クロスバイクやロードバイクのカスタムと自転車情報

ESCAPE Airと自転車ライフ

ペダル 自転車メンテ・改造

ビンディングペダル(SPD)導入の注意点とポイント

更新日:

ビンディングペダペダル(SPD)を導入する際の注意点

クロスバイクやロードバイクなどのスポーツバイクに本格的に乗りたいと思った時に考えるカスタマイズの一つがビンディングペダルだと思います。

ペダルとシューズさえ揃えれば、すぐに改造、カスタマイズできて、ママチャリの延長線上だったクロスバイクが一気にスポーツバイクという別のジャンルへステップアップしたような違いが感じられるようになるスポーツバイクには必要不可欠なパーツです。

ビンディングペダルは大きな効果が得られる反面、ペダルとシューズを固定するため、立ちゴケなど危険な思いをすることも少なからずありま、絶大な効果と合わせて危険な面もクローズアップされやすいので、ビンディングペダルに関して不安を抱いている人も多いかと思います。

そこで、僕がクロスバイクのESCAPE Airにビンディングペダルを導入して感じた、ビンディングペダル(SPD)を導入する際に、注意しておくべき点についてまとめてみました。

ビンディングペダルとは

ビンディングペダルの種類

ビンディングペダルとは

ビンディングペダルとはペダルとシューズを固定するシステムを備えたペダルのことで、文字通りシューズとペダルをBinding(バインディグ:縛る)することができます。

シューズにはクリートと呼ばれる凸のパーツが備わっていて、ペダルにはクリート受けと呼ばれる凹の役割をするパーツと合体させることでシューズとペダルを固定できます。もちろんクリートがハマって外れないと転倒してしまうことになるので、必要な時には足首をひねれば、すばやくクリートを解放できるようになっています。

シューズとペダルが固定されることで、クランクを回転させる際にペダルを引き上げる動作を使えるようになり、筋肉の負担を分散させることができることで長距離でも疲れづらくなったり、伸びるような加速が可能になるというわけで、ロードバイクやクロスバイクなどのスポーツバイクには必須のパーツなのです。

ビンディングペダルで有名なメーカーはいくつかありますが、それぞれに独自規格のシステムを採用しているため基本的には互換性がありません。ここでは主にシマノのビンディングシステムであるSPDとSPD-SLを基本にして話をすすめることにします。

ビンディングペダルの有名メーカー

ビンディングペダルの種類

SPD(シマノ・ペダリング・ダイナミクス)

クリートが小さく、歩きやすいビンディングペダル。

元々はマウンテンバイク向けに開発されたビンディングペダルですが、歩きやすくて外しやすいなどの利点もあり、気軽にビンディングペダルを導入できるということで、クロスバイクやロードバイク初心者などの間でよく使われています。

僕が使っているビンディングペダルも、SPDペダルです。

SPD SL(シマノペダリングダイナミクス SL)

本格的なロードバイクに乗っている人達が愛用しているビンディングペダルでほぼロードバイク専用なビンディングペダルになると思います。クロスバイクに取付けている人はあまり見た事がありません。

クリート部分も大きく、そのまま歩けないため、つま先を上げてカカトで歩く、いわゆるペンギン歩きを強いられるのもこのペダルです。

ビンディングペダル導入の注意点とポイント

ビンディングペダルを導入する際の注意点

クリートの外し方を練習しておこう

ペダルをビンディングペダルに交換していきなり交通量の多い車道へ飛び出して行くのは非常に危険だと思います。

自転車走行できる公園などで、クリートの外し方や、万が一クリートが外れなかった場合の倒れ方などを一通り練習してから一般道路へ出るようにした方が良いでしょう。

特に自転車に乗る前にクリートの仕組みと外し方を理解した方が良いと思います。

立ちゴケはビンディングペダルを導入すると誰もが一度は経験する通過儀礼のようなものなので避けがたいものではあるのですが、予めクリートの外し方を練習したり、ビンディングペダルの構造を理解しておくなどをしておくと、咄嗟のときの対応が違ってくるはずです。

ペダルが下の位置で外すようにしよう

SPDーSLの場合はそうでもないようですが、SPDペダルの場合はペダルの位置が上にある時はクリートを外しずらくなります。なのでペダルが下の位置、つまり脚が伸びた状態の時に外すようにすると簡単に外れます。

スピードが出ていない時はクリートを外しておこう

自転車はスピードが出れば出るほど直進安定性が増し倒れづらくなりますが、逆にゆっくりと走行している時はフラフラとしてしまい安定しなくなります。

スピードが出ていないとちょっとした段差があってもフラついてしまいますし、ペダルとシューズが固定されていると、ペダルから足を浮かしてバランスを取るようなことができませんから、あっ!という間に転倒してしまいます。

スピードを落として走る必要がある市街地や歩道のような場所だと、歩行者や自動車などの急な飛び出しなども充分考えられるので、咄嗟の時に反応出来るように、スピードが落ちた時にはクリートを外しておいた方が無難です。

実際問題で僕が立ちゴケを経験した時は、全てゆっくりと走っている時に、飛び出してきた自転車や人が居て急ブレーキをかけた時にバランスを崩してしまったのが原因です。

ビンディングペダルは郊外など人通りも少なく、また信号などもほとんどない道を走る際には非常に有用なペダルですが、人通りも多く、信号などで停車することが多い市街地などでは不向きなペダルと言えるでしょう。

ペダルのクリート受けを緩めておこう

ペダル側にクリートを受けるための金具があり、金具には+と−のマークが刻印されています。ドライバーを使ってマイナスの方に回すとクリートを緩めることができます。

クリートを最大に緩めてもスポスポ抜けてしまうことはないので、慣れないうちは最大に緩めておいた方が、咄嗟の時にもスルッと外れやすくて良いと思います。

ちなみにSPDペダルには、シングルモードとマルチモードがありますが、マルチタイプの方が外しやすい構造になっています。

ビンディングシューズのクリートをとめるネジの増締めを定期的におこなう

ビンディングシューズ側に付いているクリートと呼ばれる金具はボルトで固定されています。このボルトは短く、靴底も変形するため、非常に緩みやすいです。「クリート ボルト 脱落」などで検索すると脱落例が沢山報告されています。

このボルトが1本でも脱落してしまうと、クリートを外そうと足首を捻っても、クリートが回ってしまってシューズがペダルから外れなくなってしまいます。僕は何度かこれで痛い目に遭いました。

できるなら乗車前は必ず、少なくとも5回に一度くらいは増締めした方が良いでしょう。

立ちゴケする時は左側に倒れよう

いくら気をつけていても、慣れないうちは立ちゴケしてしまうこともあると思います。立ちゴケする際は一瞬の出来事なので、咄嗟に判断することが難しいかもしれませんが、それでも何が何でも左側に倒れることを忘れないようにしましょう。

右側に倒れるとディレーラーを痛めるから・・・ではないですよ。車道を走ってくる自動車に轢かれてしまいます。

ビンディングペダル導入の注意点とポイントまとめ

ビンディングペダル導入の注意点とポイントまとめ

自転車のペダルにシューズが固定されているという状態は、慣れない人にとっては恐いと感じる部分もありますし、立ちゴケをして痛くて怖い思いをすることも少なからずあるかと思います。

しかし、慣れれば立ちゴケはそのうちしなくなりますし、無理のない範囲で早めにクリートからシューズを外す習慣を付けるようにすれば安全面では普通のペダルと変わらないものになると思います。

そしてビンディングペダルはその効果を体感してしまうと、ビンディングペダル無しでは自転車に乗りたくないと思えるほど効果を実感できるパーツでもありますから、本格的な走りを実現するためには是非とも導入したいパーツでもあります。

ちなみにクロスバイクに乗っている人におすすめのビンディングペダルは、片面だけにクリート受けが付いているPD-A600です。多くのSPDタイプのビンディングペダルの中で最軽量でデザインも良く、僕自身もいくつものビンディングペダルを使用してきて最終的に使用しているのもこのペダルになります。

PD-A600についての詳しいレビューは下記の記事にまとめていますので興味のある方は参考にしてください。

参考 → ロード用片面SPDペダルでシマノ最軽量のPD-A600を購入

関連記事

ペダルに関する記事は下記にまとめていますので興味のある方は参考にしてみてください。

-ペダル, 自転車メンテ・改造
-,

Copyright© ESCAPE Airと自転車ライフ , 2019 All Rights Reserved.