*

シマノのVブレーキを購入する前に知っておきたいVブレーキについての基礎情報

公開日: ブレーキ, 自転車メンテ・改造 ,

シマノのVブレーキの交換の際の注意点やポイント

自転車のブレーキの種類は大きく分けて四種類(キャリパー/カンチ/ディスク/Vブレーキ)ありますが、クロスバイクのるブレーキは、ほぼVブレーキが採用されています。

そんなわけで、僕の愛車であるクロスバイクのGIANT ESCAPE AirにもVブレーキが採用されています。

元々はTEKTRO RX1という種類のVブレーキが付いていたのですが、制動などを強化したいと考え、シマノのBR-R573というロード用Vブレーキに交換しています。

Vブレーキを交換する際に悩んだポイントや注意点などについてまとめてみました。

sponsored link

Vブレーキのアームの長さによる違い

ロード用Vブレーキとマウンテンバイク用Vブレーキ

Vブレーキと言えば、ロードバイクではなくマウンテンバイクなどのオフロード用ブレーキというイメージがありますが、ロード向けとして使用されるVブレーキも存在します。

ロード向けのVブレーキはマウンテンバイク用のVブレーキに比べてブレーキアームの長さが短いのが特徴です。

俗にショートアームとかコンパクトVブレーキ呼ばれているタイプのVブレーキで、ブレーキアームの長さが短くなると一般的には制動力が弱まると言われています。

ブレーキは制動力が高いほど良いと思いがちですが、スピードが出て車体重量が軽いロードバイクなどでは、ガッツリ効いてしまうブレーキだと反動で車体が浮いて転倒してしまったりして、逆に危険だったりするわけです。

クロスバイクに採用されているVブレーキは、ショートアームタイプのVブレーキが採用されている場合が多く、僕の愛車であるクロスバイクのESCAPE AirにもショートアームのVブレーキが装備されていました。

さて、クロスバイクにはどちらのタイプのVブレーキも装備できるわけですが、ロードバイク寄りかマウンテンバイク寄りかで、チョイスするパーツが変わってくると思われます。ロードバイク寄りの改造・カスタマイズを目指すのであれば、ショートアームのブレーキを選択するのが良いでしょう。

シマノのロード用Vブレーキ

シマノのロード向けのVブレーキは下記の2種類になります。

BR-R573
BR-R353

グレードが高いのはBR-R573の方で、フロント用、リア用のいずれも6,000円前後、BR-R353の方はフロント用、リア用のいずれも2,000円前後になっています。

どちらがおすすめかと言われれば、即答でグレードの高いBR-R573になります。
2,000円程度のBR-R353でもESCAPEシリーズに最初から付いているVブレーキよりは多少性能が高くなると思いますが、わざわざ買ってまで付け替えるほどの違いがあるようには思えません。

また、パーツ単体としての高級感のようなものも大きく違ってくるので、せっかく交換するのであればBR-R353がおすすめになります。

Vブレーキにはフロント用とリア用がある

Vブレーキにはフロント用とリア用

Vブレーキにはフロント用とリア用があります。
商品紹介写真などで見ても、その違いが判らないため、僕は同じものと思っていました。

愛車のクロスバイクのESCAPE Airのブレーキを換装する際に、さんざん悩んだのもこの点。

Amazonに出品されている商品には、親切に商品名に(フロント用)、(リア用)の文字があったため、フロント用とリア用があることに気が付くことができました。




本当にフロント用とリア用で違いがあるのかと今でも疑問に思う点ではありますが、型番と思われる記号をよく見ると・・・

● BR-R573 ブラック フロント用 EBRR573FX11SLP
● BR-R573 ブラック リア用   EBRR573RX11SLP

というような感じで型番の一部がF(Front)とR(Rear)になっているのでした。
細かい!こんなん買い間違えますって!

ちなみに同じ商品のシルバーとブラックで色違いの場合は

● BR-R573 シルバー EBRR573FX11SSP
● BR-R573 ブラック EBRR573FX11SLP

S(Silver)とL(える?)の違いです。

コメントで頂いた情報によれば、フロント用とリア用の違いはブレーキシューのカードリッジの向きを示す矢印マークだけの違いのようで、左右を入れ替えて設置することでフロント用をリア用に、リア用であればフロント用にして使用することが出来るようです。

ブレーキシューのタイプの違い

ブレーキシューのタイプの違い

ブレーキとリムの部分のゴムのパーツであるブレーキシューには、ゴム部分だけを交換するカードリッジ式のものと、取り付け金具とゴム部分が一体になったものがあります。

詳しくは、自転車のブレーキシューの買い間違えを防ぐ方法
でまとめてありますので参考にしてください。

問題は、Vブレーキの種類によって取付けられるブレーキシューのタイプが異なります。
買い間違えると使用できない場合もあるので購入の際には注意が必要です。
ロード用Vブレーキのブレーキシューは2種類で、M70R2とS70Tがあり、M70R2はカードリッジ式、S70Tは一体型のブレーキシューです。

● BR-R573対応ブレーキシュー M70R2
● BR-R353対応ブレーキシュー S70T

ちなみに、ブレーキシューにはフロント用やリア用はありません。


シマノのVブレーキの交換の際の注意点やポイントのまとめ

シマノのVブレーキの交換の際の注意点やポイントのまとめ

Vブレーキを純正の安物パーツから交換して最初に気付いたのは、ブレーキをかけた際の剛性感でした。ヨレがないというか、しっかり制動をかけてくれているなという感じです。

しばらく使っているうちに違いが分からなくなってしまいますが、きっと元のパーツへ戻したら大きな違和感を感じることになると思います。いわゆる後戻り出来ない感じがありますね。

見た目的には地味な変化ですが、それでも良いブレーキを付けていることやパーツ自体の安物感が無いところで、自己満足感は非常に高いものでした。

個人的に自転車の改造、カスタマイズをする際に、もっとも買い間違いが多いのがブレーキ周りのパーツでした。

価格が安いので、慎重に調べて購入していないというのも原因の1つではありますが、上記のようにブレーキアームの長さや、ブレーキシューのタイプの違いなど、落とし穴的な違いがあるので、ブレーキ周りにあまり詳しくない時は、かなり戸惑ったりしたものです。

そんなわけで、Vブレーキを交換しようとする際に、気をつけておきたいポイントや注意事項についてまとめてみました。これからクロスバイクのブレーキを交換してみようとしている方の参考になれば幸いです。

また、Vブレーキを交換した際には、調整が必要になると思いますので、Vブレーキの交換方法や調整方法については「クロスバイクのVブレーキの交換方法と作業のポイント」と「クロスバイクのVブレーキの調整方法」にまとめてありますので、参考にしてみてください。

Comment

  1. ツキノワひぐま より:

    V-ブレーキの前用と後ろ用の違いをお教えしましょう。
    あらかじめセットされている、ブレーキカートリッジの向きです(進行方向の矢印がついてますよね)。それ以外の違いはありません。カートリッジを左右入れ換えると、前用が後ろ用に、後ろ用が前用になります。なので間違って前用2組買ってしまっても、1組のカートリッジを左右入れ換えて、後ろに使えばよいのです。

    • escape air より:

      ツキノワひぐま様
      コメントありがとうとざいます。 えーーーーっ!?というような感じですが、見た目で違いがよく判らなかったのも合点がいきました。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑