*

ロードバイクやクロスバイクを室内保管するなら縦置き型のディスプレイスタンドがおすすめ!

Publication date: おすすめ自転車情報, おすすめ自転車用品, スタンド, 自転車メンテ・改造

ロードバイクやクロスバイクを室内保管するなら縦置きタイプのディスプレイスタンド

ロードバイクやクロスバイクを室内保管するためにおすすめのスタンド縦置き型が場所を取らなくておすすめというお話です。

ロードバイクやクロスバイクの保管方法として定番なのは室内保管です。
ロードバイクやクロスバイクに興味を持つ前までは自転車を室内で保管するなんて考えてもみなかったことですが、自転車趣味にドップリ浸かってしまうと、自転車を室内で保管するのはごくごく当たり前のことになります。

かく言う僕は家庭の事情もあって愛車のクロスバイクは室内保管ではありません。しかしながら、家庭の事情さえ許せば今すぐにでも室内保管をしたいと思っています。

と言うのも、ロードバイクやクロスバイクを室内保管しておけば、盗難やイタズラされるリスクから自転車を守ることが出来ますし、僕のように自転車弄りが好きな人にとっては、室内保管することで思い立ったその時にすぐに自転車を弄れたりするのもメリットがあるからなのです。

さらには、ロードバイクやクロスバイクは部屋のディスプレイとしても秀逸で、部屋の中の自転車があるだけで、部屋がなんとなくオシャレカフェのような雰囲気になったりもするものです。

さて、ロードバイクやクロスバイクの室内保管に必要不可欠なモノと言えば室内用自転車ディスプレイスタンドです。

今回は数有る自転車用のディスプレイスタンドの中でもおすすめな縦置き型の自転車スタンドについて考えてみたいと思います。

sponsored link

自転車を室内保管するなら縦置きタイプのディスプレイスタンドがおすすめ

室内保管用自転車ディスプレイスタンドは縦置きタイプがおすすめ

いきなりの結論からですが、ロードバイクやクロスバイクを室内保管する際に使用するディスプレイスタンドは縦置きタイプがいろいろな理由からおすすめです。

横置きタイプの自転車ディスプレイスタンドはカッコ良いけど場所を取る

自転車を室内に保管するためのディスプレイスタンドには横置きタイプと縦置きタイプとがあります。

横置きタイプの自転車ディスプレイスタンドは部屋置きした時にも自転車の見栄えがよくなりますがスペースを取ります。

そうなると、賃貸アパート暮らしだとちょっと難しいというお話にもなり、実際問題で自転車のために室内のスペースを空けるというようなことは、なかなか出来るものではありません。

縦置きタイプの自転車ディスプレイスタンドは省スペースで室内保管が出来る

縦置きタイプのディスプレイスタンドは横置きタイプのディスプレイスタンドと比べるとかなり省スペース化することが出来ると知り、縦置き型の自転車ディスプレイスタンドを探し始めました。

その矢先、タイミングよく職場の自転車置き場に設置されたのがサイクルロッカーと呼ばれる縦置きタイプの自転車ディスプレイスタンドでした。

実際に実物を見てみると、かなり狭い場所でも設置が出来て、ほとんど場所を取らないものでした。

サイクルロッカーを見た瞬間「自宅用の自転車ディスプレイスタンドはサイクルロッカーが良いな!」と思いました。

サイクルロッカーなら、今まで場所を取るからと諦めていた自転車の室内保管も、縦置きタイプの自転車ディスプレイスタンドを使用すれば玄関などの狭い場所にも自転車を保管出来るようになると思えたからです。

室内保管するのにおすすめな縦置きタイプの自転車ディスプレイスタンド

サイクルロッカーの室内用縦置きディスプレイスタンド

slide1Photo via:http://cyclelocker.net/

僕の職場の自転車置き場にも設置された室内保管用の縦置き型の自転車ディスプレイスタンドであるサイクルロッカーについて解説しておきます。

縦置きタイプの自転車ディスプレイスタンドであるサイクルロッカーを実際に使用してみると、そのあまりに秀逸さに人にもおすすめしたくなるのです。

実際に、サイクルロッカーが職場の自転車置き場に設置されてからしばらく後に、職場の自転車チームのメンバー達が立て続けに自宅用にサイクルロッカーを購入したくらいですから、その使いやすさや省スペースなどは、かなり秀逸な自転車ディスプレイスタンドなのです。

サイクルロッカーは非常にシンプルな構造になっていて、スタンド部とペダル固定部だけで、本当にこれで自転車が固定出来るのか?と不安になるくらいのシンプルさです。

縦置き自転車ディスプレイスタンドのサイクルロッカーの設置方法

サイクルロッカーへ自転車を固定させる方法は動画を見てもらった方が解りやすいと思うのでサイクルロッカーの公式動画を下に掲載しておきます。

上の動画を見てもらえれば解ると思いますが、サイクルロッカーに対して自転車を立てた状態で侵入し、ペダル固定部にクランクを逆回転させて固定させるだけの簡単さでしっかりと自転車が動かないように固定されます。

こうすることで自転車が倒れようとするとペダルが踏まれるような力が働き、後輪が回転しようとしますが、接地しているのでしっかりとロックされるという仕組みです。

自転車をサイクルロッカーから取り外す時には後輪を浮かせることでロックが外れ、簡単に自転車を動かすことができます。

縦置き型の自転車ディスプレイスタンド

クランクを引っ掛けるペダル固定部はこんな感じでシンプルです。
とてもシンプルな構造ですが、上記のようにペダルと後輪の関係を利用してしっかりと自転車を固定できるのです。

上記の写真はCS-103という上位モデルのもので、業務用的なデザインなのと壁に固定しなければいけませんが、個人が自宅に導入しやすいようにパイプハンガー仕様で台座付きのサイクルロッカーCS-650というモデルがあり、そちらの方が個人使用ではおすすめです。

ホテルや駐輪場など、いろいろな施設にも導入されているようなので、どこかで見かけたことがある人も多いかもしれません。

僕自身の中でも抜群の安定性と設置しやすさ、シンプルさなどから、サイクルロッカーはイチオシの縦置き型の自転車ディスプレイスタンドです。

丹頂をイメージしたミノウラの縦置きディスプレイスタンド

MINOURA(ミノウラ) DS-2100 Tancho E'sse ホワイト

自転車用のディスプレイスタンドの代名詞的なメーカーと言えばミノウラです。

ミノウラからも縦置き型自転車ディスプレイスタンドが販売されています。

ミノウラ製の縦置き型の自転車ディスプレイスタンドの代表と言えばTancho E’see DS2100だと思います。

Tanchoというその名の通り、丹頂鶴をイメージしたと思われる赤白黒の三色を使用したデザインで、なかなか美しい佇まいのディスプレイスタンドです。

この自転車ディスプレイスタンドは縦置きが基本ではありますが実は横置きも出来る縦横兼用の自転車用ディスプレイスタンドなのです。

ミノウラ製のメンテナンススタンドを使用したこともある経験から、ミノウラのスタンドの品質や質感、丈夫さなどを考えれば満足度はきっと高いのではないかと思います。

商品レビューをみても高評価なので、縦置き方自転車ディスプレイスタンドの候補として挙げておきたいですね。

おそらく縦置き型自転車ディスプレイスタンドではミノウラのブランド力などを考えると一番人気と思われます。

サンワサプライの縦置き自転車様ディスプレイスタンド

サンワダイレクト 自転車スタンド 縦置き & 横置き 対応 1台用 バイクスタンド ディスプレイ 800-BYST4

オフィス用品やパソコン周辺機器でお馴染みのサンワサプライも自転車用縦置きディスプレイスタンドを販売しているメーカーの一つです。

上記のミノウラのDS2100 Tancho E’seeを更にシンプルにしたようなデザインで同じく縦横兼用の自転車ディスプレイスタンドです。

特徴としてはそのシンプルさと約1.9kgという軽量さ。
サイクルロッカーが約6kg、ミノウラのDS2100 Tancho E’seeが4.2kgということおw考えるといかに軽量なのかが解ります。

軽量な分、安定性に不安を感じますが、ワンルームや自宅に置くにはこれくらいシンプルでコンパクトなものでも良いかもしれません。

類たような縦置き型自転車ディスプレイスタンド

サンワサプライの縦置き型自転車ディスプレイスタンドとほとんど同じデザインのディスプレイスタンドが他メーカーから販売されています。

重量やサイズなどのスペックにほとんど差がないことから考えると、OEM製品なのかもしれません。

縦置き型の室内保管用自転車ディスプレイスタンドのまとめ

ロードバイクやクロスバイクを保管する場所は何と言っても室内保管が安全です。
しかし室内保管の際に問題となるのがスペースなので、省スペース化が実現出来る縦置き型の自転車ディスプレイスタンドは、ロードバイクやクロスバイクを室内保管する人にとっては非常に重宝するものだと思います。

その縦置き方の自転車ディスプレイスタンドの中でも、実際に僕自身が使用して使い勝手とデザインが良いサイクルロッカーの縦置き型自転車ディスプレイスタンドが、最もおすすめ出来るものだと思います。

自転車の室内保管は自転車盗難リスクの無い安心感と、自転車とともに過ごしているような一体感が感じられますから、サイクリストにとっては室内に飾られた自転車を眺めなるというのは至福の時間でもあります。

自転車の室内保管をしたいけれど、スペースの問題で導入を断念したり、躊躇していたりする人は縦置きのディスプレイスタンドを検討してみるときっとハッピーになれるはずです。

以上、ロードバイクやクロスバイクを室内保管する際の省スペース化を実現する縦置きディスプレイスタンドについてのまとめでした。

Comment

  1. mclum より:

    縦置きタイプを選ぶ理由 追加したいスタンド

    MCLUM サイクルスタンド

    http://ifworlddesignguide.com/entry/173556-mclum-parabola

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑