クロスバイクの改造やロードバイク自転車

ESCAPE Airと自転車ライフ

保険 問題解決・疑問解決 自転車全般

クロスバイクやロードバイクの飛び石の賠償責任の有無について調べてみたこと

更新日:

クロスバイクやロードバイクの飛び石の賠償責任

クロスバイクやロードバイクの飛び石問題

飛び石が原因の問題が発生したら責任は有るのか?

僕が自転車に乗るのはもっぱら夜中が多いです。夜中の交通量のほとんどない道は、昼間の道に比べてかなり快適で、聴こえてくるのは風切り音と、アスファルトを転がるタイヤの音。それからギアとチェーンのチャラチャラとした心地よい軽い音。

そして時々聴こえるのが「パスッ!」「カンッ!」という弾かれた小石がガードレールに当たる音。
飛び石です。

クロスバイクやロードバイクに乗っている人なら誰でも経験し、考えたことがあるであろう飛び石の問題について考えてみたいと思います。

クロスバイクやロードバイクは細くて高圧な硬いタイヤ故に、路上の小さな小石を弾いてしまうことが多々有あるわけで、自動車や歩行者などに当たってしまって厄介な問題に発展してしまう可能性もあるかもしれません。

さて、そんな飛び石ですが、もしも自分が弾いた飛び石が原因で、何らかのトラブルになった時のために、その責任を負う必要が有るのか、無いのかについて調べてまとめておくことにしました。

飛び石問題の現状

飛び石問題の現状
飛び石の問題はクロスバイクやロードバイクだけの問題ではなく、オートバイや自動車も頻繁に飛び石させているため、乗り物全体の問題として考えることができます。

そして倍賞と言えば千恵子・・・いや、美津子。
いや、保険だと思いますが、飛び石関連に関して、保険会社は補償はするものの、かなり渋チンな対応のようです。

動車の窓ガラスの損害の多数は飛び石が原因

自動車の窓ガラスの損害の多数が、飛び石が原因のようです。

また、飛び石による破損に対しては、補償をする保険が多数のようですが、飛び石を理由に保険を使うと等級が落ちたり、不払いの判定を受けたりすることも多々あるようです。

すんなり払われない理由としては、数が多いというのは勿論でしょうし、補償の払いに関しての紛争などの内容を確認すると、ちょっとした傷なら飛び石のせいにしてしまえますから、飛び石を含めた何かで大きな傷が出来た時にまとめて保険を使って修理・・・などと考える人が多いからのようで、要するにインチキな申告理由として使われやすいようなのです。

なので何らかの理由を付けて制限しないと・・・って感じなのかもしれません。

【参考】そんぽADRセンター  そんぽADRセンターにおける苦情・紛争解決手続の実施概況|日本損害保険協会

飛び石が原因で賠償問題になることはほとんど無い

飛び石が原因で自動車のガラスが割れたとしても、相手に修理代を賠償させるのは難しいようです。

石を飛ばした相手が悪いのだから修理代は相手が払うのでは?
→一般的には、どの車が跳ねたか特定することが難しく、賠償責任を問うことは困難なケースが多いです。そのため自分の車両保険で修理せざるを得ません。
【引用元】飛び石でガラスが割れたこんな時どうなるの?|ソニー損保

つまり、クロスバイクやロードバイクに乗っていて飛び石があっても、被害を受けた側が「お前の飛び石が原因だ!」と証明するのは非常に難しく、賠償問題になる可能性は極めて低いと思って間違いないようです。

逆で考えても、自分が乗っているクロスバイクやロードバイクが原因で飛び石が飛んで、車に当たったとしても、それを自分が飛ばした飛び石だと証明するのも難しいと思います。

あ、さっきのは自分が飛ばした飛び石だと思っても、もしかしたら他の自動車やオートバイクが飛ばした飛び石の可能性もあるわけです。目撃者が居ればまた話は違うようですが、飛び石させる瞬間なんて意識してても見えるものではないと思います。

飛び石が原因の破損には法律上の賠償責任は無い

保険金をお支払いしない主な場合
飛び石事故やあて逃げ等により借りたお車自体に生じた、補償を受けられる方に法律上の損害賠償責任が発生しない場合
【引用元】トータルアシスト自動車保険パンフレット|東京海上日動

法律上の損害賠償責任とは?

法律上の損害賠償責任とは、自分が運転する自動車で、他人にケガをさせてしまった場合や他人の車を壊してしまった場合など、相手方に与えた損害について賠償する責任のことをいいます。
【引用元】法律上の損害賠償責任|ソニー損保

要するに不可抗力であれば責任は発生しないようです。

なので、カーキャリアなどで複数の車を運送していて、その途中で飛び石などが当たっても、運送業者には賠償責任は無いというような感じです。

ただ、上記の事例に関しては、当事者が誰かの車を借りていた時に、第三者が飛び石を飛ばして、その際に傷がついた、という場合の賠償責任についてです。

問題は、上記の事例の第三者に対して、何らかの賠償責任が発生するのかどうかが肝心なところになると思います。

そこでもう少し調べてみた結果

飛び石の損害賠償を請求することは、困難です。一般に舗装された道路において、たとえ相手がわかったとしても、故意または無謀運転などを立証しない限り損害賠償を請求できません。車両保険に加入されることをお勧めします。
【引用元】個人自動車保険|損保ジャパン

被害を受けた側が相手の故意、無謀運転立証しないといけないそうで、要するに相手の故意、無謀運転立証できれば、上記の事例の第三者に対して損害賠償を請求することはできるようですが、それをどう立証するかの時点でどうしようもなくなるようです。

ちなみに非舗装道路の場合は、飛び石してしまう可能性が考えられる場面なので、スピードを落とすなどの対策をとる必要があり、その義務を果たさないと、飛び石事故が発生した場合等の賠償責任が発生することがあるようですが、クロスバイクやロードバイクでそのような道を走ることもまず無いということで、割愛させてもらいます。

クロスバイクやロードバイクの飛び石の賠償責任の有無についてのまとめ

ロスバイクやロードバイクの飛び石の賠償責任の有無についてのまとめ
結論としては、路面状況や当人どうしの話し合いなどによっては賠償責任が発生することもあるけれど、実際問題として賠償責任を問われるかどうかについては問われることがほとんどないというような感じのようです。

とは言いつつも、なるべく他人には迷惑をかけないようにクロスバイクやロードバイクに乗りたいところで、工事中の現場付近など砂利が多いような道は飛び石させてしまう可能性が高くなるので、そのような路面状況の場合は、危険を考えて自転車から降りるなどの対処はしたほうが良いと思われます。

クロスバイクやロードバイクの飛び石の賠償責任のまとめ

通常は賠償責任に問われることがほとんど無い
故意や無謀運転の場合は賠償責任に問われることがある

-保険, 問題解決・疑問解決, 自転車全般

Copyright© ESCAPE Airと自転車ライフ , 2018 All Rights Reserved.