*

11速対応のチェーンカッターPWT CT-03Rは便利なチェーンフック付

11速対応のチェーンカッターPWT  CT-03R
チェーンのメンテナンスに必要不可欠なのはチェーンカッター。
使用頻度はそれほど高くない工具ではありますが、チェーンを適切な長さに切り詰めたり、コネクトピンを圧入する際にチェーンカッター無しでは作業が出来ないため、ロードバイクやクロスバイクなどのスポーツバイクに乗ろうと思うと、必ず持っておきたい工具の一つ。

新しくPWTのCT-03Rと呼ばれるチェーンカッターを新しく購入したのでそのレポートです。

今まで使用してきたチェーンカッターの紹介

11速対応のチェーンカッター
チェーンカッターを購入するのは今回が初めてではなく、他にも二つほど所有しているのでその紹介もしておきたいと思います。

BIKE HAND YC-329

BIKE HANDのYC-735Aと呼ばれる自転車用工具セットの中に含まれていたYC-329という品番のチェーンカッター。

コンパクトなチェーンカッターで使い勝手は良かったのですが、僕の使い方が悪かったのでしょう、チェーンを留める役割をする部分の金具が折れてしまい、騙し騙しでしか使えなくなってしまいました。騙し騙しでも使えるので、滅多に登場することのない工具なので、それでも良いと思って使用してきました。

PWT BT-15R

上記のYC-329の金具が折れたのをきっかけに新しく購入したのがBT-15R。こちらもコンパクトで使い勝手が良いチェーンカッターでしたが、最初の数回は問題なくチェーンをカット出来たのに、その後の僕の使い方が悪かったのでしょう、何度やってもコネクトピンが抜けずにチェーンが曲がってしまうため、使うのを断念。チェーンフックが付属しているため、作業は非常に快適でした。

新しく買ったチェーンカッターPWT CT-03R

11速対応のチェーンカッターPWT  CT-03R

今回新しく購入したのはPWTのCT-03R。BT-15Rと同じメーカーですが大きさは一回り大きなチェーンカッターです。

出先でのチェーン切れを考えると、携帯工具の中の一つとしてチェーンカッターは持ち歩きたいところですが、チェーンが切れる、ということ自体がほとんど無いですし、僕が自転車に乗る範囲では、例えチェーンが途中で切れたとしても、それほど困るようなシチュエーションは無いものと判断して、少し大きめのチェーンカッターを購入してみました。

今回このCT-03Rのチェーンカッターを購入したのは、今現在使用しているチェーンカッターが壊れて使いづらかったりしていたので以前から買い直しを検討していて、11速対応ということもあり購入に至りました。

11速対応のチェーンカッターPWT  CT-03Rは大きい
少し大きいだけあって、BT-15Rと比べると、握りやすさなど、手への馴染み具合が随分違います。

11速対応のチェーンカッターPWT  CT-03R チェーンフック
本体にはチェーンフックと呼ばれるコの字型の針金が付いています。チェーンを引っ掛けるだけの単純な道具ですが、これが有るか無いかで作業効率は全く変わります。

11速対応のチェーンカッターPWT  CT-03R チェーン固定
こんな感じでチェーンを固定できるので、チェーンが逃げずに作業が行えて非常に便利なのです。

11速対応のチェーンカッターPWT  CT-03R チェーンカッター
チェーンをセットしてカットする長さが決まれば、チェーンを台座に乗せて、コネクトピンとチェーンカッターのピンが合うようにセットしてレバーを締めていきます。本体が大きくなってレバーも長くなったので、軽い力でコネクトピンを外すことができました。

11速対応のチェーンカッターPWT  CT-03Rのコネクトピン
コネクトピンを差し込んで、逆の要領でコネクトピンを圧入していき、最終的にはチェーンカッターの本体に開いた穴にコネクトピンを差し入れて小テクとピンをへし折ります。

BT-15Rで失敗しているだけに、同じメーカーのCT-03Rを使う前は少し不安でしたが、スムーズにすんなりとカット出来てかなり嬉しかったです。

やはりこういう工具は大きいほど使い勝手が良くなりますね。携帯するには少し大きいので、もっぱら家庭でのメンテナンス用として使用することになると思いますが、購入して正解だと思える工具でした。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑