*

自転車のフレームの清掃には中性洗剤が良いらしいので中性洗剤って何かを調べてみた

公開日: 清掃, 自転車メンテナンス・カスタマイズ ,

ロードバイク清掃

自転車を大切に乗っているつもりでも、ちょっと走れば埃や砂利などで、いつの間にか汚れてしまうもの。特に僕が乗っているクロスバイクのescape airはフレームのカラーがマットホワイトなので、汚れやすくて目立ちます。

さて、自転車の清掃でベストなのは、走ったその後には必ず清掃する、という作業を行なえば、いつもピカピカに保てるわけですが、僕の場合は、駐輪場で保管していますから、汚れたり埃を被ったりするのは、ある程度仕方が無いことだと思っています。

それでもやっぱりピカピカな自転車は気持ちが良いもので、時間がある時にはセッセセッセと清掃してあげたいと思うのです。

そこで、自転車のフレームの清掃を考えた時に、洗剤は何が良いのかとメンテナンスブックなどに目を通すと、頻繁に出て来るのは中性洗剤

やたらと中性洗剤が出て来るので、中性洗剤が自転車の清掃には良いというのは理解出来るのですが、そもそも中性洗剤って何かね?自転車専用以外の洗剤でも中性洗剤って有るのかね?などという素朴な疑問がわいたので、中性洗剤について調べてみることにしました。

中性洗剤って何?

中性洗剤とは、pH6.0以上~8.0以下の洗浄剤、との事。

と言われても良く分かりません。

phはペーハーと呼び、中学時代の理科で習った覚えがありますが、洗剤の場合は、家庭用品質表示法で規定されているらしく、酸性かアルカリ性かを0〜14の数値で表すようです。この数字が少ないほど酸性で、数字が大きいほどアルカリ性となり、phが6〜8のものが中性洗剤となるようです。

まぁ、そんな事を知らなくても、洗剤の注意書きを見れば、大抵の場合、酸性だの、アルカリ性だのの表示がされているはずなので、使用している洗剤が一体何性なのかをすぐに知ることが出来ると思います。

ちなみに、一般的な家庭用の台所用洗剤は、ほとんどの場合が中性洗剤とのことで、自転車専用の洗剤を使用する代わりとして代用して問題無いようです。

ロードバイク清掃する洗剤
我が家で使用している


も中性洗剤でした。

中性洗剤の特徴は?

自転車の場合、ゴムや樹脂、金属などいろいろな素材が使われています。それを酸性の洗剤で洗浄するとワイヤーなどは錆びやすくなってしまいますし、アルカリ洗剤でアルミフレームや樹脂を洗ったりすると腐食したりするようです。

そんな時に安心して使えるのが中性洗剤で、どんな素材に対しても素材を痛めず優しい洗剤とのこと。自転車の清掃に中性洗剤が用いられるのもそのためなのでしょうね、きっと。

自転車用洗剤と一般的な家庭用の台所要洗剤との違い

汚れを落とす、という点では共通のようですが、自転車用洗剤は防錆剤が含まれていたりして、洗浄のついでに何かができる一石二鳥的なものが多いように思います。

一般的な家庭用の台所洗剤と比べると、やや高価な自転車用洗剤ですが、手間を省けたり、安心して使用出来るという部分のお値段かもしれません。

ちなみに、色々なメーカーのクリーナーを調べてみたところ、フレーム用の洗剤は、中性洗剤ももちろんありますが、弱アルカリ性のものが多いようです。自転車も必然的に油汚れが多くなってしまうため、油汚れに強いアルカリ性にしているのではないかと思います。

中性洗剤を使った自転車のフレームの洗い方の基本

中性洗剤を使った自転車のフレームの洗い方の基本の流れ。

  1. 200倍程度に薄めた中性洗剤を用意。薄める水はぬるま湯の方が良い。
  2. 洗浄液にウェスを浸して固く絞る 。
  3. フレーム全体をまんべんなく拭いて汚れを落とす。
  4. ウェスを水で洗って、固く絞る。
  5. フレーム全体を綺麗に拭く。
  6. 乾いたウェスでフレームを乾拭きする。

といった感じ。
拭き掃除が終わったら、ワイヤー類のグリスを落としてしまっている可能性があるので、ワイヤー類へのグリスの塗布も忘れずに。

中性洗剤を使った自転車のフレームのまとめと注意点

こんな感じで、ざっくりと中性洗剤を使ったフレームの洗浄の仕方を調べてみました。当たり前のことではありますが、調べてみて納得することもあるので、勉強してみるということはやはり大切だと思います。

最後に注意したいのは、自転車の洗浄をする場合は、部分部分で洗剤を使い分ける必要があるということ。自転車洗浄用の洗剤だからと言って、全てを丸洗いできるというわけではなく、チェーンの汚れを落とすディグリーザーなどは、強アルカリ性のものもあったりするようです。

ロードバイク清掃はアルカリ洗剤

アルカリ性の洗剤は油汚れをよく落としますが、いくら油で汚れたからと言ってディグリーザーでフレームをゴシゴシなんてしてしまうと、フレームやその他のパーツを痛めてしまうことにもなりかねません。メンテナンスブックなどで頻繁に出て来るパーツクリーナーも脱脂用の洗剤ででフレーム用ではありません。

わざわざこんなこと当たり前のを書くのは、自転車を購入したころの僕は、自転車用洗剤なら全て同じだと思っていたからでした。幸い、フレームなどをディグリーザーで清掃するということはありませんでしたが、用途をよく理解して、部分部分で使用する洗剤は区別して使うようにしたいものです。

ちなみに、ディグリーザーやパーツクリーナーなどで油を落とした後は、ディクリーザーをよく拭き取った後、乾燥させてからオイルアップするのが基本です。

何はともあれ、綺麗にしてあげると、その後は特別な気分で乗ることができるので、汚れたらきちんと綺麗にしてあげる、ということをメンテナンスの一環として習慣づけたいものですね。

ちなみにウェスですが、Amazonでハギレ品を買ったら、毛埃が沢山出てほとんど使い物になりませんでした。その後に見つけた、Amazonオリジナルのウェスを購入すると、調子良く使えています。

Comment

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑