*

自転車でもヘルメット着用しよう!だけどキノコ頭になりたくない人へ

公開日: ヘルメット, 自転車メンテナンス・カスタマイズ

自転車のへルメット着用について

自転車のヘルメット着用義務は無し

自転車に乗る際のヘルメット。
道路交通法では自転車乗車時のヘルメットの着用義務はなく、いわゆるノーヘルでも罰則はありません。
13未満の子供に対しては、保護者が子供に着用させる努力義務はありますが・・・。

とは言いつつも、自転車での事故でも大怪我をすることもあるので、自転車でもヘルメットは着用していた方が絶対に安全です

自転車のヘルメット着用義務化のきざし

そんな中で自転車でもヘルメットの着用を義務づける動きも出て来ているようです。
例えば、愛媛県では私立校などで自転車通学の学生に対してヘルメット着用を義務づけたりしているようですし、自転車のまちとして知られる堺市では、自転車のヘルメットの着用を努力義務として規定していたりします。

参考
県内私立9高校、自転車ヘルメット義務化 来年度 愛媛新聞
自転車ヘルメットを着用しましょう! 堺市

但し、自転車は大人だけでなく、小さな子供も乗るため、着用が義務化されると負担増になってしまうことから、義務化に対して反発する声も多いようで、堺市などでは、講習を受ける事により、ヘルメットの購入費用のうち半額(上限2,000円)までを補助するというようなことも行なっているようです。

最近はスポーツバイクの影響もあってかヘルメットを着用している人も増えているように思います

僕が中学生だったころ(四半世紀ほど昔のお話)、僕の通っていた中学校ではヘルメットの着用が校則で決められていたため、白くてダサいヘルメットを着用していました。

しかし、理由無く反抗したい年頃だったこともあり、先生の目の届かない場所ではヘルメットを脱ぎ捨てたりしていたものでした。どうしてもヘルメット=カッコ悪いというイメージがあったのです。

しかし最近は、クロスバイクやロードバイク等のスポーツバイクに乗る人も増え、ヘルメットを着用している人もよく見かけるようになりました。

そのせいか、スポーツタイプのヘルメットは、数年前は外人さん専用と言った感じで、ちょっと抵抗のあるデザインだと思っていましたが、今ではスポーツバイクに乗るのであれば、むしろヘルメットを着用していない方がカッコ悪く見えたりするくらいに、自転車のヘルメット着用のイメージは変わって来たように思います。

そんな感じで、個人的にはヘルメットの着用率は以前に比べて高くなっているような気がしていますが、実際問題ヘルメットを着用している自転車乗りは全体の1割も居ないようです。

キノコ頭とヘルメット

自転車ヘルメットとキノコ頭

そんなわけで、自転車に乗る時にもヘルメットを着用しよう!ということで、このブログでもヘルメットの着用を呼びかけていきたいと思いますが、ヘルメット着用の際に一つの大きな問題があり、カッコ良くヘルメットを着用している人と、ヘルメットを着用するとカッコ悪くなってしまう人がいるのです。

カッコ良いヘルメットとカッコ悪いヘルメットの大きな分岐となるポイントがキノコ頭になるかどうか。

ネットを調べてみると、みなさんキノコ頭にならないようなヘルメットを探している人が多く、かなり気にしている様子で、キノコるなんていう言葉もあるようです(笑)

人によっては、購入したヘルメットでキノコってしまったために、それを着用せず新たなヘルメットを探し求めたりするなど、キノコ頭は自転車乗りにとってかなりカッコ悪いものとされているようです。

キノコ頭にならないためには?
正しいヘルメットの探し方

ヘルメットは帽子と同じで、人によって似合う、似合わないがハッキリ分れてしまうのが厄介なところ。

人によって、顔のカタチや輪郭は違いますし、頭の形も違ってきます。
特に西洋人と日本人とでは頭の形が大きく違うので、同じヘルメットを被ってもフィットする人としない人との差が大きかったりします。

一般的には、海外メーカーのヘルメットは西洋人的な頭の人向けで、OGKなどの国産メーカーのヘルメットは日本人の頭に合うようにデザインされていたりするようです。

かと言って、全てがそうかと言うと、そういうものでもなく、同じメーカーでもモデル違いによって、フィットしたりしなかったりも有るようで、結局のところ、実際お店などに足を運んで、着用して決めるというのが最も良いようです。

日本人向けの頭の形にあうヘルメットを探す

このように頭のカタチが違うと、フィットするヘルメットのカタチも異なってきます。

自転車のヘルメット選びの難しさ

自分にしっくり来て、キノコにならないようなヘルメットを選ぶのは簡単なことであはりません。

というのも、いくつもの要素が絡み合っていて、それらが全て文句の無い状態でないと、しっくりとくるヘルメットには、なかなか出会えないのです。

せっかくデザインが気に入ったヘルメットを買っても、いざ装着してみると、フィットしなかったり、フィットはしても全く似合わなかったりすることはよくあるお話です。

頭の形にフィットしていないと、今度は長時間装着している時に当たっている部分が痛くなってしまうなども良く有る話なので、妥協してしまうと、文字通り痛い目に遭ってしまうのです。

また、顔と頭のサイズが大きな人の場合は、ヘルメットのサイズも大きくなり、サイズが大きくなるとキノコ頭になりやすい傾向があるようです。

「誰もお前のことなんて見てねえよ!自意識過剰のナルシスト野郎!」なのかもしれませんが、趣味である自転車に乗る以上、最も大切にしたいのが乗る時の気分ですか。

キノコ頭になるようなヘルメットを着用するとヘルメットばかりが気になってしまい、せっかくのサイクリングも楽しめなくなってしまうので、少々値が張ったとしても、なるべくこだわって選んだ方が良いのです。

不思議なもので、デザインが良いヘルメットほど、数万円もしてしまうような高級ヘルメットだったりするのですよねぇ。世の中上手いこと出来ています。

キノコ頭になりづらいと評判のヘルメット

キノコ頭になりずらいという評判が口コミで広まっているモデルがいくつかあるようなので紹介しておきます。

OGK KABUTO REGAS-2

日本人の頭のことは、日本のメーカーがよく分かっている。
日本人の頭の形によくフィットするヘルメットとして評判が高くキノコにもなりづらいとのこと。価格も他のモデルと比べるとリーズナブルなのが良いと思います。

KASK MOJITO

ネットで調べると最も情報が出て来たのがこのモデル。
海外メーカーながら、フィット感は日本人の頭でもかなり良いとか。
ちなみにモヒートと読みます。

LAS VICTORY

キノコになりづらいだけでなくデザインもカッコ良いヘルメットだと思います。

他にもキノコ頭になりづらいヘルメットはいくつか見つかりましたが、だいたいこの三種類が大本命で、いずれかのチョイスでほぼ間違いないようです。

キノコ頭にならないためのヘルメット選び

キノコ頭になりづらいヘルメットという評判を信じて実物を見ずにネットで買うのも有りだと思いますが、ヘルメットに限らずで身体に身につけるモノは、最低限でもお店に行って試着して、どんな感じかは確認した方が良いと思います。

キノコ頭にならなくても、似合う似合わないもヘルメット選びの大きな要素なので、そのあたりは実際に装着してみないと判断のしようがありません。

サイズに関しても、洋服のサイズと同じで、メーカーやモデルによって、バラつきがあるようで、なおさらネットでの購入の難しさが際立ちます。

ヘルメットもちゃんとしたものを選ぼうと思うと10,000円〜が相場になってくると思うので、試さずにネットでダイレクトで購入して、失敗してしまうと悲し過ぎますからね。

ちなみにヘルメットの色は、自転車のフレームとコーディネートするのではなく、自分の服装とコーディネートした方が違和感無く合わせやすいと言われています。

ヘルメットの装着は義務ではないので、危険なのは承知していながらも、キノコ頭になりたくないなどの理由でヘルメットを装着しない人も多いと思います。

しかしながら、大阪市かどこかの調査によると、自転車の事故の場合、6割以上が頭へのダメージ(*)があったようですから、ヘルメットさえ着用していれば、大事に至らなかった事故もきっと多かったはずです。
(*)https://www.itarda.or.jp/itardainfomation/info97.pdf
頭へのダメージは大事故にも繋がりますし、事故をして何かあってからでは遅いいので、日頃から自転車に乗る際には、ヘルメットの着用を習慣付けるようにしたいものですね。

Comment

  1. ろぜつ より:

    「6割以上が頭へのダメージ」の出典は多分これではないでしょうか?

    itarda information 交通事故分析レポート No.97
    https://www.itarda.or.jp/itardainfomation/info97.pdf

    • escape air より:

      ろぜつさま
      ソースありがとうございます!追記しておきました!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑