*

スマートフォンと連携したサイクルコンピューター

公開日: サイコン, 自転車用品

スマートフォンとサイクルコンピューター

ロードバイクやクロスバイクのハンドル周りは、ゴチャゴチャしているよりは、シンプルな方がどちらかと言えば好みです。

しかしサイクリングをより楽しく快適にしようと思うと、サイクルコンピューターなど、サイクリングに便利なモノをいろいろ装備したくなったりします。

その代表的なモノと言えば、iPhoneに代表されるスマートフォンだと思います。
ロードバイクやクロスバイクに特化したフィットネス系の自転車アプリも沢山あり、スマートフォンに搭載されているGPSの機能を活かして、走行距離や速度を計算したり、地図上にルートを描いたりで、スマートフォンを活用すれば、自転車に乗る楽しみが一気に広がるようになります。

最近ではCAT EYEのストラーダスマートなどのようにサイクルコンピュータもスマートフォンと連動させたものが主流になりつつあるなどで、スポーツ目的で自転車に乗る際には、ジョギングなどと同じようにスマートフォンは切っても切れない必携アイテムになっているように思います。

そんなわけで、サイクリングと切り離せなくなったスマートフォンとサイクルコンピューター、スマートフォンホルダーなどについて考えてみたいと思います。

sponsored link

スマートフォンとサイクルコンピューターの関係

スマートフォンとサイクルコンピューターの関係

スマートフォンがあまりに便利なので、サイクルコンピューターの立場が危うくなってきている気がしないでもない今日この頃です。

そこでスマートフォンとサイクルコンピューターの相互関係や、スマートフォンを活用すればサイクルコンピューターは必要無くなるのか?などについて考えてみました。

GPSと走行記録と速度など

僕は今現在、CATEYEのステルス10という、センサーレスのGPSサイクルコンピューターを使用しています。

GPSで位置情報を拾って計算するので、走行距離やルートの記録などのほか、速度も計算してくれます。

10km/h前後の低速域だと精度が怪しくなる感じがしますし、電波の届かないトンネル内などでは記録が途絶えたりしますが、通常走る分にはセンサーを使用下一般的なサイクルコンピューターよりも精度が高いのではないかと感じていて、一度センサーレスの便利さを知ってしまうと、今後はセンサーレスのサイクルコンピューターを購入し続けたいと思わせるような魅力があります。

しかしながら、よくよく考えるとGPSのデータから走行距離やスピードなどを計算したいのであれば、GPSを内蔵しているスマートフォンでも同じ事ができてしまい、実際に自転車系のアプリではルート記録や走行記録、アップダウンなどサイクルコンピューターよりも詳細な情報を記録することができます。

心拍計とケイデンス

ならば心拍計とケイデンスについてはどうでしょう?
心拍計とケイデンスについてはいずれにしてもセンサーが必要になるので、スマートフォンでもサイクルコンピューターでも同じような扱いになると思います。

最近の傾向としては、今現在の心拍数やケイデンス数を視認性の良いサイクルコンピューターに表示して、その他の細かな情報などはスマートフォンのアプリと連携して管理する、というようなモノが増えてきている感じです。

つまり、スマートフォンを連携させることによって今までのサイクルコンピューターでは管理出来なかったより多くの情報を取得、管理できるようになっていて、より便利に高機能化されているわけです。

サイクルコンピューターの優位点

スマートフォンとサイクルコンピューターを比べれば、機能的な部分では圧倒的にスマートフォンが優れていますし、サイクルコンピューター自体がスマートフォンに機能の管理や表示機能を依存しなければいけないような状態です。

しかしながら、スマートフォンがサイクルコンピューターに取って代わるかと言えば、それは難しいのではと思われます。

バッテリー問題

スマートフォンにはバッテリー問題が常に付きまとっていますから、サイクルコンピューターのように常時表示させるには無理があります。

そもそもスマートフォンは携帯電話ですから、通話したり連絡したりすることが最重要事項なのと、サイクリング中の万が一の時にも必須のものなので、サイクルコンピューター代わりにしてバッテリーを消費してしまうのは、いろいろと不安もあります。

その点、サイクルコンピューターは常時表示でもバッテリーはほとんど消費しないので、電池切れの心配はほとんどありません。また万が一電池が切れした場合でも、携帯電話とは違い、大きな問題にも繋がりません。

視認性の問題

また、日中での視認性はスマートフォンよりもサイクルコンピューターの方が圧倒的に優れています。

スマートフォンなどでもアンチグレアフィルムを張るなどの対策をすれば、比較的見やすくすることができると思いますが、サイクルコンピューターほどは見やすくはなりません。

サイクルコンピューターは走行中に知りたい情報も多々あるので、視認性が悪いとそれだけでストレスになりますし、安全性も悪くなります。

そんなわけで、スマートフォンがサイクルコンピューターの機能を補助するなど付加価値をあげるために活用されることは大いにあるでしょうが、スマートフォン自体がサイクルコンピューターに取って代わるのは当分なさそうな感じです。

街でよく見かけるようになったスマートフォンホルダー

街でよく見かけるようになったスマートフォンホルダー

自転車乗車時の必須アイテムになりつつあるスマートフォン

とは言いつつも、このところ、街で見かけるロードバイクやクロスバイクに、スマートフォンを設置するためのスマートフォンホルダーが装備されているのを見かける事が多くなりました。

スマートフォンフォルダを装備している自転車を見かけると、自転車の周辺機器として、スマートフォンが定番化してきているのだなと感じたりもするのです。

ハンドルに取り付けるとスマートフォンの大きさが目立ちますが、ステムに取り付けるのであれば、極端に存在を主張するわけでもなく、一般的なステムの長さや太さ的にも、スマートフォンを置く為のスペースのようにも思えます。

ながらスマフォは危険なので絶対に止めて欲しいことの1つですが、スマートフォンを目の届く範囲に置いておくことで、地図アプリで場所を確認出来たり、電話やメッセージ等を受信した際にすぐに気付くことができるなどのメリットがありそうです。

スマートフォンの落下に注意

スマートフォンホルダーは自転車のディスプレイスタンドなどで有名なミノウラのIH-400 OSあたりが定番で評判が良いようですが、この手の商品でありがちな落下事故も多いようで、下記のような注意書きが添えられており、使用する際は留意しておいた方が良いようです。

注意していただきたいこと
電話機の固定が緩い場合には、段差を乗り越える衝撃などで電話機が脱落する恐れがあります。電話機の装着および走行はあくまでも個人の責任において行なってください。弊社では電話機の脱落事故に関してはその責を負いません。
電話機はしっかりとホールドする設計としていますが,悪路走行や数cm以上の段差を乗り越える際の大きなショックなどには耐えられません。十分に注意して走行してください。また万一携帯電話がiH-400から外れて落下したとしても,弊社はその賠償の責任を負いかねます。当商品の使用はユーザ自身のリスクにおいて行なってください。
http://www.minoura.jp/japan/holder-j/ih400-j.html

自転車だけでなくバイクでも同じ現象

スマートフォンホルダーを装備するようになっているのはロードバイクやクロスバイクだけに限らず、原付やオートバイなどでも増えているようです。手軽なカーナビとしてスマートフォンを活用できるのが便利というところなのでしょう。

スマートフォンと連携するサイクルコンピューター

キャットアイ(CAT EYE) パドローネ スマート [CC-PA500B] PADRONE SMART スピード+ケイデンスキット Bluetooth SMART対応

サイクリングを快適で楽しいものにしようとすると、装備品でゴチャゴチャしてしまいがちなハンドル周りですが、走行中のいろいろな情報をチェックしたりするのは非常に楽しいわけでして、スマートフォンなどを活用しながら走るのは、モチベーション維持という観点でもかなり効果的だと思います。

そんなわけでスマートフォンと連携したサイクルコンピューターを調べてみました。

CAT EYE スマートシリーズ

サイクルコンピューターの定番であるCAT EYEのスマートフォン連携モデルはスマートシリーズが展開されています。
CC-SC100B パドローネ スマート プラス ¥16,000
CC-PA500B パドローネ スマート ¥9,800
CC-RD500B ストラーダ スマート ¥8,800

GARMIN

Edge® 820J
Edge® 25J
Edge® 520J
Edge® 1000J

Wahoo

Wahoo ELEMNT GPS
Wahoo Fitness

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑