Amazon セール

グリップ ハンドル・グリップ 自転車メンテナンス・カスタム

クロスバイクのハンドルグリップを交換するカスタマイズ|種類・効果・交換方法

更新日:

クロスバイクのグリップの交換方法

クロスバイクを購入して自転車の楽しさが判るようになってくると、より速く、より遠くまで走れるようになりたくて性能を追求したくなります

クロスバイクやロードバイクの場合は新たに自転車を買うのではなく、パーツをグレードアップさせることでスペックアップができるので、改造カスタマイズする人も多いです。僕自身クロスバイクの改造カスタマイズを日々楽しんでいる自転車愛好家の一人です。

さて、そんな自転車をとことん楽しめるクロスバイクの改造カスタマイズですが、初心者の人から「クロスバイクの改造カスタマイズは何から手を付けたらよいのか?」という質問をよくいただきます。

いろいろなパーツを交換してきた経験から僕がお勧めする最初に交換するべきパーツはハンドルグリップの交換です。

実際問題で僕自身がクロスバイクの改造カスタマイズしたパーツもハンドグリップが一番最初でした。

クロスバイクのハンドルグリップの交換をおすすめする理由

クロスバイクの最初の改造・カスタマイズはハンドルグリップの換装がオススメ<

ハンドルグリップの交換は簡単に出来る

クロスバイクの改造カスタマイズの取っ掛かりとしてハンドルグリップの交換をおすすめする理由の一つが簡単に出来る改造カスタマイズであること。

何事においてもですが初めて作業はいろいろと困難がつきまといます。慣れない作業やよく分からない作業は時として思わぬトラブルを招いたりもするものです。

手順を無視して無理矢理作業をおこなうと破損したり元に戻せなくなってしまうという最悪の事態になることもあります。

しかしハンドルグリップの交換に関しては、自転車のパーツの交換の中でも簡単な改造カスタマイズになります。

元から付いているハンドルグリップを外して新しいハンドルグリップを取り付ければ良いだなので、特に順序を考える必要もありません。

自転車の改造カスタマイズで難易度が高い部分は必ず工具やワイヤー類も弄らなければいけませんが、ハンドルグリップの交換ではワイヤー類も一切触りませんし、適当にグイグイやっていればなんとかなるのです。

使用する道具も、ドライバーと六角レンチ、洗剤やチェーンオイルがあれば充分で、道具を買い揃えたりする必要もなく、初めての作業でも30分もあれば十分です。

ハンドグリップ交換の基本的な作業内容

ハンドグリップの交換作業は古いハンドルグリップを外して新しいグリップを取り付けるだけで、基本的には難しい部分はありませんが、ハンドルグリップの交換方法については、下記の記事で詳しく解説しているので、実際の作業の際には参考にしてください。

ハンドルグリップの交換は手頃な価格で出来る

自転車のパーツの価格はピンキリですがハンドルグリップの価格帯は1,000円〜6,000円程度で、自転車のパーツ全体で考えれば、安い部類のパーツになると思います。

例えば僕が乗っているクロスバイクのESCAPE Airの純正グリップは1,200円ですし、人気のグリップメーカーであるERGON(エルゴン)でも4,000円〜5,000円程度なので比較的お気軽に交換できるというわけです。

ハンドルグリップにもいろいろな種類があるので、いろいろ試して気に入らなければすぐに新しいグリップに交換できるのも低価格パーツならではの自由さだと思います。

グリップに限らずですが、自転車のパーツは自分の身体との相性もあるので、いろいろと試せるというのはメリットとして大きいのです。

ハンドルグリップの交換で見た目の印象が大きく変わる

グリップ自体はそれほど大きなパーツではありませんが、比較的主張の強いパーツでもあるのでグリップを変えるだけで見た目の印象は大きく変わります。

ハンドグリップはデザインが豊富で、いろいろなタイプのデザインがあり、カラーバリエーションも多いです。好きなデザインのグリップを選んで愛車をオシャレ自転車のようにカスタマイズすることもできます。

たとえばGIANT社のESCAPE R3のように大量に販売されていて、そこらにありふれているようなクロスバイクでも、グリップを交換するだけで自分だけのオリジナル自転車に変えることができます。

ハンドルグリップを交換してみれば解りますが、グリップ部分は自転車全体の中でも意外と目立つパーツなので、グリップ一つで自転車の印象が大きく変わります。

ハンドルグリップの交換で乗り心地も変わる

ハンドルグリップが変われば乗り心地も変わります

グリップの交換前は「たかがハンドルグリップぐらいで変わるわけがない・・」と思っていましたが、ハンドルグリップを換装した後の乗り心地の変化に驚いたのが、僕がクロスバイクの改造カスタマイズにハマる切っ掛けになる経験でした。

「ハンドルグリップ一つでこんなに変わるのなら、他のパーツを換えればきっともっと変わるんだろうな!」ということに感動し、他のパーツも試したくなったのでした。

見た目や乗り心地がグリップを交換するだけでも大きく変わり、新しい自転車になったような新鮮な気分が味わえるので、季節ごとや、気分添加にグリップを交換するというのも良いかと思います。

色々なデザインのハンドグリップ

様々なデザインのハンドグリップがあります。

チクワのようなストレートタイプや、握り部が幅広になっていて手のひらでゆったりと支えられるコンフォートタイプ、バーエンドバーと一体化したグリップなどがあります。

ストレートタイプのグリップ

ストレートタイプのグリップ
Photo via:https://amzn.to/2mXYxQu

最もスタンダードなデザインのグリップです。
太さや材質などで乗り心地が変わります。

持ち手が幅広になったコンフォートタイプのグリップの方が疲れづらいと言われていますが、見た目的にはストレートタイプの方がシュッとしていて個人的には好みです。

コンフォートタイプのグリップ

コンフォートタイプのグリップ
Photo via:https://amzn.to/2nYg0bj

クロスバイクのグリップにはグリップが太めで上面が平らになっているコンフォートグリップと呼ばれるものがあります。通常のグリップのように常にしっかりと握っている必要はなく、グリップの上に手のひらを置いた状態で楽に乗れるのが特徴です。

短距離で乗っているうちはそれほど違いが分かりませんが、常に一生懸命グリップを握っていなくて良いので長距離のサイクリングでは負担がかなり軽くなり快適な乗り心地になります。

コンフォートグリップの中でも特に評価が高いのがエルゴングリップと呼ばれるもので、コンフォートグリップの代名詞的な存在でもあります。

クロスバイクのハンドルグリップを交換する人の多くは、このコンフォートタイプのグリップに交換するのではと思います。グリップ自体がやや大きめなので存在感があり、自転車の見た目の印象も変わります。

コンフォートタイプ ショート

コンフォートタイプ ショート
Photo via:https://amzn.to/2mm71k3

短いコンフォートグリップ。
自転車にはシフトレバーやブレーキなどグリップ以外のパーツもハンドルに取り付けなければいけません。

しかしクロスバイク等で使用されているストレートハンドルだと、ロードバイク等のドロップハンドルと比べるとスペースに余裕がありません。

通常のハンドルでは問題ないと思いますが、ハンドルを切り詰めて短くする改造カスタマイズをしたりすると、スペースに余裕がなくなってしまいます。

そこで、ショートタイプのグリップを使用すると、サイクルコンピューターやライトなどのためのスペースを作ることができるというわけです。

エルゴン GC1 ロング/ショート グリップ

エルゴン GC1 ロング/ショート グリップ

3,872円(05/08 11:40時点)
Amazonの情報を掲載しています

コンフォートタイプ+バーエンドバー

コンフォートタイプ+バーエンドバー
Photo via:https://amzn.to/2oFMN5H

コンフォートタイプのグリップにバーエンドバーが一体になったハンドルグリップです。

バーエンドバーがあることでハンドルの持ち方にバリエーションが増えるため、長距離を走る際など楽に走れるようになります。

但し、バーエンドバーを握るとブレーキを握れなくなってしまうので、街なかを中心に走るようなシティライドの場合はほとんど活用しなくなるので、そのあたりを含めて導入を考えるのが良いと思います。

また、クロスバイクの見た目も大きく変わるため、好みも分れるところです。

バーエンドバーも定番の改造カスタマイズ

バーエンドバーも定番の改造カスタマイズ

グリップの他にハンドルの持ち方にバリエーションが増やせるようになるバーエンドバーも定番の改造カスタマイズになります。

バーエンドバーを装着するとドロップハンドルやブルホーンバーのように持ち手が増やせるので手首の向きが変えられるようになり、しんどいなと思った時にかなり助けられます。

ほんの小さな違いではありますが、手首の向きを変えられるだけでも負担をかなり分散できるのです。短距離ではあまり重要ではありませんが、長距離を走る場合には小さな違いでも疲れが蓄積されていきますから大きな違いになってくるのです。

フォグリア(FOGLIA) バーエンドバー ブラック自転車

フォグリア(FOGLIA) バーエンドバー ブラック自転車

1,380円(05/08 05:41時点)
Amazonの情報を掲載しています

バーエンドバーを活用するか否かのシチュエーションについては下記の記事で解説しているので参考にしてください。

バーテープという裏技

クロスバイクのグリップにはバーテープがおすすめ

僕はいろいろなグリップに交換してきた結果、最終的に行き着いたのがバーテープでした。

バーテープは御存知の通り、ロードバイクなどのドロップハンドルに巻かれているテープです。

そのためクロスバイクのストレートハンドルに使用するイメージはあまりないかと思いますが、ストレートハンドルにバーテープも意外と悪くないのです。

バーテープは素材やデザイン種類も多いですし、価格も安いのでオススメの改造カスタマイズの一つです。詳しくは下記の記事で解説しているので参考にして下さい。

クロスバイクのハンドルグリップを交換するメリットとおすすめの理由のまとめ

クロスバイクを改造カスタマイズしようとした際の、最初に手をつけるパーツとしてハンドグリップがおすすめです。

作業が簡単で、パーツの価格も安く、交換前と交換後の乗り心地の違いも実感しやすいので、費用対効果が高いのが良い所です。

僕はクロスバイクに乗り始めるまでは自転車の改造カスタマイズを行なったことがありませんでしたが、いろいろなメンテナンスブックを読んだり、先人たちの情報を集めているうちに「ハンドルグリップの交換くらいであれば出来そうだ」と思い、チャレンジしてみた次第です。

まさかそこからここまでクロスバイクの改造カスタマイズにハマるとは思ってもいませんでしたが、入り口としては再考の入り口だったように思います。

お店でも依頼できる

「自分自身で作業したくない」「グリップの違いだけ楽しみたい」と思う人はお店で頼んでも良いと思います。

ハンドルグリップの交換程度であればハンドルグリップを購入したついでに無料で取り付けてくれるお店もありますし、工賃が掛かっても1,000円程度なので、改造カスタマイズに興味のある人は是非、チャレンジしてみることをお勧めします。

関連記事

クロスバイクのハンドル周りのカスタマイズについては下記のページが参考になると思います。

シータ

360度カメラ リコーシータ
360度写真をワンボタンで撮影できるカメラです。
いろいろな場所を記録していける素晴らしいカメラです。

自転車保険

自転車保険
自転車でも保険の加入が基本になってきています。
ロードサービスや盗難補償が付いた自転車向けの保険も有るので未加入の方は検討してみると良いでしょう。

ICAN

ICAN ホイール・フレーム クーポン

国内発送商品ならAmazonよりも直販サイトの方が安く購入できます。

Amazon

Amazon 自転車用品

Escapeショップ

Google

-グリップ, ハンドル・グリップ, 自転車メンテナンス・カスタム

Copyright© ESCAPE Airと自転車ライフ , 2021 All Rights Reserved.