*

室内用自転車ディスプレイスタンドは縦置きタイプが場所を取らずにおすすめ

室内用自転車ディスプレイスタンドは縦置きタイプがおすすめ

ロードバイクやクロスバイクを室内保管するために必要なディスプレイスタンドについて考えてみました。

ロードバイクやクロスバイクなどのスポーツバイクは室内保管しておけば、盗難のリスクがグッと低くなります。

また、駐輪場などで有りがちな他の自転車からの不要なアタックによる被害を避けられたり、フレームやパーツの劣化の原因となる紫外線や埃からも自転車を守ることができます。

僕のように自転車弄りが好きな人にとっては、室内保管することで思い立ったその時にすぐに自転車を弄れたりするのもメリットです。

さらには、ロードバイクやクロスバイクは部屋のディスプレイとしても秀逸で、部屋の中の自転車があるだけですごくオシャレな感じが出たりします。

そんなわけで、ロードバイクやクロスバイクの室内保管に必要な自転車ディスプレイスタンドについて考えてみることにしましょう。

室内保管用自転車ディスプレイスタンドは縦置きタイプがおすすめ

室内保管用自転車ディスプレイスタンドは縦置きタイプがおすすめ

いきなりの結論からですが、ロードバイクやクロスバイクを室内保管する際に使用するディスプレイスタンドは縦置きタイプがいろいろな理由からおすすめです。

一般的な自転車ディスプレイスタンドは横置きタイプ

自転車ディスプレイスタンドドにはいくつかタイプがあって、その多くは横置きタイプかと思います。

横置きタイプは自転車を複数台所有していたりすると、二台重ねてディスプレイできたりしてなかなか便利なのは間違いありません。

また自転車も水平にディスプレイできるため、見た目を大事にする人は横置きタイプのディスプレイスタンドがおすすめになります。

省スペース派の自転車ディスプレイスタンドは縦置きタイプ

僕自身も可能であるならば横置きタイプのディスプレイスタンドが好きだったりします。

しかしマンションアパート暮らしだと保管スペースにも限りがあり、大きなスペースを占拠してしまう横置きタイプのディスプレイスタンドは、自転車中心のレイアウトを考えない限り、設置が難しいという現実があります。

そこで、もっと省スペース化できるディスプレイスタンドは無いかと検討していた時期に、職場の自転車置き場に設置されたのがサイクルロッカーと呼ばれる縦置きタイプの自転車スタンドでした。

縦置きタイプのディスプレイスタンドの最大のメリットは省スペース化できること。

横置きタイプのディスプレイスタンドに比べると保管時に高さが出るので多少の圧迫感は出ますが、玄関などの狭い場所にも設置出来るのは縦置きならではのメリットです。

室内用縦置きタイプのおすすめ自転車ディスプレイスタンド

サイクルロッカーの室内用縦置きディスプレイスタンド

slide1Photo via:http://cyclelocker.net/

僕の職場の自転車置き場にも設置された室内保管用の縦置きタイプの自転車ディスプレイスタンドであるサイクルロッカーについて解説してみたいと思います。

あまりに秀逸な縦置きディスプレイスタンドなので人にもおすすめしたくなるくらいの出来で、このディスプレイスタンドが職場に設置されてからしばらく後に、職場の自転車チームのメンバー達が立て続けに自宅用にも購入したほどです。

非常にシンプルな創りになっていて、スタンド部とペダル固定部だけで構成されています。本当にこれで自転車が固定出来るのか?と不安になるくらいのシンプルさです。

縦置き自転車ディスプレイスタンドのサイクルロッカーの設置方法

そのようなシンプルな構造で、どうやって自転車を固定させるのか、僕が下手な説明をするよりも動画を見てもらった方が早いので、サイクルロッカーの公式動画を貼っておきます。

上の動画を見てもらえれば判りますが、自転車を縦にした状態でディスプレイスタンドに入れて、ペダル固定部にクランクを回転させて固定させるだけの簡単さでしっかりと自転車が動かないように固定されます。

取り外す時も自転車を軽く持ち上げることでロックが外れ、簡単に外すことができます。

よく考えたものだと感心してしまうレベルでとても優れた自転車スタンドです。

縦置きタイプの自転車ディスプレイスタンド

クランクを引っ掛けるペダル固定部はこんな感じでシンプルです。
これでしっかりと固定できます。

上記の写真はCS-103という上位モデルですが業務用的なデザインなのと壁に固定しなければいけませんが、個人でも導入しやすいようにパイプハンガー的な台座付きのCS-650があり、そちらの方が個人使用ではおすすめです。

丹頂をイメージしたミノウラの縦置きディスプレイスタンド

71mZCagD+vL._SL1500_

自転車用のディスプレイスタンドと言えばミノウラです。

そしてミノウラの縦置き型自転車ディスプレイスタンドと言えば、Tancho E’see DS2100

その名の通り、丹頂鶴をイメージしたと思われる赤白黒の三色を使用したデザインで、なかなか美しい佇まいのディスプレイスタンドだと思います。

実はこのディスプレイスタンドは縦置きが基本ではありますが、縦横兼用になっていて後輪を使用して横置きも出来るようになっているハイブリッドタイプです。

非常にコンパクトな縦置き型ディスプレイスタンドですし、個人的にもミノウラ製のメンテナンススタンドを使用している関係から、品質や質感などにも満足できそうです。

おそらく縦置き型自転車ディスプレイスタンドではメーカーのブランド力などを考えると一番人気と思われます。

姉妹品として黒いフレームのディスプレイスタンドもあるようです。

サンワサプライの縦置き自転車様ディスプレイスタンド

800-BYST4_MXPhoto via:http://direct.sanwa.co.jp/ItemPage/800-BYST4?utm_source=Release&utm_medium=Release&utm_campaign=800-BYST4

オフィス用品やパソコン周辺機器でお馴染みのサンワサプライも自転車用縦置きディスプレイスタンドを販売しているメーカーの一つです。

上記のミノウラのDS2100 Tancho E’seeを更にシンプルにしたようなデザインで縦横兼用の自転車ディスプレイスタンドです。

特徴としてはそのシンプルさと約1.9kgという軽量さ。
軽量な分、安定性に不安を感じますが、ワンルームや自宅に置くにはこれくらいシンプルでコンパクトなものでも良いかもしれません。

ほとんど同じデザインのモデルも他メーカーから出ています。重量等のスペックもほとんど大差ないことから想像するに、OEMか何かなのでしょうかね・・・。

縦置きタイプの室内自転車ディスプレイスタンドのまとめ

ロードバイクやクロスバイクを保管する場所は何と言っても室内保管が安全で、省スペース化が実現出来る楯夫木型ディスプレイスタンドは室内保管派にとっては非常に重宝するものだと思います。

その中でも、実際僕が使用して使い勝手もよく、業務用としても納品しているだけあって創りもしっかりとしているサイクルロッカーの縦置きディスプレイスタンドが一番のおすすめです。

自転車の室内保管をしたいけれど、スペースの問題で導入を断念したり、躊躇していたりする人は縦置きのディスプレイスタンドを検討してみては如何でしょうか。

室内保管は自転車盗難リスクの無い安心感と、自転車とともに過ごしているような一体感が感じられる一石二鳥的な部分もあるので検討してみる価値がありますよ。

以上、ロードバイクやクロスバイクを室内保管する際の省スペース化を実現する縦置きディスプレイスタンドについてのまとめでした。

Comment

  1. mclum より:

    縦置きタイプを選ぶ理由 追加したいスタンド

    MCLUM サイクルスタンド

    http://ifworlddesignguide.com/entry/173556-mclum-parabola

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑