*

自転車用のウインカー方向指示器を探す

公開日: ライト, 自転車メンテ・改造 ,

自転車用のウインカー

日頃自転車に乗っていて、自転車に装備されていれば便利なのになぁと思うものの一つが方向指示器。いわゆるウインカーです。

実際問題で、車道を走る際に、目の前の車やバイクなどがどのような動きをするのかを知るのに大きな役割をしているのがウインカーとブレーキランプ。この二つがあるお陰で、行動予測が出来て安全運転にも繋がるわけです。

そんなわけで、以前から自転車用のウインカーって有るのかな?と気にはなっていたんですが、お爺さんが乗っていたようなレトロな自転車には搭載されていたような記憶があるくらいで、近頃ではめっきりウインカーを搭載した自転車なんて見かけることが無かったために「自転車用のウインカーなんて無いだろう」と調べることすらしていませんでした。

しかし気になることもあったので、ここらでふと思い立って自転車用のウインカーについて調べてみると、意外と自転車用のウインカーも販売されていることを知り、まとめてみよることにしました。

sponsored link

自転車用ウインカー

自転車用のウインカーについて調べてみると、思っていたよりも遥かに多くの商品が見つかってしまったので、僕の琴線に触れるような、それなりにスタイリッシュで使えそうなものに絞って紹介しておきます。

バーエンドバータイプ

バーエンドバータイプの自転車用ウインカーPhoto via:http://www.e-otomo.co.jp/180degree_mw-01/

RAYCHELLなどのブランドを手掛ける株式会社オオトモが販売する180degreeと呼ばれるブランドのバーエンドタイプのウインカー

単四電池を使用したウインカーで、バーエンドバーとしても使えるので、自転車にバーエンドバーの装着をしている人だと一石二鳥な感じで良いかもしれません。

バーエンドバーを握った状態で操作しやすく設計されている点やライトが隠れないのはよく出来ていると思います。

しかし実際問題で考えると、ウインカーが必要なのは車通りや人通りがあるような場所だと思うのですが、バーエンドバーを握るとブレーキに手の届かなくなるのですよね。そうなると使用が必要な場面で不便を感じてしまうかもしれません。

バーエンドバーキャップタイプ

160116_3Photo via:http://www.cycl.bike/

バーエンドキャップに嵌め込むタイプのウインカーCycl
ドロップハンドルでも使えそうな点や、ライトを叩くだけで点滅するというのは手軽で良い感じです。

持ち運びを考慮したデザインでかつ充電も簡単にできる点がかなり秀逸なウインカーだと思います。

後尾灯タイプ

後尾灯タイプの自転車用ウインカーPhoto via:http://japanese.alibaba.com/product-gs-img/x5-usb–60323140215.html

テールライトタイプのウインカー。
この手のタイプは結構見つかるのですが、基本的には配線有りなので、設置が面倒だったり、見た目が良くなかったりでイマイチな感じの物が多い中で、ワイヤレスリモコンでの操作が出来る点が素晴らしい。

但し、上記の動画を見ても判ると思いますが、点滅具合がウインカーとして認識してもらえるかどうか・・・

ペダルタイプ

ペダルタイプの自転車用ウインカーPhoto via:http://www.sparkawards.com/galleries/index.cfm?entry=376F8132-33B5-4567-AF2F4150CBA2F98B

まだ商品化はされていないようですが、バーエンドキャップにはめるタイプのボタンを押し込むと、ペダルに埋め込んだLEDライトが点滅する自転車用ウインカーBicycle Winker

ボタンはバーエンドキャップに埋め込むようですが、バーエンドキャップが光るわけではないので、操作性を考えればバーエンドキャップタイプである必要は無いんじゃないかな・・・。でもハンドル周りはごちゃごちゃしなくて済みそうです。ペダルの方の電池の充電が気になるところです。

ヘルメットタイプ

ヘルメットタイプの自転車用ウインカー

クラウドファンディングのkickstarterで目標金額を余裕で越えてサクセスしたヘルメットタイプのウインカーのLUMOS

ブレーキランプやヘッドランプも兼ねている優れモノ。
他のモノと比べてライトの位置が高い場所にあるのも視認性を考えれば良いかもしれません。

自転車用のウインカーについてのまとめ

タイプ別に良いなと思ったモノをピックアップしてみました。
個人的には最大の懸念だった配線については、最近の製品はワイヤレスで操作できるようなので心配ないことが判りました。配線がなければ、取り付けはいたって簡単になりますからこの点は非常に嬉しく思います。

しかしながら、自転車のライトはバイク等と比べて小さくて明るさも低いことから目立たないというのが最大の欠点だと思います。

日中に点滅させたとしてもまず気付かれないでしょう。
従って夜間専用となってしまうわけですが、ウインカーは昼夜関係なく必要なものですから、それを考えると実用的には厳しいものがあるかもしれません。

さらに、自転車にウインカーが付いていること自体が珍しいですから、点滅させても、それがウインカーであると認識してもらえない可能性も高いと思われます。単にセーフティライトを点滅させているだけと思われて、相手に意志が伝わらないのであれば、ウインカーの意味がありません。

そんなわけで、自転車にウインカーという考え自体が少々無理のある考えなのかな・・・と思ってしまった次第。

安全の為という点では、バーエンドキャップタイプのものなどは、ウインカーとしてよりも車幅灯としてイケるんじゃないのかと思いました。

車幅灯があれば、後尾灯だけでは判断しづらい自転車の大きさもハッキリと認識することができますから、十分な間隔をとって追い抜いてくれそうな気がしますし、車幅灯という商品は意外と多くの自転車乗りから求められているものかもしれません。

そう思って調べてみると、自転車の車幅灯としてバーエンドキャップのライトを装着されている方も多いようですね。

Comment

  1. など より:

    ライトネタで探していたところ、こちらを拝見いたしました。日中は手信号で十分ですが、暗くなると見えなくなるため、夜間走行の安全性を考えるとウインカーがほしくなりますね。自分が考えたのは、グローブを光らせるというものですが、ちょうどいいサイズではまだ作れていません。

    • escape air より:

      など様
      コメント有り難うございます。
      グローブ系も有る様ですが、電源の問題が大きいのではないかと思います。自転車は幅がないので実際問題でグローブが指示器になれば左右をしっかりと意思表示できるので個人的にも良いとは思っているのですが・・・・

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑