クロスバイクやロードバイクのカスタムと自転車情報

ESCAPE Airと自転車ライフ

ホイール・タイヤ ポンプ・空気入れ 自転車メンテ・改造

クロスバイクやロードバイクはタイヤの空気圧管理の大切さと空気入れ選びのポイント

更新日:

クロスバイクやロードバイクはタイヤの空気をマメに入れなきゃいけない理由

クロスバイクやロードバイクは自転車でありながらも一般的なシティサイクルやママチャリとは全く違う自転車なので、いろいろと一般的な自転車との違いに驚かされることが多いのですが、僕がクロスバイクのESCAPE Airを購入した当初に驚いたことの1つがクロスバイクやロードバイクのタイヤに空気を入れる頻度です。

クロスバイクを買いに行ったジャイアントストアで「少なくとも一週間に一度は空気を入れてください。毎日乗る前に空気を入れるのが理想ではありますが。」と言われて「ええ?毎日?空気を入れるの?」と驚いたものした。

シティサイクルに乗っていた頃の僕を思い起こせば、毎日乗っていた自転車に空気を入れるのは年に数度有るか無いかだったので、毎日空気を入れるなんてことを言われても「なんで毎日空気を入れなきゃいけないの?面倒じゃん」というのが素直な感想です。

そう思うのはきっと僕だけではなく、街中で見かけるシティーサイクルのタイヤのほとんどが空気の抜けた状態で走っているのを見れば、マメに自転車に空気を入れる人なんてかなり少数だと思われます。

そもそも自転車のタイヤに空気を入れるタイミングなんて普通の自転車屋さんでは教えてくれなかったりしますし、気になった時に空気を入れる程度いいやという人がほとんどでしょう。

ところがクロスバイクやロードバイクの場合、シティーサイクルの感覚では想像もできないくらいの頻度でマメに空気を入れなくてはいけません。その理由を理解していないと、空気圧管理を疎かにしたり、ただの儀式的な面倒な作業に成り下がってしまうので、どうしてクロスバイクやロードバイクのタイヤにはマメに空気を入れないければいけないのかの理由について理解しておいた方が良いでしょう。

シティサイクルやママチャリに比べるとクロスバイクやロードバイクのタイヤが細いというのが頻繁に空気を入れなくてはいけない主な理由ではありますが、何故タイヤが細いと頻繁に空気を入れなければいけないのか?というところまでは考えたことが無かったので、クロスバイクやロードバイクの空気圧管理について改めて考えてみることにしました。

クロスバイクやロードバイクのタイヤと空気圧に関する基礎知識

自転車の種類によるタイヤのサイズの違い

クロスバイクやロードバイクのタイヤが細いから

● ロードバイク:25mm
● クロスバイク:28mm
● シティサイクル:35mm

タイヤの太さと走行性能の関係

タイヤの太さは自転車の走行性能を大きく左右します。

タイヤが細ければ細いほど、接地面積も小さくなるため摩擦が小さくなります。タイヤが地面を転がる時の抵抗を「転がり抵抗」と呼ぶのですが、転がり抵抗が小さくなればなるほど、スピードが落ちづらくよく走るということになります。

タイヤの太さが影響するのは摩擦だけではなく、空気抵抗にも影響します。「タイヤで空気抵抗?」と思うかもしれませんが、タイヤを正面から見た時の面積が太さによって違います。当然タイヤのサイズが細いほど風を受ける面積が狭くなるので空気抵抗が少なくなり、速度が出しやすくなるということになります。

さらには、タイヤが細いと空気を高圧で入れるためタイヤ自体のクッション性が低くなります。クッション性が高いタイヤの場合、前に進む力がクッションによって吸収されてしまうのでパワーをロスしてしまうのですが、タイヤが硬いとパワーロスが少なくなるため、高い空気圧で空気を入れられる細いタイヤの方が有利になるというわけです。

こう書くとタイヤが細い方が有利に思えたりしますが、タイヤが太いと有利な部分ももちろんあります。

例えば、タイヤが太いと、クッション性が高くなるので乗り心地が良くなったり、荒れ地を走る際の凸凹などの衝撃に対しても強くなります。

なので、一般的に整地された道路を走るロードバイクのタイヤは細く、荒れ地を走ることの多いマウンテンバイクのタイヤは太くなっているのです。

タイヤの太さが違うと空気の入る量が違う

タイヤの太さが違うと空気の入る量が違う

インチが同じタイヤで比較するとタイヤが太い方が沢山の空気を入れることができます。

タイヤに空気が沢山入るということは、それだけクッション性が高くなり、衝撃に対しても強くなりますから、多少デコボコした道を走っても平気です。

なのでママチャリなどは車道から歩道へ上がる際にある段差くらいであればスピードを落とさず正面からガッツンと音を立ててイキオイ良く乗り上げるような乗り方をしてもパンクしたりすることはありません。太いタイヤを履いているからこそ出来る乗り方で、少々乱暴な乗り方をしても問題ないのです。

一方、クロスバイクやロードバイクなどの細いタイヤには空気が入る量が少ないため、クッション性が低く、シティサイクルやママチャリと同じような感覚で段差に突っ込むとパンクの原因にもなったりするのです。

この空気の入る量が、空気を入れる頻度と関係があります。

空気の抜ける比率が大きくて高圧

空気の抜ける比率が大きくて高圧

細いタイヤにば空気が入る量が少なくてクッション性が低いので段差や衝撃に弱いのですが、そこからさらに空気が抜けると拍車をかけて段差や衝撃に弱くなります。もともとの余裕が少ないのです。

例えば、太いタイヤは沢山の空気が入っていますから、仮に空気が1/3抜けてもまだ衝撃を吸収出来る程度のクッション性が残っていると考えられても、細いタイヤの場合、もともと入っている空気が少ないですから1/3も空気が抜けてしまうと、クッション性がほとんどなくなり、ほんのちょっとした段差や衝撃でもダメージを受けてしまうわけです。

空気圧が高いと空気が抜けるのが早い

空気圧が高いと空気が抜けるのが早い

クロスバイクやロードバイクの細いタイヤは空気が入る量が少ないのに加えて、クロスバイクやロードバイクのタイヤの空気圧はかなり高めに入れられています。空気圧が高いということは外に出ようとする力が大きいとも考えられるわけで、空気はなんとか外へ出ようとします。

チューブのゴムの分子よりも空気の方が小さいので、たとえパンクをしていなくても空気はチューブの表面から少しずつ抜けていきます。

その結果、25Cタイヤで110PSI入れていたとしても、3日ほど放置していれば100PSI程度まで空気圧が下がっていたりするのです。

つまり数日放置するだけでも適正な空気圧ではなくなってしまうのです。なので、空気圧が高くて、空気の量が少ないクロスバイクやロードバイクに使用する細いタイヤには頻繁に空気を入れる必要があるのです。

空気圧の目安

クロスバイクやロードバイクなどの自転車のタイヤの空気圧は下記が一応の目安になります。

● シティサイクルやママチャリ:4〜5bar(60〜70PSI)
● クロスバイク(28C):6〜7bar(80〜100PSI)
● ロードバイク(25C)7〜8bar(90〜110PSI)

もちろん上記はあくまでも目安なので、走行条件や乗る人の体重などによって調整することになります。

このあたりは感覚になってしまうのですが、クロスバイクやロードバイクに乗っていて「調子が良いな」」と感じる空気圧はしばらく自転車に乗っているとなんとなく体感的に判るようになると思います。

空気圧は走行性能に大きく影響する

タイヤの空気圧は快適な走りをするためには非常に重要な要素で、人によってはその日の体調や路面の状態、気温に応じて空気圧を微調整して走ったりもするようです。それだけ走りに影響を与える要素だということですね。

つまり、タイヤの空気圧管理を疎かにしていると、必然的に走行性能が落ちて快適に走れなくなります。

クロスバイクやロードバイクは気持ち良く走ってナンボというところがありますから、気持ちよく走るための大前提としてタイヤの空気圧管理は必須なのです。

空気入れの選び方のポイントとおすすめ

クロスバイクやロードバイクの空気圧管理

快適なサイクリングはタイヤの空気圧管理から始まる

クロスバイクやロードバイクは頻繁に空気を入れないと走行性能が一気に落ちてしまうので、しっかりと空気圧管理をして最適な空気圧で走行するように心がけたいものです。

毎日とは言わずとも、少なくとも一週間に一回は入れた方が良いでしょうし、出来るならば走行前には必ず空気圧を適正にして走った方が良いとでしょう。

少々面倒くさく感じることもあるかと思いますが、きちんと空気圧管理をした自転車でのサイクリングはやはり快適ですし、面倒くさくて空気を入れなかった時は「空気を入れれば良かった」と必ず後悔することになりますからね。

走行前点検の流れでタイヤに空気を入れて走り出せば、その日一日を快適にサイクリングできると約束されたようなものだと思います。

空気入れの選び方のポイントとおすすめ

クロスバイクやロードバイクに乗り始めたなら、自転車本体以外にもいろいろと必要な自転車用品が出てくるわけですが、その中でも絶対必須と言えるのがロードバイク用の空気入れです。

しかしながら、ただ空気入れを買えば良いというものではないので、適当に選んでしまうと後々また買い直すことになってしまうので、しっかりとした空気入れを選んだ方が良いと思います。

下記はクロスバイクやロードバイクで使用する空気入れの選び方についてまとめてみます。

気に入った空気入れを買う

空気入れはおそらくクロスバイクやロードバイクを購入した後に最も使用する道具です。人によってはほとんど毎日使用するものですから、少々価格が高くなったとしても、自分が気に入った空気入れを購入するのが一番良いと思います。

自分が気に入って購入したものであれば、自ら進んで空気を入れたくなりますし、使用している時間の気分の良さもありますから、まずは妥協せずに自分が欲しい空気入れを購入するようにした方が良いでしょう。

気に入った空気入れを選ぶと、大抵の場合はびっくりするくらいの値段が付いていたりもしますが、自分が気に入った空気入れを選んだ方が後悔も少ないと思います。

基本的に値の張る製品はそれなりに良いものですから、自転車の空気入れなどは良いものを購入すれば一生モノとしても使用できるでしょう。

得てして価格の高い製品の方が使い勝手が良いというのも往々にしてあることです。

僕なんかはGIANTストアで店員さんがおすすめする空気入れを考えなしに購入した結果、もっと良い空気入れがあることを知て後悔してしまいましたから、次に空気入れを購入する時には後悔のないように自分の気に入った空気入れを購入することに決めています。

SILCA(シリカ)やLEZYNE(レザイン)の空気入れはスタイリッシュでとても格好良いのです。実際に使用したこともありますがとても使い勝手が良いので個人的にほしいのはもちろん、多くの人にもおすすめしたい空気入れです。

空気圧計が備わった空気入れを選ぶ

シティサイクル用の空気入れには空気圧計はありませんが、クロスバイクやロードバイク用の空気入れには空気圧計が無いと大変不便です。

慣れてくると空気入れのポンプの硬さなどから感覚的に空気圧が判断できるようになってきたりしますが、それもこれも日頃から空気圧計の備わった空気入れで空気をいれているからこそ判断できるようになるものです。

一般的な自転車に比べてクロスバイクやロードバイクはかなり高圧で空気を入れるので、空気圧計があっても「爆発してしまうんじゃないか」と不安になるくらいですから、空気圧計無しでは空気を入れられないと思って間違いないでしょう。

なので空気入れを購入する際には必ず空気圧計のある空気入れを購入してください

一方で携帯用の空気入れにも空気圧計が付いたものがありますが、携帯用の空気入れについては標準の空気圧まで空気を入れられるものは少ないですし、仮に高圧まで対応していたとしても小さな空気入れを使って手動で標準の空気圧まで空気を入れるのはあまり現実的ではないので、携帯用の空気入れの場合は空気圧計が無くても大丈夫と思います。

自宅用と携帯用の空気入れを準備する

空気を入れやすいポイントは空気入れのポンプヘッド部分にありますから、自宅で使用するための空気入れは金属製のしっかりしたポンプヘッドを備えた空気入れがおすすめです。

多くの空気入れはポンプヘッド部分がプラスチックなのですが、頻繁に使用する部分なので劣化して壊れてしまうのもポンプヘッド部分なので、この部分が金属製であれば必然的に長く使用できると思います。

多くの空気入れメーカーでもグレードの高い空気入れはポンプヘッドが金属製のものが多いです。

ちなみに僕は、金属製のポンプヘッドとしてとても評価の高い桑原インターナショナルのKUWAHARA HIRAMEというポンプヘッドに交換して使用していますが、驚くほど使いやすく、仏式バルブを曲げてしまう失敗なども全くなくてとても使いやすいです。

KUWAHARA HIRAMEについては下記の記事でまとめていますので興味のある方は参考にしてください。とてもおすすめです。

関連 → KUWAHARAヒラメのフロアポンプ用のポンプヘッドアダプターを購入

自宅用と携帯用の空気入れを準備する

自宅用のしっかりした大きな空気入れと、サイクリング時のパンクなどのトラブルの際に対応するための小型の携帯用の空気入れの2種類あると大変便利です。

自宅用は上にも書いたように、空気圧計が付属しているもので自分が気に入った空気入れを購入するのが良いと思います。

携帯用ポンプは小さければ小さいほど持ち運びは楽になりますが、大きさと利便性は反比例するので、何を優先するかで割り切りが必要です。

● 持ち運び優先:小さい携帯ポンプ。
最小の自転車用空気入れと言えばair bone(エアボーン) 。全長10cm以下なのでツールボトルなどにも収められる超コンパクトな空気入れです。

小さいので一回のポンピングで入れられる空気の量が少ないためポンピングの回数が相当数必要になるのと、最大7気圧なのでフルに空気を入れられない(実質5気圧くらいが限界)ので、自走できるレベルまで空気を入れたら後はサイクルショップなどがあるところまでゆっくりと走行するというような感じで応急処置的な使用方法になるかと思います。

僕自身もairboneを使用していますが、人里離れた山にでも行かない限りはこれで十分かと思います。補助ツールとして「お助けチューブ」と呼ばれる延長ホースがあると空気が段違いに入れやすくなるので、併せて買うのが一般的です。

ちなみにair bone(エアボーン) は有名な製品なので中国製のまがい品も出回っていますが、安かろう悪かろうを地で行く中国の怪しい製品には何度も痛い目を見せられている経験から、中国製の不明なメーカーの製品は買うのはやめた方が良いでしょう。

参考 → 携帯ポンプのair boneとお助けチューブでどの程度空気を入れられるかを試した結果

● 屋外でもしっかり空気を入れたい:大きさを妥協する
屋外でもある程度しっかりと空気を入れたいと考える場合には、しっかりとしたサイズの携帯ポンプを使用するのが良いでしょう。

おすすめの空気入れはパナレーサーのミニフロアポンプ BFP-AMAS1がおすすめです。価格も安いわりに自宅用のフロアポンプとしても使えそうなくらいにしっかりとした携帯ポンプです。

参考 → 携帯ミニポンプの定番パナレーサーのBFP-AMAS1

-ホイール・タイヤ, ポンプ・空気入れ, 自転車メンテ・改造

Copyright© ESCAPE Airと自転車ライフ , 2020 All Rights Reserved.