クロスバイクの改造カスタマイズやロードバイク自転車情報

ESCAPE Airと自転車ライフ

感想・考察・レポート 自転車全般

続々と廃番になっているVブレーキは消えゆく存在なのか?

投稿日:

続々と廃番になっているVブレーキは消えゆく存在

過去記事を見直す際にシマノのパーツ類を調べているとVブレーキのラインナップが少なくなっているということに気がつきました。

昔はもう少しいろいろな種類があったのになぁと思いつつ調べてみた結果、Vブレーキはカンチブレーキのように消えゆく存在になってしまったのかなと思ったりもしたので、概要をまとめてみたいと思います。

Vブレーキが続々と廃番になっている

Vブレーキが続々と廃盤になっている

ULTEGRAグレードのブレーキレバーBL-R780や105グレードのブレーキセットBR-R573は既に廃番

しばらくシマノのホームページを見ない間にVブレーキのラインナップが大きく変わっているようで驚きました。

例えば、僕のクロスバイクに取り付けてあるULTEGRAグレードのShimano BL-R780や105グレードのShimano BR-R573などはシマノのホームページで製品情報を検索しないと辿り着けない場所に移動されていました。

いつの間にか流通も終了して廃番となり、市場在庫もなくなっているようです

ちなみにBL-R780はULTEGRAグレードなのですが、シマノのサイトでも見つけづらくなったせいか「そんな安物パーツがULTEGRAなわけがない。そもそもクロスバイク用のパーツがロード用コンポーネントのグレードなわけがない」などとコメントをいただいたりもすることもあるので、一応情報として書いておきますが、かつてのULTEGRA6800シリーズの中にはしっかりとBL-R780はリストアップされていて紛れもないULTEGRAグレードであります。

ULTEGRAグレードのブレーキレバー
Photo via:https://bike.shimano.com/content/productsite/ja-JP/product/component/ultegra-6800.html

こんな感じでしっかりとULTEGRAグレードであることが確認できます。

それはともかくとして、話を元にもどすと、ULTEGRAグレードだったBL-R780は既に廃番になっていて入手することが難しいです。

現状で手に入るフラットバー用のブレーキレバーのグレードはTiagra以下しかなく、Tiagra BL-4700やSora BL-R3000などになります。

シマノ的には105以上を本格的なロードコンポーネントとして位置付けているようなので、クロスバイクに使うようなフラットバー用のブレーキレバーは105以上のグレードには必要ないとのことなのだと思います。

シマノ(SHIMANO) TIAGRA BL-4700 ブレーキレバー 左右セット EBL4700PA
SHIMANO(シマノ) TIAGRA BL-4700 ブレーキレバー 左右セット EBL4700PA
  • シマノ(SHIMANO)
  • 参考価格 : ¥ 3,663
  • 価格 : ¥ 2,835
  • 商品ランキング : 17,048 位

シマノ(SHIMANO) ブレーキレバー 左右セット ケーブル付 BL-T4000 ブラック
シマノ ブレーキレバー 左右セット ケーブル付 BL-T4000 ブラック
  • シマノ(SHIMANO)
  • 価格 : ¥ 1,868
  • 商品ランキング : 2,382 位

コンパクトVブレーキはわずか1種類(BR-R353)

Vブレーキは通常マウンテンバイクなどに装備されることが多いブレーキで、マウンテンバイクとロードバイクの良いとこ採りなクロスバイクのブレーキはマウンテンバイクと同じタイプのVブレーキが採用されています。

Vブレーキはアームの長さで種類が区別されていて、一般的な長さのものと、少し短くなったコンパクトVブレーキ(ミニVブレーキ)があります。

Vブレーキのアームの長さ

一般的なVブレーキのアームの長さ:107mm前後
コンパクトVブレーキのアームの長さ:90mm前後

多くのクロスバイクでもマウンテンバイクと同じ一般的なVブレーキが採用されていたりしますが、一部のクロスバイクではコンパクトVブレーキが採用されていたりします。

コンパクトVブレーキとは

一般的なVブレーキに比べてアームの長さが短いVブレーキを差すものです。
ブレーキレバーを引いた時にブレーキが動作するワイヤーの引き量がVブレーキの場合はキャリパーブレーキやカンチブレーキなどにくらべると長いため、キャリパーブレーキなどで使用するブレーキレバーが使用出来ないことがあります。

そこでVブレーキのアームを短くしてワイヤーの引き量をキャリパーブレーキなどと同じになるように調整したものがコンパクトVブレーキで、クロスバイクをドロップハンドル化する際などに使われることが多いブレーキです。

僕が購入したBR-R573もコンパクトVブレーキです。
当時はBR-R573以外にもいくつか選択肢があったと記憶しているのですが、2018年7月現在のシマノのページで見つけられるコンパクトVブレーキはBR-R353のみになっています。

シマノ BR-R353 リア BR-R353 ブラック EBRR353RX42SLP
シマノ BR-R353 リア BR-R353 ブラック EBRR353RX42SLP
  • シマノ(SHIMANO)
  • 参考価格 : ¥ 2,409
  • 価格 : ¥ 1,836
  • 商品ランキング : 27,018 位

実ははコンパクトVブレーキだけではなくVブレーキ自体も少なくなっていて2018年7月現在で下記のモデルしか見つけられません。

ALVIO BR-T4010
DEORE BR-T610
DEORE LX BR-T670

他のパーツに比べてあまりに少ないので、なんだか今後のVブレーキの存続が気になるレベルです。

オフロード系のブレーキはディスクブレーキが主流

ロード用のコンポーネントの中でVブレーキが少ないだけであれば特に疑問を抱かなかったのですが、本来Vブレーキを採用しているはずのマウンテンバイクのパーツを含めてもVブレーキは上記数種類しかラインナップされていなかったので、さすがに「おやぁ?ちょっと少なすぎやしませんかね?」と思ったわけです。

そこでシマノのマウンテンバイクのコンポーネントであるXTR M9100やXT M8000シリーズなどを調べてみると、ここ最近のマウンテンバイクのブレーキシステムはディスクブレーキに変わっているのです。

ディスクブレーキと言えば以前は一部のモデルしか採用されていなかったように思いますが、2016年あたりからシクロクロスが注目されるようになり、各自転車メーカーもディスクブレーキを採用したモデルを販売するようになっています。

GIANTやTREK、GTなどいろいろなメーカーを調べてみましたがのマウンテンバイクではほとんどのモデルでディスクブレーキが主流になっていてVブレーキを採用しているものはほんのわずかしかありませんでした。

クロスバイクもディスクブレーキ化されている?

さらにいろいろ調べてみると、クロスバイクもVブレーキではなくディスクブレーキを採用しているモデルが増えてきているように思えます。

各メーカーのクロスバイクのディスクブレーキモデル

いろいろな自転車メーカーのサイトでクロスバイクを調べてみた結果、クロスバイクもディスクブレーキを採用したモデルの方が多くなっているのです。

Specialized 4モデル中3モデル
GT 4モデル中4モデル
Canondale 2モデル中2モデル
TREK 20モデル中15モデル
BMC 2モデル中2モデル
Bianchi 6モデル中3モデル
FELT 2モデル中1モデル
GIANT 5モデル中0モデル

過去まで遡って調べてはいないので、いつからディスクブレーキが採用されるようになっているのか分かりませんが、クロスバイクでもディスクブレーキ化が進んでいるんじゃないかと思われます。

現状ではディスクブレーキを採用しているのは上位モデルが中心ではありますが、メーカーによっては廉価モデルでもディスクブレーキになっているものも見つけられました。

UCIがロードバイクでもディスクブレーキを解禁しましたし、メーカーサイドでもいろいろと環境が整ってきたのもディスクブレーキ化の一つの理由かもしれません。

Vブレーキは少数派そして消えゆく存在なのか?

Vブレーキは制動力の高さが最大の特徴で元々はマウンテンバイク用に開発されたもののようですが、上記のようにマウンテンバイクではディスクブレーキがメインで使用されるようになっていますし、ロードバイクや一般的なママチャリではキャリパーブレーキが採用されていることが多く、現在ではVブレーキを採用した自転車は一部のマウンテンバイクやクロスバイクだけになっていてる感じです。

そんな現状を考えると、かつてカンチブレーキがVブレーキに置き換えられてきたのと同じように、Vブレーキはディスクブレーキに置き換えられようとしているのかなと思います。

すぐに置き換わるかと言えばいろいろな事情もあるかもしれませんしシマノの他にもTEKTROなどVブレーキを供給しているメーカーもあるので当分の間はVブレーキも残り続けるとは思いますが、近い将来でVブレーキはディスクブレーキに置き換わっていくような気がします。

日本の場合、クロスバイクはGIANTやBianchなどのVブレーキのモデルが中心のメーカーが多く流通している感じなので、まだまだクロスバイク=Vブレーキという情勢は変わらなそうではありますが、パーツ供給元のシマノなどでもVブレーキが減っていることを考えると2020年モデルくらいからそれらのメーカーでもディスクブレーキが採用されたりするかもしれませんね。

実際問題でBianchiの主力モデルのROMAシリーズもROMA1、ROMA2、ROMA3までディスクブレーキ化されていて残るは入門モデルのROMA4だけになっていますし、GIANTもそろそろ。そうなると一気に情勢がが変わるんじゃないでしょうか。

ロードバイクいちからわかるメンテナンス (エイムック)
ロードバイクいちからわかるメンテナンス (エイムック)
  • 著者 :
  • 価格 : ¥ 1,728
  • ムック:144 ページ
  • 出版日 : 2017/11/09
  • 出版社 : エイ出版社

-感想・考察・レポート, 自転車全般

Copyright© ESCAPE Airと自転車ライフ , 2018 All Rights Reserved.