クロスバイクやロードバイクのカスタムと自転車情報

ESCAPE Airと自転車ライフ

感想・考察・レポート 自転車全般

Uber Eats(ウーバーイーツ)と自転車マナーの評判とお手本

更新日:

料理のデリバリーと言えばピザやお寿司などが定番ですが、アメリカ発祥の配車サービスUberが展開するUber Eatsのお陰でピザやお寿司以外の料理もデリバリーサービスを導入できるようになり色々な料理を宅配してもらえるようになりました。

例えば従来まで配達サービスのなかったファストフードや丼モノ、カレーやイタリアンなど様々な飲食店の料理をデリバリーしてもらえるようになり、そのバリエーションの多さに出前の概念が変わってしまうほどです。

そんな便利なUber Eatsですがデリバリーの際にはUber Eats専用の大きなリュックを背負って自転車で配達するなどで、街なかで見かけると「おや?」とついつい注目してしまいます。

物珍しさもあってか、一般の自転車よりも目立つせいもあるのか、SNSなどではUber Eatsへのコメントには配達パートナーの自転車マナーについての苦言がチラホラ見かけられます。

確かに僕自身も「あれれー」っと思うような走行をするUber EATS配達パートナーを見かけることも少なくないので、そのあたりの個人的な思いなどを書いてみたいと思います。

Uber Eatsと飲食店と配達パートナー

Uber Eatsと飲食店と配達パートナー

飲食店がデリバリーサービスを導入しようと思うと、通常はデリバリーのためのスタッフを雇う必要があるため、よほど盛況でもない限りはデリバリーサービスの導入は難しいという現実があります。

しかしながらお店にとってはデリバリーという選択肢があれば売り上げを少しでも増やすことが出来るかもしれませんから、可能であればデリバリーも導入したいと考えているお店は多いのではないかと思います。

そこで便利なのがUber Eatsです。

飲食店

Uber Eatsに登録してお店としてパートナーになると、お店がデリバリースタッフを雇わなくてもUber Eats配達パートナーと呼ばれる運び屋さんが店舗へのピックアップと注文者へのデリバリーを代行してくれるので人員を雇うことなくデリバリーサービスが開始できるようになります。

顧客

顧客の側からしてもそれほど高くない手数料で色々な飲食店の料理をデリバリーしてもらえるようになります。また配達場所を自宅やオフィスだけでなく、花見をしている公園などでも指定できたりするので利便性も高いというメリットがあります。

配達パートナー

配達パートナーと呼ばれる配達パートナーは通常の仕事のように決められた労働時間で拘束されているわけではなく、例えば会社勤めの人だと一日の仕事が終わった後にひと稼ぎすることができますし、学生さんなどであれば授業の無い時間の空き時間などにアサインして収入を得ることができます。自分の都合の良い時間だけ働くことができるのです

三方よし

つまりは、飲食店がお客さんから出前の注文が入ったけれど配達員が居なくて困っている時に、たまたまその近辺にいて時間を持て余している人が「あ、そっち方面なら僕がこれから行く用事があるんでついでに手渡しますよ!」というような感じで、お駄賃を受け取って配達をしてくれる、ということをシステマチックにしたものが Uber Eatsというわけです。

飲食店、顧客、配達パートナーの三方よしなサービスで、なかなか興味深いビジネスだなと思うのです。(※本来の三方よしは売り手、買い手、世間の三方です。)

Uber Eatsの自転車配達パートナーの評判

SNSでは走行マナーについての苦言が目立つ

原付や自転車、そしてスマートフォンを持っていて18歳以上であれば誰でもUber Eatsに登録して配達パートナーになることができるのですぐに始めることができます。

ちなみに自動車や大型バイクなどでの登録はできないようです。

そこには貨物自動車運送事業法が絡んでいるようで、自動車は125ccを超えるバイクで配送を行って商売をしようとする場合、国土交通大臣の許可を受けないと事業を行うことができないので、一気に参入のハードルが上がってしまうわけで、そこを避けた結果として、規制に引っかからない自転車と125cc以下の原付が登録できるというわけです。

なかなかお手軽に開始できるビジネスなので自転車好きとしては思わず興味を持ってしまう働き方なのですが、facebookなどのSNSで時々見かけるUber Eatsの広告へのコメントなどを見ていると、自転車配達パートナーのマナーの悪さに苦言を呈するコメントが見られます

もちろん一般の自転車へのマナーについての苦言もものすごく多いですが、Uber Eatsの場合は、配達用の大きなバッグを背負っていて目立つだけに、ちょっとしたマナー違反に関しても指摘されやすいというのもあるかと思います。

Uber Eatsの自転車配達パートナーは個人事業主

Uber Eatsの配達パートナーのマナーの悪さへの苦言の内容を見ていると「教育を徹底してほしい」などのコメントが見かけられます

Uber Eatsと書かれた大きなバッグを背負っているのでUber Eatsの社員やアルバイトが配達しているように見えるのですが、実はUber Eatsの配達パートナーは社員やアルバイトではなく個人事業主としてUber Eatsと契約している方々になります。

なので法令を遵守するのは個人事業主が個々に責任を持って守るべきことなのでUber Eatsに教育を徹底して欲しいというのは、実は少しお門違いなところもあるようです。

実際問題でナンバープレートなどで配達者が特定できるようにでもしておかなければ指導もできないですから、やっぱり配達パートナー自身が責任を持ってしっかりとルールを守る、というのが正しいように思います。

目立つからこそ自転車乗りのお手本になれれば良いね

当然ですがUber Eatsの自転車配達パートナーのみんながマナーが悪いわけではありません。

ルールを守らないのはきっと一部の人だと思いますがUber Eatsのバッグを背負っているので目立つから槍玉に上がるというところなのだと思います。

苦言ばかりが出てきてしまうのも、きちんとルールを守って配達していたところで「ルールを守って走行していて偉いなと思いました」とは誰も書きませんから、必然的に悪い意見ばかりが目立つようになるのは仕方がないところだと思います。

しかしながら目立つということはそれなりに注目を浴びる存在でもあるはずなので、しっかりとルールを守ってマナー良く走っていれば、自転車に乗るひとみんなの良いお手本にもなることだってできそうです。

「Uber Eatsの配達パートナーはルールも守ってマナーも良くて、プロ意識が違うなぁ。」などという風に評判になれば本当の意味での三方よしのビジネスになりそうです。

Uber Eatsの配達パートナーは自転車を使って収入にできる数少ない仕事ですし、飲食店はもちろん、それを利用する我々にしてもいろいろな可能性を感じるシステムだと思うので、マナーの悪さで評判を落としてしまうのも勿体無い気がします。

なので我々はそのことを十分に理解して、日頃からルールやマナーを意識して全ての自転車乗りのお手本になれれるような走り方をするように努めたいところですよね。

Uber Eats配達パートナーに登録もできるようです。
参考 → Uber Eats 配達パートナープログラム

関連記事

Uber Eatsに関するその他の記事

参考 → Uber Eats配達パートナーと保険と社会問題
参考 → Uber Eatsの収入や自転車マナーなどを自転車乗りの目線で考える

-感想・考察・レポート, 自転車全般
-

Copyright© ESCAPE Airと自転車ライフ , 2019 All Rights Reserved.