*

クロスバイクのescape airを11速化してみる

公開日: コンポーネント, 自転車メンテナンス・カスタマイズ

クロスバイクを11速化
クロスバイクのescape airを11速化してみました。
※メーカーの互換性の無い組み合わせになりますので、非推奨な改造・カスタムになります。

クロスバイクのescape airを11速化してみる試み

僕の愛車であるクロスバイクのescape airのコンポーネントは、既にオリジナルから5700系の105へと換装されています。

換装後は、かなり快適なサイクリングができるようになり、コンポーネントの10速化は他人様にもおすすめしたい改造・カスタマイズで大変満足した自転車ライフを送れています。

なので105が5800系で11速化された後も、特に心を動かされることもなく、このまま10速で乗り続けるのだろうと思っていたのですが、ふと11速化できるのではないかと思いついたのを切っ掛けに、11速化にチャレンジしてみることにしたのでした。

僕のクロスバイクのescape airを11速化できるかもという閃き

というのも僕のクロスバイクのescape airは11速化できそうな条件がいくつか揃っていたのです。

11速化への可能性:11速対応ホイール

僕のクロスバイクのescape airに履かせているホイールはfulcrum Racing 3と呼ばれるホイールで、11速対応のホイールです。10速のスプロケットを使用する際には、スペーサーを噛ませているため、このスペーサーを取り払えば11速用のスプロケットも取り付けられるホイールというわけです。

11速化への可能性:フリクション方式のシフター

僕のクロスバイクのescape airはブルホーン化しているため、フラットバーなどで使用していたインデックス方式(カチカチとシフトチェンジするもの)のシフターではなく、無段階で調整するフリクション方式のシフターを使用しています。

フリクション方式は手動でワイヤーを締めたり緩めたりしながら変速するシフターなので、インデックス方式のシフターのように、一段一団が決まった幅でディレイラーが動いてシフトチェンジするものではありません。

そのためインデックス方式のシフターのように◯速用と決められているわけではなく、ワイヤーの引き幅さえ調整しておけば、7速でも10速でも兼用できてしまうシフターなのです。

10速用も11速用もスプロケットの幅はそれほど大きな違いが無いはずで、つまりはシフターの引き幅もそれほど差が無いはずなので、もしかしてシフターそのままでも11速対応できるのでは?と考えたのでした。

調べてみたところ、明確な情報は見つけられませんでしたが、いくつかのブログなどでは「11速でも問題なく引ける」という情報も有り「あれ?いけるんじゃない?」となったわけです。

さらに調べたところ、これまた確証はありませんでしたが、チェーンリング、フロントディレイラー、リアディレイラーに関しても、メーカーの互換性は無いものの、11速でもいけるらしいという情報をいくつか見つけることができました。

ちなみに僕が使用しているのはダイアコンペのENEシフターです。締め上げるたびにチキチキという音がして良い感じです。

通常11速化するためには、コンポーネント一式の交換になるため5800系の105でも5〜6万円程度の費用が必要になるかと思いますが、ひょっとしたら、それほど費用をかけなくても11速化できてしまうかもしれないと考えるようになったわけで、実験的に11速化できるかどうかチャレンジしてみても良いのではないかと思った次第です。

クロスバイクのescape airを11速化するために準備したもの

11速対応のホイールと、フリクションタイプのシフターの他に、11速化するために準備したもの。

11速用チェーン(Shimano 105 CN-HG600-11)

10速用と11速用でチェーンでは、わずかではありますが幅が違うため10速用は使用出来ないとのこと。

10速用と11速用のスプロケットの幅はほとんど変わらない中でギアを一枚増やすわけですから、物理的にチェーン幅を狭くしないと収まりません。なので幅の太い10速用チェーンは使用出来なくなるようです。

但し幅が違うのは外寸だけで、内寸はほとんど差が無いため、チェーンリングやリアディレイラーの一枚だけの歯車の場合にはなんとかなる、ということのようです。

11速用スプロケット(Shimano ULTEGRA CS6800)

105の11速用スプロケットを物色していて見つけたのがULTEGRA CS6800。基本的には105のグレードで良いと考えていたのですが、僕の場合、市街地しか走らないので大きな歯数のギアは必要なく、どうせなら出来る限りクロスレシオなスプロケットにしたいと考えていて、目に留まったのがULTEGRA CS6800の11-23Tというスプロケットでした。

CS5800との価格差も数千円なので、DURA ACEとの価格差を思えば無いに等しい価格差ということでULTEGRAでも良いかなと思いCS6800を選択しました。

以上2つが、僕の愛車のクロスバイクのescape airを11速化するために準備したものになります。

フリクションのシフターであれば、という条件が付きますが
・11速対応ホイール
・11速用スプロケット
・11速用チェーン
の3つがあればどうにか11速化出来てしまうのでは?という感じです。

これでもしもうまく変速できない、または何らかの支障があるのであれば、リアディレーラーなど主要なパーツは11速用のものを買い揃える覚悟で作業に入るところまで視野に入れての作業となります。

備考:フラットバーでの11速化を考えた場合

フラットバーでの11速化を考えた場合でも、フリクションタイプのシフターであれば条件は変わらないと思われます。でもどうせフラットバーで11速化するなら、唯一のフラットバー用11速シフターであるSL-RS700を使用したいなと、僕的には思います。

この場合だと、フロントディレイラー、リアディレイラーも11速用にする必要があると思います。せっかくのインデックス式のシフターなら正確なシフトチェンジを求めたいですから、チェーンリングも11速用に換えた方が良いと思います。

要するに全て互換品を使用するということになるわけで、予算は5万円クラスになる感じでしょうか。

このSL-RS700は、非常に興味深い製品で、いつかは使用してみたいと考えています。
ただ、今現在の僕のクロスバイクのescape airはブルホーン化されていてフラットバー用のシフターは取り付けられないのと、そもそも深い前傾姿勢をとりたいがためにブルホーン化しているため、当分採用は無いとは思います。

11速用チェーン(Shimano 105 CN-HG600-11)

クロスバイクを11速化用チェーン
105 5800系の11速用チェーンです。
どうせならチェーンはDURA ACEにしようかと悩みました。価格も5,000円を切っていますし、錆びない(錆づらい?)ことを考えたりすると、チェーンはDURA ACEがお買い得なのかなと思ったりもするからです。実際、僕の身の回りのロードバイク乗りの方々を見ても、チェーンだけはDURA ACEというパターンも多いです。

クロスバイクを11速化105
しかしながら、もしも取り付かなかった場合などのリスクを考えて、ひとまず105の11速用チェーンを選択しました。チェーンは比較的サイクルの短い消耗品なので、次に購入する際にグレードアップすれば良いかな、という感じです。

クロスバイクを11速化 105チェーン
105でも十分美しいと思います。

クロスバイクを11速化 5700系
現在使用中の5700系 10速用チェーン。
切り詰めた状態で221g

クロスバイクを11速化 11速チェーン
5800系 105 11速用チェーン。
同じ221gですが、こちらは切り詰めていない状態の116コマの重さなので、実際は数コマカットして使用するので、切り詰めた後は210g程度になると思います。

クロスバイクを11速対応チェーンカッター
11速用チェーン対応のチェーンカッターも購入しました。
太くて大きめのチェーンカッターなので、ホールドしやすく使用しやすいです。

11速用スプロケット(Shimano ULTEGRA CS6800)

クロスバイクを11速化スプロケット
ULTEGRAも105と同様の青いパッケージに入っています。
11-23Tという超クロスレシオなスプロケットを選択しました。
ちょっとした坂道でも登るのにしんどいギアかもしれませんが、街中で出くわすような坂道程度であればどうにでもなると思います。

クロスバイクを11速化でクロスレシオなスプロケット
スプロケットも美しいです。
クロスレシオなスプロケットはコンパクトで良い感じです。

クロスバイクを11速化 スプロケット
裏側です。肉抜き具合も美しいです。

クロスバイクを11速化アルテグラ
ULTEGRA CS6800と5700系 105 11-25T との比較。
左がULTEGRAで右が105です。
ちょうどスペーサー一枚分くらいの厚さの差があります。

クロスバイクを11速化 5700系
5700系 105とスペーサーで255g

クロスバイクを11速化 CS6800
ULTEGRA CS6800で208g。
50g弱の軽量化です。

ギア構成

本来は5800系のスプロケットを購入する予定でしたがULTEGRA CS6800の方がよりクロスレシオなスプロケットが有ったためULTEGRA CS6800を購入しました。

5800系 105のラインナップ
12-25T
11-28T
11-32T

ULTEGRA CS6800のラインナップ
11-23T
11-25T
11-28T
12-25T
11-32T

クロスバイクのescape airを11速化

クロスバイクを11速化
取り付けた見た目もなかなか良い感じです。
やはり23Tはかなりコンパクトで、クロスレシオ具合も素晴らしいですね。
歯数構成:11・12・13・14・15・16・17・18・19・21・23T。
ちなみに23Tを外して20Tを入れれば完璧!と思うのですが19〜23Tまでは連結したギアになります。

クロスバイクを11速化調整
チェーンを装着して、ワイヤー類を微調整して11速化の完了です。

きちんとシフトチェンジしてくれるかどうかが不安ではありましたが、ペダルを回して変速してみれば、特に支障もない感じでスムーズに切り替わってくれます。

さすがにインデックスタイプのシフターのようにカチャカチャと子気味良い変速は無理ですが、フリクション独特のニュルニュルという感じで変速してくれます。にレースなどに出るわけでもないので、このあたりの性能はフリクションタイプのシフター愛好家としては無問題です。

10速の時と比べて、変速はかなりシビアになった気がします。同じ調子で変速すると一気に二枚変速してしまったりするので、このあたりは練習して慣れていくしかないのでしょう。

11速化まとめ

11速化できるんじゃないかな・・・?と、なんとなく考えたのは5800系105が発売されてほどなくしてからでしたが、互換性が無いので動作しない可能性もあったため、実行に移す予定もありませんでした。

しかしロードバイクはもちろん、クロスバイクに関しても11速化したという情報もちらほらと見かけるようになり、情報を追いかける意味でも11速化を考えた方が良いと思い始め、改めてパーツ等の情報もあつめつつ、11速化する方法を模索していたのでした。

考えては、忘れ、また考えては忘れを何度も繰り返し、その度どうしようか悩むのも時間無駄だと思うようになり、チャレンジ精神で、駄目なら全て取っ換えてしまえば良いやという考えのもと、ひとまずスプロケットとチェーンの交換だけで11速化を試みたわけです。

とりあえずペダルを回しながら変速して動作を確認してみましたが、特に支障もない感じで滑らかに変速出来て、あっけなく11速化が実現できた、というような結果になりました。

11速化は必要なのか?

実用的な面のおはなしになりますが、10速でも全てのギアを使ってたわけではないので、11速化しても全てのギアを使えるはずはないというのは先刻承知、という感じです。

街乗りレベルであれば、例え坂道でも11Tはおろか、12Tすらほとんど使わないと思いますし、街中の場合は急いでも急がなくても所要時間もほとんど変わらないので、スピードを出して走るようなことも最近はなく、この二枚に関してはまず用無しと考えて間違いないと思います。

加えて、僕のギアの使用の仕方として、ホイール側へのチェーン落ちを嫌って基本的にローギア側は2速(21T)までしか使わないので、23Tも使う事はほとんど無いと思います。ということは実質8枚のギアしか使わず、しかもよく使うのは14T〜18Tあたりだと思うので10速でも11速でもほとんど変わらない、ものと思われます。

しかし、僕の乗り方としては、レースなどに出るわけではないので、実用的かどうかを考えるよりも気分を大切に考えれば、無用の長物でも、換装して良かったなぁと思いながら気持ち良く乗れる、ということのほうが意味が大きいわけで、とりあえず換装終えた現時点での満足度は非常に高いです。

しばらく走ってみて、それでまた感想をまとめてみたいと思います。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑