Amazon セール

タイヤ パンク 自転車メンテナンス・カスタム

自転車タイヤのパンクを防ぐ乗り方解説(ロードバイク・クロスバイク)

更新日:

自転車タイヤのパンクを防ぐ乗り方とは

クロスバイクやロードバイクなどの細いタイヤを履いた自転車はパンクしやすいという話をよく聞きます。実際問題で僕がスポーツバイクというものに興味を持ち、クロスバイクを購入した当初、個人的に最も気がかりだったのはパンクでした。

パンクさせないように乗り方を工夫すれば、パンクはかなり防げるようになります。

ここでは自転車のタイヤがパンクするリスクを低くするためにできる有効な乗り方について解説します。

クロスバイクやロードバイクの細いタイヤはパンクしやすいと言われる理由

クロスバイクやロードバイクの細いタイヤはパンクしやすいと言われる理由

クロスバイクの購入を検討するために下見するために訪れたジャイアントストアでも、店員さんから一番最初に告げられたのが「ママチャリのように段差に突っ込んだりするとすぐにパンクしますから注意してくださいね。」ということでした。

その説明を聞いて「あぁ、クロスバイクやロードバイクはやっぱりパンクしやすいのか・・・」と思い不安になったものでした。

それはけして脅しではなく、クロスバイクやロードバイクの細い25Cや28Cのタイヤは一般的な自転車のタイヤに比べてパンクしやすいと言われるのには理由があるのです。

タイヤが細いほどパンクのリスクが高くなる

スポーツバイクの標準的なタイヤのサイズはクロスバイクでは28C、ロードバイクでは25Cが一般的です。

28Cや23Cはタイヤの太さを表していて、Cの前の数字が小さくなればなるほどタイヤが細くなります。

要するにクロスバイクの28Cのタイヤよりもロードバイクの25Cのタイヤの方が細くなるというわけです。そして28Cタイヤも一般的な自転車のタイヤは32C~35C程度と同等になるのでクロスバイクのタイヤでも細くなります。

タイヤが細くなるとタイヤ内のチューブに含まれる空気の量が少なくなり、クッション性が低くなるために、凸凹に弱くなり、太いタイヤに比べてパンクしやすくなるというわけです。

クロスバイクのタイヤを28Cから23Cに交換したらパンクしやすくなったか?

僕がクロスバイクに乗り始めた頃のロードバイクのタイヤは23Cが標準でした。25Cのタイヤよりもさらに細くなるので、パンクのリスクはさらに高くなると考えることができます。

なので、パンクについてはかなり心配していたのですが、いざ23Cの細いタイヤで乗ってみて5000Kmほど走ってみましたがパンクはしていません。意外とパンクしないものです。

「すぐにパンクしてしまうのではないか」と過剰なまでにパンクを心配していたのが何だったのかと思うほどで、よっぽど変な乗り方をするとか、運が悪いとかでなければそれほどパンクのことは気にしなくて良いように思います。

確かにクロスバイクやロードバイクのタイヤは一般的な自転車に比べて細いですが、タイヤが細くなることでパンクのリスクが急激に高くなるかと言われると「普通のタイヤとそんなに変わらない」というのが正直な感想です。

僕の身の回りでもロードバイクに乗っている人がたくさんいます。みんな僕よりも長距離を走るような人たちですが23Cの細いタイヤで走行していても「パンクをした」という話をほとんど聞いたことがありません。

もちろんパンクの経験はあるとは思いますが、月に2,000kmほど走る人でも「過去に2度ほどパンクしたことがある程度」と言っていましたから、僕だけが特別運が良くてパンクをしていないということではないと思います。

そんなわけで僕自身、そして僕の身の回りの自転車乗りを見ても細いタイヤだからと言って過度にパンクを気にする必要はないと思っています。

自転車のパンクの主な原因はタイヤの細さではなく乗り方

自転車のパンクの主な原因はタイヤの細さではなく乗り方

僕の身の回りの自転車乗りを見る限りでは、細いタイヤを使用しているにもかかわらず頻繁にパンクをしているような人はいません。

ところがAmazonなどのWEBショップなどでタイヤチューブのレビューを読むと、何度もパンクを繰り返して文句を言っているような人が必ずいます。

不思議なことに、同じタイヤを使っているのに「丈夫で長持ちする」という人もいれば「すぐにパンクして使い物にならない」と文句を言う人もいるのです。

それはおそらく、タイヤ自体に問題があるのではなく、頻繁にパンクさせる人の乗り方や手入れの方法に問題があるからに違いありません。

逆に言えば、きちんとした乗り方さえ出来ていれば細い23Cのタイヤでもパンクは滅多にしないはずなのです。

自転車タイヤをパンクさせない基本的な乗り方

自転車タイヤをパンクさせない基本的な乗り方

ロードバイクやクロスバイクのパンクに関して調べると必ず出てくるのは、「空気圧の管理」と「段差への対応(抜重)」<です。 パンクの原因のほとんどはこの二つのうちのいずれかがと言っても過言ではないでしょう。

空気圧を適正に管理してパンクを防ぐ

空気を入れるのを怠るとパンクしやすくなる

ママチャリやシティサイクルの場合、タイヤの空気がかなり抜けてしまってからタイヤに空気を入れる人がほとんどだと思われます。

実際問題で街で見かける自転車を観察してみると、ほとんどの自転車がタイヤが半分ほど潰れるくらいの状態で走っています。要するに空気がほとんど入れられていないのです。

もしかしたら、ママチャリやシティサイクルに空気を入れるのは「半年に一度くらい」、あるいは「自転車屋さんに何かの用事で立ち寄った時」などに店先の空気入れで入れるくらいで、購入してから一度も空気を入れたことがない人もいるかもしれません。

一方、クロスバイクやロードバイクの場合は少なくとも一週間に一度、出来るならば乗車前には必ずタイヤに空気は入れた方が良いのですが、クロスバイクやロードバイクに乗っても、シティサイクルと同じようにで空気を入れない人が少なからずいるわけです。

そして、頻繁にタイヤをパンクさせてしまう人たちは、タイヤに空気を入れず、空気圧をまともに管理していない人たちなんじゃないかと思います。

細いタイヤは高圧で空気が少ない

クロスバイクやロードバイクには頻繁に空気を入れないといけないのは、タイヤが細くタイヤ内のチューブの中にある空気の量が少ないのと、とても高圧に空気が入れられているので、空気が抜けやすくなるからです。数日も過ぎれば10%程度は空気圧が低下します。

もしも空気を入れないと、シティサイクルなどと比べるとクッション性が低いため、凸凹道を走った際にチューブがダメージを受けやすくなり、パンクしやすくなってしまうのです。

ママチャリの場合は一ヶ月以上空気を入れなくても走れたりしますが、ロードバイクやクロスバイクの細いタイヤの場合はそういうわけにはいきません。23Cタイヤなら3日に一度、28Cタイヤなら1週間に一度くらいの頻度で空気を入れて空気圧を適正に管理べきだと言われていたりします。

ロードバイクやクロスバイクはちょっとした空気圧の変化でも気が付くくらいに繊細な乗り物ですから、タイヤの空気圧は常日頃からしっかりと意識して管理しておくべきものだと思いますし、きちんと空気圧が管理できていれば、それだけでパンクのリスクは格段に下がるはずです。

もちろん、クロスバイクやロードバイクに限らず、ママチャリやシティサイクルでも本当はきちんと空気を入れて走るべきなんですけど、マメ空気をいれている人はそれほど多くはないですよね。

実際問題でママチャリやシティサイクルでも、きちんと空気圧を管理してあげれば、かなり快適に乗れるはずなんですけど、街で見かける自転車のほとんどはペタンコのタイヤで走っているのとても残念な状況です。このあたり、もっと自転車屋さんでもアピールしても良いと思うんですけどね。

自転車のタイヤに空気を入れる頻度

僕がクロスバイクを買ったジャイアントストアで教えてもらったのは「最低でも一週間に一度くらいは空気を入れてください(28Cで街乗りレベル)」とのことでした。

23Cや25Cタイヤの場合は28Cタイヤよりもさらに空気が少なく、空気圧も高めなので、少なくとも三日に一度くらいは入れた方が良いと思います。理想を言えば、乗車前の必須作業として毎回空気を入れてから乗車するようにした方が本当は良いと思います。

ママチャリやシティサイクルの感覚からすると、毎度毎度空気を入れるというのは少々面倒くさいと思いますが、そのうちそれが当たり前になってきまし、きちんと空気圧を管理してから乗るのと、走行時の快適さにも大きな差がありますから、そのうち空気を入れてからじゃなければ気持ち悪くて走れないようになってきます。

パンクを防ぐために段差は避けるか優しく侵入する

段差は割けるのが基本

僕が初めてクロスバイクを買いにGIANTストアへ立ち寄った際に、スタッフの方が一般的なシティサイクルと、クロスバイクやロードバイクなどのスポーツタイプの自転車にはどのような違いがあるかについて説明してくれました。

そして最初に言われたのが段差への侵入方法の違いでした。

例えば車道から歩道へ上がる場所にあるような道路のちょっとした段差などに侵入する際に問題が発生します。

ママチャリやシティサイクルのような太いタイヤの場合は、減速せずにそのまま「ガッツン!」とタイヤが撥ねてしまうほど激しく突っ込んでも平気だったりします。しかし、タイヤの細いクロスバイクやロードバイクで同じような乗り方をするとパンクしやすくなるのです。

このように段差を考慮しないような乗り方をして起きるのがロードバイクやクロスバイクのパンクの原因として多い「リム打ち」と呼ばれるもので、段差や凸凹に対して「ガツン」と乗り上げてしまった際にタイヤが衝撃を吸収しきれずに、リムと段差でチューブを挟んでしまい、その衝撃でチューブに穴があいてパンクしてしまうというものです。チューブに平行に2カ所穴が空いてしまい、蛇に噛まれたような状態に似ていることからスネークバイトなどとも呼ばれます。

リム打ちをしてしまう根本的な原因は「空気圧の不足」だと思われますが、たとえ空気圧をしっかり管理していたとしても、サスペンションの無いロードバイクやクロスバイクの場合は段差に対して弱く、勢いを殺さずに段差に侵入してしまうと、パンクしてしまう可能性が高くなります。

もちろん、強い衝撃を与えることは自転車に対しても優しくないので、段差や凸凹はなるべく避けて走行するように心掛けたいものです。

段差を避けられない場合は抜重する

どうしても段差を避けられない場合は、スピードを落として抜重しながら乗り抜ける、という乗り方を徹底した方が良いでしょう。

抜重とは体重移動のことで、前輪が段差に乗り上げるタイミングで、体重を後ろに移動させて前輪に負担が少なくなるようにします。、そして前輪と同じように、後輪が段差に乗り上げるタイミングで、体重を前に移動させて後輪タイヤの負担が少なくなるようにする乗り方です。

タイヤにも自転車にも優しい乗り方を心掛けることでパンクのリスクも減らせるようになります。

段差の乗り越え方

● 速度を落として侵入する
● 体重移動をして抜重しながらタイヤへの負担を少なくする
● 大きな段差は避ける

こんな場所に注意

● 路肩と車道の境目
● 道路に開いた穴
● 交差点などの車道と歩道の境

砂利道やゴミの吹きだまりを避けてパンクを防ぐ

砂利道やゴミの吹きだまりは避けて走る、というのもパンク防止対策としては大切なポイントです。

最近はペットボトルが主流になっている関係もあるのか、昔に比べてガラスの破片などが路上に落ちているということが少ないと感じますが、それでも吹き溜まりのゴミの中にはガラス片や釘などの、パンクの原因になるモノが紛れている可能性もあるので、吹き溜まりやゴミの上を走ったりはせずに避けて通るようにしましょう。

● 砂利道や吹きだまりは通らない

クロスバイクやロードバイクのパンクについてのまとめ

クロスバイクやロードバイクのパンクについてのまとめ

日頃からパンクを意識した整備と乗り方を心がける

クロスバイクやロードバイクの大破や細いので、確かに一般的な自転車と比べるとパンクしやすくなるということはあるようですが、基本的にはパンクをするのは乗り方や空気圧の管理が悪いのが主な原因だと考えて間違いないと思います。

なので日頃から空気圧の管理はマメに行う、段差などに突入するような乱暴な乗り方はしない、などの基本的なことを意識するだけで、かなりパンクは防止できるものと思います。

パンク耐性の高いタイヤやチューブを使用するのも一つの方法

その他の情報としてはタイヤとチューブのにはパンク耐性の高いものがあります。段差や空気圧に気を遣って乗っているにも関わらず頻繁にパンクしてしまうような場合は、パンク耐性の高いタイヤやチューブを検討してみるのも一つの方法だと思います。

一般的にはコミューター、オールシーズンモデルなどと呼ばれるタイヤで、レース用のタイヤと比べてパンク耐性が高いデザインになっています。

ちなみに僕が使用しているタイヤは、多くのロードバイク乗りの方からも評価が高いコンチネンタルグランプリ4000S2(現行は5000)というタイヤです。少々高価なタイヤですが性能が高いのは勿論のこと、軽量で耐パンク性も高く、非常に満足度の高いタイヤです。

クロスバイクやロードバイクのの28Cや23Cなどの細いタイヤだけに限らず、シティサイクルやママチャリなどの太いタイヤでも自転車に乗る以上はパンクは避けては通れないトラブルですから、日頃のパンク予防対策とパンクした時の準備をしっかりしておくというのが自転車ライフを楽しむ上では大切なことだと思います。

そのためにも日頃からしっかりとした空気圧の管理をして空気を入れる習慣を身に付けておきたいものですね。

パンク修理キットは必需品

ロードバイクやクロスバイクなどの自転車に限らずで、タイヤを使って走行する乗り物は全てパンクしてしまう可能性があるものなので、パンク修理キットの携帯は必須です

僕の場合も、家の近所程度であればパンク修理キットを持たずに出かけることもありますが、遠くまで乗るような場合や、夜間に走行する場合は、パンクした時に備えて、途必ずパンク修理キットは携帯するようにしています。

僕が携帯するパンク修理キットの中身

air bone(エアボーン) スーパーミニポンプ シルバー

air bone(エアボーン) スーパーミニポンプ シルバー

2,090円(05/06 21:34時点)
Amazonの情報を掲載しています



以上、クロスバイクやロードバイクのタイヤのパンク防止対策についてでした。

関連記事

自転車のパンクに関する情報は下記のページでまとめています。

シータ

360度カメラ リコーシータ
360度写真をワンボタンで撮影できるカメラです。
いろいろな場所を記録していける素晴らしいカメラです。

自転車保険

自転車保険
自転車でも保険の加入が基本になってきています。
ロードサービスや盗難補償が付いた自転車向けの保険も有るので未加入の方は検討してみると良いでしょう。

ICAN

ICAN ホイール・フレーム クーポン

国内発送商品ならAmazonよりも直販サイトの方が安く購入できます。

Amazon

Amazon 自転車用品

Escapeショップ

Google

-タイヤ, パンク, 自転車メンテナンス・カスタム
-,

Copyright© ESCAPE Airと自転車ライフ , 2021 All Rights Reserved.