*

ノーマルクランクとコンパクトクランクの違いとか

Publication date: 自転車全般, 豆知識・基礎知識

ノーマルクランクとコンパクトクランク

僕がクロスバイクのescape airのコンポーネントをオリジナルからShimano 105に換装する際に悩んだ点がいくつかあるのですが、そのうちの一つがクランク。

クランクには、標準的なクランクとコンパクトクランクと呼ばれるクランクがあり、どちらを選択するのが良いのか、当時の僕は全く見当がついていませんでした。

いろいろ調べているうちに「現在の主流はコンパクトクランク」などという情報を見つけたのでコンパクトクランクに決定しようとした矢先に「コンパクトクランクは軟弱」という情報を見つけたりして、悩んだ結果、標準のクランクなら失敗は無いだろうという判断のもと、いわゆるノーマルクランクと呼ばれる標準的なクランクを購入しました。

当時は大した知識も無かったことから、ネットで見つけた情報で右往左往してしまう僕でしたので、今一度、ノーマルクランクやコンパクトクランクの違いについて、そして何故、主流と言われていたり、軟弱と言われたいたりする理由や、僕自身の判断が正しかったのかについてまとめてみようと思います。

sponsored link

ノーマルクランクとコンパクトクランク

ノーマルクランクとコンパクトクランクの区別

ノーマルクランクとコンパクトクランク

ノーマルクランクとコンパクトクランクの違いは、もともとはPCD(Pitch Circle Diameter)と呼ばれる、ボトムブラケットを中心にしてチェーンリングを固定しているボルトが描く円の直径の長さで区別されるようで、一般的にノーマルクランクは130mmでコンパクトクランクは110mmのようです。※CampagnoloはノーマルクランクでPCDは135mm

一般的なノーマルクランクに装着されているチェーンリングの歯数は52/39程度で、コンパクトクランクの場合は50/34などになっていて、コンパクトクランクの方の歯数が小さくなっています。PCDが小さいと歯数の小さなチェーンリングを取り付けられるというわけです。

Shimanoの製品などでは歯数が52/39のノーマル仕様にも関わらず、PCDが110mmになっていたりすることもあって、最近では一概にPCDが110mmだからと言ってコンパクトクランクとは言えない場合もあるようです。

52/39とか50/34というのはフロントの二枚のチェーンリングの歯数の組み合わせを表していて、52や50の方はアウターと呼ばれる外側の大きなチェーンリングの歯数で、39や34というのはインナーと呼ばれる内側の小さなチェーンリングの歯数。そして、ノーマルクランクかコンパクトクランクかは主にインナー側の歯数で区別されるようです。ちなみにノーマルクランクは39、コンパクトクランクは34が主流のようです。

歯数の大きさの違い

フロントのチェーンリングの歯数は小さくなればなるほど軽いギアにるので、ノーマルクランクの52/39とコンパクトクランクの50/34を比較すると、コンパクトクランクの方が楽に坂道を上れる、ということになります。

例えば、ヒルクライムなどで脚力がある人は重いギアのまま坂道が上れますが、脚力の無い鈍脚などと言われる人達は軽いギアを使用しないと登れません。そうすると脚力の無い人はコンパクトクランクを選択することになり、その辺りが「コンパクトクランクは軟弱」と言われたりする理由のようです。

ちなみにリア側のギアのスプロケットの歯数は、フロントギアとは逆に大きければ大きいほど軽いギアになります。また一番大きなギアの歯数が25Tなのか28T以上なのかが、軟弱かそうでないかのラインになるようです。

つまり、コンパクトクランクで、かつスプロケットの最大ギアが28T以上の場合などは軟弱と言われる組み合わせになるようです。

コンパクトクランクじゃ駄目なのか?

クランクを選ぶにあたって、軟弱と言われるコンパクトクランクは駄目なのか?、本格的なロードバイク乗りから舐められてしまうのか?と不安を抱く人がいるかもしれませんが、世界的なプロの選手でも上りがメインのコースなどではコンパクトクランクを使用したりもするようです。

また、スプロケットに28Tを使用してフロントをノーマルクランクにするくらいであれば、25Tまでのスプロケットにして、フロントをコンパクトクランクにしてしまった方がシフトチェンジの性能等を考えた場合に良いなどの考え方もあるようです。

そもそも、他人から貧弱と言われようと、自分の体力に見合った装備で乗るのが一番良いわけですから、コンパクトクランクを使うのが駄目とかは一切ないと思われます。

考え方を変えれば、使えない重いギアを装備していてる方がよっぽど無駄なわけで、そちらの方がカッコ悪いなどと考えることだってできると思うのです。

なので効率よく坂道を上ることを考えるのであればコンパクトクランクは有りなんじゃないかと思います。また、速度にこだわるのであれば、同じケイデンスだとコンパクトクランクよりもノーマルクランクの方が重いギアになるのでその分速度が出るため、ノーマルクランクを選択した方が良いのかもしれません。

しかし、それは11Tのギアをガンガン踏めるような人達の目線で見れば・・・というお話で、坂道等でも便利になることも考えれば、普通の人にとってはコンパクトクランクの方がむしろ良いようにも思えます。

コンパクトクランクは主流なの?

ツール・ド・フランスでの7連覇(後に剥奪)したランス・アームストロングが、負荷の低い軽いギアを早く回して走っていたとかで、軽い不可が実現出来るコンパクトクランクがもてはやされたりして流行ったのが、コンパクトクランクが主流と言われる理由かと思います。

なので、今現在も主流かどうかはわかりません。

僕の愛車のクロスバイクのescape airのクランク

かく言う僕の愛車であるクロスバイクのescape airのクランクはShimano 105(5700系)のノーマルクランクで52/39でスプロケットは11-23Tという組み合わせで、コンパクトクランクを軟弱というような価値観で考えると、かなり硬派な組み合わせかと思います。

実際問題で全く活用し切れていないので、無駄の一言で片付けられる構成ですが、僕の自転車の用途としては、街乗り程度にしか乗りませんし、思いギア踏んでいる俺カッコいい!という自己満足を優先しているため、これはこれで間違った選択ではないと思っています。

ロードバイクに乗ることをストイックなスポーツとして捉えていて、レースで上位入賞を目指すような人であれば、ノーマルクランクかコンパクトクランクかの選択で頭を悩ますというのは有意義なのでしょうが、僕のように自転車のメインの使用目的が街乗りレベルで、走りに関しても特にこだわりが無ければ「ノーマルクランクでもコンパクトクランクでもどちらでも好きなようにすれば?」というのが正しい答えなんじゃないかなと思います。

ノーマルクランクとコンパクトクランクについてのまとめ

ノーマルクランクかコンパクトクランクの違いはPCDによって決まる。
ノーマルクランクのPCDは130mm、コンパクトクランクは110mmが主流。
コンパクトクランクにするとギアが軽くなるので坂道が楽。
レースに出て下りでもガンガン回す人はノーマルクランク。
街乗りレベルだと好きな方を選べば良い。

ってな感じでしょうか。

Comment

  1. […] コンパクトと標準の違いはこちらで・・・ […]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑