クロスバイクやロードバイクのカスタムと自転車情報

ESCAPE Airと自転車ライフ

ニュース・話題 新製品

クロスバイクのドロップハンドル化がGIANT社公式で認められたESCAPE R DROP

投稿日:

クロスバイクの改造カスタマイズをしてロードバイク化していくと、行き着くところはクロスバイクのフラットバーハンドルをドロップハンドル化することになります。

ネットで検索してみても、クロスバイクの改造カスタマイズをしている人でドロップハンドル化をしている人が多く見つかります。

個人的には「クロスバイクは自分のやりたいように改造カスタマイズしていけば良い」と思っているので、クロスバイクのドロップハンドル化について賛成も反対もないわけですが、世の中的にはクロスバイクをドロップハンドル化に対して冷ややかな意見を持つ人が少なくありません。

理由は様々あるかと思いますが、その代表的な意見として「ロードバイクとクロスバイクではフレームの設計思想が全く違う」というもの。

つまり、いくらクロスバイクを頑張ってロードバイク化しようと改造カスタマイズしたとしても絶対にロードバイクにはならずに、ロードバイクのようなクロスバイクが出来上がってしまうため、時間と労力とお金の無駄というわけです。

そこまでしてロードバイクが欲しいのであれば、無駄な改造カスタマイズをせずに素直にロードバイクを買った方が幸せになれることが最適解として解かっているわけですから、至極まっとうな意見かと思います。

まぁクロスバイクを好きで弄っている人は単にロードバイクが欲しいだけで弄っているわけではない人が殆どだと思うので、そんな意見があることも重々承知の上で、我が道を進んでいるだけだと思うので「無駄なことはやめなさい」という意見は的外れではあるのですが、せっかくの作品を認められないのもなんだか悲しい気持ちになるものです。

ところがこの不文律を覆す出来事が2019年の夏に起こります。

GIANT公式でドロップハンドルのクロスバイクとして登場したESCAPE R DROP

ESCAPE R DROP

ドロップハンドルのクロスバイクが登場ESCAPE R DROP
Photo via:https://www.giant.co.jp/giant20/bike_datail.php?p_id=00000039

自転車メーカーの最大手であるGIANT社の定番クロスバイクであるESCAPEシリーズの2020年モデルとしてドロップハンドル化されたクロスバイクのドロップバークロスバイクESCAPE Rが2019年の夏に発表になりました。

今までクロスバイクをドロップハンドル化するという行為は、一部のクロスバイク改造マニアの間では定番の改造カスタマイズではあったわけですが、正統派のサイクリストからすると邪道とも言える改造カスタマイズであり、冷ややかに見られていたのです。

なので天下のGIANTから公式でドロップハンドル化されたクロスバイクが販売されようとは、誰一人想像していなかったのではないかと思います。

同時に発表になったESCAPE R DISCに関しては、昨今のシクロもロードもディスクブレーキ化の流れの中で、もはや必然的な感じはあったので別段驚くこともなく「来るべき時が来たか」というのが正直な感想でしたが、ESCAPE R DROPに関してはGIANT公式で掲載されているのを見た後ですら何かの間違いではないかと思ったほどです。

きっと驚いたのは僕だけではなく、既存のロードバイク愛好家、クロスバイク愛好家の方の多くが「まじか!?」と声を出したことは想像に難く有りません。結果として他にも新モデルが発表されていたにも関わらず、話題の中心はこのESCAPE R DROPとなりました。

それくらいに大手自転車メーカーから、ドロップハンドル化されたクロスバイクが販売になるということは衝撃的な出来事なのでした。

ESCAPE R DROPのスペック

ロード寄りなパーツ構成

肝心のESCAPE R DROPのスペックですが、マウンテンバイクとロードバイクの混合パーツで構成されている本家のESCAPE R3と比較すると、完全にロードバイクのスペックを意識したパーツ構成になっているようです。

例えば、フロントチェーンリングが2速になっていて2x8速の16速になっているのに加えて、フロントディレーラー、リアディレーラー、シフトレバーなどは全てシマノのロード用コンポーネントであるCLARISが採用されています

このあたりにパーツの構成だけを見ても「単純にフラットバーハンドルをドロップハンドルに交換したわけではないぞ」というGIANT社からのメッセージが伝わってきます。

ロード寄りなフレームジオメトリ

フレーム自体もドロップハンドル化にともない新たに再設計されています。

基本的にはESCAPE R3と同じような設計ではありますが、トップチューブの長さや前輪と後輪の間の距離であるホイールベースが短くなっていて、ロードバイク用のフレームに近づくような変更がされています。

通常のクロスバイクであるESCAPE R3のフレームをドロップハンドル化してしまうと、トップチューブがロードバイクのフレームに比べて長いため、ハンドル位置が遠くなってしまうという問題があり、ステムの長さを短くするなどで相殺することになるのですが、ESCAPE R DROPのフレームではそのような心配をしなくて良いようになっています。

そしてロードバイク寄りのフレーム設計になったことで、走りにも変化が出ているものと思われます。

Vブレーキ

ドロップハンドル化されたESCPAEのニュースを知った際に最初に気になったのは実はブレーキでした。

というのもクロスバイクに装備されているブレーキはVブレーキがほとんどなのですが、シマノのパーツ的にキャリパーブレーキ用のブレーキであるSTIなどではブレーキワイヤーを引く量に差があるため互換性が無いとされています

そのため、一般的にはVブレーキとSTIブレーキレバーとの組み合わせは非推奨とされているのです。

しかしながら実際のところでは、マウンテンバイクなどで使用されている一般的なVブレーキに関しては確かに動作させるのが難しいのですが、GIANT社のクロスバイクに採用されているようなアームの短いVブレーキ(ミニVブレーキ)であれば、ワイヤーの引き量がキャリパーブレーキなどと同じになるため、実際は動作させられます。

なので、クロスバイクを改造してドロップハンドル化やブルホーンバー化している人はそのあたりを理解した上で非推奨と言われる組み合わせで対応しているかと思います。

僕自信も確認のためにパーツメーカーに大丈夫かどうかの確認をして「問題ないよ」と返事をもらったこともありまし、法令的にも時速10kmで走行中に3メートル以内で停止出来る制動力があればブレーキに問題がないことになっていて、僕自身が制動テストした時も1メートル程度で停止出来たので、全く問題のない組み合わせだと言えるでしょう。

しかしながら「互換性無し=悪いこと」のような気がして、どうしても後ろめたさを感じてしまうもので、ブレーキ部分にツッコミがはいると「モゴモゴ」としてしまう感じもあったのです。

ところが、世界一の自転車メーカーが「問題なし!」と判断して販売に踏み切ったことで「大丈夫!」という印籠をもらったようなもので、一気に大手を振って歩けるようになった感じがします。

補助ブレーキ

ESCAPE R DROPのもう一つの大きな特徴として、ハンドルの手前部分に補助ブレーキレバーが装備されていることです。

個人的には「そんなものはなくても良い」と思ったりするパーツですが、ドロップハンドルに不慣れな人でも手元のフラットな部分のハンドルを握ればクロスバイクと変わらないようなポジションで乗れてブレーキも握れるので初心者にとっては嬉しい装備かもしれません。

補助ブレーキレバーが付いた理由は「初心者でも乗りやすい自転車にする」という理由ももちろんあるでしょうが、実際はブレーキアジャスターを取り付けるための手段として補助ブレーキレバーを取り付けたんじゃないかと思います。

というのも、一般的なフラットバー用のブレーキレバーにはケーブルアジャスターが付いていてVブレーキ本体には付いていません。また、キャリパーブレーキにはブレーキの場合はブレーキ本体側にケーブルアジャスターが備わっていますが、キャリパーブレーキを引くためのSTIにはケーブルアジャスターが付いていません。

要するに、VブレーキとSTIブレーキレバーとの組み合わせではケーブルアジャスターがどこにも存在しなくなります。

ケーブルアジャスターが無いとケーブルの張り具合の微調整ができなくなるため、調整が非常にシビアになり大変面倒になってしまうので、通常はケーブルアジャスターと呼ばれるスモールパーツを使用して微調整ができるようにするのです。

しかしながら、それだとやはり見た目的にはスマートではないので、補助ブレーキレバーを取り付けることで、初心者にも優しいくケーブルアジャスターもさりげに取り付けられるという一石二鳥を実現させているのだと思います。

ESCAPE R DROPの個人的な感想

ロードバイクやマウンテンバイクは競技用の自転車という前提があるので、競技の中で定められた規定の中でのみ改造カスタマイズが許されていて、自転車メーカーもその規定内でフレームを開発していたりもするわけで、改造カスタマイズに関しては厳しい目線になってしまうのは仕方のないところかと思います。

しかしクロスバイク自体がそもそもロードバイクとマウンテンバイクの良い所を採用して、オールマイティで快適な自転車を目指して出来上がったものですから、形にこだわらず自由思想でどんどn新しいものを作り上げていけば良いんじゃないかなと思っています。

ドロップハンドルはロードバイクのためのハンドルではありますが、ロードバイク専用というわけではありません。ドロップハンドルを採用したミニベロだってありますし、クロスバイクにだってドロップハンドルを取り付けたって良いのです。クロスバイクの場合は「クロスバイクだからこうでなくてはいけない」という感え方自体がナンセンスなのかもしれません。

そんなわけでGIATN社のチャレンジに対して「グッジョブ!」と言わざるをえませんし「乗ってみたいなぁ」というのが素直な感想です。元も子もないと言われそうですが、フラットバーハンドルに交換してフレームの違いによる乗り心地の違いも体感してみたいですね。

参考 → ESCAPE R DROP |GIANT

-ニュース・話題, 新製品

Copyright© ESCAPE Airと自転車ライフ , 2019 All Rights Reserved.