クロスバイクやロードバイクのカスタムと自転車情報

ESCAPE Airと自転車ライフ

ポンプ・空気入れ 自転車メンテ・改造

オシャレでカッコ良いフロアポンプを探す

更新日:

クロスバイクやロードバイクなどのスポーツバイクと呼ばれる自転車を所有するのであればフロアポンプ(空気入れ)は必需品です。

一般的なシティサイクルやママチャリの場合は、少々空気が抜けても気にならないので、滅多に空気を入れたりしない人も多いと思いますが、スポーツバイクの場合はタイヤが細く、空気圧も高めということもあり、空気が抜けやすく、走行性能にも大きく影響するので、マメな空気圧管理が必要だからです。

そんなわけで、僕がクロスバイをGIANTストアで購入した際にも最初に注意事項として、ロードバイクの場合は出来るなら乗車前は毎回、クロスバイクはロードバイクに比べてタイヤが太いのでロードバイクほどシビアではないですが、少なくとも一週間に一度は空気を入れて走りましょうと、教わりました。

その教えを忘れずに忠実に守ってきた僕ですが、近頃どうも使っているフロアポンプの調子があまりよろしくないので、新しいフロアポンプの購入を検討することにしました。

オシャレでカッコ良いフロアポンプ

LEZYNE CNC FLOOR DRIVE SILVER

オシャレなフロアポンプ
Photo via:LEZYNE CNC FLOOR DRIVE SILVER

LEZYNEのCNC FLOOR DRIVE SILVER。LEZYNEのフロアポンプはどのシリーズもデザインが良くてカッコ良いのが魅力です。他のメーカーに比べれば値段は少々高めになりますが、デザインで考えればそれも納得できるものだと思います。ただ置いていても佇まいがカッコ良いのでインテリアとしても成立しているのです。

吹き出し口もねじ込み式のCNCアルミポンプヘッドなので、バルブを痛めづらいのもポイントが高いです。

● 空気圧 220psi / 15bar
● サイズ 15 x 20 x 63.5 cm
● 重量 1.6kg

TOPEAK Transformer X

TOPEAK Transformer X
Photo via:Transformer X

フロアポンプとメンテンナンススタンドが一体化した、いかにもTOPEAKらしいデザインのフロアポンプです。実際問題でメンテナンススタンドも必須アイテムの一つですが部屋の中で存在感が大きいのでフロアポンプと一体型になればスッキリ片付けることができるようになり、メリットは大きいと思います。

ハンドル部分にエアゲージがあるのもデザイン的には珍しいですが目視がしやすくて機能的だと思います。

● 空気圧 160psi
● サイズ74 cm
● 重量 1.8kg

SILCA SUPERPISTA ULTIMATE PLUS FLOOR PUMP

SILCA SUPERPISTA ULTIMATE PLUS FLOOR PUMP
Photo via:SILCA SUPERPISTA ULTIMATE PLUS FLOOR PUMP

ぐぅの音も出ないほどカッコ良いデザインのフロアポンプなのがSILCA SUPERPISTA ULTIMATE FLOOR PUMPS。イタリアの老舗ブランドです。価格もダントツに高いですが、物欲を刺激してくれるデザインは流石はイタリアメーカーと言ったところです。少しお手頃な価格のPIST REDなんかもカッコ良いです。

ポンプヘッドは改良されて現行版では日本メーカーのヒラメをヒントにしたようなデザインになっていて、使い勝手もヒラメ同様に良いようです。

● 空気圧 1160PSI
● 75 cm
● 重量 3.2kg

ちなみにSILCAはフロアポンプの他にも自転車用品を製造していて、工具であるヘキサゴンレンチキットは衝動買いしてしまいそうなほどカッコ良いです。

オシャレでカッコ良いフロアポンプを探すのまとめ

フロアポンプは他のメーカーの製品も沢山あるのですが、デザイン的にはスタンダードなものが多いですね。その中で、オシャレでカッコ良いフロアポンプとしてはレザインだったりシリカだったりのメーカーのフロアポンプが候補に挙がると思います。その他のちょっと変わり種でTOPEAKが他と差別化されていたのでピックアップしてみたという感じです。

フロアポンプ自体はそうそう壊れるもので、思い切って良いモノを買っておけば、安い物に比べて耐久性もより優れたモノになるでしょうし、使用頻度も高いものなので、それなりにちゃんとしたモノを買っておけば、いつも気持ち良く使用できるんじゃないかと思います。

Kuwaharaが製造するヒラメ

ちなみに一般的なフロアポンプのポンプヘッドを別メーカーのものに交換カスタマイズして使いやすくするというのが流行っているようです。僕自身も現在使用しているフロアポンプのポンプヘッドは交換カスタマイズして使用しています。

ポンプヘッドの定番は、日本メーカーのKuwaharaが製造するヒラメと呼ばれるもので、ポンプヘッドをバルブに固定するのが非常に楽になり、バルブヘッドを折ってしまう、曲げてしまうなどの空気を入れる際にありがちなストレスが無くなるので非常にお薦めです。

参考 → KUWAHARAヒラメのフロアポンプ用のポンプヘッドアダプターを購入

関連記事

自転車用の空気入れポンプに関する記事は下記にまとめていますので興味のある方は参考にしてみてください。

-ポンプ・空気入れ, 自転車メンテ・改造

Copyright© ESCAPE Airと自転車ライフ , 2019 All Rights Reserved.