*

サイクルグローブは消耗品なので格安なロードバイク用グローブを買ってみた

サイクルグローブは消耗品なのでAmazonの格安サイクルグローブを購入

クロスバイクやロードバイクに乗る際には半ば必需品であるサイクルグローブですが、一流メーカー品は結構な良い値段がするため、なかなか手が出ません。

そこで、Amazonなどで多く見かけるようになった格安サイクルグローブを買ってみることにしたというお話です。

サイクルグローブは無ければ無いでどうにかなるモノでもあります。
なので僕もしばらくはサイクルグローブを着用していませんでした。

しかし、サイクリング中にハンドルから手を滑らせてしまい、危うく転倒しかけたことを切っ掛けにサイクルグローブは必要だと思い、それ以来、クロスバイクに乗る際には必ず着用するようになりました。

sponsored link

サイクルグローブを着用するメリット

サイクルグローブを着用するメリット

実際にサイクルグローブを着用するようになるまで、サイクルグローブの必要性をあまり理解していなかったのですが、不思議なもので、サイクルグローブを着用しはじめると、サイクルグローブ無しでは自転車に乗りたくないと思うようになってきます。

サイクルグローブを着用すると滑り止めになる

サイクルグローブを着用することにより、ハンドルから手を滑らせるということが無くなりました。

素手でクロスバイクに乗っていた時は、不意の段差などがあった場合にその弾みでハンドルを握っている手を滑らせてしまいそうになることもありました。

しかし、サイクルグローブを着用するようになってからは、ハンドルから手を滑らせて危うい目に遭うようなことはほとんど無くなりました。

僕がサイクルグローブを着用使用と決めたのはまさにハンドルから手を滑らせて危うく転倒しそうになったことが切っ掛けで、安全に走行する為に必要不可欠な装備だと思っています。

サイクルグローブを着用すると快適なサイクリングができる

サイクルグローブを着用することで快適さがアップします。
まず、滑り止めの効果があるため、常にハンドルを強く握る必要がなく、リラックスした状態で乗れるようになります。

リラックスして自転車に乗れるので、長時間のサイクリングでも疲れづらくなります

よく言われる地面からの振動もジェエルやパッド入りのサイクルグローブを着用することで、ほとんど気にならないレベルまで軽減することができ、とても快適なサイクリングが出来るようになります。

サイクルグローブを着用しておくと転倒時の手の保護になる

万が一転倒してしまった時には確実に怪我をすると思われる手ですが、サイクルグローブをすることで、怪我の程度を最小限に留めることができるはずです。

アスファルトに素手で手を付いてしまえば、手のひらが擂り下ろされてしまうでしょうが、サイクルグローブをしていれば怪我はかなり軽く済むはずです。

安いサイクルグローブを買ってみた

安いサイクルグローブを買ってみた

昔は安かろう悪かろうなサイクルグローブだった

一般的な製品と比べて基本的に価格の高いのが自転車用品です。
サイクルグローブも例に漏れずで一般的な手袋などに比べれば価格は高く、当時は3,000円〜6,000円くらいが相場でした。

値段が高ければそれなりに品質も高くなるというのは理解しているところですが、いくら有名メーカーの製品とは言え、サイクルグローブに5千円近くも出す価値観は当時の僕には無く、最終的に購入したのは、Amazonで見つけた1,500円程度のサイクルグローブでした。

しかしながら、価格相応に品質も悪く、生地もペラペラでいかにも中国製のサイクルグローブが届き、失敗したなぁと思ったのを今でも覚えています。

品質的にはあまり良く無いサイクルグローブでしたが、それでも着用しないよりはマシで、着用していない時と比べればそれなりに快適なサイクリングが出来るようになり、クロスバイクに乗る際の必需品となるまでにはそれほど時間はかかりませんでした。

それから数年が経ち、気が付くと日本のAmazonで中国からの出店する人が多くなり定番メーカーを押しのけてしまうほど様々な製品が派手に出品されるようになっています。

Amazonに並ぶ格安なサイクルグローブを買ってみた

Amazonでサイクルグローブで検索すると、見たことも聞いたことも無いような無名メーカーがズラリと並ぶような情況になっています。

沢山出品されれば、価格競争も当然激しくなり、2,000円以下のモノが多く見かけられ、中には1,000円以下のモノまで販売されています。

デザインもやたらと豊富で、一昔前の選択肢がほとんど無かった頃が信じられないくらいの充実っぷりとなっていて嬉しい情況です。

あとは品質がどうなのか?というのが唯一気になるところです。

「安くて品質が良い」を求めるのは少々贅沢ではありますが、せめて「そこそこ品質がまともなレベル」であればサイクルグローブは消耗品でもあるので、それで充分じゃないかと思うわけです。

そこで、モノは試しにAmazonに沢山並んでいる格安なサイクルグローブの中から適当なものを選択して購入してみることにしました。

とは言いつつも、中国製の安価な製品には今まで何度も痛い目を見せられているので、製品レビューを頼りに(と言ってもサクラと思われるレビューも多いのですが)良さげなモノを選んでみました。

購入した格安サイクルグローブ

各や砂サイクルグローブ

購入したのはpLus aLfaというブランド名のサイクルグローブ。
アルファは本来Alphaですが、流石に意図的にalfaにしているのだと思います。
僕が購入した時点で1,000円でした。

当然、「サイクルグローブ pLus aLfa」で検索してもメーカーホームページなどは存在しません。

サイクリンググローブ

格安なアパレル製品にありがちなホツレなども確認できませんでした。
ちゃんとした製品だなという印象です。

サイクルグローブの袖口

サイクルグローブの手首の部分にはマジックテープ付きのアジャスターが付いていて、手首がガバガバになることがありません。

サイクルグローブを使用していて草臥れてくるとズレ落ちたりしやすい部分なのでアジャスター付きはポイントが高いですね。

pLus aLfaのロゴはプリントではなく、型抜きされたような立体感のある文字になっています。

サイクルグローブの滑り止め

サイクルグローブの手のひら側です。
ハンドルを接触する部分にはパッドが入っています。

サイクルグローブの質感

サイクルグローブの手のひら側の生地はスエードのような加工がされたものが使用されていて、滑り止めがしっかりと効いている感じです。

サイクルグローブを装着

サイクルグローブを装着してみました。

サイクルグローブを装着

パッド部分も丁度良い場所にあり、具合が良さそうです。

サイクルグローブを装着

人差し指と中指、薬指と小指の間にはサイクルグローブを外す際に便利なように引っぱる用のヒモが付いています。

格安なサイクルグローブを買ってみたのまとめ

格安なサイクルグローブを買ってみたのまとめ

最悪の場合でも最初に購入したサイクルグローブに比べれば、きっとまともな製品が届くのではないかという確信のようなものがありました。

というのも、ここ数年で中国製の無名メーカー(多くは同じ工場で出来たものが適当なブランド名を付けられて売られていると思います)の製品の質がかなり向上していると感じているからです。

もちろんまだまだ一昔前と同じような粗悪品を見かけることもありますが、今現在でかつてのような粗悪品を掴まされることが少なくなってきたと思います。

特にプラスチック製品やアパレル系では品質の向上が顕著になっていると感じています。

その背景には、今まで海外メーカーからオOEMやOEMで注文されたモノを製造していた立場で蓄積したノウハウを活かして、下請けではなく独自ブランドで展開しようとするような動きがあるからだと思います。

実際にいろいろな展示会を覗いてみても以前はほとんどなかった中国メーカーのブースが数多く出展されていたりで、国策レベルで市場を獲得しに来ているような動きがひしひしと伝わってくるのです。

サイクルグローブなどはいわば定番のモノなので、電化製品などのように機能面が進化するものでも無いので、コピーもしやすいでしょうし、ODMやOEMを請け負うメーカーであれば、一流メーカーと同等の品質のモノを安く作るのことも出来てしまうというわけです。

高価なサイクルグローブはそれなりにデザインもよく、通気性やクッション性などできっと価格に見合った優れた部分があるとは思いますが、今回購入したサイクルグローブも普通に使用に耐えうる品質のモノだと思います。

実際問題でサイクルグローブは消耗品でもあるので、なるべく安く済ませたいというのが本音のところで、使用に耐えうる程度の品質があればそれでもう良いやと思う僕のような人は、格安サイクルグローブで充分かなと思ってしまう品質になっていると思います。

本心を言えば、自転車製品に限らずで日本メーカーを応援したい気持ちもあるので、このような格安製品に関してはちょっと複雑な気持ちもあるのですが、余程の特徴や、特定のメーカーへの強い思い入れなどがないと、殊、消耗品に関しては格安な製品を選んでしまうわけで、ブランド力だけで勝負するにはなかなか難しい時代になっているのかもしれません。

しかしながら、これらの製品はおそらく中国の深センあたりの市場から仕入れたものを販売しているようなモノだと思われるので、当たり外れは当然多いですし、売り切れればそれで終了というようなノリのモノだと思います。

何か不良品が発生してもメーカーに修理をお願いすることは出来ないでしょうし、気に入ったモノでもすぐに廃盤のようになってしまうというモノでもあります。

このあたりが有名メーカーではなかなか無いことなので、その分の安心感や信頼が金額になっているという部分もあるので、それを理解しつつ自分に必要なレベルのものを選択するのが良いように思います。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑