自転車事情 自転車全般

東京の自転車事情について書いてみた

更新日:

東京の自転車事情

東京は田舎者の集まりだと言われます。
今でこそ都会人のフリをしている僕も、元を糺せば地方で生まれ育った田舎者です。

田舎と東京では文化や生活の違いは大きく、電車の本数の多さとか、終電に近づくほど満員電車になるとか、いろいろと驚くことが沢山あります。

自転車事情に関してもそれは同じで、田舎と同じ感覚で自転車に乗っていると、意外と都会の常識とはズレてしまっているようなことを知らず知らずのうちにしてしまっているかもしれません。

そんなわけで、東京で20年ほど暮らしている僕が、田舎の自転車事情と比較しながら、東京の自転車事情について書いてみようと思います。

東京の自転車事情

東京の自転車事情:自転車の数が多い

東京の自転車事情:自転車の数が多い
東京の自転車の数は多いです。
人口が多いので、自転車の数も多いのは当たり前のことではありますが、主要駅前の駐輪場に並ぶ自転車の数には圧倒されるほど自転車が並びます。

そんな関係もあり、放置自転車に対する扱いやルールは田舎よりも厳しく設定されていると思います。

駐輪に関するルールやマナーに対する厳しさが、実のところ田舎と東京の間にある自転車事情の最も大きな違いかもしれません。

東京の自転車事情:大人も自転車に乗ります

大人も自転車に乗ります
田舎の場合、基本的に車社会ですから、車を所有すると同時に自転車には乗らなくなります。自転車に乗っているのは小学生、中学生、高校生くらいです。

極端に言えば「自転車=免許を持っていない人」くらいの認識で良いかもしれません。なので、大人になると自転車を所有しなくなる人も珍しくありません。例えば、数100メートル先の自販機にジュースを買いに行くのにも車を使用するのが割と当たり前で、とことん自転車を使用しません。

僕の場合、たまに田舎に帰ることがありますが、僕の車は無いので、仕方なく甥っ子から自転車を借りてコンビニやスーパーに行きます。

しかし、田舎ではおっさんが自転車に乗っている姿はほとんど目撃されません。目撃されたとしても、それはその近辺でちょっと変わった人として有名おっさんだったりします。おっさんが自転車に乗るということは、田舎では非日常的な光景なので、そんな時に知り合いに目撃されたりすると、何だかバツの悪い思いをしてしまうのです。

東京では大人も自転車に乗ります。
例えば、30〜50代のスーツ姿のおじさんも自転車に乗ります。
もちろんそれはロードバイクやクロスバイクに限らずで、ママチャリやシティサイクルでも老若男女関係なく自転車に乗っています。

なので、おっさんが自転車に乗っていても何の違和感もありません。おっさんでも安心して自転車に乗れる街、それが東京です。

東京の自転車事情:駐輪場が有料

東京の自転車事情:駐輪場が有料
最近では事情が違うかもしれませんが、少なくとも僕が生まれ育った田舎では、駐輪場は無料で利用できていました。有料駐輪があったとしても、常にガラガラで利用されないというような状態でした。

しかし、東京では駐輪場は有料です。
よくあるシステムとしては、最初の10時間は無料、それ以後は12時間ごとに100円というような感じの料金システムでほとんどがオートメーション化されていてます。

平日に通勤や通学で利用する人が多く基本的に平日には満車になるため、確実に駐輪場所を確保するために月極契約をしたりするのもそれほど珍しいことではありません。ちなみに月極で2,000円〜3,000円くらいが相場のように思います。

東京の自転車事情:商店街や市街地では自転車は停められない

商店街や市街地では自転車は停められない
田舎の場合は、お店からお店への移動は自転車に乗って、お店に立ち寄る際にはお店の前に自転車を停めて・・・ということが当たり前だと思います。

駐輪場を利用するのは、電車(実際は汽車と言う)に乗ってその場所から自転車を置いて遠く離れるような時だけで、市街地を自転車で移動している時には常に自転車と一緒というスタイルです。それは商店街やアーケードを通行する時も同じです。なので、商店街の人気店の前には自転車が沢山停まっているのが普通の光景です。

東京の場合は、商店街や駅前などではお店の前に自転車を停めることは出来ません。そもそも駐輪するスペースが無かったりします。沿線に入れば少し様子は変わってきますが、基本的には近くの駐輪場に自転車を停めてから街ブラするというのが東京の正しい移動方法です。

例えば、吉祥寺などでは、駅周辺に停めてある自転車は有りません。
駅前等に自転車を駐輪すると、即時撤去されてしまうので、みんな駐輪場を利用するのです。

停めようと思えば停められますし、たまに停めてある自転車もありますが、撤去されても文句は言えませんし、そもそも完全にルール違反なので止めましょう。

東京の自転車事情:夜でも道路が明るい

東京の自転車事情:夜でも道路が明るい
田舎でも国道沿いはまだ明るい街灯がありますが、一歩沿道へ入り込めば、ほとんど真っ暗な道になってしまいます。慣れていないと1メートル先も見えないような暗闇があるのです。

そんな暗闇を学生服を着た学生が無灯火で走行していたりするので非常に質が悪いです。

東京の道は基本的に街灯が整備されているので明るいです。
それこそ昼間のように明るい道もあったりするくらいで、夜間でも走りやすいです。
沿道に入っても民家やマンション・アパートが多いので街灯も多く田舎のような暗闇に遭遇することは滅多にありません。

もちろん無灯火はNGですけど、夜間に道が明るいのは安全面でも非常に嬉しいポイントです。

東京の自転車事情:自転車専用道路が多い

自転車専用道路が多い
田舎で自転車専用道路と呼ばれるものは、いわゆるサイクリングロードと呼ばれる類のもので、東京で言うところの自転車専用道路、自転車通行帯のようなものはほとんど無いと思われます。少なくとも僕の田舎では見た事がありません。そもそも自転車に乗っているのは小学生・中学生・高校生あたりですから車道を走らないという風潮があります。

東京は自転車専用道路が多いです。
と言っても、まだまだ自転車先進国などと比べるとけして多いとは言えないレベルだとは思いますが、それでも自転車道路が整備されはじめたなと実感できる程度には、最近は青い帯の自転車専用レーンを見かけることも多くなりました。

東京の自転車事情:自転車屋さんが多い

田舎には自転車屋さんが少ないです。
各地域の駅前近くに1軒程度はあると思いますが、街を走っていて偶然見かけるほどは自転車屋さんは無いと思います。

それこそ街の中心部であってもコンビニですら一つ逃すと、次に見つけられるかどうかさえ怪しいくらいですから、自転車屋さんが偶然見つかるなんてことは期待できません。

東京には自転車屋さんが多いです。
探せば数キロ圏内で自転車屋さんやプロショップが何件見つかります。

上記のマップは自転車屋さんの分布ですが、パンクしても歩いていける範囲にいくつもショップがあるので、一般的にパンクが多いと言われるスポーツサイクルに乗る時にも、昼間の街乗り中心の利用であればパンク修理キットを持っていなくてもそんなに困る事はないかもしれません。

東京の自転車事情:坂道が少ない

東京の自転車事情:坂道が少ない
田舎や郊外に行くと、時として長い坂道に出くわすことがありますが、東京の場合はほとんど坂らしい坂がなく、基本的に平坦な道を快適に走ることができます。

もちろん坂道が無いわけではないですが、長くても大抵数百メートルで終わるような坂が多いです。

東京の自転車事情まとめ

東京の自転車事情まとめ
「もっと自転車に優しい環境が整えば良いのに!」と常日頃感じていたりするのですが、田舎と比べて自転車事情を総合的に考えると、なんだかんだで東京は自転車乗りにとっても意外と快適な街なのかもしれないな、と思いました。

で、地方から上京してきた若者に東京生活20年のおっさんが東京の自転車生活に関して助言させてもらうとするならば、冒頭でも書きましたが、田舎と東京の自転車事情で最も違うと思われるのは、駐輪などのルールやマナーだと思います。

そんな中で、田舎から上京してきて、自転車文化の違いで犯してしまいがちな間違いは、自転車を気軽にどこにでも駐輪してしまう、ということかなと思います。

田舎ではどこに駐輪しても、咎められることはあまりありませんが、東京の場合は、基本的に駐輪場に停めてから街を散策というのが普通です。東京生活で自転車を所有しようと思っている人は留意しておくと良いポイントかと思います。

ルールやマナーを意識しながら快適な東京ライフと自転車ライフを過ごしていければ良いですね。

東京の自転車事情まとめ

・自転車の数が多くて自転車は庶民の足
・子供から大人までみんな自転車に乗る
・駐輪場が大きくて有料
・市街地では自転車を道路に駐輪できない
・道路は大きくて明るい
・狭い道を走ると渋滞に巻き込まれることがある
・自転車屋さんが多い
・長い長い坂道が無い

-自転車事情, 自転車全般

Copyright© ESCAPE Airと自転車ライフ , 2017 All Rights Reserved.