*

クロスバイクをビンディングペダルに交換する方法

公開日: ペダル, 自転車メンテ・改造 ,

クロスバイクのペダルをビンディングに交換する方法

クロスバイクのESCAPE Airのペダルをビンディングペダルへ交換する方法をまとめています。

sponsored link

クロスバイクのペダルをビンディングペダルに交換する

クロスバイクのペダルをビンディング PD-T700に交換する

ビンディングベダルSHIMANO PD-T700を手に入れた

知人から定価で6,000円以上もするビンディングペダルを貰いました。
貰ったのはSHIMANO PD-T700と呼ばれるシマノのビンディングペダルです。

ビンディングペダルということと値段だけ聞いていたので、中身を知らずにワクワクしながら取り出した後のがっかり感がすごいです。見た目は野暮ったいうえにデカイ。そして重い。

知人は安全を考えてリフレクター付きのペダルが欲しくて購入したそうですが、あまりの大きさと野暮ったさから、要らないってことで僕にくれたようです。

据え膳喰わねば・・・の精神で、取り付ける前から「ちょっとダサイかも」と思ってはいましたがとりあえずクロスバイクにビンディングペダルを取り付けてみることにしました。
「取り付けたら様になるかも」という淡い期待もありました。

しかし、クロスバイクにビンディングペダルを取り付けてみてもそのダサさは変わらず。
知人が僕にペダルを呉れた理由がよく解ったのでした。

でもまぁ一応クロスバイクにビンディングペダルを取り付けたので、ペダルの交換作業の流れをサラッとまとめておきます。

クロスバイクのペダルの交換作業は取り外して取り付けるだけ

SHIMANO PD-T700のペダルの軸の六角レンチネジ穴

クロスバイクのペダルの交換方法は簡単です。
ペダルの軸部分をペダルレンチで回してペダルを取り外して新しいペダルを取り付けるだけです。

使用する工具はペダルレンチか六角レンチのいずれかですが、ペダルが固着していたりする場合、六角レンチだと外れない場合も有りますので、一般的にはペダルレンチを使用すると思います。

また、ペダルの種類によって六角レンチが使用できないものもあります。
ペダルの軸の部分に六角レンチを差し込める穴があれば六角レンチを使用できますが、穴が無いモノであればペダルレンチを使用して外します。

そういう意味ではペダルレンチは万能で、どのタイプのペダルでも適応できます。
ペダルは以外と交換することが多いパーツなので、ペダルレンチは購入しておいて損はありません。

ちなみにSHIMANO PD-T700の軸部分は六角レンチが入れられるようになっていました。

ペダルを外して新しいペダルを取り付けるだけ。

クロスバイクのペダルを交換する為の作業はこれだけですが、初めての作業だと、締め付け具合の程度が全く解らず、外す際にその固さにビビってしてしまうかもしれません。

ペダル交換に限らず初めての作業は何にせよ力加減が分からず、時として壊してしまうんじゃないかと不安になることが多いですね。

しかしそう簡単に壊れはしないので安心してください。
怪我だけに気をつけて作業するようにすれば良いと思います。

ペダル交換の最大の難関は取り外す際のネジの固さだけで、その他はもの凄く簡単です。

ペダルの逆ネジに気をつけよう

ビンディングペダルを交換する際の最大の注意点は左側のペダルは逆ネジになっているという点です。

一般的なネジは時計回りに回せば締まり、反時計回りに回せば緩くなるのに対して、逆ネジはその逆で時計回りに回すと緩めることになります。左側のペダルとは、サドルに跨がった状態で左側に見えるペダルです。念のため。

それを知らずに、緩めようとしてグイグイと通常のネジと同じように反時計回りで回していると、どんどんネジを締め付けていることになり、最悪の場合、クランクやペダルを痛めてパーツを全交換ってことにもなりかねないので注意してください。

ペダルを緩める時の回転方向

逆ネジと言われてもピンと来ない人のためにペダルを緩める方向のヒントです。

自転車のペダルは進行方向と逆に回転させて緩めます

つまり、上記の写真のように右側、左側のペダルともに、進行方向と逆に回転させればペダルのネジが緩みます。

SHIMANO PD-T700はカッコ悪かったので別のビンディングペダルのPD-M530に交換しました

後日、新しいペダルへ交換しました

新しいビンディングペダル PD-M530

換装したSHIMANO PD-T700があまりにもクロスバイクに似合っていなかったので、ペダルを交換して1ヶ月ほどでSHIMANO PD-M530に交換しました。

PD-M530は品番にMが付いていることからも解るように、ロード用ではなくて、マウンテンバイク向けのビンディングペダルです。少々重量があるのが難点ではありますが、見た目はコンパクトで良い感じです。

spdペダルで手頃なのがPD-M530

ESCAPE Airの本来のクランクの色はシルバーですが、僕のクロスバイクはクランクをShimanoの105に交換しています。

なので、クランクが黒ということで、カラーコーディネートを考えてペダルは白にしたいと考えていました。そこで白縛りでビンディングペダルを探すと、手頃な価格のモノがPD-M530だったというわけです。

予算に余裕があるなら、片面SPDでURTEGRAグレードのSHIMANO PD-A600が軽くて見た目も良いと思います。

残念ながら、SHIMANO PD-A600は色がグロッシーグレーで他の色の選択が出来なかったのと、少々値が張るので今回は見送りましたが、最終的にはSHIMANO PD-A600になるんじゃないかと思います。

というのも自転車関連品はとかく「安物買いの銭失い」になります。興味を持ったモノは、高いなぁと悩んでも、とりあえず上位グレードに手をつけておかないと、後々買い直すことになるのです。

予定通り後日交換しましたのでPD-A600が気になる方は下記の記事を参照してください。

シマノのロード用片面SPDペダルPD-A600のレビュー

クロスバイクのペダルをビンディングペダルに交換する方法のまとめ

僕がビンディングペダルに興味を持ったのは、同時期にクロスバイクやロードバイクを購入した仲間達が次々にビンディングペダルに交換して「軽快に走るならビンディングペダルは必須だぜ!」という話を頻繁に聞くようになったからでした。

正直なところで「必要かなぁ・・・」と悩む自分もいたのでビンディングペダルには交換せずに居たのですが、ビンディングペダルを貰ったのを切っ掛けにして試してみた結果、引き足が使えるなど、ペダリングが素人同然の僕であってもその効果の違いがはっきりと分かりました。

そんなわけでビンディングペダルを一度でも使ってしまうと、普通のペダルに戻すと何か物足りなさを感じるようになってしまい、今現在もビンディングペダルを使用している状態です。

ちなみにビンディングペダルには、両面使えるタイプと片面使えるタイプとが有りますが、自転車を近所に買い物に行くなどの日常の足としても使用している場合は、両面よりも片面タイプの方がおすすめです。

両面タイプのビンディングペダルの場合でも普通の靴で乗れないことはないですが、底の薄い靴等の場合はクリート受けの突起が気になると思います。

また、僕は普通の靴を履いて愛車のクロスバイクのESCAPE Airに乗る事が多かったり、クリートの外しやすさを考えてSPDと呼ばれる方式のビンディングペダルにしていますが、本格的なロードバイクのように自転車に乗る時はガッツリ乗り込む時しか乗らない!のであれば、SPD-SLと呼ばれる本格的なモノにしても良いかもしれません。

SPD:入門者向け。ビンディングシューズもカジュアルなものがある。
SPD-SL:本格的な人向け。ビンディングシューズもスポーティなものばかり。

ってな違いと思えば概ね間違いはないかと思います。

普通のペダルからビンディングペダルに交換すると、今までになかった新しい自転車の世界の扉が開かれるのは間違いありませんから、新たな一歩にビンディングペダル、お勧めです。

あ、ビンディングシューズもお忘れなく。

普通の服装でも違和感のないカジュアルなビンディングシューズも沢山有ります。

カジュアルなSPD対応ビンディングシューズ一覧

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑