ペダル 自転車メンテ・改造

ロード用片面SPDペダル・ビンディングペダルを比較検討してみる

更新日:

ロード用片面SPDペダル・ビンディングペダルを比較

シマノのラインナップの中では片面SPDペダルが数種類あるので、どの片面SPDペダルが良いのか比較検討してみました。

クロスバイクやロードバイクの走りを劇的に変えられる改造・カスタマイズの一つがフラットペダルからビンディングペダルへの変更です。

自転車でより快適な走りを追求したい人にとってビンディングペダルは必須の改造・カスタマイズでしょう。

かく言う僕もクロスバイクのESCAPE AirのペダルをSPDビンディングペダルのシマノ PD-M530というペダルに換装しています。

しかしながらビンディングペダルだけで乗るわけではないので、普通の靴とビンディングシューズの二通りで使用できる片面SPDと呼ばれるビンディングペダルへの交換を検討しています。

両面SPDのビンディングペダルから片面SPDへの変更を検討

両面SPDのビンディングペダルから片面SPD

シマノPD-M530 はリーズナブルな価格と、他のSPDペダルには無いホワイトというカラーを選択できる点が魅力で購入した僕にとって初めてのビンディングペダルです。

SPDペダルとは、一般的なロードバイクなどで使用されているビンディングペダルのSPD-SLとは違い、元々マウンテンバイク用として開発されたビンディングペダルです。

クリートが小さく、シティライドなどでも使いやすいシステムなので、SPD-SLほど本格的なビンディングペダルは必要ないけれど、ビンディングペダルは導入したいと考えるライトユーザーに愛用者が多く、クロスバイク等でも使用している人が多いです。

僕自身もライトユーザーとして、SPDペダルのシマノPD-M530を選択し、今まで大きな不満もなく使ってきたので、それなりに良いビンディングペダルだと思いますが、ここに来て別のビンディングペダルへの交換を検討しています。

ビンディングペダルを両面SPDから片面SPDペダルにしたい

僕が日頃クロスバイクに乗るのは街乗りがメインで、街乗りの場合は信号などでストップ&ゴーを繰り返すことが多いほか、交通量や人も多いです。

なので、安全面を考えると、街乗りではビンディングペダルよりもフラットペダルの方が急な飛び出しや車の侵入などにも対応しやすく、ストレス無く乗れると感じています。

そんなわけで、ビンディングペダルなのに普通のスニーカーなどでクロスバイクに乗ることが多くなっていて、ビンディングシューズを履いてのサイクリングががめっきり少なくなりました。

いっその事、フラットペダルへ戻そうかとも考えたりしますが、ビンディングペダルにはフラットペダルには無い楽しさがありますから、一度ビンディングペダルの恩恵を知ってしまうと、なかなか切り捨てられないというのが本音です。

そこで、両面SPDのシマノPD-M530ではなく、片面だけにクリートが備わっていてビンディングシューズと普通の靴を使い分けられる片面SPDペダルへの交換を検討し始めました。

ロードバイク仕様のビンディングペダルが欲しい

クロスバイクは英語ではハイブリッドバイクなどと呼ばれ、元々はロードバイクとマウンテンバイクの良い所取りのスポーツバイクなので、ロードバイク用のパーツとオフロード用のパーツが混在しているのが普通です。

例えばホイールやコンポーネントはロードバイク用でありつつも、フレームやブレーキ、フラットバーハンドルなどはマウンテンバイク用などという具合です。

僕の愛車であるクロスバイクのESCAPE Airも同様で、オリジナルの状態ではロード用のパーツとオフロード用のパーツが混在していて、どちらかと言えばマウンテンバイク寄りのパーツが多用されていたように思います。

僕の場合はロードバイクへの憧れもあり、愛車のクロスバイクのESCAPE Airをロードバイク寄りの仕様にするために、ロードバイク寄りのパーツを選んで改造、カスタマイズをしてきました。

しかし、ペダルに関してはシマノPD-M530の品番からも想像できるように"M"の文字が入っていて、オフロード用のパーツであると思われます。ちなみにロードバイク仕様のペダルの品番はPD-Aとなっています。

実用上全く困ることはないので、このままでも良いと言えば良いのですが、せっかくであれば、ロードバイク仕様にこだわってPD-Aの品番のビンディングペダルを選択したいと思うのです。

両面SPDペダルよりも片面SPDペダルの方が軽量

僕個人的にはクロスバイクの軽量化にはそれほど熱心ではありませんが、それでもスポーツバイクに乗る以上は、どうしても重量は意識するもので、少しでも軽くなるのであれば、それはそれで嬉しいものです。

特に僕が今現在仕様しているシマノのビンディングペダルのPD-M530はカタログ値で455gでペダルとしてはかなり重いペダルになります。

これを片面SPDペダルにするだけで百グラム以上は軽くなると思われます。

軽量化も突き詰めれば1g軽量化するのに数千円という費用が必要になることを思うと、ペダルを変えるだけで100gも軽量化出来るのはかなりお得感があるのです。

さらに、軽量化の効果が大きいのは回転部分の外側だと言われています。

ホイールが解りやすい例として挙げられますが、同じ重量のホイールでもホイールの中央であるハブ部分が軽量化されているホイールと、ホイールの外側であるリム部分が軽量化されているホイールとでは、走行した時の感じが全く違います。

外側の方が遠心力が強く働くため、外側が軽量化されたホイールの方が軽く感じるというわけです。

その理屈で考えれば、ペダルはクランクセットの最も外側のパーツなので、軽量化した際の効果もそれなりに期待できそうです。

片面SPDにすると

● ロードバイク仕様がある
● 軽量化できる
● 普通の靴とビンディングシューズが使える

シマノビンディングペダルのロード用片面SPDは3種類

シマノのロード用片面SPDビンディングペダルPhoto via:http://www.shimano-lifestylegear.com/jp/fw/products/pedal/index.php

シマノのロード用片面SPDペダルは2017年6月現在で3モデル。

PD-A600
PD-A530
PD-A520

それぞれのビンディングペダルのスペックを比較して、どの片面SPDペダルを選択するのがベストなのかを検討してみたいと思います。

片面SPDペダル重量

PD-A600 286g
PD-A530 383g
PD-A520 315g

カラー

PD-A600 ブラック(アイスグレー)
PD-A530 シルバー/ブラック
PD-A520 シルバー

価格

PD-A600 定価 9,728円 相場 7,200円前後
PD-A530 定価 6,384円/ 相場 5,200円前後
PD-A520 定価 5,738円/ 相場 4,600円前後

グレード

PD-A600 ULTEGRA
PD-A530 -
PD-A520 -

シマノビンディングペダルのロード用片面SPD比較のポイント

シマノビンディングペダルのロード用片面SPD比較のポイント

片面SPDの性能・スペック

価格や性能的にはPD-A530とPD-A520が近いようで、品番的にもPD-A530はPD-A520の後継モデルだと思われ、性能面でそれほど大きな違いは無いと思われます。

PD-A600 > PD-A530 > PD-A520

片面SPDのデザイン

デザイン的にはPD-A530だけが異なっていて、フラットなPD-A600とPD-A520に対してPD-A530はクリート部分が隆起しているデザインになります。

このデザイン違いの影響は重量に反映されていて、PD-A600とPD-A520に比べると、PD-A530だけがやや重たくなっています。

個人的にはPD-A600とPD-A520の方が断然好みで、ロードバイク系のスポーティな見た目にもマッチするような気がしています。

● フラットタイプ:PD-A520 / PD-A600
● 隆起タイプ:PD-A530

片面SPDはPD-A600がオススメ

上記のような理由から、個人的に買うとするならPD-A600とPD-A520の二択になり、この二つを比較するなら、PD-A600のULTEGRAグレードかつSPDペダル最軽量というの部分で性能的にも期待できそうだというところで、PD-A600が第一候補となります。

しかしながら、悩ましい点もあり、カタログではブラックとなっているPD-A600のカラーは、グロッシーグレーと呼ばれるもので、いわゆるULTEGRAカラーであり、少し青みがかった艶のあるダークグレーになっていて、この点をどう評価するかで選択が変わってきそうにも思います。

というのも、この色はULTEGRA独特の色だったりするので、クランクがULTEGRAなら全体の相性も良いでしょうが、そうでないならペダルだけが浮いたカラーになってしまうのです。

僕がフラットバー用のシフターとして使用していたSL-R770というシフターは当時ULTEGRAグレードとして存在していたモデルでした。

質感等はさすがのULTEGRAグレードで大変気に入っていましたが、白と黒を基調にまとめていた僕のクロスバイクのESCAPE Airのパーツの中で唯一グロッシーグレーのパーツで、全体的なコーディネートからは浮いてしまっていたものでした。

それを考えるとシルバーのPD-A520の方がパーツの色的にはコーディネートしやすい気がしますし、価格も2,000円ほど安いのも魅力です。

性能で選ぶならPD-A600
コーディネートや価格で選ぶならPD-A520

そんなわけでちょっと悩ましい片面SPD選びになりますが、ペダルにはベアリングが組み込まれていますし、この点の回転性能はグレード違いで大きくなりそうなこともあり、片面SPDペダルを買うとするならば、やはりULTEGRAグレードのPD-A600を選択することになると思います。

悩んだら上位グレードを購入すべしという教訓

今までいろいろな自転車パーツを購入して僕が学んだことは、クロスバイクやロードバイクなどの自転車パーツは「安物買いの銭失い」という諺がピッタリとハマるパターンが非常に多いです。

予算をケチって安物パーツを購入した場合、高確率で後から高いパーツを購入し直すことになってしまうため、パーツ選びに悩んだ時は、悩んだ中での最上位モデルを選択するのが一番良いのです。

両面SPDに比べると、クリートが裏返って装着が面倒などと言われたりもするkatamennSPDですが、クリート面とフラット面の両方が使えるというが、僕のように普通の靴でもビンディングシューズでも乗りたいと考えている者にとっては非常に魅力的なペダルです。

片面SPDペダルのシマノPD-A600を購入

片面SPDペダルのシマノPD-A600を購入

そんなわけで片面SPDペダルのシマノPD-A600を購入しちゃいました。

シマノ以外の片面SPDペダル

シマノのSPDペダルはかなり普及していることもあり、他メーカーでもSPDと互換性のあるビンディングペダルが販売されているので、シマノ以外のメーカーの片面SPDペダルの情報も掲載しておきます。

三ヶ島の片面ビンディングペダル

日本のペダルメーカーである三ヶ島の片面ビンディングペダルUrban Step-in AとUrban Step-in A Ezy Superiorは独自のクリートであるUS-Aというタイプのクリートを使用していますが、シマノのSPDと互換性があります。

● Urban Step-in A Ezy Superior 461g
● Urban Step-in A 406g


XPEDOの片面ビンディングペダル

アメリカのペダルメーカーであるXPEDO(エクスペド)からもSPDと互換性のあるクリートを採用した片面ビンディングペダルが販売されています。

XPEDO(エクスペド) TRAVERSE DUO GRAY PD-XP-133 295g

Dixnaの片面SPDペダル

東京サンエスのオリジナルブランドであるDIXNA(ディズナ) の片面SPDペダル。

DIXNAフットプリントペダル 393g

GORIXの片面SPDペダル

Amazonで自転車用品を多数扱うショップとしておなじみのごっつプライスのオリジナルブランドであるGORIXからも片面SPDペダルが販売されています。

GORIX ゴリックス SPDペダル/片面フラット GX-R62 400g

EXUSTARの片面SPDペダル

エグザスターは台湾の自転車パーツメーカーでシマノのSPDやSPD-SLと互換性のあるビンディングペダルを製造販売しています。

EXUSTAR 自転車SPDペダル E-PM826

クランクブラザーズの片面ビンディングペダル

SPDペダルではありませんが、SPD同様にクリートが小さく、評価も高いビンディングペダルメーカーのクランクブラザースからも片面がビンディング、もう片面がフラットタイプのペダルが販売されています。

ダブルショット DOUBLESHOT  395g / 11,000円

-ペダル, 自転車メンテ・改造
-

Copyright© ESCAPE Airと自転車ライフ , 2017 All Rights Reserved.