クロスバイクやロードバイクのカスタムと自転車情報

ESCAPE Airと自転車ライフ

その他 ライト 自転車全般 自転車用品

自転車のリアライト(テールライト)のおすすめ情報

更新日:

自転車のリアライトを落としてしまったのを切っ掛けにして、自転車のリアライトについていろいろ調べてみたので、その内容をまとめて記録しておきます。

自転車のリアライト(テールライト)について

自転車のリアライト(テールライト)

ロードバイクやクロスバイクに乗るならリアライト必須

自転車に乗るにはリアライトの装備が必須になります。

しかしご存知のようにロードバイクやクロスバイクなどにはレースに必要の無いようなスタンドなどの装備類は一切付属していないのが普通なので、リアライトも取り付けられていないというのが普通です。

そのためロードバイクやクロスバイクに乗る人の場合は自転車を購入した時点で、基本的には自転車のリアライトを準備しているかと思いますし、僕自身もクロスバイク用にリアライトを自分で購入して取り付けるようにしています。

リアライトでなくてもリフレクター(反射器材)が装備されていれば問題がないようで、一般的なシティサイクルなどには最初からリフレクターが装備されているので、後からリアライトを追加で購入するというのはあまりないかと思います。

僕が乗っているGIANT社のクロスバイクであるESCAPEには購入当初からリフレクターが装備されていたので、本来であればリアライトを購入する必要はなかったのですが、安全性を考えれば圧倒的にリアライトの方が良いだろうと考えたことや、ロードバイクやクロスバイクの場合はリアライトを取り付けたほうが格好良いという理由でリフレクターを取り外して、あえてリアライトを使用するようにしています。

ちなみにGIANT社のWEBを確認するとESCAPEにはリフレクターが装備されていないようなので、購入したGIANTストアの方でサービスとしてリフレクターを取り付けてくれたのかもしれません。

なにはともあれ、ロードバイクやクロスバイクに乗るのであればリアライトは必須アイテムの一つとなります。

自転車のリアライトに関する道路交通法

(車両等の灯火)
第五十二条 車両等は、夜間(日没時から日出時までの時間をいう。以下この条及び第六十三条の九第二項において同じ。)
道路にあるときは、政令で定めるところにより、前照灯、車幅灯、尾灯その他の灯火をつけなければならない。政令で定める場合においては、夜間以外の時間にあつても、同様とする。
2 車両等が、夜間(前項後段の場合を含む。)、他の車両等と行き違う場合又は他の車両等の直後を進行する場合において、他の車両等の交通を妨げるおそれがあるときは、車両等の運転者は、政令で定めるところにより、灯火を消し、灯火の光度を減ずる等灯火を操作しなければならない。
(罰則 第一項については第百二十条第一項第五号、同条第二項 第二項については第百二十条第一項第八号、同条第二項)
[5万円以下の罰金]

(自転車の制動装置等)
第六十三条の九 (略)
2 自転車の運転者は、夜間(第五十二条第一項後段の場合を含む。)、内閣府令で定める基準に適合する反射器材を備えていない自転車を運転してはならない。ただし、第五十二条第一項前段の規定により尾灯をつけている場合は、この限りでない。
(罰則 (略))

(反射器材)
第九条の四 法第六十三条の九第二項の内閣府令で定める基準は、次に掲げるとおりとする。
一 自転車に備え付けられた場合において、夜間、後方百メートルの距離から道路運送車両の保安基準(昭和二十六年運輸省令第六十七号)第三十二条第一項の基準に適合する前照燈(第九条の十七において「前照燈」という。)で照射したときに、その反射光を照射位置から容易に確認できるものであること。
二 反射光の色は、橙とう色又は赤色であること。

解説: 反射板がある場合はリアライトの装備義務は無し

反射器材、つまり反射板(リフレクター)が装備されている場合は、リアライトの装備の義務はありません。もちろん反射板とライトを併用するのは全く問題ありません。

解説: 点滅は違反

リアライトを点灯させておく必要があるということで、点滅パターンは基本的には違反となるようです。言葉遊び的でもありますが、点灯と点滅との違いですね。

実際問題で点滅にしていたからと言って取締されることはよほどのことがない限りは無いとは思いますが、リアライトは点灯させておくというのが基本となります。

では点滅は何のためにあるのか?というところですが、日中に走行する場合にもリアライトを点けていた方が安全性は高まると思うので、日中は点灯させておくなどで使用できるものと思います。

解説: 色にも規定あり

リアライトの色は、橙色又は赤色という決まりがあります。
要するに、白色などの光だと前照灯と間違うという可能性もあり紛らわしいのでリアライトは橙色又は赤色に統一しましょうということですね。一般的に販売されているリアライトが全て赤色なのはそういう理由があるわけです。

中国製のよくわからないメーカーのリアライトを購入したりすると、オシャレのつもりなのか青色や紫色に点灯する機能が備わっていたりすることがありますが、それらの色で使用する場合には別で橙とう色又は赤色のリアライトを準備して併用する必要があります。

日中は必要ない?

夕方くらいの視認性が悪くなってくるまえに点灯させる必要があるので、日中に走行する場合は装備の必要が無いとも言えると思いますが、トンネルを通過する場合などは装備の必要があります。

また、日中でも可能であればリアライトを点滅させるなどしておけば、自動車などへの存在のアピールができるので、安全性は高くなるものと思います。

反射板では何故駄目なのか?

リアライト派?それとも反射板派?

自転車のフロントライトは装備義務がありますが、リアライトの場合は、赤い反射板さえ装備しておけばリアライトの装備は義務ではありません。

なので一般的なシティサイクルなどでも反射板だけ装備していても全く問題がありません。ロードバイクやクロスバイクの場合も反射板でも全く問題がないのでリアライトを装備していない人も多いのではないかと思います。

僕自身のクロスバイクにも最初から反射板が装備されていましたが、僕自身は早々に反射板を取り外してリアライトに変更しました。

まずリアライトの方が反射板よりも格好良いというのが第一の理由ですが、自動車からの視認性を考えても、反射板よりもリアライトの方が断然、視認性が良いので安全性が上がると考えることができると思います。

実際問題で、暗いリアライトから明るいリアライトに変更しただけで、追い抜いていく自動車の間隔が大きくなるということを経験していますから、今では極力明るいリアライトを使用するようにしています。そうした方が走行中のストレスが断然少なくなります。

リアライトは加速度センサー内蔵モデルが格好良い

自転車のリアライトにもピンからキリまであるわけですが、ここ数年でダントツでクールで格好良いのは加速度センサー付きのリアライトです。

リアライトとしては光れば用事は足りるので別に加速度センサーは必要ないものではあるのですが、自転車のライトは自動車やバイクのテールライトのようにブレーキを踏んだ時に光が強くなるようなブレーキランプのような機能は備わっていません。

ブレーキレバーを引いた際にワイヤーと一緒にスイッチが引かれるようにしてブレーキランプのような役割を持たせたライトは昔から存在しますが、光量や電池の問題もありほとんど使用している人は居ないんじゃないかと思います。

そんな自転車のブレーキランプ問題に革命をもたらしたのが加速度センサー付きのリアライトで、自転車が原則したのをセンサーで感知して、一時的に光量を明るくしてブレーキランプとして機能するというライトがここ数年でいくつかのメーカーから発売されるようになってきました。

CATEYE キネティックシリーズ

CATEYE SYNC KINETIC シンク キネティック

僕が最初に加速度センサー付きのリアライトを知ったのは日本の自転車アクセサリーメーカーであるCATEYEの製品であるラピッド エックス2 キネティック でした。

その後ラピッド エックス2 キネティックの改良版で、フロントライトなどとシンクが取れるシンク キネティックが発売になりました。

Rayo ラヨ

自転車用リアライト

Rayoはクラウドファンディングでサクセスした自転車のリアライで加速度センサーを使用して減速時の光量の変化や自転車を駐輪中に誰かが動かしたりすると通知が来るなどの機能を備えています。

僕自身はクラウドファンディングでこのリアライトを購入しましたが、デザインも良く、点滅パターンも格好良いので大変気に入っている自転車のリアライトです。スマートフォンアプリで電源のオンオフや点滅パターンの設定が行えるのが非常に便利です。

明るさが90ルーメンで自転車のリアライトとしては明るいライトというところも視認性が良くてポイントが高いと思います。

自転車リアライトのRayoについては下記の記事で詳しくレビューしています。興味の有る方は参考にしてください。

参考 → 自転車用加速度センサー内蔵リアライトRayoラヨはブレーキライトを兼ねて未来的でカッコ良い

加速度センサー内蔵リアライトの実際

加速度センサー内臓のリアライトだとブレーキランプの役割もバッチリ果たしてくれる!と言いたいところですが、実際にはなかなか難しいようで、思ったほどはちゃんと働いてくれるわけではないと思います。

ただ、速度に反応して明るさが変わったりすると、格好良いですよね。実際問題で「格好良い」というのが趣味で乗る自転車にとっては非常に重要なポイントだったりするのですよね。

自転車のリアライトは落としやすいので要注意

僕もリアライト(テールライト)を落として紛失していまいました

クロスバイクやロードバイクの場合、リアライトはシートポストに装備する場合が多いと思いますが、走行中は見えないこともあり意外と紛失してしまうことが多いようです。

「リアライト 落とした」「テールライト 紛失」などで検索すると、多くの方が走行中にリアライトを落としたり紛失したりしていることが判ります。

リアライトも良いライトだとそれなりの値段がしますから、簡単に諦めたくはないのですが、リアライトを落としてしまうと、よほど近距離で気づかない限りは見つからないと思って間違いがないでしょう。

というのも、リアライトを探すとなると、来た道と反対の車線から落としたリアライトを探すことになります。そして基本的にリアライトを落とすのは夜間と思いますからバッテリー切れなどでライトが消えていればまず見つけられないでしょう。

明け方まで待って明るい道で探せば見つけやすくなるかもしれませんが、もしもライトが車道に落ちているのであれば自動車に踏み潰されている可能性が非常に大きいです。

かくいう僕もリアライトを落としてしたことがあります。

落としたライトはknogというオーストラリアの自転車アクセサリーメーカーのBlinder Road Rearというリアライトで、価格が7,000円ほどするライトだったのでリアライトの中では高級品になると思われますが、購入してからわずか数ヶ月という短期間で落としてしまったのでした。

来た道を引き返して探しに戻ろうかとも思いましたが、小雨がパラつく中での20km近いサイクリングでようやく家に帰り着いたところだったので、探しに戻る気力が無かったことや、探しに戻ってもきっと見つからないだろうと思われたことから、結局引き返さずにその日は寝てしまいました。

翌日、来た道をしばらく走ってみましたが、到底見つけられそうな感じはなかったので、失くしたものとして諦めるたのでした。

参考までに僕以外で自転車のリアライトを紛失してしまった人の日記などを確認してみましたが、全ての人が紛失したライトを見つけられず諦めて新しいライトを購入していました。

自転車のリアライト紛失防止対策

ライトはきちんと取り付ける

ライトを紛失した原因は、ライトをきちんと取り付けていなかったからだと思われます。

ロードバイクやクロスバイクのライトは自転車から離れる際には盗難防止のために自転車から取り外したりしますから、何度も付け外しをすることになります。いつもの作業で慣れてしまうと、取り付ける作業もいい加減になりがちで、適当に取り付けた結果、きちんと取り付けができていなくて落ちてしまったのではないかと思われます。

基本中の基本として自転車のリアライトをなくさないためには、取り付けられたかどうかを確認する習慣をつけるというのが一番の対策かと思います。

停車の度に確認する

リアライトを落としてしまった時にすぐに気が付くことが出来れば見つけられる可能性が高くなります。

僕がリアライトを失くした時は20kmも走った後に気が付いたので、どこで落としたのか検討が付きませんし探しに戻るのも大変です。

そこで簡単に出来る対策としては、信号待ちなどで停車した時には必ずリアライトの存在を確認するのが良いと思います。そうすれば仮に落としたとしてもどこで落としたかの範囲の絞り込みもしやすくなります。

信号で停まる度にリアライトの存在を確認するのは少し面倒な気もしますが習慣づければ大したことではないと思います。どの道、信号待ちなのですることもないので後方確認のついでにリアライトが光っているかで落としていないかを確認すれば良いだけですからね。

関連記事

自転車用ライトに関する記事は下記にまとめていますので興味のある方は参考にしてみてください。

-その他, ライト, 自転車全般, 自転車用品
-

Copyright© ESCAPE Airと自転車ライフ , 2019 All Rights Reserved.