュできればもっともっと需要が増えるように思います。

メカニカルドーピングはもちろんいけないことではありますが、日常で利用する自転車にこのような機能が付いていればサイクリングは体力のない人にとっても気軽に楽しめるものになりますし、サイクリング途中で急に具合が悪くなったりした場合でも非常に助けになるんじゃないかと思います。

フレームに組み込む構造は性能面を犠牲にするところもあるでしょうし、コストやメンテナンスの問題もあるでしょうから、なかなか一般に販売されるレベルまでは価格は落ち着いて来ないとは思います。

しかしながらクロスバイクやロードバイクに乗っている人に限らずで、電動アシスト自転車に求められているものの一つとして、普通の自転車と変わらない見た目というのもあると思うので、今後どんどん小型化されて見た目では判らないものになっていくんじゃないでしょうか。

その先駆け的な存在としてVIVAX assistの存在は非常に興味深く今後も注目しておきたいアイテムの一つです。

-コンポーネント, 自転車メンテ・改造

Copyright© ESCAPE Airと自転車ライフ , 2018 All Rights Reserved.