クロスバイクの改造やロードバイク自転車

ESCAPE Airと自転車ライフ

ホイール・タイヤ 自転車メンテ・改造

サイクリストがノーパンクタイヤを使用しない理由

更新日:

サイクリストがノーパンクタイヤを使用しない理由

僕がクロスバイクやロードバイクに乗りたいと思った時、最初に不安に思ったのはパンクでした。

なぜならばクロスバイクやロードバイクなどのスポーツバイクには一般的なシティサイクルとは違って細いタイヤが採用されているため、チューブ内の空気量の問題などでパンクしやすいという情報をあちこちで見たからでした。

あまりに不安になったのでパンク対策について調べて辿り着いたのがノーパンクタイヤというパンクをしない夢のタイヤでした。

しかし、僕はノーパンクタイヤを使用していません。
僕だけでなくおそらくほとんどのサイクリスト達はノーパンクタイヤを自身のクロスバイクやロードバイクには使用していません。

何故、夢のタイヤであるノーパンクタイヤを使用しないのか、以下その理由などをまとめてみました。

クロスバイクやロードバイクの細いタイヤはパンクしやすい

クロスバイクやロードバイクの細いタイヤはパンクしやすい

ロードバイクやクロスバイクには一般的な自転車に比べて細いタイヤが採用されています。

例えば、クロスバイクの場合は28Cと呼ばれるサイズ、ロードバイクの場合は23Cと呼ばれるサイズが一般的かと思います。28Cや23Cなどの数字はタイヤの幅を表していて、この数字が小さければ小さいほど細いタイヤになります。

タイヤが細いほど空気量も少なくなるためクッション性が低くなり段差などの衝撃に弱くなります。そのため段差とリムでチューブを挟んでしまったりしてチューブに穴が開くなど、太いタイヤに比べてパンクしやすくなると言われていたりします。

クロスバイクやロードバイクに限らずで、タイヤで走る乗り物は全てパンクのリスクは必ず付いてまわるもので、出来るなら避けたいアクシデントの一つです。

そんなパンクのリスクをゼロにしてくれる魔法のタイヤがノーパンクタイヤというわけです。

ノーパンクタイヤって何?

ノーパンクタイヤ e-core(イーコア)/1台分(前後) (HE 1.5又はWO 1-1/2 (32Φ))

ノーパンクタイヤはパンクしない夢のタイヤ

ノーパンクタイヤとは、その名の通りパンクしないタイヤです。

ノーパンクタイヤの中に入っているのは空気ではなく、ウレタンなどが詰められていて物理的にタイヤが潰れないようになっているのです。

なので、例えば千枚通しでタイヤをブスリと刺したとしてもパンクはしませんしタイヤ自体も潰れないので、そのまま走行出来るというものです。

パンクが不安でたまらなかった僕にとってノーパンクタイヤは正に夢のタイヤに思えたのでした。

ノーパンクタイヤを履かせている人が居ない・・・?

ところが、そんな素晴らしい夢のタイヤなのに、周りの自転車乗りを見ても、誰一人としてノーパンクタイヤを履かせている人が居ないのです。

「もしかしてノーパンクタイヤの存在を知らないのかな?」と思ったりもしたのですが、クロスバイクやロードバイクに乗るサイクリスト達がノーパンクタイヤを履かせていないのにはちゃんとした理由があったのでした。

サイクリストがノーパンクタイヤを使用しない理由

サイクリストがノーパンクタイヤを使用しない理由

ノーパンクタイヤは重くなる

ノーパンクタイヤを使用しあい理由の一つに重量の問題があります。

ノーパンクタイヤには空気の代わりにウレタンという物質が詰められてるわけですからタイヤの重量は当然重くなります

最近はウレタンなどよりも軽い物質を使用したノーパンクタイヤもあるようですが、いずれにしても空気よりは確実に重たくなります。

クロスバイクやロードバイクなどのスポーツバイクにとって重量はかなり重要な指標なので、ホイールやフレームを選ぶ際にもまずは重量を確認したりするくらいです。

また、ホイールなど回転するパーツは重量の影響を受けやすいく、回転しないフレームなどよりも重量の違いによる影響の変化が大きいといわれています。

特にホイールの場合は中心部のハブよりも外周部分の方が重量の影響を受けやすいのです。

ところがノーパンクタイヤはホイールの外周部分を重たくさせてしまうものであるため走行の妨げになるのでサイクリスト達からは敬遠されてしまうのです。

ノーパンクタイヤはクッション性が低く乗り心地が悪い

ノーパンクタイヤは一般的なタイヤに比べてクッション性が低く地面からの衝撃を吸収しきれないという弱点もあります。

吸収しきれなかった衝撃はフレームなどを通じてダイレクトに伝わってくるため、乗り心地が悪くなってしまう他、スポークやリムなどその他のパーツへの負担にもなり破断や故障しやすく原なると言われています。

実際問題でノーパンクタイヤにするとスポークが頻繁に折れたりもするようですし、時にはリムが割れたりもするようで、自転車に対して優しくないタイヤと言えるかもしれません。

重量よりも何よりもノーパンクタイヤを使用したくない理由はこれだと思います。

サイクリストがノーパンクタイヤを使用しなくて良い理由

サイクリストがノーパンクタイヤを使用しなくて良い理由

パンク修理はそれほど大変ではない

パンク修理は面倒で難しいものだというイメージがありますが、クロスバイクやロードバイクの場合のパンク修理は実は簡単なのです。

僕自信も自分でパンク修理をしてみるまでは、パンク修理をものすごく大変で面倒なものだと思っていましたし、初めてのパンク修理は力加減やコツが分からないこともあり時間もかかり大変な思いをしました。

しかし一度経験してしまえばパンク修理はそれほど大変なものだとは思わなくなるはずです。

自分一人でパンク修理をしてみるのが恐い人は、サイクルショップなどでも定期的にパンク修理の講習会が開催されていたりもしますし、YouTubeなどにもパンク修理の動画はいくつもアップされているので、それらを見ながら自分で実践して見るのが良いでしょう。

遅かれ早かれでパンク修理が必要な場面は必ずやってきますからリハーサルでもパンク修理の経験があれば実際に作業が必要になった場合の安心感が全く違ってきます。

そもそもそんなにパンクしない

ロードバイクなどで標準の23Cなどのタイヤは一般的な自転車のタイヤと比べるとかなり細いのは確かで、一般的な自転車と同じような乗り方をしてしまえばパンクのリスクは高くなるのは間違いないと思います。

タイヤが細いのでタイヤの中の空気の量が少なくてクッション性が低くなるのがパンクしやすくなる大きな理由のようですが、日頃の空気圧の管理や乗り方のポイントさえ気をつければ、釘やガラス片等を踏んでしまったアンラッキーな要素以外でパンクのリスクが変わるようには思えないのです。

例えば、車道から歩道に上がる場合の段差などは、一般的な自転車だとガツン!という音を立ててダイナミックに乗り上げても問題無い場合がほとんどですが、細いタイヤの場合はそのような乗り方をするとパンクしてしまうこともあると思います。

乗り方のコツとしては段差のある場所はスピードを落として、段差を乗り上げる際には体重が乗ってしまわないように抜重するようにすれば。パンクのリスクはかなり小さくすることが出来ると思います。

23Cなど細いタイヤでパンクしないように気をつけること

23Cなど細いタイヤでパンクしないように気をつけること

空気圧をきちんと管理する

クロスバイクやロードバイクに乗る前には空気を入れてから乗る習慣をつけましょう。

タイヤの空気は放置していると自然に抜けていきます。風船に空気を入れていても数日経てば萎んでしまうのと同じです。

空気を入れずに乗ると、走行性能が落ちるだけでなく、段差などにも弱くなり、ガツンと何かに乗り上げた時にチューブに穴が空いてしまってパンクする、いわゆるスネークバイトと呼ばれるパンクのリスクも高くなります。

乗車前には空気を入れるというのが当たり前のこととして最低でも1週間に一度、出来るならば乗車する前に空気を入れるようにしましょう。

空気圧の管理には空気圧計や空気圧計のあるフロアポンプを使用するのが良いでしょう。

段差は避ける

細いタイヤは段差に弱いです。
なるべく段差は避けて走るようにした方が良いと思います。

どうしても段差を避けられない場合は抜重と言って段差に乗り上げる瞬間に乗り上げるタイヤに負荷がかからないようにライダーの重心を移動させるとパンク対策に有効です。

前輪が乗り上げる際には重心が後ろになるように、後輪が乗り上げる際には重心が前になるようにするわけです。また、スピードが出ていると衝撃も大きくなるので、なるべく速度を落として段差に向かうというのも大切だと思います。

ゴミは避ける

車道を走っていると、時として路肩に吹き溜まりなどが出来ている場所を見つけたりします。子供心を忘れていない大人としてはそういうものを見つけると「ウェーイ!」とその上を走ってみたくなります。

しかし、ゴミの中にはガラス片や金属片などが紛れている可能性もあり、無駄にパンクのリスクを高めてしまうので避けて走るようにしましょう。

パンク耐性の高いタイヤを使う

タイヤを選ぶ際に、パンク耐性の高いタイヤを選ぶのもパンク防止には効果があります。

パンク耐性の高い評判とタイヤの価格は比例する感じで、高評価なタイヤは総じて高価ではありますが、そのようなタイヤは耐パンク性が高いだけでなくタイヤとしての性能も高くなるので、一度使えば元のタイヤへは戻れないような安心感と性能は確実に得られるので満足度は非常に高いと思います。

評判の高いタイヤの代表としてはコンチネンタルのグランプリ4000S2はパンク耐性の他、グリップ力や耐久性などの面でもズバ抜けて評判の高いタイヤのようで、これさえ使っておけば間違いない!と言われるほどのタイヤです。

実際に僕自身も使用していますがパンク知らずな状態です。

サイクリストがノーパンクタイヤを使用しない理由まとめ

サイクリストがノーパンクタイヤを使用しない理由まとめ

ノーパンクタイヤは重量が重い上に衝撃も吸収しないので自転車やホイールにも優しくありません。

そもそもクロスバイクやロードバイクの細いタイヤでも空気圧の管理と走り方に注意していればパンクは滅多にしないものですし、仮にパンクしても簡単に修理できるので、パンクを避けるためだけにいろいろなデメリットを負ってまでノーパンクタイヤにする必要はないというのが、ノーパンクタイヤを使用しない主な理由になるんじゃないかと思います。

ただ、このエントリー記事は「スポーツサイクルにノーパンクタイヤなんかは要らねえ」という視点から書いているので、必然的にノーパンクタイヤを全否定するような内容になってしまっているだけで、視点を変えればノーパンクタイヤ自体はやはり夢のタイヤだということは忘れてはいけないと思います。

ママチャリなどにおいてはもともと車重も重く、ノーパンクタイヤの重量の影響ほとんど気にしなくて良いでしょうし、シティサイクルなどはパンクしてもスポーツサイクルほど修理が簡単に行なえなかったりするので、ノーパンクタイヤを導入するというのは十分価値があるんじゃないかと思います。

また、最近のノーパンクタイヤは従来のノーパンクタイヤの問題点を改善した製品も出て来ているようです。

それでは最後に今後のノーパンクタイヤの更なる発展も期待して画期的な新技術で作られたノーパンクタイヤを紹介しておきたいと思います。

新しい技術のノーパンクタイヤ

TaNNUS

心材にウレタンではなく、独自のマイクロセル構造ポリマーを使用したノーパンクタイヤ。
従来のノーパンクタイヤに比べて軽量化と弾力性があるとのこと。
ほとんどのクリンチャータイプのホイールに装着でき、価格も低めなのが特徴です。

公式サイトのトップのメインイメージでもロードバイクを使用していることからも自信が見え隠れしています。

メンテナンスフリーの次世代タイヤ|TaNNUS

ノーパンクタイヤ e-チューブ

空気タイヤに近い乗り心地を目指して開発されたノーパンクタイヤ。
ウレタンなどのソリッド方式ではなく、潰れないチューブをタイヤの中に仕込む方式のノーパンクタイヤ。

e-チューブ|Katazen

このような技術が今後どんどん発展して、今後はクロスバイクやロードバイクでもノーパンクタイヤが使用される日がやってくるかもしれませんね。

-ホイール・タイヤ, 自転車メンテ・改造
-,

Copyright© ESCAPE Airと自転車ライフ , 2018 All Rights Reserved.