クロスバイクやロードバイクのカスタムと自転車情報

ESCAPE Airと自転車ライフ

パンク ホイール・タイヤ 自転車メンテ・改造

クロスバイクやロードバイクのタイヤのパンクは乗り方を改善すれば防げる

更新日:

クロスバイクやロードバイクの23Cタイヤのパンク防止対策

クロスバイクやロードバイクのタイヤのパンクは乗り方を工夫すれば、かなり防げるようになります。パンク防止対策で有効な乗り方について解説してみます。

クロスバイクやロードバイクの細いタイヤはパンクしやすい?

クロスバイクやロードバイクの細いタイヤはパンクしやすい?

タイヤが細いほどパンクのリスクが高くなる

スポーツバイクの標準的なタイヤのサイズはクロスバイクでは28C、ロードバイクでは23Cか25Cが一般的です。28Cや23Cはタイヤの太さを表していて、数字が小さくなればなるほどタイヤが細くなります。

タイヤが細くなるとタイヤ内のチューブに含まれる空気の量が少なくクッション性が低くなるために凸凹に弱くなり太いタイヤに比べてパンクしやすくなるというわけです。

クロスバイクのタイヤを28Cから23Cに交換したらパンクしやすくなったか?

クロスバイクのタイヤを28Cから23Cに交換して5000Kmほど走ってみましたがパンクはしていません。

なのでタイヤが細くなることでそこまでパンクのリスクが大きくなるかと言われると普通のタイヤとそんなに変わらないというのが正直な感想です。

僕の身の回りでもロードバイクに乗っている人がたくさんいます。みんな23Cの細いタイヤで走行していますがパンクをしたという話はあまり聞きません。月に2,000kmほど走る人がいて、その人だけが過去に2度ほどパンクしたことがあると言っていました。

そんなわけで僕自身、そして僕の身の回りの自転車乗りを見ても、細いタイヤだからと言って過度にパンクを気にする必要はないと思っています。

自転車のパンクの主な原因はタイヤの細さではなく乗り方

僕の身の回りの自転車乗りを見る限りでは細いタイヤを使用しているにもかかわらず頻繁にパンクをしているような人はいません。

ところがAmazonなどのWEBショップなどでタイヤチューブのレビューを読むと、何度もパンクを繰り返して文句を言っているような人が必ずいます。

不思議なことに、同じタイヤを使っているのに「丈夫で長持ちする」という人もいれば「すぐにパンクして使い物にならない」と文句を言う人もいるのです。

それはおそらく、タイヤ自体に問題があるのではなく、頻繁にパンクさせる人の乗り方や手入れの方法に問題があるからに違いありません。

逆に言えばきちんとした乗り方さえ出来ていれば細い23Cのタイヤでもパンクは滅多にしないのです。

タイヤをパンクさせないクロスバイクやロードバイクの基本的な乗り方

タイヤをパンクさせないクロスバイクやロードバイクの基本的な乗り方

ロードバイクやクロスバイクのパンクに関して調べると必ず出てくるのは、空気圧の管理と段差への対応です。パンクの原因のほとんどはこの二つのうちのいずれかが出来ていなからと言っても過言ではないでしょう。

空気圧は適正に管理してパンクを防ぐ

ママチャリやシティサイクルの場合、タイヤの空気がかなり抜けてしまってからタイヤに空気を入れる人がほとんどだと思われます。実際問題で街中で見かける自転車を観察してみると、そのほとんどがタイヤが半分ほど潰れるくらいの状態で走っています。

ママチャリやシティサイクルに空気を入れるのは半年に一度くらい、あるいは自転車屋さんに何かの用事で立ち寄った時などに入れてもらうくらいで購入してから一度も空気を入れたことがない人もいるかもしれません。

一方、クロスバイクやロードバイクの場合は少なくとも一週間に一度、出来るならば乗車前には必ずタイヤに空気は入れた方が良いのですが、クロスバイクやロードバイクに乗っても、シティサイクルと同じようにで空気を入れない人が少なからずいるわけです。

頻繁にパンクさせてしまう人たちは空気圧をまともに管理していない人たちなんじゃないかと思います。

クロスバイクやロードバイクには頻繁に空気を入れないといけないのは、タイヤが細くタイヤ内のチューブの中にある空気の量が少なく、シティサイクルなどと比べるとクッション性が低いため凸凹道を走った際などにチューブがダメージを受けやすくなるためパンクしやすくなるのです。

また細いタイヤは空気圧も高いため空気の抜けも早くなるので、数日も過ぎれば10%程度は空気圧が低下します。そんな状態で走れば当然凸凹には弱くなりますからパンクのリスクが高まります。

なので23Cタイヤなら3日に一度、28Cタイヤなら1週間に一度くらいの頻度で空気を入れる習慣を付けるべきでしょう。逆に言えばきちんと空気圧が管理できていれば、それだけでパンクのリスクは格段に下がるはずです

ママチャリやシティサイクルでも本当はきちんと空気を入れて走るべきなんですけど、マメ空気をいれている人はそれほど多くはないようです。

空気を入れる間隔の目安

● ロードバイク(23C) 3日ごと
● クロスバイク(28C) 1週間ごと
● 理想は乗る都度

段差に気をつけてパンクを防ぐ

僕が初めてクロスバイクを買いにGIANTストアへ立ち寄った際にスタッフの方が一般的なシティサイクルと、ロスバイクやロードバイクなどのスポーツタイプの自転車にはどのような違いがあるかについて説明してくれました。

そして最初に言われたのが段差への侵入方法の違いでした。

例えば車道から歩道へ上がる場所にあるような道路のちょっとした段差などに侵入する際には、ママチャリやシティサイクルのような太いタイヤの場合は減速せずにそのままガッツン!とタイヤが撥ねてしまうほど激しく突っ込んでも平気だったりします。しかし、タイヤの細いクロスバイクやロードバイクで同じような乗り方をするとパンクしやすくなるのです。

繰り返し書きますが、クロスバイクやロードバイクなどの細いタイヤにはタイヤ内のチューブに含まれる空気の量が少ないので、段差に突っ込むような乗り方をしてしまうと衝撃を吸収しきれないのです。

クロスバイクやロードバイクなどの細いタイヤを使用した自転車で段差を乗り越える場合、まず大切なのは侵入時にはスピードをしっかりと落とします

次に、前輪が段差に乗り上げるタイミングで、体重を後ろに移動させて前輪に負担が少なくなるようにします。同じよう後輪が段差に乗り上げるタイミングで、体重を前に移動させて後輪タイヤの負担が少なくなるようにする抜重が必要になります。

また、大きな段差に遭遇した際には無理に乗り上げようとせず避けて通るというのも基本だと思います。

タイヤが細いとクッション性が低くなるだけでなく、タイヤが接地している面積も小さくなるため、段差を捉えきれずに段差に沿ってタイヤがスライドしてしまって転倒の危険性もあるのです。

タイヤにも自転車にも優しい乗り方を心掛けることでパンクのリスクも減らせるようになります。

段差の乗り越え方

● 速度を落として侵入する
● 体重移動をして抜重しながらタイヤへの負担を少なくする
● 大きな段差は避ける

砂利道やゴミの吹きだまりを避けてパンクを防ぐ

砂利道やゴミの吹きだまりは避けて走る、というのもパンク防止対策としては大切なポイントです。

昔ほどガラス片が道に落ちているということは少なくなったように思いますが、それでも吹き溜まりのゴミの中にはガラス片や釘などの、パンクの原因になるモノが紛れている可能性もあるので、その上を走ったりはせずに避けて通るようにしましょう。

● 砂利道や吹きだまりは通らない

クロスバイクやロードバイクがパンクした時の修理は?

ロードバイクやクロスバイクがパンクした時の修理

クロスバイクやロードバイクのパンク修理は自分でするのが基本

シティサイクルやママチャリの場合、パンクしたら自転車屋さんに持ち込むのが普通です。しかしロードバイクやクロスバイクなどのスポーツバイクのパンク修理は自分で行うのが基本です。

もちろんパンク修理はは自転車屋さんでもしてくれますが、自分でも出来るようになっておいた方が、いざという時にも対応できますし、余計なお金を払う必要もなくなります。

自転車屋さん自体もパンク修理講習などを開いたりするなど自分でパンク修理することを推奨しています。

実際問題で、パンク修理をお願いする代金は2,000円程度が相場なので、そのお金で新しいチューブが購入できますし、慣れてしまえば10分程度で交換出来てしまうほどの簡単な作業なので自分で出来た方が絶対に良いのです。

ただし、ぶっつけ本番だとなかなか難しいと思うので、自宅などでパンク修理の流れを一通り練習しておくと安心です。一度でも経験しておけば、かなり余裕を持って作業できるようになると思います。

Youtubeなどにもパンク修理の実演動画が沢山ありますから、困った時や手順を忘れてしまった時は動画で手順を確認しながら作業すれ間違うこともないでしょう。

パンク修理キットは必携?

クロスバイクやロードバイクは自分でパンク修理が出来るので、多くの人はパンク修理キットをツールボトルなどに入れて持ち運びしています。

滅多にパンクすることはないので出番自体は非常に少ないですが、万が一の保険として持っていれば安心というわけです。

郊外や地方、山などに行く場合はパンクしてしまうとどうしようもなくなってしまうのでパンク修理用具の携帯は必須です。

逆に都心の場合だと1〜2kmの範囲でサイクルショップがありますから、自転車屋さんが営業している時間帯でのパンクであれば、パンク修理キットを持ち運ばなくても特に困ることはなさそうです。

また、パンクした時にパンクした状態で自転車に乗ってしまう人がいますが絶対にやってはいけません。

パンクした状態で自転車には乗らない

注意点としてはパンクした状態では絶対に自転車には乗らないでください。タイヤ内のチューブが穴だらけになってしまうだけでなく、衝撃がダイレクトに伝わってしまうためリムやスポークなどホイールを痛めてしまうことにもなります。

ロードバイクやクロスバイクのパンク修理に必要な道具

ロードバイクやクロスバイクのパンク修理に必要な道具

パンク修理に必要な道具

ロードバイクやクロスバイクのパンク修理は、チューブの穴の空いた部分にパッチを貼付ける昔ながらの方法でも修理できますが、チューブ自体の値段が安いこともあり、チューブをまるごと交換してしまうのが簡単で手っ取り早いと思います。

パンク修理キット

僕が携行しているパンク修理キットは下記になります。

● 予備チューブ
● 携帯ポンプ
● タイヤレバー
● パッチ/ノリ/紙やすり

携帯ポンプは大きなポンプほど空気を入れやすくなりますが、あまり大きいと嵩張るため、僕はair boneという小さなポンプを携行しています。

非常に小さなポンプなのでそのままでは空気が入れづらいという問題があるため、お助けチューブと呼ばれる延長ホースを併せて使用することで小さなポンプでも空気を入れやすくしています。

また、多くの携帯ポンプには空気圧計がありません。実際問題で小さなポンプで規定の空気圧まで空気を入れるのは大変なので、ある程度まで入れて自走出来る程度になれば、あとはサイクルショップなどを探してから空気を入れることになると思います。

その他、エアボンベを使用すると規定の空気圧まで簡単に空気を入れられるので便利です。はコンパクトで持ち運びも簡単でおすすめです。

クロスバイクやロードバイクのパンクについてのまとめ

クロスバイクやロードバイクのパンクのまとめ

クロスバイクやロードバイクのパンクは、タイヤが細くなるとパンクしやすくなるということは確かにあるようですが、基本的にはパンクをするのは乗り方や空気圧の管理が悪いのが主な原因だと思います。

なので段差などに突入するような乱暴な乗り方はしない、空気圧の管理はマメにおこなうなどの基本的なことを意識するだけで、かなりパンクは防止できるものと思います。

その他の情報としてはタイヤとチューブの種類や相性などでもパンクのしやすさは変わってくるようなので、段差や空気圧に気を遣って乗っているにも関わらず頻繁にパンクしてしまうような場合は、パンク耐性の高いタイヤやチューブへ交換することをおすすめします

ちなみに僕が使用しているタイヤは、多くのロードバイク乗りの方からも評価が高いコンチネンタルグランプリ4000S2(現行は5000)というタイヤです。少々高価なタイヤですが性能が高いのは勿論のこと、軽量で耐パンク性も高く、非常に満足度の高いタイヤです。

クロスバイクやロードバイクのの28Cや23Cなどの細いタイヤだけに限らず、シティサイクルやママチャリなどの太いタイヤでも自転車に乗る以上はパンクは避けては通れないトラブルですから、日頃のパンク予防対策とパンクした時の準備をしっかりしておくというのが自転車ライフを楽しむ上では大切なことだと思います。

そのためにも日頃からしっかりとした空気圧の管理をして空気を入れる習慣を身に付けておきたいものですね。

以上、クロスバイクやロードバイクのタイヤのパンク防止対策についてでした。

関連記事

クロスバイクやロードバイク初心者が知っておきたい情報に関する記事は下記にまとめていますのでク興味のある方は参考にしてみてください。

-パンク, ホイール・タイヤ, 自転車メンテ・改造
-,

Copyright© ESCAPE Airと自転車ライフ , 2019 All Rights Reserved.