*

自転車は車道のどこを走れば良いのかを調べてまとめてみました

公開日: 道路交通法・ルール

自転車と車道

自転車は原則車道を走るというのは、世間一般的にも認識されてきているようで、以前は感じていた「自転車は歩道を走れ!」というような嫌なプレッシャーを感じることも随分少なくなってきたように感じる今日この頃です。

僕が日頃クロスバイクのESCAPE Airに乗って車道を走っている際には、なるべく車の邪魔にならないように、車道の端に引かれた白い線(車道外側線)の外側を走るようにしています。

しかし、常々思っているのは「車道外側線の外側って非常に走りづらい」ということと、車道外側線の内側を走れれば快適だろうけど「クロスバイクやロードバイクで走行しても良いものなのか?」という疑問です。

他にも白線が引かれてなかったり、実線ではなく破線だったり、はたまた実線が二本引かれいているなど、いろいろなパターンがあるわけで、車の免許を持っている僕ですら自転車走行中は迷ってしまうことも多々あります。

実際問題で自転車はどこを走って良いのか、自分自身の中で曖昧な部分もあるので、交通ルールのおさらいの意味も含めて、自転車は車道のどこを走ればよいのかを、調べてまとめてみることにしてみました。

※調べられる範囲で調べてみたことをまとめてみましたが、なにぶん法律の専門家ではないので、不確かな情報や言葉足らずな部分が少なからずあるかもしれません。詳しい方はご指摘いただけると有り難いです。

路側帯と車道外側線の外側との違い

まず路側帯は自転車の交通ルールを把握する上で大切なポイントとなるので、路側帯と車道外側線の外側の違いについて整理してみたいと思います。

歩道の有無で白線の意味が変わる

車道の左側に引かれた線(車道外側線)の外側が路側帯だと思っていましたが、車道横に歩道がある場合は路側帯ではなく、単なる車道外側線の外側にあるスペースで、道路交通法的には車道となるようです。

車道横に歩道が無い場合に限り、車道外側線の外側は路側帯と呼ばれ、軽車両は通行できますが、自動車は通行できないスペースになるようです。

路側帯と歩道の関係図

路側帯と歩道と自転車

車道外側線の外側
歩道がある場合:車道の一部(車両の通行は可能)
歩道がない場合:路側帯(軽車両の通行は出来るが自動車は不可)

路側帯
道路交通法第2条 歩行者の通行の用に供し、又は車道の効用を保つため、歩道の設けられていない道路又は道路の歩道の設けられていない側の路端寄りに設けられた帯状の道路の部分で、道路標示によつて区画されたものをいう。
車両:横断・駐車・停車などの例外を除き、路側帯を通行することができない。
軽車両:「著しく歩行者の通行を妨げる場合」を除いて通行可能。逆走不可。

自転車が通行すべき場所

車道外側線が引かれた道で歩道がある場合

車道の左端に白線が引かれていると感覚的に白線の外側が自動車が入ってこない特別なスペースでそこを自転車は走るべきだと思ってしまいがちだと思います。

しかし、歩道が設けられている場合は、あくまで車道外側線は車道の左端の目安のための線とのこと。

要するに、この白線から左に寄せて走ると歩道に入ってしまいますよ!的な注意喚起の線なので、自転車はこの線の外側を走りなさいとか、自動車はこの線からはみ出したらいけませんなどの意味は無いようです。

つまりは、道路に引かれた線ということです。走行を区分するためのものではありません。

車道外側線の外側も車道ということを考えれば、車道の左側を通行しなくてはいけない自転車は基本的には車道外側線の外側を通行することになってくるのかもしれませんが、無理に車道外側線の外側を通行する義務は無いようです。

車道外側線の外側まで舗装がされていて十分なスペースがある道路だと、車道外側線の外側を走った方が絶対に安全なので、そういう場合は率先して外側を走るべきだと思います。

しかし、道路によっては、車道外側線の外側の道路状態が悪く、安全に走れない場合も多々ありますから、そういう時には無理をせず、安全に走れると思う場所を通行した方が良いと思います。

このあたりをよく理解していないと「自転車は車道外側線の外側を走れ!」というような勘違いをしてしまう人も居るのでしょう。

自転車に乗っている僕ですら「自転車は車道外側線の外側を走らなきゃいけない」と思っていたくらいなので、自動車しか乗らない人だったりすると、なおさらそう思っている人は多いのではないかと思います。

車道外側線と自転車

車道外側線が引かれた道で歩道が無い場合

歩道が無い場合は、車道外側線の外側は路側帯になります。路側帯は自転車も通行して良い場所ですが、無理して通行しなければいけない、というわけでもなく、このような道の場合は、路側帯近くを通行するのが基本のようです。

路側帯に歩行者が居る場合は、歩行者の妨げにならないようにしなければならない決まりがあるので、基本的に自転車は路側帯には入らずに車道を通行するべきなのでしょう。

もちろん逆走はNGです。

自転車は車道を通行

路側帯も車道外側線も無い場合

道路の左に白線が引かれていない道も多いです。このような道の場合は、歩道の有無に関わらずで、車道の左側を通行するようにすれば良いようです。

自転車専用通行帯

自転車専用通行帯がある場合

自転車専用通行帯(自転車レーン:青い道)がある場合は、基本的に自転車専用通行帯を通行して、追い越しなどの場合に車道左側を通行するのが良いようです。

自転車専用通行帯

駐停車禁止路側帯がある場合

車道外側線が実線と破線になっている場合は、駐停車禁止路側帯を指示するもので、自転車は通行可能です。

歩行者専用路側帯と自転車

歩行者専用路側帯がある場合

車道外側線が実線二本の場合は車道外側線の外側は歩行者専用の路側帯になり、自転車は通行できないので、車道外側線の内側を通行する。

車両通行帯と自転車

車両通行帯がある場合

車両通行帯がある場合は、ちょっとややこしくて、間違っているかもしれないのですが、左側の車両通行帯、つまり第一車両通行帯であれば、自転車も真ん中を走っても大丈夫なようですね。
と言っても、左側を走るのが安全なのでしょうが……

東京都内では車両通行帯のある車道、例えば甲州街道などでは、第一車両通行帯は実質駐車スペースと化していたりするので、実際問題で、車道の真ん中を走らざるをえなかったりします。

車両通行帯と自転車

無理して走りたくない車両外側線の外側

とりあえず、僕が今まで思っていた「何がなんでも車両外側線の外側を自転車は走るべき」というのは間違いだということに気が付けて良かったと思います。

というのも、自転車に乗られる方なら解ると思いますが、実際問題で、車道外側線の外側を走るのは、結構危険なのですよね。

車道外側線の外側を自転車で走ると危険が一杯

車道外側線の外側にはゴミが一杯

車道外側線の外側には、ガラスや石などが混ざったゴミ等が溜まっていたりします。タイヤの細いロードバイクやクロスバイクなどの自転車は、自動車などでは問題にならない小さなゴミでもバランスを崩したりするんですよね。

車道外側線の外側にはグレーチングがある

排水のためのグレーチングも滑りやすかったり、隙間が空いていたり、段差になっていたりすることがあり、溝にハマって恐い思いをすることが有ります。

車道外側線の外側のアスファルトとコンクリートの境

整備されたての綺麗な道路の場合はそれほど気になりませんが、古い道路の場合は、アスファルトとコンクリートの境に大きな段差があったりします。車道外側線の狭いスペースを走ろうとすると、この境を何度もまたぐことになることが多く、時としてタイヤをとられてバランスを崩したりします。

車道外側線の外側には凸凹が多い

コンクリート部分には凸凹が非常に多いです。アスファルト部分に関しても、車道の中央部文意比べて、穴が空いていいたり、荒れていたりすることが多く、ここでもバランスを崩しやすくなります。

無理して走ると危険なので走らないようにする

上記のように、実際問題で車道外側線の外側は自転車が通行するにはかなり悪条件な道路状態になっていて、大きくバランスを崩すことも度々です。

バランスを崩してしまうと、走行中にフラフラしてしまい車道の中央方向へ振れることもあるでしょうし、最悪の場合は転倒してしまうかもしれません。

そんな危険を伴いながら走行するくらいであれば、最初から走りやすい場所を通行していた方がよっぽど安全だと思います。

自分が車を運転する立場で考えても、車道外側戦のアスファルトが凸凹した道を無理に走られてバランスを崩して車道に転倒されたりするよりは、車道を安全に走って貰った方が遥かに良いと思います。

ルールを知るともっと自由に走れる

車道外側線の外側を走ることにこだわって、今まで何度となく危ない思いをしてきたのですが、今後はそんな思いをしながら通行する必要がなくなると思うと、きちんとルールを勉強してみて良かったと思うのでした。

また、交通ルールを迷いながら走行していたことも多く、判断が遅れてしまったり、どっち付かずの運転をしてしまい、それ自体が危ない走行になっていたこともきっと多くあったのではと思います。

こうして、自転車の交通ルールなどについて調べることにより、自転車に乗っている時の迷いはかなり解消されますし、どんな道でも自信と余裕を持って通行できるようになるような気がします。

不安もなくなれば、その分、自由に楽しく自転車に乗ことができるようになるわけですから、自転車ライフを充実したものにするためには、自転車に関する交通ルールをしっかりと勉強することは非常に大切だなと気付かされました。

ちなみに、車道の逆走に関しては、基本的にNGなのであえて言及していません。

関連記事
自転車は歩道の信号と車道の信号のどちらに従うべきか?

※コメント欄でイラストが解りづらいとの指摘を受けて、修正いたしました。

Comment

  1. より:

    車両通行帯の図がわかりにくい。
    車の動きはどっち向き?結局、結果自転車は車道の真ん中を走ってもよいの?伝わらないなあ

    • escape air より:

      か さま
      すみません。言われてみると確かに。
      ダラダラと長文書くよりも、作図に力をいれるべき内容にすべきですね。
      近々復習がてらで、見直したいと思います。ご指摘有り難うございました!

      • sasuke より:

        escape air さん こんばんは~
        何も謝る必要はないですよ。
        とても解りやすく車両通行帯、車両の向きもはっきりしています。
        どこをどう見てのコメントなのか理解に苦しみます。

        • escape air より:

          sasukeさん
          コメントありがとうございます。実は修正済みです(笑)。
          修正しましたの文言も入れるべきでした(汗)というのも含めて至らぬ所も多々有るこのブログですからsasukeさんをはじめコメントを頂ける方には常に感謝なのです。

  2. […] 自転車は車道のどこを走れば良いのかを調べてまとめてみました | Escape air… […]

  3. NANASI より:

    実は車道外側線は走行車線とも走行車線ではないとも言われていて法律的にも微妙な立ち位置なのでやっぱり走らないほうが良いと思いますよ。

    • escape air より:

      NANASI様
      コメント有り難うございます。
      記事内容を見直す際に反映させていただきます。
      自転車はここ数年で車道を走れというように言われて来た関係もあるのか、自転車関連は曖昧なルールが多いですね。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑