*

買ったばかりのクロスバイクのシフトチェンジの調子が悪くなったら初期伸びを疑おう

シフトワーヤー初期伸び

初めてクロスバイクのescape airを買って、ママチャリとの違いに感動し、自転車が楽しくてしょうがなくて、毎日のようにクロスバイクのescape airに乗っていました。

子供の頃に買って貰えなかった多段ギアの自転車の憧れもあり、8×3の24段切り替えのクロスバイクのescape airは、それだけで僕にとっては素晴らしい自転車で、ガチャガチャと無意味にシフトチェンジしてみたり、なるべく急勾配な坂を探してはインナーローにして登ってみたりしたものでした。

クロスバイクやロードバイクに乗る醍醐味の一つに、シフトチェンジというものがあると思います。カチャカチャと負荷やスピードを考慮しつつ適切なタイミングで行なうシフトチェンジも、極めようと思えばなかなか奥の深い世界ではないかと思うのです。

そんな楽しさもあって、やたらとシフトチェンジをしながら乗っていたものでした。

ところが買ったばかりのクロスバイクやロードバイクでも、一ヶ月ほど乗っているとシフトチェンジをする際に色々と問題が発生するようになってくるのです。

買ったばかりのクロスバイクのシフトチェンジの調子が悪くなった

毎日のサイクリングを楽しめていたのも束の間。クロスバイクのescape airを購入して一ヶ月ほど経った頃、走行距離で言えば100kmを越えたあたりから、徐々にシフトチェンジの際に違和感を感じるようになってきたのです。

シフトチェンジの調子が悪い時の具体的な症状

すぐに切り替わらない

シフトチェンジするためにシフターのトリガーを引いても、すぐに切り替わらずにしばらく間を置いてから切り替わったり、中途半端なところで止まってカラカラカラと異音が出るようになってきます。

チェーンが外れやすくなる

シフトチェンジしたタイミングでチェーンが外れることが多くなってきます。放置して乗り続けると一時間程度の走行中に二三度は外れるようになってきます。

シフトワーヤー初期伸び調整
ちなみにチェーンが外れた際の対処ですが、ママチャリのように復帰させるのに苦労すことはありません。プーリーを前輪の方に引き寄せてあげるとチェーンが緩むので簡単にギアにチェーンを乗せられます。

ワイヤー関連の初期伸びを疑おう

そんなこんなで日に日にシフトチェンジの際にトラブルが多くなり、次第に快適さよりも不快な感じが強くなってきます。ちょっと乗るだけですぐにチェーンが外れてしまったり、しばらく切り替わらずにカラカラと異音が出て来たりするので当然です。

もしも、買ったばかりのクロスバイクやロードバイクにこのような症状が出て来たら、それは恐らく初期伸びと呼ばれる症状かと思われます。

初期伸び

クロスバイクのescape airに限らずでスポーツバイクは通常、自転車屋さんで組み込まれた状態で受け渡しされます。勿論、調整はバッチリな状態で受け渡されるものと思いますが、新しいワイヤーなどの場合は、初期の段階では少し締まりに遊びがある場合が多く、しばらく乗っているうちにワイヤーが伸びてシフトチェンジがうまく出来なくなったりすることがあるのです。

新車の場合に特によく見られる症状なので、初期伸びなどと呼ばれるようですが、新車に限らずで、ワイヤーを張り替えたりした際には同様の症状が見られるかと思います。

初期伸びの対処法(セルフ)

まず、メンテナンス台などに自転車を乗せて、後輪が回転させられるような状態にします。

シフトワーヤー初期伸びディレイラー
次にリアディレイラーのワイヤーが突っ込まれている箇所にあるパーツを反時計回りに半回転程度させて、ペダルを回してシフトチェンジをしてみて、スムーズに切り替わるかどうかをチェックします。

スムーズに切り替わらないようであれば、さらに半回転させて同様の作業を繰り返して様子をみます。

シフトワーヤー初期伸びシフター
シフターの方にも同様に調整するためのパーツがあります。

いずれも反時計回りに回転させて緩める(伸ばす)方向で調整します。

このあたり、ディレイラーなど変速機周りの調整をやったことがあれば、全く難しくない作業ではありますが、初めて買った自転車だったりすると、何をどうして良いものか、恐らく全く分からないものと思われます。写真を見ても解らないのではないでしょうか。実際問題で僕自身もそうでした。

初心者にとって、いきなりワイヤー周りの調整をしなさいと言われても、少々ハードルが高いように思います。調整しようとチャレンジして、結局どうしようもなくなるというパターンもきっと多いはずです。

初期伸びの対処法(お店)

クロスバイクのescape airの製造メーカーの直営店であるGIANTショップで購入すると、シフト調整などの基本的なメンテナンスは無料で行なってくれます

お店に持ち込んで「シフトチェンジの調子が悪くなったんですけど」と言えば、すぐに調整して戻してくれます。実際僕も一度お世話になりましたが、調整してもらった後は購入時と同様の快適さが蘇ります。

初期伸びは最初の調整さえしてしまえば、後はほとんど必要なくなると思いますから、自転車に詳しくなりたい、自分自身で改造やメンテナンスも出来るようになりたい、などと考えたりしているのでなければ、無理に自分自身でやろうとはせずに、購入店に持ち込んで調整してもらうのが一番良いかと思います。

大抵のお店では初期伸びのメンテナンスは購入時のサービスに含まれていると思いますし、これをきっかけにして、お店の人にあれこれ質問してみたりして、仲良くなって行くのも有りなんじゃないかなと思います。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑