*

クロスバイクやロードバイクの細い23Cタイヤはパンクが心配?

公開日: ホイール・タイヤ, 自転車メンテ・改造 , ,

クロスバイクやロードバイクの細い23Cタイヤはパンクが心配?

僕がスポーツバイクというものに興味を持ち、クロスバイクに乗り始める前後、最も不安でしょうがなかったのパンクです。

というのも、クロスバイクやロードバイクなどは、シティサイクルなどと比べてタイヤが細いということもあり、パンクしやすいという情報がやたらと入ってきていたためでした。

で、スポーツバイクであるクロスバイクに実際乗り始めて、果たして本当にパンクしやすかったのでしょうか?

sponsored link

クロスバイクやロードバイクはパンクしやすい?

ロードバイクやクロスバイクはパンクしやすい?

自転車のタイヤがパンクするというのは、実際問題で運の要素も非常に大きいと思うのでクロスバイクやロードバイクだからパンクしやすいとは一概には言えないと思います。

確かにクロスバイクやロードバイクのタイヤは細いので、空気の量が少なくクッション性が少ないためパンクしやすいという理屈は理解出来るのですが、僕個人の経験による感想としては、普通のシティサイクルやママチャリなどとそんなに違いは無いというような感じです。

クロスバイクに乗り始める前のパンクに対する過剰なまでの不安は何だったのかと思うほどで、クロスバイクやロードバイクと言えど、パンクなんて忘れた頃にするくらいのものだと思います。

僕の場合、過去に一度だけパンクした経験はありますが、何かを踏んづけたことによるパンクではなく、ブレーキの整備ミスが原因で起きたパンクでした。

パンクの経験は今の所その一回だけなので、クロスバイクを乗り始めて3年半、何かを踏んづけたりしたことが原因のパンクらしいパンクは一度も無かったと言えるでしょう。

そんな調子なので、今ではパンクの事を気にして走るなんてことはなくなりました。

クロスバイクやロードバイクがパンクしやすいと言われる理由

クロスバイクやロードバイクがパンクしやすいと言われる理由

ロードバイクやクロスバイクのタイヤは23Cや28Cと呼ばれるサイズが主流で、一般的なシティサイクルに採用されているタイヤと比べるとタイヤの幅が細く、タイヤ全体の空気量が少ないことがパンクしやすい原因の一つだと言われたりします。

要するにママチャリやシティサイクルでは気にせずにガッツンガッツンと段差に乗り上げるような乗り方をしてしまうと、空気量が少なくクッション性の低いクロスバイクやロードバイクのタイヤの場合、衝撃を吸収しきれずに地面とホイールのリムでチューブを挟んでしまったりすることがあったりするわけです。

シティサイクルと同じような感覚で段差に思い切り突っ込んだり、空気をたまにしか入れなかったりすれば、確かにシティサイクルなどと比べてパンクしやすくなるのは当然だと言えるでしょう。

しかし、細いタイヤの特性を知り、段差に気をつけた乗り方をしたり、走行前は必ず空気を補填してから走るなど、スポーツバイクを乗る上で当然気にスすべきことを意識した乗り方が出来れば、パンクのリスクはかなり軽減できるものだと思います。

逆に言えば、シティサイクルでも手入れをしなかったり乱暴な乗り方をすれば、パンクのリスクは高くなると言えるでしょう。

クロスバイクやロードバイクがパンクしてしまったら

タイヤに優しい乗り方をしていればクロスバイクやロードバイクの細いタイヤでもパンクするようなことは滅多に無いと思いますが、不運にもパンクしてしまった場合の対処方法をまとめておきます。

自力でパンクを直す

シティサイクルの場合はパンクをしたら自転車屋さんで直してもらうのが当たり前ですが、クロスバイクやロードバイクの場合はパンクは自分で直すというのがクロスバイクやロードバイクにのる為の必須スキルとも言えるかもしれません。

パンク修理をした経験が無いとパンク修理を自分自身でやるなんて大変だ・・・というイメージがありますが、実際にパンク修理をやってみると拍子抜けするほど簡単です。

自分でパンク修理が出来るようになれば、お店の開いていない夜中のサイクリングやお店の少ない郊外などでパンクしても途方に暮れることがなく、遠出する際にも不安はかなり軽減されるはずです。

一度もパンク修理をしたことがないと、手順を間違ったりして戸惑うこともあるかと思いますが、パンク修理の方法はYoutubeなどの動画サイトなどでも沢山公開されているので参考にしながら作業をすれば間違ってどうしようもなくなってしまう、なんてことも無いはずです。

サイクルショップでパンクを直す

ママチャリやシティサイクルに乗っていてパンクした時と同じように、サイクルショップに自転車を持込んでパンクを修理してもらうのも、近くにお店があるならば選択肢として考えてみても良いかもしれません。

問題は、都合良くパンクした地点から近い場所にサイクルショップがあるとは限りませんし、街の自転車屋さんでは、スポーツバイクタイプの自転車のパンク修理を行なってくれなかったりすることもあるようです。

さらには、サイクルショップでパンク修理をお願いすると、パンク修理の料金で新しいチューブが買えてしまうので、お店を探す手間や費用を考えれば、なるべく早めに自分で修理出来るようになった方が良いという結論に辿り着きます。

パンクした際に絶対にやってはいけないこと

自転車がパンクした時に絶対にやってはいけないことは、パンクしたまま走り続けることです。

空気の抜けたタイヤで走ると、パンクしたチューブだけでなく、タイヤやホイールまで大ダメージを受けてしまい、最悪の場合は丸ごと交換しなければいけなくなることも有り得ます。

パンクした場合は、その場ですぐに修理を行なうか、修理が無理な場合は、パンクしたタイヤを浮かせて運ぶくらいの気遣いが必要です。

ノーパンクタイヤを使わない理由

ノーパンクタイヤを使わない理由

クロスバイクのESCAPE Airを購入した直後は、パンクにビビるあまりにノーパンクタイヤの導入も本気で考えたほどでした。ノーパンクタイヤならパンクのリスクがゼロで自転車に乗り続けることができる魔法のタイヤです。

ノーパンクタイヤとは

その名前の通りに、パンクしないタイヤのこと。
いろいろな種類のノーパンクタイヤがありますが、一般的なのはチューブの中にゴム製の発泡剤などを詰めて物理的にパンクしないようになっています。

何も考えなければ「ノーパンクタイヤはパンクしない夢のタイヤ!」と思ってしまうのですが、重量の増加や、空気と比べて衝撃を吸収する能力が低いため、衝撃をダイレクトに受けるホイールやスポークへのダメージが大きいと言われています。

そんなわけで、クロスバイクやロードバイクに乗っている人でノーパンクタイヤを使用している人は、よほどの物好きでない限りは居ないと考えて間違いないでしょう。僕の周りにもノーパンクタイヤを使用しているサイクリストは一人も居ません。

クロスバイクやロードバイクはパンクが心配?のまとめ

クロスバイクやロードバイクはパンクが心配?のまとめ

自転車はタイヤを使って走る乗り物である以上、パンクは常に付きまとう問題です。

しかし、細いタイヤ特性を理解し、細いタイヤに相応しい乗り方で走ることができれば、パンクのリスクはそれほど高くないものだと僕は思います。

また、パンクしたところで、クロスバイクやロードバイクのパンクの修理はけして難しいものではなく、必要な道具さえあれば、早い人では10分もあれば修理を終えるくらい簡単です。一度でも経験して力加減や要領などが分かっていれば何も恐れることがないのがスポーツバイクのパンク修理と言えるでしょう。

YouTubeなどでもパンク修理の動画は多数公開されていますし、サイクルショップなどでも定期的にパンク修理の講座も開かれていたりするので、自信の無い人は参加してみるのも有りかもしれません。

僕も参加しようかどうしようか悩んだことがありますが、参加料でチューブを数本買えるので、チューブを無駄にしても良いやという気持ちで、Youtubeなどの動画を見ながら自分自身で予行練習を行なったりしてパンク修理に挑戦してみたことがあります。

リハーサル的にパンク修理を経験しておけば、いざパンクした時にも焦ることは少ないかと思います。

クロスバイクやロードバイクのパンクに関する情報をまとめてみると

● パンクは滅多にしない
● パンクしても自分で修理できる
● パンクの修理は参考動画などを見れば失敗しない
● パンク修理は一度経験しておけばその後は簡単

というような感じでパンクなんて全く怖くないってことなのです。

クロスバイクやロードバイクのパンクを意識した乗り方

タイヤの細い、クロスバイクやロードバイクなどでも、パンクを意識した走り方をすればパンクのリスクは軽減出来るようになると思います。

● 乗る前は空気を入れる(空気圧の管理)
● 段差がある場合は速度を落として抜重して乗り越える
● ゴミが溜まっているような場所は走らない(釘やガラス片などが隠れている)
● パンク耐性の高いタイヤを使用する

パンク耐性の高いタイヤと言えば・・・コンチネンタルグランプリ4000Sがパンク耐性の高いタイヤとして有名です。もちろん僕も使用しています。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑