感想・考察・レポート 自転車全般

フラットバーロードとクロスバイクの違いなど考える

更新日:

フラットバーロードとクロスバイクの違い

スポーツバイクと呼ばれるもののジャンルを調べているといろいろな自転車があることに気が付きます。

ロードバイクやマウンテンバイクの他、アクロバットな技を競うBMXやトライアルバイク、それからロードバイクとクロスバイクの中間であるクロスバイク、ロードバイクの仲間だけれどオフロードも走れるようなシクロクロス、ロードバイクにフラットバーが付いたフラットバーロードなど、スポーツバイクと言ってもいくつかのジャンルに分類されています。

その中で、ちょっと気になる存在のフラットバーロードについていろいろと調べてみたことをまとめてみました。

初心者にありがちな、クロスバイクのハンドルをドロップハンドルにすればロードバイクになるんでしょ?というような勘違いと似たようなところで、もしかしたらロードバイクをフラットバーにすればフラットバーロードになる・・・というのは間違いかもしれないので、そこんところをハッキリさせておきたいと思ったのです。

フラットバーロードっとクロスバイクの違い

フラットバーロードとクロスバイクの違い

フラットバーロードとは、一般的なロードバイクに装備されているドロップハンドルではなく、クロスバイクのようなフラットバーが装備されているロードバイクのこと、という認識が一般的かと思います。

実際、僕自身のフラットバーロードの認識はそのような感じです。

フラットバーロードはキャリパーブレーキなのか?

フラットバーロードとクロスバイクの区別として、キャリパーブレーキを使っていればロードバイク、Vブレーキを使っていればクロスバイク、というような分別をしている人は多いのではないでしょうか。

実際問題でドロップハンドルの場合、キャリパーブレーキよりも引き代の大きなVブレーキを引けるブレーキレバーがほとんどなく、必然的にキャリパーブレーキを使用することになります。

逆にクロスバイクの場合だとフレーム自体にキャリパーブレーキが取付けられない構造になっていることが多く、これまた必然的にVブレーキを使用するしかないという事情があります。

なので、キャリパーブレーキ=ドロップハンドルだからロードバイク、Vブレーキはマウンテンバイクなどで主流なブレーキなのでクロスバイクという考え方になっているものと思われます。

メーカー的にはどのような扱いをしているかをサックリ調べてみたところ、フラットバーロードと説明されている自転車のブレーキにはキャリパーブレーキを採用しているメーカーは確かに多いですが、中にはVブレーキやディスクブレーキを装備した自転車も有り、ブレーキの種類だけでフラットバーロードとクロスバイクを判断出来るとは絶対とは言えないようです。

あるメーカーではフレームが同じででVブレーキとディスクブレーキの2種類が使われているものが有り、いずれもフラットバーロードとしてカテゴリ別けされていました。

そんなことからブレーキの違いでフラットバーロードとクロスバイクを判断することはちょっと難しそうです。

フレームの違いでフラットバーロードとクロスバイクを区別できるかも?

クロスバイクとロードバイクの大きな違いはフレームのジオメトリーで、フレームこそが自転車のカテゴリーを分ける最も重要な要素だったりするわけです。

例えば、GIANTのロードバイクとクロスバイクを比較すれば、ロードバイクの方がクロスバイクよりもトップチューブやホイールベースが短くなっていて、全体的にフレームが詰まったようなジオメトリーになっています。

この差が、ポジションの差になったりして、クロスバイクにドロップハンドルを取付けると、ロードバイクに比べてハンドル位置が遠くなりますし、逆にロードバイクにフラットバーハンドルを取付けると、それはそれで窮屈になってしまいます。

フラットバーロードと呼ばれるスポーツバイクの中には、このあたりの事情が考慮されて、トップチューブやホイールベースが標準的なロードバイクよりも少し長めになっているものもあるようです。

僕の調べてみた範囲では、フラットバーロードとカテゴリ別けされている自転車のフレームは、ロードバイクと似たようなジオメトリーのものもあれば、トップチューブやホイールベースが少し長めになっていて、クロスバイクに近いジオメトリーのフレームを使用しているものもあり、メーカーによりまちまちな結果でした。

ジオメトリーに関してはもっと深く探っていけば、なんとなくロードバイク、フラットバーロード、クロスバイクの違いを明確に区別できるのかもしれませんが、この点については僕自身の知識が不足しているので宿題としておきます。

フラットバーロードとクロスバイクの違いについてのまとめ

フラットバーロードとクロスバイクの違いについてのまとめ
いろいろ調べた結論としては、すごく曖昧だなぁ、というのが正直な感想です。

フラットバーロードについては、Y‘sロードやGIANTをはじめとした自転車ショップのブログなどでも度々取り上げられていて、それなりに解説などされていたりしますが、お店によって解釈がマチマチで、これと言って定義付けできるような情報も特に見つかりませんでした。

少なくともロード寄りのコンポーネントが使用されているというのはフラットバーロードの条件であるとは思いますが、そうであるならば、僕のクロスバイクのESCAPE Airのコンポーネントはロード寄りのパーツであるShimano 105に換装しているので、フラットバーロードと呼べそうな気もします。

しかし、クロスバイクをいくら改造しても、クロスバイクはクロスバイクだったりするわけです。

やはり肝となるのはフレームで、クロスバイクのハンドルをドロップハンドルに換えてみたところでロードバイクにはならないのと同様に、ロードバイクのハンドルをフラットバーに換えてもクロスバイクにはならないと思われます。

また、フラットバーロードのハンドルをドロップハンドルに換えれば、それはおそらく限りなくロードバイクに近い乗り物になるのでしょう。

もっと言うのならロードバイクにマウンテンバイク寄りのパーツを付けたとしても、それはマウンテンバイク寄りのパーツの付いたロードバイクと言えるのかもしれません。

とどのつまりが、フラットバーロードとは?と考えた場合、難しく考える必要は全くなく、単純にロードバイクのハンドルをフラットバーにすればフラットバーロードになる、と考えて、ほぼほぼ間違いないんじゃないかと思います。

ドロップハンドルからフラットバーに換装するとアップライトなポジションになるため、クロスバイクのような楽なポジションになり、あまり追い込んで走る必要のない乗り方をしている人などは、好んでフラットバーに変更したりもしているようです。

以上、フラットバーロードとクロスバイクの違いについてのまとめでした。

-感想・考察・レポート, 自転車全般

Copyright© ESCAPE Airと自転車ライフ , 2017 All Rights Reserved.