*

キャットアイのサイクルコンピューターの電池を交換する方法

公開日: サイコン, 修理, 自転車メンテ・改造 ,

CATEYEのサイクルコンピューターの電池を交換

自転車ライフを楽しくするための代表的なアイテムと言えばサイクルコンピューター、通称サイコンです。

僕ももちろん愛車であるクロスバイクのESCAPE Airにサイコン(CC-RD300W)を搭載して、スピードや走行距離を意識したり参考にしたりしています。

ところが最近どうも表示されている文字の色が薄くなってきているようで、見づらいなと思うようになってきました。

説明書によると、表示が薄くなってきたら本体(コンピューター)電池交換の時期とのこと。

sponsored link

CATEYEのサイクルコンピューターの電池を交換する方法

サイクルコンピューターの電池切れのサイン

CATEYEのサイコンの電池切れ

僕のサイクルコンピューターの状態です。
文字が限界まで薄くなっていたので、それを表示して撮影しようとすると今度は表示がおかしな状態になってしまいました。

これはサイクルコンピューターが壊れたのではなく、電池切れの際によく出る症状のようです。

CATEYEのサイコンの電池を交換

説明書の電池交換の説明は上記のような感じです。
それほど難しくはなさそうです。

CATEYEのサイコンの裏側

サイクルコンピューターの裏側です。
ここで鋭い人は何か変なのに気付くかもしれません。
はい、裏蓋が有りません。

説明書のイラストを見ても分るように、本来は蓋が有って、それをまずスライドさせて取り外す必要があるようですが、僕のサイコンには蓋が有りませんでした。

どこかで落としてしまっていたことに今の今まで気付かなかったというわけです。なので、どこで、いつ落としたのかも分りません。

とりあえあず、防水カバーがしっかりとハマっていて、そんじょそこらの振動では外れそうもないので、そのまま使用してみようと思いますが、走行中に防水カバーが外れてしまっても嫌なので、CATEYEに連絡して連絡して電池の裏蓋を紛失した際に、パーツを購入できるかくらいは確認してみようと思います。

話を電池交換に戻します。

サイクルコンピューターに使用する電池

CATEYEのサイコンに使用する電池

CATEYEのサイコン(CC-RD300W)に使用する電池はCR2032というリチウム電池で俗に言うボタン電池です。

蓋にもBATTERY CR2032×1という文字があります。
コンビニはもちろん、100均などでも取り扱っていると思いますが、ネットで買うとかなり安いです。

注意点は似たようなボタン電池が沢山あるので、ちゃんと電池の型番はメモしておきましょう。

サイクルコンピューターの電池防水カバーの外し方

簡単そうに思える電池交換ですが、思わぬ所で躓きます。
防水カバーがしっかりとハマっていて隙間がありません。

爪を引っ掛ける隙間も無いですし、親指で防水カバーを押し付けて回転させても回転しません。

説明書を見ると「押す」と書いてありますが、どこを押せば良いのか、説明書のイラストだけでは分りづらい感じです。

しかしやり方が分かれば簡単です。

CATEYEのサイコンの電池カバーの外し方

防水カバーの縁に爪を立てて、グイッと押し込みます。

CATEYEのサイコンの電池カバー

押し込むと防水カバーが斜めになり、赤いパッキンが見えて蓋が外れます。
押し込んでも外れない場合は、押し込みながら防水カバーのラインに添って指をスライドさせるようにすれば外れやすいと思います。

CATEYEのサイコンの電池を交換方法

リチウム電池は、+を上面にしてセット。
その後、蓋を閉めれば作業完了です。
防水カバーは TOPと刻印された面を外側にして閉めます。

CATEYEのサイコンの電池を交換後

電池交換後は元通り、濃い文字の表示に戻りました。
総走行距離や時刻などの設定は全てリセットされます。

サイクルコンピューターの電池交換の予備情報

電池寿命はコンピュータ:約1年(1日1時間使用時、使用環境により異なる)センサー:積算距離で約 10,000km [6,250 mile]

電池交換をすると、コンピューターに記録されていた走行距離などの情報がリセットされるので、総走行距離を把握しておきたい人は、交換前にメモを取るなどした方が良いでしょう。

僕が購入したサイクロコンピューターも購入時に既に電池が装填されていて、購入してから約1年半(走行距離約2,000km)で交換となりました。

ちなみに、センサーの方にも電池が有り、センサーの信号が受信しづらくなったらセンサーの方の電池を交換する必要があるとのことなので、もし本体(コンピューター)の方の電池を換えても動作が不安定な場合は、センサーの電池を交換してみると改善されるかもしれません。

Comment

  1. 通りすがり より:

    >サイコンが有っても無くても、特に困るようなことうあ全くないのですが

    速度計も距離計も不要でケイデンス計が欲しいなら
    現在のサイコンをケイデンス計にしては如何でしょう
    磁石とセンサをペダル部に設置してタイヤ周長を1667mmに設定すれば90rpm→9.0km/hになりますよ
    電波がどの程度届くのか不明ですがとりあえず試してみては

    • escape air より:

      通りすがりさま。
      コメント有り難うございます。そんな応用技があるのですねえ。ものすごく興味深い応用技だと思います。試してみてケイデンスが重要だと思うようであれば、新たにサイコンを購入するのもアリかもしれませんね。簡単に試せそうなので電池交換で設定がクリアされてしまったので再設定ついでに試してみようかなと思います。

      引用部分の誤字修正しました(恥)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑