ホイール 自転車メンテナンス・カスタム

クロスバイクでロード用ホイールを使用するならリアエンド幅130mmのフレームを選ぶべし

更新日:

リアエンド幅130mmのクロスバイクならロード用ホイールも使える

クロスバイクを改造カスタマイズしたいと考える人は多いと思います。改造カスタマイズの中で最も効果が大きいと思われるのはホイールの交換です。

クロスバイクでものロードバイク用の高性能なホイールを使用することで車重を軽くできますし走行性能も一気に高くすることができます。

しかし、全てのクロスバイクにロードバイク用のホイールを使用できるかと言えばそういうわけではなく、クロスバイクとロードバイクではフレームの設計があちこち違うためフレームによってはロードバイク用のホイールを使用できないこともあります。

ロードバイク用のホイールを使用できるか出来ないかの判断は、リアエンドとよばれる後輪をはめる部分のフレームの幅によって決まります。

なのでロードバイク用のホイールをクロスバイクに取り付けたいと考えた際には、まず自分の自転車のリアエンド幅がどのくらいなのかを確認する必要があります。

ロードバイクとクロスバイク(マウンテンバイク)のリアエンド幅の違い

ロード用ホイールリアエンド幅の違い

ロードバイクとマウンテンバイクとクロスバイクのリアエンド幅(OLD)の違い

ロードバイクとマウンテンバイクのフレームではリアのエンド幅は異なります。

リアエンド幅とは後輪のハブを取り付ける部分のフレーム内側の幅のことでディスクブレーキではないロードバイクのリアエンド幅は130mm、マウンテンバイクでは135mmというのが主流にです。(一部例外もあったり、近年はスプロケットの多段化の影響で幅が広がる傾向にある)

そしてロードバイクとマウンテンバイクの中間に位置するクロスバイクの場合は130mmと135mmが混在しているのが現状で、この辺りの事情がロードバイク用のホイールをクロスバイクに取り付けようとした時に問題になったりするのです。

一般的なリアエンド幅(ディスクブレーキではないもの)

● ロードバイク:130mm
● マウンテンバイク:140mm
● クロスバイク:130mmと140mmが混在

自分の自転車のリアエンド幅を知りたい時にはメーカーのサイトでフレームのジオメトリを確認すれば大抵の場合は情報が見つかります。

サイズ表記ではリアエンド幅と書かれていることはほとんどなく、OLDやRハブ、リアハブなどの部分に掲載されています。

ロードバイク寄りに改造カスタムするならリアエンド幅130mmのクロスバイクを選択すべし

現在流通しているほとんどのロードバイクのリアエンド幅は130mmということもあり、ロードバイクなどで使用される700Cホイールもリア用は130mmで組まれたものがほとんどになります。

そのためクロスバイクをロードバイク寄りに改造カスタムして楽しみたいと思う場合には、あらかじめリアエンド幅が130mmのフレームが採用されたクロスバイクを選ぶ必要があります。

この選択を間違うとのロードバイク用のホイールは極端に選択肢が少なくなってしまい、クロスバイクの改造カスタムする際の最大のイベントとも言えるのロードバイク用ホイールへの交換を断念しなくてはいけなくなるのです。

このリアエンド幅は自転車のフレームの一つの規格になっていて、キャリパーブレーキを採用したロードバイクのフレームのリアエンド幅は130mmが主流になっています。(ディスクブレーキ仕様のロードバイクの場合はスルーアクスルという機構が採用されていてリアエンド幅は142mmが主流です。)

そのためロードバイク用のホイールはこの130mmのリアエンド幅に収まるようなサイズになっているため、異なるリアエンド幅のフレームには基本的には取り付けできないようになっています。

リアエンド幅の標準サイズ

リアエンド幅は自転車の多段化とともに徐々に幅広になっているようですが、2018年8月現在では下記のサイズが標準的なサイズになります。

● ロードバイク 130mm
● マウンテンバイク 135mm
● クロスバイク 130mm / 135mmが混在
● ディスクブレーキ仕様のロードバイク 142mmが主流

リアエンド幅を確認する方法

リアエンド幅を知る方法
Photo via:https://www.giant.co.jp/giant18/bike_datail.php?p_id=00000042

クロスバイクのリアエンド幅は、メーカーページの該当車種のスペック欄に記載されている情報から知ることが出来ます。リアエンド幅はOLDとも呼ばれるのでメーカーによってはOLDと表記されている場合があります。

例えばクロスバイクのGIANT ESCAPE R3の場合だと「フルスペック」の記載ページにある「フレーム ALUXX-Grade Aluminum OLD130mm」という情報からリアエンド幅が130mm幅であることが判ります。

クロスバイクのリアエンド幅の標準サイズ

ロードバイクとマウンテンバイクの中間の仕様であるクロスバイクのリアエンド幅は130mmと135mmが混在しています。これはメーカーによって異なっていて、フレームの設計をロードバイク寄りにしているのか、マウンテンバイク寄りにしているかの違いになるかと思われます。

クロスバイクにロード用のホイールを取り付けるためにはクロスバイクのリアエンド幅も130mmである必要があるので、まずは自身のクロスバイクのリアエンド幅が130mmなのか135mmなのかを確認する必要があります。

クロスバイクの定番であるGIANT社のESCAPEシリーズなどのリアエンド幅は130mmになっているため、この問題は避けられます。

リアエンド幅が130mmのクロスバイク

リアエンド幅が130mmのクロスバイクと言えばやはりGIANT社のESCAPEシリーズです。

クロスバイクの改造カスタマイズをする人たちの中で圧倒的にESCAPE R3が人気なのはリアエンド幅が130mmというのが最も大きなポイントなのは間違いないと言えるでしょう。

クロスバイクのリアエンド幅と自転車メーカーの種類などについては下記の記事でまとめていますので参考にしてください。

リアエンド幅135mmのクロスバイクに130mmのホイールを使用する方法

クロスバイクにロード用のホイールを使用したいと思ったものの時すでに遅しでリアエンド幅が135mmの自転車を購入してしまった場合でも変則的ではありますがのロードバイク用のホイールを使用することができます。

5mm幅のハブアダプターを使用する

5mm幅のハブアダプター

リアハブにはめるの5mmのアダプターを使用することで130mm用のホイールを使用できるようになります。要するに5mmの差をアダプターを入れることで相殺して辻褄を合わせる方法です。

但しアダプターは後ろから見てハブの左側に装着するため、本来の中心位置から左に5mmズレることになります。そうするとセンター位置が都合2.5mmズレることになるため変速機の調整が必要になり若干の不都合が出たりもするようです。

また、一般的にはホイールを買うとクイックレリーズ(ハブ軸)も付属してきますが、ロード用ホイール純正のクイックレリーズ(ハブ軸)は130mm用なので135mmのフレームに使用すると長さが足りなくなります。

なので、135mmのフレームにのロードバイク用のホイールを使用する場合は新たに135mm用のクイックレリーズを準備する必要があります


ディスクブレーキ化でロードバイクのリアエンド幅は142mm幅が主流になるかも

リアエンド幅の歴史を辿ってみると元々はもっと狭い幅だったようです。しかし多段化することでスプロケットの幅もどんどん広くなり2007年現在ではロードバイク用のリアエンド幅は130mmに落ち着いているとのこと。

しかし11速となった現状でかなりギリギリなサイズになっているようなのでディスクブレーキ化を進めて行く中でリアエンド幅も142mmを標準にして展開するようになっています。これで12速になっても余裕をもったリアエンド幅となり、ディスクブレーキ化は自転車メーカーにとっていろいろと都合が良いことが多いようです。

とりあえず三大コンポーネントメーカーの一つであるカンパニョーロが2018年4月に12速化を発表しましたがリアエンド幅は従来と同じく130mmということで、おそらくシマノやスラムが12速化に続いたとしても同じサイズで開発されるのではないかと思います。

なのでまだしばらくはキャリパーブレーキ仕様のロードバイクなどは130mmがスタンダードなままと思われますので、ロード寄りのカスタマイズをしたいなと考えながらクロスバイクの購入を検討している人はこのリヤエンド幅を一つの購入のポイントとして頭に入れておくと良いと思います。

リアエンド幅についての詳しい情報は下記のページでまとめていますので参考にしてみてください。

関連記事

360度カメラ リコーシータ

自転車保険

ICAN ホイール・フレーム クーポン

Amazonタイムセール

自転車・自転車用品

Amazon 自転車用品

-ホイール, 自転車メンテナンス・カスタム

Copyright© ESCAPE Airと自転車ライフ , 2021 All Rights Reserved.