クロスバイクの改造カスタマイズやロードバイク自転車情報

ESCAPE Airと自転車ライフ

カスタマイズ考 自転車メンテ・改造

クロスバイクを改造するならロードバイクを買った方が良いと言われる理由

更新日:

クロスバイク改造の是非

まず、最初に言っておきたいのは、クロスバイクをいくら改造カスタマイズして弄り倒してもロードバイクにはならないということ。

なので、クロスバイクにロードバイクのような性能を求めてクロスバイクにお金を注ぎ込むくらいなら、さっさとロードバイクを買った方が良いと考えるのは、ごくごく当たり前のことだと思います。

実際問題で、僕の場合、愛車であるクロスバイクのESCAPE Airに注ぎ込んだお金の総額を思うと、40万円クラスの完成車くらいは買えてしまうんじゃないかと思います。

なので、趣味でロードバイクを乗りまくることが自転車趣味の前提であるならば、最初からロードバイクを購入していた方が幸せになれると思います。

しかしながら、自転車の楽しみ方は乗ること以外にもあったりするわけで、誰かに何を言われようと、クロスバイクの改造カスタマイズは続けて行きたいと思っています。

ロードバイクへに憧れてクロスバイクを改造カスタマイズする

クロスバイクの改造とカスタマイズのきっかけ

ひょんなことからスポーツバイクに興味を持つようになり、いろいろと自転車について調べ始めた頃の僕は、多くの人がそうであるように、ロードバイクとクロスバイクの区別も付いていませんでした。

当時の僕は自転車は一万円で購入するものと思っていたので、エントリークラスでも10万円〜というロードバイクはとても買う勇気がなく、ロードバイクよりも安価に手に入れることができるクロスバイクを買うことに決めたのでした。

クロスバイクもスポーツバイクと呼ばれる自転車の仲間ですし、ロードバイクと比べても大差が無いと思っていたのでした。

しかし、クロスバイクのESCAPE Airに乗るようになり、自転車に詳しくなってくると、クロスバイクではなくもう少し奮発して最初からロードバイクを買っておけば良かったかな・・・などと思うようになりました。

しかし、せっかく買ったクロスバイクも無駄にしたくはなかったので、ペダルを換えたり、ハンドルを短くしたり、ホイールやコンポーネントをロードバイク仕様にしてみたりの改造カスタマイズを始めました。少しでも憧れのロードバイクに近づけたいと考えたのです。

クロスバイクを買った後にすぐにロードバイクが欲しくなるという「ロードバイク欲しい病」の真っただ中は、誰しもがそんな感じかと思いますが、僕の場合はまさにその典型でした。

それならそうと素直にロードバイクを買えば良いのですが、根っからの天の邪鬼な性格も邪魔をして、ロードバイクを買わずにクロスバイクを改造カスタマイズをしてロードバイクに近づけようと考えたのでした。

いくら改造カスタマイズしてもクロスバイクはクロスバイクである

いくら改造してもクロスバイクはクロスバイク

ロードバイク欲しい病も熱が冷めてくると、冷静に物事を考えられるようになり、クロスバイクをどれだけ改造カスタマイズしたところでクロスバイクでありロードバイクにはならない、ということを理解し、受け入れられるようになります。

なのでまぁ、出来るだけ早めに冷静になって、クロスバイクの改造カスタマイズなどせずに、そのお金を資金にして出来るだけ良いロードバイクを購入した方が良い、という、すごくもっともな考え方ができるようになってきます。

自転車屋さんではロードバイクを勧められる

例えば、クロスバイクをロードバイクのようにしたくて、DURA-ACEやULTEGRAなどの高級なコンポーネントをクロスバイクにインストールしてみようかなどと考えたとします。

そこで自転車屋さんに相談すると「無駄だからやめておいた方が良い」などと言われて反対されてしまうなんてことも良く聞く話です。

「俺の金なんだから好きに遣わせろや」と腹立たしく思ってしまうかもしれませんが、正直な話、ロードバイクが欲しいのであればクロスバイクを弄ったりはせずに、さっさとロードバイクを買うのが正解だと僕も思います。

要するに、クロスバイクをロードバイクのようにしたくてお金を注ぎ込むなんてことは愚の骨頂なのです。だからこそ自転車屋さんは反対するのです。

繰り返しますが、クロスバイクはクロスバイクなのです。

なので、そのように忠告してくれる自転車屋さんは良い自転車屋さんだと思いますので、今後も懇意にした方が絶対に良いでしょう。

クロスバイクにはクロスバイクの魅力がある

クロスバイクの魅力

クロスバイクとロードバイクは、そもそも用途が違う乗りものなので、乗り物としての性格が異なります。

なので、最初にクロスバイクを買ってみて、やっぱりロードバイクが欲しいなと思っても、クロスバイクは処分せずにロードバイクを追加で購入するのがベストな選択です。

クロスバイクとロードバイクの二台持ちにになるわけですが、用途も正確も異なる乗り物なのでそれで良いのです。本格的に自転車で遠出したい場合はロードバイク、ちょっとお気軽ポタリングにはクロスバイクなどと、用途に応じて乗り分けられるので、けして無駄になることはありません。

実際問題でクロスバイクとロードバイクの二台持ちをしている方は沢山居ます。

要するに、それぞれの自転車の特徴や得手不得手を理解すれば、しっかりと乗り分けができるのです。

さて、この観点からクロスバイクをロードバイク寄りに改造カスタマイズしていくのはどういうことかを考えると、クロスバイクを改造カスタマイズする度に、クロスバイクの最大の利点でもある気軽さを削ぎ落としているようなものなのです。

つまり、クロスバイクらしさを消しているのです。そうすると、クロスバイクやロードバイクのそれぞれの長所を理解している人からすると「あぁ!何て勿体ない!クロスバイクの良い部分が台無しじゃないか!」などと思ったりもするわけです。

クロスバイクの改造カスタマイズはロードバイクのお下がりパーツでやるのが良い

クロスバイクの改造・カスタマイズはロードバイクのお下がりでやる

スポーツバイクの改造カスタマイズと言えばクロスバイクで行なうもの。というようなイメージがあるかもしれませんが、改造カスタマイズはクロスバイクのだけというわけではなく、ロードバイクでも勿論できます。

しかしながらロードバイクの場合は、吊るしの完成車を買わない限りは、普通は自分の好きなパーツを組み合わせて購入することが多いと思うので、クロスバイクほど改造カスタマイズを行なうことはあまりないと思われます。なのでスポーツバイクの改造カスタマイズはクロスバイクでおこなうもの、というイメージもあながち間違いではないと言えるでしょう。

とは言いつつも新製品が出たりするとロードバイクでも、パーツをグレードアップさせたりして自分好みの自転車に改造カスタマイズしたくなることもあります。新しいパーツに交換するとそれまで使用していたパーツが余ることになります。

そこで、不要になったパーツを再利用するためにクロスバイクへインストールする、というのが、おそらく一般的で最も無駄が無いと思われます。

例えば、最初に購入したロードバイクのコンポーネントがTiagraだったのを、DURA-ACEなどに交換して、余ったTiagraをクロスバイクへ移植、などというのはよくあるお話です。

クロスバイクとロードバイクの二台持ちをしていると、大抵の場合、ロードバイクの方がメイン機になり、装備しているパーツ類もロードバイクの方が高級だったり性能が高いことが殆どですから、ロードバイクの余ったパーツはクロスバイクで再利用するというのはごく当たり前の流れなのです。

なので、ロードバイクが欲しければ、クロスバイクをひたすら改造カスタマイズしていくのではなく、さっさとロードバイクを購入して二台持ちにして、余ったパーツでクロスバイクを改造カスタマイズしていけば良いのです。

クロスバイクの改造カスタマイズに後悔無し

クロスバイクの改造・カスタマイズに後悔無し

スポーツバイクの改造カスタマイズについていろいろ考えると、確かにクロスバイクを改造カスタマイズしてお金を遣うくらいなら、ロードバイクを購入したほうが良いと思えます。

かと言って、クロスバイクのESCAPE Airの改造カスタマイズをしてきたことを後悔するかと言えば全くそんなことはありません。それどころか、ほとんどのパーツを交換してしまった今でさえ、次は何を弄ろうかな?などと考えていたりするくらいなのです。

クロスバイクの改造、スタマイズについての発想は自由なのです。例えば、ロードバイクでも改造カスタマイズは可能なわけですが、僕がロードバイクを購入したとしてもロードバイクの改造カスタマイズはしないと思います。

なぜならば、本気のロードバイクの場合改造・カスタマイズをするのであれば、それなりに性能の高い高級なパーツを装備したいと考えるからです。

例えば、コンポーネントはDURA ACEにして、サドルはフィジークのアリアンテ、ハンドル周りは3TENVEなど・・・好きなパーツを選択していけば自ずとゴールに近づいていくのです。

つまり、ロードバイクの場合は最初からゴールが見えていて、後はお金との相談で、徐々に改造カスタマイズしていくのか、一気にパーツを揃えるのかだけの問題になってしまうのです。遅かれ早かれで改造カスタマイズする余地がなくなってしまいます。

その点、クロスバイクの場合は元から価格が安いこともあり、パーツ選びも本気のロードバイクと違い、もっと気軽なものになってきます。重量や性能にそれほどこだわらなくても良いですし、メーカーなどにもこだわらなくて構いません。

価格だけではなく、元々ロードバイクとマウンテンバイクの中間という立場のクロスバイクですから、ロードバイク用のパーツだけではなくマウンテンバイク用のパーツを採用しても良いわけで、クロスバイクの場合はロードバイクよりも気楽にいろいろなパーツを試せる気軽さがあるのです。

そんなこんなで改造カスタマイズを繰り返すうちに、所有している自転車に対する愛着が湧いてくるものですし、最初はタイヤに空気さえまともに入れられなかった僕のような素人でも、そこそこ自転車を弄れるようになるなどのプライスレスな部分もクロスバイクの改造カスタマイズでは非常に大きな魅力だったりするわけです。

なので、クロスバイクのESCAPE Airを弄ってきたお金でロードバイクを買っておけば良かった・・・などと考えることは今でも微塵もありません。

クロスバイクにお金を注ぎ込むくらいならロードバイクを買った方がマシなのか?まとめ

クロスバイクにお金を注ぎ込むくらいならロードバイクを買った方がマシなのか?

自転車弄りの目的やそれに対する考え方はいろいろ有りますが、僕は自転車を盆栽的に弄るのが楽しいと感じるタイプなので、乗る事よりも自転車弄りの方が好きだったりします。

なので、愛車のクロスバイクのESCAPE Airを弄り続けること自体が僕の自転車ライフの楽しみ方の一つだったりするのです。

人によっては、クロスバイクを弄り始めた当初の僕のように、ロードバイク的な走りをクロスバイクに求める人も居るかと思います。そういう人たちの場合は、クロスバイクの改造に注力するよりは、素直にロードバイクを買った方が早くに幸せになれるでしょう。いくらクロスバイクを弄ったところで満足はできないはずです。

結局のところ最終的にどうしたいか?というのがクロスバイクの改造カスタマイズをどの程度まで行うのか?の目安や判断基準になるかと思います。

そう考えれば、僕の場合は、自転車にもっと詳しくなりたいですし、改造カスタマイズすることでクロスバイクの見た目や性能が変わるのを楽しみたいと考えています。要するに、自転車にもっと詳しくなりたいという気持ちがあるからこそ、改造スタマイズで楽しく自転車の勉強しているような感じです。

そこにはクロスバイクだとか、ロードバイクだとかのジャンルの違いは無いわけですね。なのでクロスバイクを改造カスタマイズするくらいならロードバイクを買った方が良いという人の意見も理解しつつも、僕自身はクロスバイクの改造カスタマイズをやめようとは思うことはなく、今後も少しずつ改造カスタマイズしていけたら良いなと考えています。

ルールや固定概念に縛られると可能性や楽しみを限定してしまうこともあります。せっかく楽しめるものであれば、楽しんでしまったほうが良いこともあります。ルールを守り、安全に配慮するのであれば、どんどん改造カスタマイズにチャレンジするというのはかなり贅沢な自転車趣味だと思います。

-カスタマイズ考, 自転車メンテ・改造

Copyright© ESCAPE Airと自転車ライフ , 2019 All Rights Reserved.