*

SPDペダルのシングルクリートとマルチクリートの違いと初心者向けビンディングペダル

公開日: ペダル, 自転車メンテ・改造

SPDペダルのシングルクリートとマルチクリートの違い

ビンディングペダルはクロスバイクやロードバイクで、より快適でよりスポーティーな走りをするためには必要不可欠とも言えるパーツの1つですが、初心者にとっては立ちゴケの不安もあったりで、導入になかなか踏み切れない人もいるようです。

特に本格的なロードバイクなどで使われることの多いSPD-SLなどになると敷居が高くなり、クロスバイクでSPD-SLを使用している人はかなり少数になると思われます。

そこで初心者でもビンディングペダル導入の敷居が低く、ビンディングペダルデビューしやすいのがマウンテンバイク用に開発されたというSPDと呼ばれるビンディングペダルです。

基本的にクリートを外さないで走り続けることを前提としたロードバイク用のSPD-SLに対して、オフロード走行で頻繁に付け外しを行なうことを想定したSPDなので、SPD-SLに比べると付け外ししやすく設計されているというところで、初心者にも安心なビンディングペダルと言われているのだと思います。

さて、ビンディングペダルはビンディングシューズと接合するためにクリートと呼ばれるパーツを使用しているのですが、SPDの場合、シングルクリート(SM-SH51)マルチクリート(SM-SH56)と呼ばれる2種類のクリートが用意されています。

シングルクリートとマルチクリートの違いが初心者にとっては解りづらいということもあり、いや、それ以前に僕自身があまりよく理解していないということもあるので、ビンディングペダルのSPDのシングルクリートとマルチクリートについて調べたことをまとめてみたいと思います。

sponsored link

クリートとは

クリートとは

そもそもクリートとは何だ?ということろから説明してみると、一般的なビンディングシステムを考えると、下記の3つのパーツから構成されています。

● ビンディングペダル
● ビンディングシューズ
● クリート

クリートは爪の役割をするパーツで、クリートをビンディングシューズの底面に取付けることで、ビンディングペダルにあるビンディングと合体させられるようになり、ビンディングシステムが機能するというわけです。

このクリートは各社形状が違っていて、クリートの形に対応したビンディングペダルを使用する必要があります。

例えば同じシマノでもSPDとSPD-SLとではクリートの形が異なり、ビンディングペダルの種類も違っています。

SPDのクリートはSPD-SLに比べると小さく、付け外しがしやすくなっていて、ビンディングペダルデビューする初心者や、街乗りメインでストップ&ゴーが多い人、クロスバイクに乗っている人などが好んで愛用している印象があります。

SPDのクリートのシングルクリートとマルチクリート

SPDのクリートのシングルクリートとマルチクリート

シマノのビンディングシステムの1つであるSPDで使用するクリートにはシングルクリートとマルチクリートの2種類があります。

シングルクリートとマルチクリートの二つはパッと見の外見はほとんど一緒なので素人目には同じに見えてしまいますが、よく見るとあちこち細かな部分が違っています。

SPDシングルクリート

SPDシングルクリート
シマノ製品のSPDペダルを購入すると同梱されているクリートでシングルモードクリートと呼ばれます。

見た目でマルチクリートと区別しやすくするためだと思いますがクリートはブラックに塗装されています。

品番はSM-SH51。

SPDマルチクリート

PDマルチクリート
ビンディングペダルとは別売パーツになっているクリートでマルチモードクリートと呼ばれます。

色はシルバーとゴールドでクリート本体には、マルチを意味するMの文字が入っています。

品番はSM-SH56。

SPDシングルクリートとマルチクリートの違い

SPDシングルクリートとマルチクリートの違い
クリートの表面。
表から見た場合は、シングルクリートが黒、マルチクリートがシルバーでMの文字が入っているのと、それぞれ品番が刻印されていること意外に違いをみつけることができません。

クリート裏面

クリートの裏面です。
裏面も基本的には同じ形状をしています。
クリートの先端の方にシングルクリートではOL、マルチクリートではPDという刻印がありますが、意味は解りませんでした。

SPDシングルクリートとマルチクリートの違い

シングルクリートとマルチクリートの二つを横からみるとその違いが初めて解ります。

シングルクリートとマルチクリート

シングルクリートは角が立っているのに対して、マルチクリートは角が取られてなで肩になっています。

この違いが、ビンディングにクリートを差し込んだ際の外れやすさの違いとなるようです。

SPDシングルクリートとマルチクリートの名前の由来

SPDマルチクリートとシングルクリート
Photo via:http://cycle.shimano.co.jp/media/techdocs/content/cycle/SI/Pedals/PD_A530/SI-45R0A-002-JPN_v1_m56577569830675267.pdf

シングルクリートは、かかとを外側に捻った時にクリートが外れるようになっているものでSPDの標準タイプのクリートです。クリートが外れる方向が一方向なためシングルクリートと呼ばれます。

一方マルチクリートは外側に捻るだけでなく上方向や斜め上方向に引っ張っても外せることのできるクリートで、マルチ方向に外れるためマルチクリートと呼ばれます。

SPDシングルクリートとマルチクリートの一長一短

SPDのシングルクリートとマルチクリートの大きな違いは一方向にしか外れないのか、多方向に外れるのかで、一般的にはクリートが外しやすいマルチクリートの方がビンディングペダル初心者には安心と言われています。

但し、マルチクリートの方が外しやすくて安心な反面、力強いペダリングをした際に予期せぬタイミングで外れてしまうこともあるというわけでビンディングペダルに慣れて本格的に走りたい人にとってはシングルクリートの方が適しているようです。

いわゆる引き足と呼ばれるペダルを引くようなペダリングをする場合、マルチクリートの場合は外れやすさが裏目に出て不向きになります。

ビンディングペダルと言えば引き足、と言えるくらいにビンディングペダルの恩恵が感じられるのは引き足を使う時だったりするので、その点が使いづらくなることを思うと、やはりマルチクリートよりもシングルクリートを選択したくなります。

また予期せぬタイミングで外れてしまうということは、バランスを崩してしまい危ない目に遭う可能性も考えられるので、基本的には必死にペダリングするような情況が無いような人がマルチクリートを使用するものなのかも知れません。

SPDのクリートのシングルクリートとマルチクリートどっちを選ぶ?

SPDのクリートのシングルクリートとマルチクリートどっちを選ぶ

SPDのクリートのシングルクリートとマルチクリートのどっちを選べば良いのかというところになりますが、個人的にはシングルモード一択で良いように思います。

引き足が使いづらい

まず第一に、ビンディングペダルの醍醐味でもある引き足が使いづらくなるという点。
個人的な考えとしては、引き足が使えないのであれば、ビンディングペダルにする意味もあまりないなと思ってしまうので、だったらフラットペダルでも良いんじゃないかと思うのです。

マルチクリートが安全というわけではない

シングルクリートをやめてマルチクリートにしたい理由のほとんどは、クリートが外れずに立ちゴケしてしまうリスクをなるべく減らしたいと感がえている人が多いのではと思います。

しかし、実際問題で立ちゴケするタイミングは速度が落ちてバランスを崩してしまったりした時ですが、シングルクリートやマルチクリートは関係なくバランスを崩した時にはクリートは外しにくいものなので、結局は立ちゴケしてしまうのです。

また、クリートが外れやすいとペダリング中に不意に外れてしまうこともあり、バランスを崩して思わぬ事故につながるなんてこともあるかもしれません。そんなわけでマルチクリートにしたからと言って安全とは言い切れない感じのようです。

シングルクリートでも調整できる

シングルクリートでも調整できる
ビンディングペダルには締め付け具合を調整する機構があるので、シングルクリートでも締め付けを緩めておけば、マルチクリートほどではないにしても外しやすくすることができます。

ちなみにビンディングペダル出荷時には最強になっているようです。
最強にした方がクリートを嵌めた時に「カチッ!」という音がするので気持ち良いと言えば気持ちよいんですけどね。

初心者向けのビンディングペダルはクリッカーCLICK’R

初心者向けのビンディングペダルはクリッカーCLICK'R

実はシマノにはクリッカーCLICK’Rと呼ばれるビンディングペダルの初心者向けのビンディングペダルがあります。

従来のSPDよりも皿に外しやすくなったビンディングペダルで、軽く足を捻るだけでクリートを外すことができる機構になっていて、より気軽にビンディングペダルを導入しやすくなっています。

なので、ビンディングペダルの導入に不安がある人は、まずはクリッカーCLICK’Rに対応したペダルとシューズを選択するのが良いと思います。

クリッカーCLICK’Rに対応しているペダルとシューズは、初心者を意識しているため、シューズの底も柔らかかったりで、快適さを優先したビンディングペダルになっていて、どちらかと言えばカジュアルなシティライドを全体としたモデルが多いようです。昔に比べてデザインも良いのが増えてきたと思います。

クリッカーCLICK’R対応のペダルやシューズでも通常のSPDクリートも使用できるのでステップアップも問題ありません。

PD-T700
PD-T421
PD-T400
PD-MT50

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑