クロスバイクの改造カスタマイズやロードバイク自転車情報

ESCAPE Airと自転車ライフ

スピードアップ 自転車全般

予算3万円でクロスバイクを速度アップできる改造カスタマイズ!

更新日:

予算3万円でクロスバイクの速度アップ

3万円縛りでクロスバイクをスピードアップさせる改造カスタマイズについて考えてみます。

クロスバイクを改造カスタマイして速度アップさせよう

僕が数あるクロスバイクやロードバイクの中からESCAPE Airを選んだ理由の一つに改造カスタマイズを楽しみたかったからというのがあります。

フルチューンの完成車を買って純粋にスポーツバイクを楽しむのも良いですが、入門機を改造カスタマイズして、そこそこ走るスポーツバイクに仕上げるのも、自転車の楽しみ方の1つだと思うのです。

そんなこんなで改造カスタマイズを重ねるうちに6万円くらいで買ったクロスバイクのESCAPE Airの改造カスタマイズ総費用はESCAPE Airが何台も買えるくらいになってしまいました。

クロスバイクの改造カスタマイズに関しては人それぞれに考え方があり、人によっては無駄な事を・・・と呆れられるような趣味ではありますが、お陰で自転車にはそれなりに詳しくなるなどで、個人的にはプライスレスな感じでかなり楽しませてもらっている状態です。

さて、クロスバイクの改造カスタマイズを行なうと性能的にいろいろと変わるわけですが、その中で多くの方が気になると思うのが速度アップについてだと思います。

実際問題で僕のクロスバイクのESCAPE Airは改造カスタマイズとともにかなり速度アップされていて、改造カスタマイズを行なう楽しみの中で速度アップは大きな指標の一つにもなっています。

そんなわけで、いろいろな改造カスタマイズしてきたからこそ言える初心者でもできる予算3万円でクロスバイクをスピードアップさせる改造カスタマイズについて書いてみたいと思います。

予算をあまり考えない改造カスタマイズであれば下記にまとめていますのでより参考になるかと思います。

参考 → クロスバイクのスピードアップに効果があった改造カスタマイズはこれだ!

予算3万円でクロスバイクを速度アップする改造カスタマイズ

ホイールの交換

自転車の速度アップにはホイール交換

クロスバイクの純正ホイールだと速度は出ない

クロスバイクを速度アップさせようと思うなら、まずはホイールの交換を考えるのが最も簡単かつ最も効果のある改造カスタマイズになります。

クロスバイクに通常使用されているようなホイールは性能が考えられて作られているレベルのものではありません。

普通に走ることは全く問題のないホイールだとは思いますが、25km/hを超えるあたりから急激に速度が乗らなくなります。

スピードを出したいのであれば、それなりのホイールを使用する必要があるということになります。

例えば僕の愛車であるクロスバイクのESCAPE AirにはGIANT SPINFORCE SLと呼ばれるホイールが使用されていました。重量だけを見れば、そこそこなスペックのホイールの重量と同じくらいで、価格の割にかなり軽量なホイールでした。

クロスバイクやロードバイクなどの乗り物では、軽さ=正義みたいなところもあるので、ESCAPE Airのホイールも重量だけを見れば評価されるホイールだと思います。

しかし、実際は軽いだけでスピードが全く乗らないホイールで、25km/h以上になると踏んでも踏んでもそれ以上は速度が乗らないホイールなのです。

なかなか言葉では表現しづらいですがホイールがフニャフニャしている感じで、ペダルをいくら踏んでも力がどんどん吸収されてしまって動力にならない感じなのです。

そこそこの性能が備わっているホイールを選ぶとなると予算は最低でも50,000円くらいは欲しいというのが本音ですが、今回は30,000円縛りの中でベストなホイールを検討してみたいと思います。

定番はSHIMANO WH-R501

クロスバイクのホイール交換の定番はSHIMANO WH-R501でしょう。

このホイールは10万円〜20万円程度のロードバイクの入門機に装備されていることが多いホイールです。

別名「鉄ゲタ」とも呼ばれる重たいホイールで、ロードバイクに乗っている人からの評価はものすごく低いホイールですが、その重さを活かしてトレーニング用として活用する人もいるようです。

重いと言ってもロードバイク用のホイールのエントリーモデルなのでクロスバイクで使用するには充分とも言えるスペックですから、予算はあまり掛けたくないけど、走りをもう少し変えたいと思うような人であればおすすめのホイールになると思います。

せっかくならシマノ WH-RS330

せっかくホイールをを変えるならもう少し上のグレードのホイールにしてみるのが良いと思います。

というのも、やはりクロスバイクの走りを左右するのは圧倒的にホイールなので、ホイールにお金をケチってしまうと後々後悔することにもなります。

そうなると候補に挙がるのがシマノ WH-RS330になります。

予算を度外視するなら WH-RS500

3万円という予算の縛りがなければ、ULTEGRAグレードのWH-RS500、あるいはもうひと踏ん張りすればWH-RS700がクロスバイクで使用するハイグレードホイールの定番中の定番です。

どうせならもう少し上のグレードのホイールにしてしまっても良いと思います。

というのも、お金を出せば出しただけ感動できるホイールが手に入るのは間違いなく、ロードバイクにステップアップしてからも財産としてホイールは使い回しができるからです。

ただ一般的なクロスバイクの場合だと、上限でWH-RS700あたりがクロスバイクの価格との兼ね合いを考えると最もバランスの良いホイールだと思います。それ以上のホイールになるとクロスバイクには勿体ない感じが出て来てしまうのです。

費用 約20,000円
残額 約10,000円

タイヤを交換

自転車のタイヤ交換でスピードアップ

クロスバイクの速度アップのためにはタイヤも見直した方が良いです。

タイヤはどれも同じように思えますが、タイヤの種類によって様々に性能が違います。

基本的には値段相応ということになり、レース用の特別なタイヤを除けば、価格が高いタイヤほど性能も高く、耐久性もあり、重量も軽くなるのが一般的です。

タイヤを選ぶ際には性能が重要視されるのはもちろんですがそれ以上に重量も大切です。タイヤは回転部分の最も外側にあるため遠心力の影響を受けやすい部分なので、できるだけ軽量なものにした方が速度を出しやすくなるのです。

最強のタイヤとして評価の高いコンチネンタル グランプリ4000S2が、耐久性、パンク耐性、性能、軽量など総合的にバランスの取れたタイヤになると思います。

あとはクロスバイクには標準で28Cの太さのタイヤが装備されていますが、速度アップを目指すのであれば23Cか25Cの太さのタイヤを選択した方が良いでしょう。

タイヤが細くなる分、空気抵抗が減ったり、接地面積が少なくなるので、パワーロスが小さくなるため速度アップに有利と言われています。

費用 約10,000円 チューブ込み
残額 約0,000円

結論!予算3万円ならホイールとタイヤが全て

タイヤとホイールで既に予算の30,000円遣ってしまいました(笑)

しかしながら、自転車の速度アップを考えた時、足回りの改造が最も効果的なので、そこに全てを投資してしまうのは仕方がないことなのです。速度アップには、とにもかくにもホイールとタイヤのグレードアップが手っ取り早いのです。

実際問題でホイールで言えば60,000円以上のものを本当は選択した方が良いでしょう。後から必ずもう少し上のグレードのホイールが欲しくなるのです。

自転車の速度アップのために出来るその他のポイント

ポジションの調整

ポジションの調整で速度アップ

スピードアップにはポジションの調整が効果的です。例えば、サドルの高さが正しいかを今一度見直してみると良いかもしれません。

特にクロスバイクを買ったままの状態で乗り続けている人はポジションの確認をした方が良いでしょう。

というのも、クロスバイクやロードバイクに初めて乗る人に対しては自転車屋さんもそれほどかっちりとしたポジションを出さないことがあります。

クロスバイクと言えど普通の自転車と比べると大きくポジションが異なるので、いきなりスポーツバイクに乗ろうとしても初心者にとってはとても難しいのです。

なのでクロスバイクに慣れるまでの間、あえてシティサイクルなどに合わせた乗りやすいポジションにしていることもあるようです。

そんなわけで、初心者向けのポジションにセットされている場合は、サドルのポジションを調整することで、より効率的なペダリングが出来るようになり大幅な速度アップが期待できるかもしれません。

ポジションの調整方法の基本

サドルに座った状態で足を伸ばしてペダルにカカトがギリギリ付くくらいが、サドルの高さのポジション出しの基本です。その際には靴を履かないようにしてください。

その高さを基本にして実際に乗ってみて自分にとって調子の良い高さに調整するのが良いと思います。高さを変更する際はほんの少しでも乗り心地が変わるので5mmとか1cm単位で少しずつ変えてみるのが良いと思います。

実際問題で僕のクロスバイクもGIANTストアから納車された時にはものすごく低い位置にサドルがセットされていましたから、購入した時のままサドルの高さを変更していない人は確認してみると良いでしょう。

ポジションを変更して効率の良いペダリングが出来るようになればきっと速度アップに繋がるはずです。

自転車に乗る際の服装を変える

自転車に乗る際の複素を変える

乗り物にとって速度アップに一番の邪魔な存在が空気抵抗です。

速度が増すにつれて空気抵抗は大きくなるので、速度アップをしたいのであれば空気抵抗を減らすことを考えるのが重要です。

自転車に乗る時の服装の定番であるピチピチのサイクルジャージなどはその見た目からも判るように空気抵抗がかなり少なくなる服装です。

ピチピチな服装は最初は抵抗があるかもしれませんが、一度その快適さを知ってしまうとサイクルジャージ以外では乗りたいと思えなくなってしまうくらいの魅力があります。

サイクルジャージに抵抗がある場合は、できるだけ身体にフィットしたタイトな服装をするだけでも良いかも知れません。それだけでも速度アップには大きく影響してきます。

クロスバイクのハンドルをカットする

クロスバイクのハンドルをカットする

一般的なクロスバイクのハンドル幅は純正のままだと540mm程度あります。ハンドル幅はヤジロベーの原理で幅が広い方が自転車自体は安定させられますが、腕を広げて脇を開いたポジションになるので空気抵抗は大きくなります。

そこでハンドル幅を切り詰めることによって脇を締しめたポジションが取れるようになり空気抵抗を減らせることができ速度アップに繋がります。

クロスバイクのストレートハンドルの場合はパイプカッターがあれば簡単に出来るのでお勧めです。

予算3万円でクロスバイクを速度アップできる改造カスタマイズのまとめ

クロスバイクを速度アップできる改造やカスタマイズ

予算3万円(工具代または作業工賃を除く)でクロスバイクを速度アップさせる改造カスタマイズをするのであればホイールとタイヤを交換するというのが最善策になります。

逆に言えばホイールとタイヤはそれだけ効果の大きいパーツになるので、そこにどれだけお金をかけられるかが速度アップの答えになると思います。

その他、速度アップのためにできることを挙げてみると

● スプロケットを変える 3,000円〜
● ビンディングペダルにする  15,000円〜
● コンポーネントを変える  50,000円〜

などになるかと思います。

いずれにしても速度アップには効果のある改造カスタマイズになるので、予算がある場合はチャレンジしてみても良いかと思います。

しかし、あまり改造カスタマイズにお金をかけるとクロスバイクの場合は購入価格に追いついてしまいますから、徹底して改造カスタマイズを楽しもうとするのでなければ予算を3万円程度に決めてその範囲内で改造カスタマイズを考えるのが適当かもしれません。

自転車いじりが趣味ではなく、単純にもっと速度アップをしたいというのであれば、クロスバイクを改造カスタマイズする費用をロードバイクの購入費用に充てて、なるべくスペックの高いロードバイクを購入するというのが最終的にはベストな選択になると思います。

また、当然のことながら自転車のエンジンは人ですので、エンジンを鍛えるのが速度アップには最も効果があります

以上、予算3万円でクロスバイクを速度アップできる改造カスタマイズについてまとめてみました。

-スピードアップ, 自転車全般
-

Copyright© ESCAPE Airと自転車ライフ , 2018 All Rights Reserved.