*

個人賠償責任保険があれば自転車保険は要らんかったんや!

公開日: 保険, 自転車全般

151013_1

自転車の交通事故での高額賠償が報道されたりする昨今、兵庫県では自転車保険への加入が義務化されるなどで、自転車保険は度々話題になります。

そんなニュースや話題に触れていると、自転車保険に加入しておいた方が良いのかな・・・などという気持ちになったります。

保険会社各社からいろいろなタイプの自転車保険が登場しているようにも思えますが、新たに加入することを考えなくても、自動車保険などに付帯している、個人賠償責任保険に入っていれば、大抵の自転車事故の場合はカバーできるようです。

掛け金がそれほど高くない割に、保障が厚くなるので、適当に加入していて、加入したこと自体を忘れている人も多いのではないかと思います。

スクリーンショット(2015-10-14 16.17.54)
自転車事故は個人賠償責任保険に包括されている場合がほとんど。

そのあたりの話題については「万が一の時のために自転車の保険について調べてみた」でいろいろと調べていますので、関連記事として読んで頂ければと思います。

個人賠償責任保険とは

日常生活で発生するトラブル(お風呂場や、洗濯場の水漏れ、子供が他人の家のガラスを割った、お店の備品を壊したなど)で活用出来る保険で、一般的には、自動車保険や火災保険の特約として加入する事が多い

なので、自転車に乗っていて、前を走る車に突っ込んだとか、歩行者を跳ねてしまったなどでも適用される保険というわけです。

個人賠償責任保険に世帯主が加入すれば家族も保障

世帯主が加入していれば、その家族も保障されるという点がポイント。

自分自身も自転車に乗るけど、子供も自転車に乗るんだよね・・・という場合でも、個人賠償責任保険の場合、被保険者が「生計を共にする同居の親族」となっていることが多く、世帯主が加入していれば、子供にも保険が適用される場合がほとんど。

これに対して、自転車専用保険は「個人用」と「家族用」に分れていたりして、家族まで適用しようとすると、複数口加入しなければならず、個人賠償責任保険と比べると割高な印象です。

実情として、個人賠償責任保険は、安価な掛け金に対して保障が厚いこともあり、単体での加入が出来ず、自動車保険や、火災保険などと一生に加入する必要があります。

その辺りの縛りを外したのが自転車専用保険だと思われるので、二つの保険を比較した際に、少々割高になってしまうのは、仕方ない事なのかもしれません。

個人賠償責任保険で保障される範囲

・自転車などで他人に怪我を負わせた
・お店などで商品を壊した
・他人の車に傷をつけてしまった
・ペットが他人に噛み付いた
・水漏れで階下の家具を損傷した

など、自転車保険以外で考えても十分すぎる内容になると思います。しかもこれが本人以外の家族にも適用されるわけですからね。

自転車向きを謳いつつ実質個人賠償責任保険な保険

ネットde保険@さいくる

三井住友海上の自転車保険。
自転車走行中に相手に怪我をさせたとか、モノを壊したなどのほか、マンションの水漏れで階下の人に損害を与えた、などの日常生活の中の事故に関しても保障されます。

自転車の責任保険

エース損害保険株式会社の自転車保険。
通常の個人賠償責任保険と内容は大差無し。

ドコモ サイクル保険

ドコモ プレミアクラブ会員が加入出来る個人賠償責任保険。

自転車に特化している保険

転車向け保険 Bycle

au損保の自転車保険。
水漏れや、商品をうっかり壊してしまった時などにも適用される、個人賠償責任保険でありながらも、自走不能になったロードバイクを希望の場所まで運んでくれたり、自転車での怪我に対して通常の倍の保障をするなどで自転車方面の保障を強化した保険。
補償範囲を拡大した「 Bycle Best 」もある。

ちゃりぽ

あいおいニッセイ同和損害保険の保険。
個人賠償責任保険の内容を含みながらも、自転車に特化させるために、自転車の盗難に対する保険にも対応。

自転車安心パスポート

株式会社ジェイアイズの自転車に特化した保険。
自走不能になったロードバイクを希望の場所まで運んでくれるなども有り。
日常生活での事故も保障。

サイクルパートナー

自転車販売大手の「あさひ」がau損保と共に開発した格安の自転車保険。
補償は自転車乗車中に関する事故等に限定されるなどで制限が大きいものの、示談交渉サービスが付いているなど魅力的な部分も。保険に加入するためには、あさひで自転車を購入する必要がある。

決め手は示談交渉サービスとロードサービスの有無

保障内容は、数値は違えど、各社横並びな感じがしないでもなく、なかなか決定できない時に、決定する大きな要素として「示談交渉サービス」の有無があると思います。事故を起こした相手との交渉は精神的に疲れますし、お任せできるものならお任せしたい部分。

ざっくりですが、調べてみたところ、上記の自転車保険などは、全て示談交渉付きでした。

おそらくですが、火災保険などに付帯する、個人賠償責任保険では、示談交渉付きのものがほとんど見つかりません。そこで、自転車向けの保険では示談交渉サービス付きにして差別化をし、加入者を増やそうとしているのかもしれません。

実際問題で唯一のメリットは、示談交渉サービスが付いていることになると思います。しかしそれも火災保険に限ったことで、一般的な自動車保険では元々示談交渉サービスが付いているため、自動車保険の特約で個人賠償責任保険に入っている人にとっては、ほとんどメリットは無いような気がします。

自転車特有の保険もアリ!

保険会社の商品ではなく、自転車関係の保険を考えるのもアリだと思います。

TSマーク付帯保険

自転車安全整備店で点検整備した自転車に貼られるもので,最高で5,000万円の賠償責任保障が付帯されています。

個人賠償責任保険と傷害保険がセットになったような保険で、整備点検料金が保険料金代わりになり、保障期間は一年間。

整備点検料が2,000円程度なので、保険料として考えれば格安です。

自転車保険加入のポイントは・・・

各社、それぞれに充実した自転車保険で、特に示談交渉サービス付きというのがポイントが大きいのかもしれません。

価格的には、自動車保険や、火災保険などと比べると、安くなっているので、入っても良いかな〜と悩んだりするかもしれません。しかし、一般的に必要な保険だと思われる、自動車保険や火災保険などと一緒に、個人賠償責任保険に入っている人も多いでしょうから、それと比べると、保障内容はほとんど違いがないため、わざわざ新たに加入する必要は無いと思われます。

なので、自転車保険に新たに加入する条件としては、自動車を手放したなどの理由で、自動車保険に付帯していた個人賠償責任保険も失効し、新たに個人賠償責任保険の加入を検討している時や、火災保険や傷害保険にも加入していない無保険の場合などは検討する余地がありそうです。

なので、自転車保険に加入しようと思った場合、まずは既に個人賠償責任保険へ加入していないかを確認して、その上で、次のアクションを考えるのが良いかと思います。

現時点で、自転車保険の最大のメリットと思われるのはロードサービス。ロードサービスが含まれる保険はまだ少ないですが、需要を考えると今後増えていくかもしれません。関連記事として「自転車保険よりもロードサービスが欲しいんや!」で、ロードサービス付き保険などについてまとめています。

自転車事故の高額賠償 2015年10月現在

9521万円
小学五年生の自転車に乗った少年が歩行者(67)と衝突。
被害者は意識不明
神戸地方裁判所 平成25年7月4日判決
ソース
自転車事故における高額賠償判決の実例

9266万円
車道を斜めに横断した男子高校生の乗る自転車が、対向車線を自転車で直進してきた男性会社員(24歳)と衝突。
男性会社員に重大な障害。
東京地方裁判所 平成20年6月5日判決
ソース
自転車事故における高額賠償判決の実例

6779万円
横断歩道を横断中の女性(38)に衝突。
脳挫傷で死亡。
東京地方裁判所 平成15年9月30日判決
ソース
自転車事故における高額賠償判決の実例

5438万円
横断歩道を横断中の女性(55)に衝突。
頭蓋内損傷などで11日後に死亡。
東京地方裁判所 平成19年4月11日判決
ソース
自転車事故における高額賠償判決の実例

5000万円
女子高校生が携帯電話を操作しながら夜間に無灯火で走行し、前方を歩行中の女性(57)に気づかず衝突。
女性に重大な障害。
横浜地裁 平成17年11月判決
ソース
相次ぐ高額賠償事例! 自転車事故の加害者が負う経済的・社会的リスク

4746万円
信号無視で交差点に進入してきた自転車が、横断歩道を歩行中の女性(75)に衝突。
女性は5日後に死亡。
東京地裁
ソース
自転車の安全利用

4043万円
信号無視の高校生の乗る自転車が男性(62)が運転するオートバイと衝突。
男性は頭蓋骨損傷で13日後に死亡。
東京地方裁判所 平成17年9月14日判決
ソース
自転車事故に備えて保険に加入しましょう

3138万円
男子高校生の運転する自転車が横断歩道に無理に侵入。
自転車を運転する女性(60)と衝突。
女性は頭蓋骨骨折で9日後に死亡。
さいたま地裁 平成14年2月判決
ソース
相次ぐ高額賠償事例! 自転車事故の加害者が負う経済的・社会的リスク

3000万円
で無灯火の男性(15歳)の自転車が歩行中の男性(62歳)と正面衝突。
男性が死亡。
大阪地裁 平成19年7月判決
自転車の交通安全

2500万円
夜間に無灯火で走行していた男性の自転車が短大非常勤講師(71)と衝突。
短大非常勤講師には重大な障害
大阪地方裁判所 平成8年10月22日判決
ソース
http://www.zurich.co.jp/pa/compensation.html

239万円
信号のない交差点において自転車が横断中の女性(54)と衝突。
女性が顔の骨や歯を折るなど重傷。
神戸地裁 平成21年3月判決
ソース
自転車の交通安全

Comment

  1. あろえ より:

    自分はあうてに入っているんですけどやっぱロードサービスがあるのと無いのではツーリングに行った時の安心感が全然違いますね。
    半分ぐらいはこれのために保険に入ってるようなもんです

    • escape air より:

      あろえさま コメント有り難うございます!記事中、示談交渉ばかりにあたまがいって、普段遠乗りをしないこともあり、肝心のロードサービスへの言及を忘れてました!
      遠出して、見知らぬ田舎でトラブルに遭った時の絶望感は異常ですからね。僕もツーリングをする身であれば、即加入だと思います。
      記事にも追記しておきます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑