Amazon セール

自転車全般 自転車通勤・通学

結婚の物件選びは自転車通勤を意識した方が良い理由|ロードバイク・クロスバイク

更新日:

結婚と引っ越しと自転車通勤のポイント

結婚したり、子供が生まれて家族が増えたりすると、独身時代とは全く状況が変わり、自由な時間が少なくなり、なかなか思うようにクロスバイクやロードバイクなどの自転車には乗れなくなります。残念ですがそれが現実です。

結婚してから状況が変わるあたりの事情について興味のある方は下記の記事でまとめていますので是非チェックしてください。

冒頭から、あまり夢のない話になってしまいましたが、結婚後、そして子供が生まれてからも自転車に乗る時間をなかなか確保しづらくなってしまうのが実際のところです。

そこで、結婚後もできるだけ自転車に乗る時間を確保できる方法としてお勧めしたいのが自転車通勤になるわけですが、自転車通勤を実現させるには意外と条件が多く、実際に自転車通勤を始めたものの、無理があるために途中で止めてしまった人も多くいます。

そこで、自転車通勤を実現させるためのポイントについてまとめてみようと思います。

結婚後や子供が生まれた後も自転車を続けるためには自転車通勤が最適

結婚した後は、独身時代と比べていろいろと制限があるわけですが、それでもめげずに自転車ライフを持続しようと考えて辿り着くのは、自転車通勤だったりします。

通勤は毎日のことなので自転車通勤ができさえすれば、結婚した後も、そして子供が生まれた後でさえ、十分な時間を自転車に充てることができるようになるからです。

しかし、自転車通勤をしようと思っても意外と条件が厳しいことに気が付きます。結果として条件が揃っていないと無理が生じて持続できなかったり、自転車通勤自体を断念しなければいけなくなるのです。

自転車通勤を実現させるために重要なポイントは「職場までの距離と所要時間」です。

この距離と所要時間のバランスさえ取れれば、意外とすんなりと自転車通勤を続けることができるのですが、逆に距離と所要時間のバランスが悪ければ、自転車通勤の持続が困難になる可能性が高いです。

そんなわけで、どうすれば自転車通勤に適した環境が作れるかにについて考えてみたいと思います。

自転車通勤を実現させるための引っ越しのポイント

自転車ライフを持続させるために結婚と引っ越しで知っておくべきこと

自転車目線で引越し先を選ぶ

結婚すると多くの人は新しい生活を始める為に引っ越しをすると思います。僕自身も恋人(現在は奥さん)と結婚するのを前提に同棲することになり、そのタイミングで引っ越しをしました。

当時は自転車のことなど何も考えずに、通勤があまり面倒にならなさそうな場所で物件を探して、掘り出し物的にで出て来たナイスな物件で即決して今現在も住み続けています。

結果的には周りの環境も良く、ご近所さんにも恵まれているので、可能な限りは今後も今の場所に住み続けたいと思える良い物件です。

しかしただ一つ、もう少し自転車のことを考えて物件選びをしても良かったかなと思うこともあるのです。

というのも、冒頭にも書いたように、結婚後、そして子供が生まれた後に、自由に使える時間が急激に減り、クロスバイクやロードバイクに乗れる時間が少なくなってしまったので、なんとかクロスバイクやロードバイクに乗る時間を捻出しようと考えなくてはいけなくなりました。

もう独身時代のように自由に乗りたいと思った時に乗れるような時間は、子供が大きくなるまで持てそうにありません。

そこで限られた時間の中で毎日自転車に乗れる方法として自転車通勤を思いついたのですが、残念ながら現在住んでいる場所から職場までは遠すぎるため、自転車通勤に適しているとは言えないというのが実際のところです。

何度か自転車通勤にチャレンジしてみたことがありますが、負担の方が大きくなってしまって続けられず、自転車通勤を断念するしかないような状況です。

「だったら自転車通勤に適した場所に引っ越せば良いじゃない?」と思う人もいるかもしれませんが、結婚し子供が生まれたりすると独身時代のように気軽に引っ越しは出来なくなってしまうのです。

保育園や幼稚園の問題もありますし、子供が小学校に入れば「転校」ということになりますから、たかが親の趣味の都合で子供に大きな負担を掛けられるわけがありません。

結婚すると引っ越しが難しくなる

独身であっても引っ越しは一大事ではありますが、僕は結婚する前の10年間で4回引っ越しをしています。

それは物件の更新のタイミングであったり、その場所に住むのが飽きたからなど、割と気軽な理由で引っ越しをしていました。

必要以上のモノは持たないミニマムな生活を心掛けていましたから、ライトエース一台で引っ越しが出来るくらいの荷物だったので、フットワークも軽かったわけです。

しかし、奥さんと一緒に住み始めると自然とモノが増えていきます。

例えば僕は結婚前はテレビや洗濯機、電子レンジなどの電化製品をほとんど持っていませんでした。冷蔵庫ですら捨ててしまおうかと思っていたくらいなので、生活にどうしても必要でないような大型家電などは何一つ持っていなかったのです。

引っ越しの際の大荷物はこれらの電化製品がメインなので、電化製品が無いだけでも格段に引っ越しが楽になります。

しかし結婚して奥さんと一緒に住むためには、独身時代と同じようなライフスタイルを貫くのは無理があります。共同生活をうまくやっていくためには、一方の価値観だけを押し付けては成り立たないのです。

そんなわけで、奥さんと同棲をするにあたって、テレビ、洗濯機、冷蔵庫、電子レンジなど主たる電化製品は全て購入しました。特に、冷蔵庫などは子供が生まれた後のことも考えて大型の冷蔵庫を購入したので、冷蔵庫単体だけでもかなりの荷物になります。

今では子供が二人いるので、更に物は増えてしまいました。どんなにミニマムな生活を意識していても子供が出来ると信じられないくらいにモノがどんどん増え始めるのです。

今現在、もしも引っ越しするとなれば、かなり大掛かりな引っ越しになってしまうので費用面も含めて考えると、もう独身時代のような気軽な気持ちでは引っ越しをすることは到底出来ません。

子供が生まれると引っ越しがさらに難しくなる

子供が生まれるとさらに引っ越しが難しくなります。

荷物が増えるということ以外にも、子供の病院の問題もありますし、保育園や幼稚園に通わせると、そこでのコミュニティが形成されます。

別の場所へ引っ越しするということは、せっかくその場所で出来たお友達や知り合いを清算してしまうことになってしまいますから、当然気持ちに歯止めが掛かります。

子供が小学校に入学した後は学区の問題があるので転校を避ける為に迂闊に引っ越しはできなくなります。

そんなわけで、万が一今後引っ越しすることがあっても、転勤とかで県外に飛ばされてしまうような場合以外は同じ地区で物件を探すようになります。

つまり、結婚して子供が生まれたなら、基本的にはその場所で当分の間は住み続けることになるのです。一生その場所に住み続ける人もきっと多いはずです。

ところが今の場所に引っ越して来た当初の僕は、全くそんなことを考えていませんでした。また数年後には何処かへ引っ越せるんじゃないかと考えていたのです。

ところが今ではもう他の場所へ引っ越すなんてことは考えられません。

そんなわけで今でも「引っ越しを決める前にもう少し自転車目線で物件選びをすれば良かった」と思ったりするのです。

そう、今ならば「自転車通勤に適した場所での物件選び」をしておけば良かったと思うのです。

自転車通勤するのに適した物件の条件について

自転車通勤するために適した条件について

職場からの距離は15km以内が理想

ただの通勤手段として自転車を考えるのであれば、距離は近ければ近いほど良いとは思いますが、趣味としての楽しみを含めた自転車通勤であれば、10~15km程度の距離が理想です。

それ以上短い距離だとあっという間に着いてしまい不完全燃焼な感じで終わってしまういますし、逆に距離が長すぎると通勤時の負担が大きくなりすぎて、業務に支障が出たり、披露が蓄積したりして自転車通勤を持続するのが辛くなってきます。

通勤は毎日のことですし、遅刻など時間の制限もあることを思えば、遠過ぎるのもまた問題になります。

10~15kmだと、信号の多くて足止めを食らうことの多い都内の道でも自転車に乗っている時間は40分程度となり、近すぎず遠すぎずで適度な運動が出来る丁度良い距離となるのです。

また、仮に15kmの距離を自転車通勤することになれば、一日往復30km、月に15日乗ったとして450kmを一ヶ月の間で乗れる計算になりますから、それなりに自転車に乗り込むことができるというわけです。

自転車での通勤時間が最短であること

こちらも時間の問題ですが、電車など日頃利用している交通手段と比較して、自転車に乗った方が早く着くというのが、自転車通勤を持続出来るかどうかの大きなポイントになります。

例えば、以前僕が住んでいた場所から職場までの所要時間で考えると、ドアtoドアで電車だと約1時間必要でした。しかし自転車の場合だと約30分で到着することができました。

このような場合だと、自転車通勤をすることで通勤ラッシュとも無縁になりますし、着替えの時間を差し引いても通勤時間は短くなります。

公共交通手段を使うよりも遅く家を出られますし、帰りは早く帰宅することができます。

公共交通手段よりも早く移動できればできるほど自転車通勤するメリットが大きくなるのです。

しかしながら結婚を機に、電車の方が通勤の便が良い場所に住んだため状況が一転しました。現在の通勤時間は、電車だと一時間、自転車だと2時間になってしまったのでした。自転車の通勤時間が公共の通勤時間よりも大幅に長くなってしまうと、もう自転車通勤のメリットはほとんどありません。

着替え等も考えれば電車を使うよりも1時間以上も早く家を出なければいけませんし、帰宅時間も1時間以上遅くなってしまいます。しかもその間、自転車に乗るしかできないわけです。

なので、自転車通勤を考える場合の鉄則として、公共交通手段を使うよりも早く着く場所、最低でも同程度の時間で着く場所に住む必要があるのです。そうしないと自転車通勤のメリットよりもデメリットが大きくなってしまいます。

駅の近くに住む

公共交通手段を使うよりも自転車の方が早く着く場所に住むと、基本的には駅から離れた場所になることが多いので、一般的に家賃が安い物件を借りられるようになります。

もちろんそれは自転車通勤を前提に考えるとメリットではあるのですが、個人的には自転車通勤が基本であっても、あくまで駅の近くにこだわった方が良いと思っています。

というのも、自転車通勤は毎日のことです。体調が優れない日もあれば、雨の日もあります。天気が悪い日は乗車前の準備が大変ですし、ビショビショに濡れた自転車のメンテナンスも面倒です。

また、実際に走行してみれば分かりますが、雨の日は路面が滑ったり、視界が悪くなったり、ブレーキの制動が著しく落ちたりして危険な目に遭う要素が多いので極力乗りたくないものです。

そこで、体調に不安がある時や、天気が怪しいと思った日には、すぐに公共交通手段に切り替えられるような場所に住んでおけば安心というわけです。

そこまで考えて物件を決めないと、楽しいはずの自転車通勤が、煩わしくて大変なものになっていまうのです。

結婚の物件選びは自転車通勤を意識した方が良い理由まとめ

自転車通勤を実現させるための引っ越しのポイント

結婚し、子供が生まれれば、自分の時間を家族とシェアすることになるので、確実に自転車に乗れる時間は少なくなります。

それでも自転車ライフを満喫する為の最善の手段として自転車通勤という選択が残されています。

しかし、自転車通勤をするためには、毎日のことですから自転車通勤をするメリットが無ければ続けることができません。そのメリットを無くさないためには、住む場所を決める際には、自転車通勤をすることを前提に物件を探す必要があるのです。

結婚前に住む場所を自転車を基本に考える人はなかなか居ないでしょうが、結婚後は引っ越しが容易にできなくなります。特に子供が生まれた後は引っ越しはそうそう簡単にできるものではなくなります。なので物件選びはしっかりと目的を持って選ぶ必要があるのです。

結婚したら人生のほとんどを同じ場所で暮らすことになります。つまり、選択を誤って自転車通勤に不向きな場所に住んだとすると、一生自転車通勤を諦めなくてはいけなくなることだってあるのです。実際問題で今の僕がそれです。

いろんな意味でこれから結婚等を考えている人が頭に入れなくてはいけないのは、結婚して最初に住む場所はその後何十年も住む可能性がある場所だということ、そして自転車ライフを満喫しようと思えば、自転車通勤できる距離と時間を意識するということが非常に重要になってくるわけです。

以上、結婚と引っ越しと自転車通勤のポイントについてでした。

● 結婚を機に家を探す時には自転車通勤を念頭にいれて探すべし
● 結婚後、子供が生まれた後の引っ越しは容易ではない
● 子供が生まれた時に住んでいる地域に住み続ける可能性が高い
● 自転車通勤の適正距離は片道10km以上15km以内
● 公共交通手段の通勤と比べて自転車通勤の方が速く着く場所であること

自転車ツーキニスト (光文社知恵の森文庫)

自転車ツーキニスト (光文社知恵の森文庫)

疋田 智
660円(05/08 12:45時点)
発売日: 2003/06/15
Amazonの情報を掲載しています

関連記事

自転車通勤や自転車通学に関する情報は下記にまとめていますので興味のある方は参考にしてみてください。

シータ

360度カメラ リコーシータ
360度写真をワンボタンで撮影できるカメラです。
いろいろな場所を記録していける素晴らしいカメラです。

自転車保険

自転車保険
自転車でも保険の加入が基本になってきています。
ロードサービスや盗難補償が付いた自転車向けの保険も有るので未加入の方は検討してみると良いでしょう。

ICAN

ICAN ホイール・フレーム クーポン

国内発送商品ならAmazonよりも直販サイトの方が安く購入できます。

Amazon

Amazon 自転車用品

Escapeショップ

Google

-自転車全般, 自転車通勤・通学
-

Copyright© ESCAPE Airと自転車ライフ , 2021 All Rights Reserved.