SPDビンディングシューズのクリート取付ボルトを紛失したら代用品で対処する方法

SPDのクリート取付ボルトが無くなったので代用品で対処

ビンディングシューズのSPDのクリートを固定してあるボルトを紛失したので、他のボルトを使用して対処したお話です。

ボルトの太さやねじ切りの規格さえ合っていれば使用できますが、その調べ方や適合したボルトについてまとめています。

ビンディングシューズのSPDのクリートを固定しているボルトを紛失

ある日、いつも通りにビンディングシューズを履いてクロスバイクに乗っていると少し足に違和感がありました。

そこで確認するためにクリートを外そうとすると、クリートが回転しまい、ビンディングペダルからビンディングシューズが外れなくなるという事態に見舞われました。

このままでは転倒してしまうので、幹線道路から脇道に入り、スピードを落としつつ靴ヒモを緩めて靴を脱ぐことでひとまず危険は回避しました。

自転車から降りてビンディングシューズを確認してみたところ、ビンディングシューズ裏のSPDのクリートを固定している2本のボルトのうち一本抜け落ちていました。そのためクリートが回転してしまったようです。

ボルトが抜け落ちて動くようになってしまったビンディングシューズのクリートをどうにか固定しなければ、このままの状態ではビンディングシューズを使用することができません。

クリートを固定するボルトについて

クリートを固定するボルトについて

シマノのクリート固定用ボルト

ビンディングシューズを買うとクリートも一緒に付属している場合がほとんどです。しかし、ボルトなどは必要最低限しか入っておらず、今回のようにボルトを紛失してしまってた場合は新しくボルトを買うしかありません。

もちろんボルトを紛失した時のためにスモールパーツとして販売されています。ボルトの名称はクリート取付ボルトです。

Y'sRoadなどの大手の自転車ショップでは、単品売りなどしているようなので、お店まで行くことができる人は1本100円程度で入手できるようです。

はい、ボルト一本が100円です(笑)

小さなボルト一本が100円と考えると随分高いと思いますが、このような製品に使われているボルトは既製品だとなかなか適合するものが無く、大抵の場合は特注で製造していたりする関係で、元々の製造原価も高かったりするので仕方が無いのかもしれません。

さらにはお店に行かずにAmazonなどのネット通販で購入しようとすると送料が上乗せになり「たかがボルト一本で頭おかしいんじゃねえの?」と思えるような値段で買うしかないので、お店まで足を運べる人はお店で買うのが一番良いと思います。

ボルト一本で送料込み800円くらいするのであれば、クリートセットごと買った方が良いんじゃないかと思えるレベルですが、クリートセット自体も1,500円前後なので、たかがボルト一本失くしただけでそんな出費はちょっとね、という感じです。

シマノ(SHIMANO) SPD クリート取付ボルト (4個)12.5mm Y46X98010

シマノ(SHIMANO) SPD クリート取付ボルト (4個)12.5mm Y46X98010

352円(01/26 19:11時点)
Amazonの情報を掲載しています

他のボルトで代用できないのか?

今回のように出先でボルトがなくなってしまうことを考えると「予備でも数本持っておきたいな」と思います。

というのもクリートの取り付けボルトが外れたのが今回が初めてではないので、意外と頻発するトラブルのような気がするのです。

しかし純正ボルトはちょっと高い。

皿ネジ

ビンディングシューズに使用されているボルトは、ボルト頭の部分がお皿のように平らな皿ネジという形状のネジで、ネジ頭を出っ張らせたくない時などに使用するボルトです。

皿ネジは一般的なものなのでボルト関係を扱っているDIVショップなどをさがせば、適当に代用できるネジが見つけられそうです。

ビンディングシューズの「クリート取付ボルト 紛失」で調べてみると、代用品でどうにかしている人もチラホラいるようです。代用品で大丈夫であれば30本〜50本入りで送料込みで800円前後で購入できるので、こちらの方が断然お買い得です。

クリート取付けボルトとして代用できそうなボルトのサイズ

クリート取付けボルトとして代用できそうなボルトのサイズ

ボルトには「ボルトの太さ」「ねじ切りの幅(ピッチ)」「ボルトの長さ」など様々なパターンがあるので、単純に皿ネジを買えば良いというわけではありません。

クリートの取付けに使用出来そうなボルトのサイズを調べて見つかった情報から判断するとM5×8mmM5×10mmと呼ばれるサイズのボルトで代用している人が多かったです。

長さ

ボルトやネジの長さはネジが埋没する部分の長さを測ります。

つまり、一般的な頭部分が出っ張るようなボルトやネジの場合は軸の部分の長さを測りますが、今回のような皿ネジの場合は頭部分も埋没するため頭部分を含めた長さを測ります。

太さ(径)

日本で使用されることの多いネジは、ネジの太さをM5やM12などで示します。

Mはもちろんメートルの意味でメートルねじと呼ばれます。Mの後の数字はネジの太さでM5のボルトであれ直径約5ミリのネジということになります。

ピッチ

ねじ切りの幅はピッチと呼ばれ、M12/P0.5などと表記されます。P0.5とはピッチが0.5ミリのネジということになります。

ネジピッチは規格が決まっているので、今回使用するM5ネジの場合は規格で0.8と決まっていて、それ以外に無いので今回はピッチは気にしなくて良いです。

代用ボルトでクリートを固定してみた結果

代用ボルトでクリートを固定してみた結果

アマゾンで該当するサイズの皿ネジを購入してみました。
購入したのはM5×10mmの皿ネジです。

M5×10mmで固定できたけど・・・長さが足りない

クリート取付ボルト

純正品と比べるとM5×10mmのネジでも少し長さが短いようです。
長さが足りずにきちんと固定出来るか不安でしたが、ギリギリセーフってやつでなんとか固定できました。

試しに乗車してクリートにハメて外してを繰り返し行なってみましたが特に問題はなさそうです。

シマノの純正クリート取付ボルトを計測してみました

シマノの純正クリート取付ボルトを計測してみました

ネジを計測するため、ノギスを使ってシマノ純正のクリート取付ボルトを計測したところ8.5mmでした。

あれ・・・? 購入したネジより短い???

もしやと思い、購入した10mmのネジを計ってみたところ、なんと8mmでした。

皿ネジの長さはスペック寸法よりも短くなる

実は皿ネジは頭部分が皿のように平らになっている関係上、スペックの寸法よりも短めになるのが普通のようです。

つまりその誤差を考えると10mmのネジではなく12mmのネジを買っておくと、丁度10mm程度の長さになり良い具合に代用できるものと思われます。

知らなんだ。

結論

クリート取付ボルトを代用するなら M5 x 12 mm が正解

自転車のペダルに関する記事一覧

ビンディングペダルに関する記事一覧

更新日:

Copyright© ESCAPE Airと自転車ライフ , 2022 All Rights Reserved.