*

クロスバイクやロードバイクの23Cタイヤはパンクが心配なのか?

公開日: ホイール・タイヤ, 自転車メンテナンス・カスタマイズ , ,

自転車のパンクが不安

僕がクロスバイクのescape airに乗り始める前後、最も不安でしょうがなかったのは、パンクです。

というのも、クロスバイクやロードバイクなどは、シティサイクルなどと比べてタイヤが細いということもあり、パンクしやすい、という情報が方々から入っていたので、スポーツバイクとやらはよっぽどパンクしやすいのだろうと思っていたからでした。

ロードバイクやクロスバイクはパンクしやすいのか?

個人の感想としてはパンクしやすいとは思わない

パンクする、パンクしないは、運の要素も大きいと思うので一概には言えないとは思います。しかし、僕個人の経験に伴う感想としては、普通の自転車と大差無いんじゃないかな、というような感じです。

クロスバイクに乗り始める前のパンクに対するあの不安はなんだったんだと思うほどです。

一応僕もパンクした経験はありますが、整備ミスが原因で起きたパンクで、走行中に何かを踏んだりしたパンクとは違います。

パンクは今の所その一回だけなので、クロスバイクを乗り始めて2年半、パンクらしいパンクは一度も無かったと言えるでしょう。

そんな調子なので、今ではほとんどパンクの事を気にして走るなんてことはなくなりました。

クロスバイクやロードバイクがパンクしやすいと言われる理由

ロードバイクやクロスバイクのタイヤは23Cや28Cと呼ばれるサイズが主流で、一般的なシティサイクルに採用されているタイヤと比べるとタイヤの幅が細く、タイヤ全体の空気量が少ないことがパンクの原因の一つだと言われたいたりします。

タイヤの空気量が少ないと、ちょっとした段差などを乗り越える際に衝撃を受け、クッションが足りず、地面とリムと呼ばれるホイールの縁との間にチューブが挟まれて穴が開いてしまう、というようなことが多いようで、このような場合、穴が二つ並んで開くことから、スネークバイトなどと呼ばれていたりします。

クロスバイクやロードバイクを乗る時に、シティサイクルと同じような感覚で段差に思い切り突っ込んだり、空気をたまにしか入れなかったりすれば、それは確かにシティサイクルなどと比べてパンクしやすくなるのは当然だと言えるでしょう。

しかし、段差に気をつけたり、空気圧をしっかりと管理して走行前は必ず空気を補填してから走るなどのを習慣を付ければ、細いタイヤのクロスバイクやロードバイクでも、パンクのリスクはかなり軽減できるものだと思います。

逆に言えば、シティサイクルでも手入れをしなかったり乱暴な乗り方をすれば、パンクのリスクは高くなるはずです。

クロスバイクやロードバイクがパンクしてしまったら

上記のようにタイヤに優しい乗り方をしていればパンクするようなことは滅多に無いと思いますが、不運にもパンクしてしまった場合はどうすべきなのでしょう?

自力でパンクを直す

パンクをしたら自転車屋さんで直してもらうというのがシティサイクルの場合は常識ですが、クロスバイクやロードバイクの場合は、パンクは自分で直すというのが、半ばクロスバイクやロードバイクにのる為の必須スキルとも言えるかもしれません。

パンク修理をした経験が無いとパンク修理は大変なイメージがありますが、実際やってみると簡単で、クロスバイクやロードバイクの場合は、パンク修理くらい自分で出来なくてどうするんだというようなレベルです。

自分でパンク修理が出来るようになれば、お店の開いていない夜中や、お店の少ない郊外などでパンクしても途方に暮れることがなく、遠出する際の不安も大きく変わってくるので、クロスバイクやロードバイクに乗るのであれば、パンク修理くらいは、自分で出来るようになっておいた方が良いでしょう。

パンク修理の方法は動画サイトなどでも公開されているので参考にしながら作業をすれば間違いないと思います。

そのため、パンク修理キット(タイヤレバー、チューブ、空気入れ)は必携アイテムとも言えるでしょう。



サイクルショップでパンクを直す

シティサイクルに乗っていてパンクした時と同じように、サイクルショップに自転車を持込んでパンクを修理してもらうのが、最も確実で間違いの無い方法だと思います。

問題は、都合良くパンクした地点から近い場所にサイクルショップがあるとは限りませんし、街の自転車屋さんでは、スポーツバイクタイプの自転車のパンク修理を行なってくれなかったりすることもあるようです。

また、パンク修理の手数料で新しいチューブが買えてしまうので、実際問題として、クロスバイクやロードバイクを乗っている人は皆、遅かれ早かれで、自分自身でパンク修理を行なうようになります。

パンクしてやってはいけないこと

パンクしたまま走り続けるのは絶対にやってはいけません

空気の抜けたタイヤで走ると、タイヤやチューブをさらに駄目にしてしまうだけでなく、ホイールまで大ダメージを受けてしまい、最悪の場合は丸ごと交換しなければいけなくなるかもしれません。

パンクした場合は、その場ですぐに修理を行なうか、修理が無理で修理出来る場所まで運ぶ必要がある場合は、パンクしたタイヤを浮かせて持ち運ぶことが大切です。

ノーパンクタイヤを使わない理由

クロスバイクのescape airを購入前後は、パンクにビビるあまりにノーパンクタイヤの導入も本気で考えたほどでした。

ノーパンクタイヤ

その名前の通りに、パンクしないタイヤのことで、チューブの中にゴム製の発泡剤などが入っているなどで物理的にパンクしないようになっています。

何も考えなければ「コレって夢のタイヤじゃん!」と思ってしまうのですが、実際問題として、重量の増加や、空気と比べて衝撃を吸収する能力が低いため、衝撃をダイレクトに受けるホイールやスポークへのダメージが大きいことから、クロスバイクやロードバイクに乗っている人でノーパンクタイヤを使用している人は、ものすごく少ないのではないでしょうか。少なくとも僕の周りには誰も居ません。

クロスバイクやロードバイクはパンクが心配ですか?まとめ

自転車はタイヤを使って走る乗り物である以上、パンクは常に付きまとうトラブルの一つであるのは宿命だと思います。

しかし、細いタイヤの特性や、注意するポイントさえしっかり理解して、それを意識して走ることができれば、必要以上にパンクすることを恐れて不安に思うことは無いと思います。

仮にパンクしたところで、クロスバイクやロードバイクのパンク修理はけして難しいものではなく、必要な道具さえあれば、早い人では10分もあれば修理を終えるくらい簡単なので、一度でも経験して力加減や要領などが分かっていれば、何の事は無い作業です。

サイクルショップなどでも定期的にパンク修理の講座なども開かれているので、自信の無い人は参加してみるのも有りかもしれませんね。

僕も参加しようかどうしようか悩んだことがありますが、参加料でチューブを数本買えるので、チューブを無駄にしても良いやという気持ちで、Youtubeなどの動画を見ながら自分自身でやってみたりしました。そうしてリハーサル的にパンク修理をしておけば、いざ本番の時にも焦ることは少ないかと思います。

というような感じでパンクに関する情報をまとめてみると
・パンクは滅多にしない
・パンクしても自分で修理できる
・パンクの修理は参考動画などを見れば失敗しない
・パンク修理は一度経験しておけばその後は簡単
というような感じで、つまりはパンクなんて全く怖くないってことなのです。

クロスバイクやロードバイクのパンクを意識した乗り方

タイヤの細い、クロスバイクやロードバイクなどでも、パンクを意識した走り方をすればパンクのリスクは軽減出来るようになると思います。

・乗る前は空気を入れる(空気圧の管理)
・段差がある場合は速度を落として抜重して乗り越える
・ゴミが溜まっているような場所は走らない
・パンク耐性の高いタイヤを使用する

パンク耐性の高いタイヤと言えば・・・

パンクは経験しないに越したことはないですが、パンクして、自分で修理を終えた時の達成感や、自転車スキルがアップした自信を得られることを考えれば、パンクもまたクロスバイクやロードバイクを楽しむ中の一つのイベントなのかもしれませんね。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑