*

ビンディングペダルのメーカーと種類について調べてみた

公開日: ペダル, 自転車メンテナンス・カスタマイズ

ビンディングペダル

自転車の走りをガラリと変える改造・カスタマイズの定番と言えばビンディングペダル。

かく言う僕の愛車であるクロスバイクのescape airにもビンディングペダルはインストールされていて、愛用しているビンディングペダルはSHIMANOのSPDと呼ばれるもので、ビンディングペダルのエントリーモデルとしては超定番です。

SHIMANOのビンディングペダルはSPDだけではなく、初心者向けにクリートを外しやすくしたCLICK’Rと呼ばれるモデルや、本格的なロード乗りのためのSPD-SLなどの種類があります。

メーカーはSHIMANOだけではなく、他のメーカーでもビンディングペダルは製造されていて、それぞれに違った特徴を持ったビンディングペダルになっています。

そこで、世の中にはどんなビンディングペダルがあるのかを調べてみることにしました。

ビンディング(Binding)
縛り付けるなどの意味があり、まさしく、ペダルとシューズとが固定されれるシステムで、引き足など普通の靴ではできないペダリングが出来るようになる。

クリート
ペダルとシューズとを固定するための金具。

ビンディングペダルのメーカー

知名度で言えば、ダントツでSHIMANOだと思いますが、ビンディングペダルを製造しているメーカーは意外と沢山存在します。

SHIMANO(日本)
VPComponents(台湾)
LOOK(フランス)
TIME(日本)
CRANKBROTHERS(アメリカ)
三ヶ島(日本)
MAVIC(フランス)
XPEDO(アメリカ)
スピードプレイ(日本)

などが代表的なペダルメーカーでしょう。

メーカー別ビンディングペダルの特徴

普及率と品質ならSHIMANO

ビンディングペダルPhoto via:http://cycle.shimano.co.jp/content/sic-bike/ja/home/components1/road/dura-ace0/pd-9000.html

本格ロード用のSPD-SL
ビンディングエントリーモデルのSPD
テンションが軽くて付け外しが容易なSPD CLICKE’R
の3種類が基本的なラインナップ。

SPD-SLはクリートが大きく、普通に歩けず、クリートカバーをしてペンギン歩きをしなくてはいけないのに対し、SPDはクリートが小さく見た目も普通の靴に近くなります。

SPD-SLと比べて歩きやすいですが、金具は確実に地面に当たるので普通の靴のように歩けません。いや、歩こうと思えば歩けますが、アスファルトの上などを歩けばクリートを痛めてしまいますし、お店に入れば迷惑がられます。

SHIMANOのビンディングペダルは、どこのお店に行っても置いてありますし、普及率から言っても、SHIMANOを選んでおけば間違いが無いと思います。

クリートなどは消耗品で、SPDなどの小さいパーツは走行中に無くなってしまうこともあり、欲しい時にすぐに手に入るというのは他メーカーでは無いメリットです。

エンドモデルはPD-9000(DURA ACE)
カーボンコンポジットボディで248g



安さならVPComponents

安いビンディングペダルPhoto via:http://www.vpcomponents.com/newen/product_detail.php?id=278

台湾メーカーで、本格的なロード用ビンディングペダルから子供用まで幅広いラインナップ。他メーカーよりも価格がかなり低めなのが特徴。
LOOKのKEOシリーズとの互換性アリ。

ビンディングペダルの元祖と言えばLOOK

元祖ビンディングペダルPhoto via:http://www.eurosports.co.jp/2015model/keo.html
言わずと知れたフランスの自転車フレームメーカーが作るペダル。
個人的にはフレームメーカーとしての印象が強いですが、現在普及しているロード用のビンディングペダルの基本的な形はLOOKが元祖。
ペダルのオリジナルブランドとしてKEOシリーズを展開。

最軽量のペダルを求めるならTIME

軽量なビンディングペダルPhoto via:http://www.podium.co.jp/time/pedals/xpresso/xpresso-15.html
TIMEのロード用ビンディングペダルのXPRESSOシリーズの中のXPRESSO 15は片側66.5gという驚異の軽量モデル
他メーカーのエンドモデルの半分程度の重量で、軽量ペダルを求めるならTIMEのXPRESSO 15一択!しかし、価格は58,000(税抜)で、かなり買うのが勇気が必要かも。

チタンとセラミックを使った贅沢極まりない逸品で、このクラスになればデザインもカッコ良い!

薄型クリートで歩きやすいのはCRANKBROTHERS

薄いビンディングペダルPhoto via:http://www.riteway-jp.com/pa/crankbrothers/571136.html
CRANKBROTHERSは、オフロード向けのペダルが多いため、ロード用として選択する人は少ないかもしれませんが、金属質でメカメカしいデザインのペダルが、なかなかカッコ良い!

CRANKBROTHERSのクリートは薄型なので、ビンディングシューズのまま歩いてもそれほど気にならない、というのが大きな特徴。

エンドモデルは定価で5万円を越えてくる高級ペダルですが、公式ページの「一般ペダルとの比較」を読めば脱S社を考えたくなる!

固定式ロード用のビッグビーターシリーズと片面ビンディングペダルのキャンディシリーズを展開している。

老舗メーカーなら三ヶ島

老舗のビンディングペダルPhoto via:http://www.mkspedal.com/seihin_annai/seihin_jitensya_pedal-01.htm</small>
1943年から創業している日本の老舗自転車パーツ会社。
ビンディグペタルは少なめで、地味なデザインからもそれほど熱心ではない様子でどちからと言えばフラットペダルに力を入れている様子。

トータルコーディネートならMAVIC

マビックのビンディングペダルPhoto via:http://japan.mavic.com/pedaru-rodo-zeriumu-arutimeito
MAVICと言えばキシリウムに代表されるホイールメーカーとして超有名。ツール.ド・フランスなどでも予備ホイールを運ぶ黒と黄色のラッピングが施された車が目に付きました。

ビンディングペダルとホイール、シューズを揃えて足回りを全MAVICでコーディネートしてしまうものアリかもしれません。

オフロード用ならXPEDO

オフロード用ビンディングペダルPhoto via:http://xpedo.com/products/pedals/road/151/thrust-e
オフロード用のペダルメーカーとして知られているXPEDO。
商品数の数から考えるとビンディングペダルの品揃えは少なめ、一応ロード用のペダルもあります。

独自なビンディングペダルならSPEEDPLAY

独特なビンディングペダルPhoto via:http://www.speedplay.com/index.cfm?fuseaction=home.zero2014
他社のペダルとは全く違ったペダルシステムを展開しているSPEEDPLAY。

デンデコ太鼓のような見た目は好き嫌いが分れるでしょうが、角度を強制されず膝に優しいなど
、ライダーに優しい設計なのが最大の特徴。

ビンディングペダルの互換性ほか

ビンディングペダルはビンディングシューズとセットで使用するもので、基本的にメーカー間での互換性はなく、いずれも使用できるクリートとペダルの組み合わせが決まっていて、他社間やグレード違いでの互換性は無いと思って間違い無しです。

クリート別で互換性がほとんど無いため、ペダルを別メーカーに換えるということは、シューズも一緒に換えなければいけないということを意味していて、クリートが違えばシューズも換える必要があます。

シューズはけして安いものではないので、基本的には最初に買ったメーカーのペダルを使い続けると思うので、最初のペダル選びというのはその後の展開も考えて、慎重に選ぶ必要があるのかもしれません。

僕などは、ビンディングペダルをインストールしたいと考えた時にSPDが何ぞかかも全く意識していなかったので、お店に売られていたSHIMANO製品を躊躇無く選択しましたが、こうしていろいろ調べてみるとクランクブラザーズあたりが使い勝手が良さそうで、今なら間違いなく購入候補になっていたことでしょう。

ビンディングペダル一つをとっても、各社各様で知れば知るほど面白いと思う自転車の世界なのでした。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑