レビュー 鍵・防犯アイテム

【盗難対策】自転車用の鍵は折りたたみ式のフォールディングロックがおすすめ

更新日:

自転車用の鍵はコンパクトな折りたたみ式

クロスバイクやロードバイクを保管する際の、おすすめの鍵について解説しています。

自宅での保管の場合は、室内保管が最も安全な保管方法にはなりますが、僕の場合は家庭の事情もあり、室内保管出来ないので、マンションの駐輪場に保管してます。

ママチャリに紛れて一台だけスポーツバイクがあるので目立ってはいますが、購入して五年以上経った今で一度も盗難被害には遭わずに済んでいます。

盗難対策の記事については下記を参考にしてください

自転車盗難対策|屋外のクロスバイクやロードバイクの保管方法


https://escape.poo.tokyo/bicycle-protection-tips/howto-lock-the-bicycle/"

そして僕が自宅駐輪場に保管している際には、「U字ロック」と「ダブルループワイヤー」で地球ロックする方法で施錠しています。


これで完璧な施錠になっていると確信してはいますが、少しだけ難点があります。

ダブルループのワイヤーが太いので、持ち運びの際には、嵩張ってしまって非常に面倒なのです。

毎回の持ち運びにストレスを感じていたので、持ち運びしやすい自転車用の鍵を探した結果、折りたたんでコンパクトにできる「フォールディングロック」を購入しました。

フォールディングロックを実際に使用してみると、なかなか調子が良かったので、おすすめがてら紹介したいと思います。

コンパクトに折りたためるフォールディングロック

折り畳める鍵フォールディングロック

フォールディングロックとは、その名の通りでフォールド(折りたたみ)できる鍵です。

チェーンでもワイヤーでもなく「ブレード」と呼ばれる鉄板がソーセージのように連なったタイプの鍵で、マジックアームのようにクネクネと伸縮できて、コンパクトに収納出来るようになっています。

多関節型ロック、ブレードロックなどと呼ばれることもあります。

フォールディングロックの特徴

コンパクトで嵩張らない

フォールディングロックの最大の特徴は、折りたたんでコンパクトに出来ることです。

通常の自転車用の鍵のように、ジャラジャラと邪魔になったり、バッグが無いと持ち運び出来ないようなものではなく、サイクルジャージの背中のポケットに入るサイズまでコンパクトになります。

クロスバイクやロードバイクには、盗難防止用の鍵は必須ですが、自転車に乗っている際には鍵は必要が無いため、意外と邪魔になってしまうのですよね。

鍵によっては使用しない時はフレームに取付けたりすることも出来るものもありますが、美しい自転車の見た目が損なわれるのとブラケットなど余計なモノをフレームに装備するのを嫌う人も多いはずです。

実際問題で、僕自身も最初に購入したワイヤーロックはフレームに取付けられるようにしていましたが、見た目が気に入らず結局は取り外してしまいました。

その点、折りたたみ式のフォールディングロックは、サイクルジャージのポケットにも入るくらいにコンパクトになりますから、その携帯性は抜群です。

フォールディングロックは切断に強い

一般的なワイヤーロックの場合、よほど太いワイヤーでいと、ワイヤーカッターなどで簡単に切断できてしまいます。

その点、フォールディングロックは鉄板がチェーン状につながっている構造なおで、ワイヤーカッターではなかなか切断できません。

もちろん地面などに押し当てた状態で、強力なワイヤーカッターを使用すれば切断できないことはないですが、切断に要する時間はそれなりにかかってしまうものと思われます。

フォールディングロックの弱点は関節技に弱い

フォールディングロックは関節技が弱点になります。

切断に強いフォールディングロックですが、多関節という構造上、関節を攻められると弱いという弱点があります。

関節に負荷が掛かるようにして折り曲げると、あっさり壊れてしまうという話も聞きます。

但し、最近販売されているフォールディングロックはその弱点を補うために関節部分にカバーがされていたり、関節部分が頑丈になるように改良がされているものが多いようなで、中華製の安い鍵でも無い限りは、そう簡単に折れるようなものは少ないと思います。

折りたたみ式自転車用の鍵フォールディングロックを購入

折りたたみ式自転車用の鍵フォールディングロックを

折りたたみ式自転車用の鍵フォールディングロックを購入しました。

折りたたみ式鍵の大きさ

フォールディングロックtate

手のひらサイズのコンパクトな鍵ですが、がっしりとした重厚感があり、大きさの割には少し重い印象。

金属のプレートの塊ですから当然ですね。

番号式ロックを選択

番号式フォールディングロック

鍵で開けるタイプではなく、番号式にしました。

防犯面で考えれば鍵タイプの方が良いと思いますが、番号式の場合、鍵を持ち歩かなくて良く、鍵の紛失の心配もないなどのメリットがあります。

今回の自転車用のフォールディングロックを購入した目的は、なるべく荷物を少なくしたいというものですから、鍵1つでも荷物が無くしたいという思いからナンバー式を選択しました。

ちなみにtateにはスペアキーを失くした際には有償ながらもスペアキーを送付してくれるサポート「安心スペアキーサーポーと」が付いています。

鍵式か番号式かについての、メリットデメリットについては、下記の記事で解説しています。

自転車盗難対策|自転車の防犯錠は鍵式かナンバー式のどっちがおすすめ?

フォールディングロック

折りたたみフォールディングロック

折りたたみ式自転車用の鍵であるフォールディングロックは、上記の写真のようにクネクネとブレード部分を引っ張り出して伸ばすことができます。

折りたたみ式自転車用の鍵であるフォールディングロック

フォールディングロックのブレードを全て伸ばすと、結構な長さにすることができますから、ホイールとフレームを固定させたい時や、地球ロックをしたい時などにも便利です。

折りたたみ式自転車用の鍵であるフォールディングロック使用

折りたたみ式自転車用の鍵であるフォールディングロックを実際に使用してみると上記の写真のようになります。

ツールボトルに収納できるサイズ

折りたたみ式自転車用の鍵であるフォールディングロック

フォールディングロックを折り畳めば、ツールボックスにも入るサイズになります。サイクリングの際に絶対に持ち運びしなければいけない鍵がツールボックスに収まるというのは「なるべく身軽な状態で出かけたい」と考える僕にとってはかなりポイントが高いです。

上記で紹介しているフォールディングロックは、現在販売されていませんが、アマゾンあたりで探せば、他のメーカーの製品も見つかります。

一番信頼できて、いちばん有名なのはABUSというアメリカのメーカーのもので、信頼度においては、絶対的なものがあります。

もし、大きさや予算に問題がないようであれば、ABUSのフォールディングロックがおすすめです。

折りたためてコンパクトな自転車用の鍵のフォールディングロックまとめ

折りたためてコンパクトな自転車用のフォールディングロック

コンパクトに収納出来て、持ち運びに便利な自転車用の鍵である、フォールディングロック。

お陰で、クロスバイクやロードバイクに乗っている際の盗難防止用の鍵の持ち運びについての悩みはほぼ解消された感じです。

コンパクトで、高い防犯性能も兼ね備えたフォールディングロックは、僕の自転車ライフにおいては必要不可欠なものとなっています。

基本的には、自転車盗難防止用の鍵としては「U字ロックが最強」だと思っていますが、常に携帯して使用する利便性などを考えれば、フォールディングロックの方がお勧めになりますね。

ABUS(アバス) ブレードロック Bordo Lite Mini 6055/60 RD | 78061

ABUS(アバス) ブレードロック Bordo Lite Mini 6055/60 RD | 78061

5,980円(05/24 17:35時点)
Amazonの情報を掲載しています

自転車盗難対策に関する記事一覧

自転車盗難対策と施錠方法あれこれ

自転車の鍵・施錠方法に関する記事一覧

自転車用の鍵を持ち運ぶ方法いろいろ

自転車盗難対策|自転車の鍵ダイヤルロックの暗証番号について思うこと

自転車盗難対策|U字ロックを使った効果的な自転車の施錠方法

自転車盗難対策|自転車をダブルロックするならU字ロックと折畳み式の鍵がおすすめ!

自転車盗難対策|U字ロックの鍵を紛失した時のメーカー別対処法

自転車盗難対策|クロスバイクやロードバイクのホイールを守る施錠のポイント



-レビュー, 鍵・防犯アイテム
-

Copyright© ESCAPE Airと自転車ライフ , 2022 All Rights Reserved.