クロスバイクの改造カスタマイズやロードバイク自転車情報

ESCAPE Airと自転車ライフ

その他 ライト 自転車全般 自転車用品

自転車のリアライトを落としたら見つかる可能性は?僕の経験談

更新日:

自転車のリアライトは紛失するから注意

自転車のリアライトを落とした!という話が意外と多いです。リアライトは走行中に紛失することが多いアイテムなので気をつけたいところですが、シートポストなどに取り付けていると落としても気が付かないことがほとんどです。

実際、僕自身も自転車のリアライトを落としてしまったことがあるので、経験談を踏まえて自転車のリアライトの紛失について考えてみたいと思います。

自転車のリアライト(テールライト)を落とした時に見つかる可能性は?

自転車のリアライトは紛失しやすい

クロスバイクやロードバイクの場合、リアライトはシートポストに装着する場合が多いと思いますが、意外と紛失してしまうことが多いようで「リアライト 落とした」「テールライト 紛失」などで検索すると、多くの方が走行中にリアライトを落としたり紛失したりしていることが判ります。

おそらくこのページに辿り着いた方もリアライトを落としてしまった人かと思いますから、僕の経験談を踏まえてリアライトの紛失について書いてみようと思います。

結論から言えば、自転車のリアライトを落としたら残念ながら再び見つかる可能性は非常に低いでしょう。

リアライトに連絡先を書いていれば話は違ってくると思いますが、わざわざライトに名前や連絡先を書くような人はなかなかいないでしょう。そもそも落とすことなんて考えていないわけですからね。

運が良ければ走って来た道を引き返せば見つかるかもしれません。しかし来た道と反対の車線から落としたライトを探すことになります。そして基本的にリアライトを落とすのは夜間と思いますからバッテリー切れなどでライトが消えていればまず見つけられないでしょう。

明け方まで待って明るい道で探せば見つけやすくなるかもしれませんが、もしもライトが車道に落ちているのであれば自動車に轢かれている可能性が非常に大きいです。

夜間は車通りが少なくい道路でも明け方くらいからは急に車が増えてくるので轢かれずに無事で見つかるのは奇跡に近いでしょう。

要するにライトを落としてしまったら残念ながら見つからないものと思って諦めた方が良いと思います

ライトを落とすと見つけ出すのが難しい理由

● 半単車線を探すことになる
● 暗くて見づらい
● ライトが消えていたら絶望
● 自動車に踏まれれば壊れる

リアライト(テールライト)を落とした僕の経験談

僕もリアライト(テールライト)を落として紛失していまいました

僕自身もクロスバイクに装着していたリアライトを落としてしまったことがあります。

落としたライトはknogというオーストラリアの自転車アクセサリーメーカーのBrinder Road Rearというリアライトです。

価格が7,000円ほどするライトだったのでリアライトの中では高級品になると思われますが、購入してからわずか数ヶ月という短期間で落としてしまったのでした。

knog(ノグ) BLINDER ROAD R70 REAR BLK 11756
knog(ノグ) BLINDER ROAD R70 REAR BLK 11756
  • KNOG(ノグ)
  • 価格 : ¥ 7,884
  • 商品ランキング : 346,959 位

自転車のリアライト(テールライト)を落とした状況

自転車のリアライトを落とした時刻は真夜中の三時ほど。愛車であるクロスバイクのシートポストにknog Blinder ROAD REARを取り付けて15kmほどの道を走り、自宅の駐輪場でライトを取り外そうとしたその時にライトが無いことに気が付きました。

「あれ?取り付け忘れかな?」とも思いバッグの中を探してみましたが見つかりません。

出発地でクロスバイクを駐輪場から出した後の記憶を辿ってみた結果、確かにシートポストにライトを取り付けた記憶がありましたが、その時は友人と会話しながら取り付けていたため、きちんと取り付けられていなかったものだと思われます。

自転車のリアライト(テールライト)を探しに戻るかどうかの判断

リアライトを落としたことに気が付いた僕はライトを探しに来た道を引き返そうかと考えました。7,000円を超すような高級なリアライトですし、まだまだ新しかったので簡単に諦められません。

深夜で反対車線を探さなくてはいけないのですが、もしもライトが点灯したままであればかなり目立つはずです。そう考えるとむしろ夜間の方が見つけやすくなるでしょうし、光るライトをわざわざ踏んで走るような人もいないと思うので今すぐに引き返せば落としたライトを見つけられる可能性は高い!と思えたのです。

しかし、僕は引き返しませんでした。

その日は少々疲れていました。次の日にも予定があったので帰宅したらすぐにでも眠りたいと考えていました。新しいライトを落としてしまったことは精神的にもショックでした。その上、小雨がパラついていました。

そんな中、最悪の場合は15km先のスタート地点まで引き返すことにもなりかねません。さらに、引き返したとしても見つかる保証はどこにもありません。いろいろな思いを巡らした挙げ句、僕はリアライトを探しに戻らないと決めたのでした。

自転車のリアライト(テールライト)を再注文

自転車のリアライト(テールライト)を再注文

その日、僕が部屋に戻って最初にしたことはリアライトの再注文でした。再び落としてしまう可能性もあるので「今度は安いライトでいいや」という考えも浮かびましたが、自転車は趣味である以上、乗っている時の気分は非常に大切なので今回もknog Blinder ROAD REARを購入しました。

参考までに僕以外で自転車のリアライトを紛失してしまった人の日記などを確認してみましたが、全ての人が紛失したライトを見つけられず諦めて新しいライトを購入していました。

自転車のリアライト(テールライト)を落とさない対策を考える

自転車のリアライト(テールライト)を落とさないような対策を考える

せっかく買った自転車のリアライトををまた落としてしまう可能性もあります。できるならもう二度と落としたくありません。そこで、ライトを落とさない、あるいは落としてもすぐに気付けるような下記のような対策をとることにしました。

ライトはきちんと取り付ける

今回ライトを紛失した原因は、ライトをきちんと取り付けていなかったからだと思われます。

そうなると紛失防止策としてはただ一つ、しっかりと取り付けられたかどうかを確認するというのが最善の対策になるはずです。

停車時に必ず確認する

落としてしまった時にすぐに気が付くことが出来れば見つけられる可能性が高くなります。

今回のように、15kmも走った後に気が付いたりすれば、どこで落としたのか検討が付きませんし探しに戻るのも大変です。

そこで、信号待ちなどで停車時した時には必ずリアライトの存在を確認するようにしました。そうすれば仮に落としたとしてもどこで落としたかの範囲の絞り込みもしやすくなります。

多少は面倒な気もしますが習慣づけるくらいのつもりで停車したら後方確認を徹底することでリアライトを紛失するという最悪の事態は防げそうです。

以上、自転車のリアライトを紛失してしまったことと、今後の対応策についてでした。みなさんもリアライトを紛失しないように気をつけましょう。

ちなみに今はRayoという加速度センサーが付いてブレーキランプの役割をしてくれる自転車用リアライトを使用しています。

自転車のテールライトのRayoについては下記の記事で詳しくレビューしています。興味の有る方は参考にしてください。

参考 → 自転車用加速度センサー内蔵リアライトRayoラヨはブレーキライトを兼ねて未来的でカッコ良い

-その他, ライト, 自転車全般, 自転車用品
-

Copyright© ESCAPE Airと自転車ライフ , 2018 All Rights Reserved.