クロスバイクの改造カスタマイズやロードバイク自転車情報

ESCAPE Airと自転車ライフ

ハンドル周り 自転車メンテ・改造

クロスバイクのハンドル周りグリップやステムの改造カスタマイズの情報

投稿日:

クロスバイクのハンドル周りグリップやステムの改造カスタマイズの情報

クロスバイクのハンドル周りである、ハンドル、グリップ、ステムに関する改造カスタマイズの情報をまとめています。

クロスバイクのハンドル周りには、ブレーキレバーやシフトレバー、グリップなどの細々としたパーツがいくつも集まっていることや、ステムやヘッドチューブなどとも一体化しているため、少ないスペースながら改造カスタマイズできるパーツが集中している部分でもあります。

逆に言えば、このあたりのパーツをどうまとめるのかを考えるのはクロスバイクの改造カスタマイズの出来を左右してしまう部分とも言えるかもしれません。

各パーツの改造カスタマイズをおこなう際のパーツ選びのポイントや作業方法についてまとめているので、クロスバイクのハンドル周りの改造カスタマイズをおこなう際の参考にしていただければと思います。

クロスバイクのハンドルにバーエンドバーを取り付ける

クロスバイクのハンドルに取り付けるI字型のバーで、ストレートバーのハンドルを擬似的にブルホーンバーのようなコの字型のハンドルにすることが出来ます。

マウンテンバイクなどでよく行われる改造カスタマイズで、持ち手の場所を増やせて、手の角度も変えられるので、長距離のサイクリングなどでの負担の軽減などの効果があります。

ストレートハンドルの両端に取り付けるのが一般的ですが、アレンジを効かせてハンドルのセンターに取り付けたり、センターと両端の二箇所に取り付けるなど、いろいろな応用が効かせられるのもポイントです。

バーエンドバー自体の価格も安く、簡単に取り付けられるのでクロスバイクの改造カスタマイズの取り掛かりとしてもおすすめのパーツです。

クロスバイクにバーエンドバーを取り付ける方法と作業のポイント

クロスバイクのハンドルグリップの改造カスタマイズ

クロスバイクのハンドルグリップをコンフォートグリップへの交換する

クロスバイクのハンドルグリップはコンフォートグリップと呼ばれる幅広なグリップに交換することで、グリップを強く握らなくてもしっかりとハンドルをホールドできるようになる快適なグリップがあります。

コンフォートグリップに交換することで余計な力を抜くことができ、長距離を走行した場合でも疲労感が少なくなるなどのメリットがあります。

バーエンドバーと同じく簡単に交換できるパーツでもあるので、クロスバイクの改造カスタマイズの最初にとりかかる入門パーツとしておすすめです。またコンフォートグリップにはバーエンドバーと一体型した一石二鳥的なグリップもあります。

クロスバイクのグリップの交換方法

クロスバイクのハンドルグリップをバーテープにする

ロードバイクなどで使用されるドロップハンドルに巻くためのバーテープをクロスバイクのストレートバーハンドルにも使用してしまう方法です。

コロンブスの卵のような発想で以外かもしれませんが、グリップを使用するよりもデザインの選択肢も多く、経済的かつ快適なので個人的にはすごくおすすめの改造カスタマイズです。

クロスバイクのグリップにはバーテープがおすすめ

クロスバイクのハンドルをカットする

クロスバイク純正のハンドルの幅はおよそ560mmです。それが標準サイズなのでそのままでも大丈夫なものではありますが、ロードバイクなどのドロップハンドルの標準的なサイズである420mmと比べると、クロスバイクのハンドルは随分幅が広いです。

ハンドルの幅が広いと、ヤジロベーの要領で自転車自体の安定性が増しますが必然的に両脇を開いたポジションになるので、スピードを出したい時には空気抵抗が大きくなってしまうので不利に働きます。

そこでハンドルの両端をカットして幅を短くすることで空気抵抗を少なくしてよりスポーティな走りができるようにする改造カスタマイズになります。

クロスバイクのハンドルをカットする方法と作業のポイント

クロスバイクのハンドルを交換する

クロスバイクのハンドルを交換する方法です。ハンドルも形状や素材に違いがあり、選択するハンドルによって乗り心地が大きく変わります。

例えばカーボンハンドルにすることで手に伝わる振動がマイルドになったりするなど、意外と大きな変化が体感できます。

ハンドルの交換になるとグリップの交換などよりも考えることが多くなり、ハンドルの径の大きさやそれに適合したステムを考えてパーツを揃える必要が出てきます。そのあたりの情報もまとめて下記の記事では解説しているので、クロスバイクのハンドルを交換する際の参考にしてください。

クロスバイクのハンドルを交換するカスタマイズのポイント

ステムに関する改造カスタマイズ

ステムはコラムからハンドルに向けて斜め上方向に伸びているか、地面に対して平行になるタイプが一般的ですが、ステムを逆さまにして逆付けする方法もあります。

ステムを逆付けすると、ステムが斜め下に伸びた状態になり、正常に取り付けた場合と比べてハンドルの位置を下げることができるのです。

より深い前傾姿勢をとりたい時などで有効で、僕自身も前傾姿勢を深くして空気抵抗を減らしたいと考えてステムの逆付けをしてみたことがあります。ステムを逆付けにするとどのような変化が起きるのかについては下記の記事で解説しています。ポジション調整の一つの手段として知っておくと良い改造カスタマイズになります。

クロスバイクのステムを逆付けにするとどうなる?その変化や作業のポイントについて

フラットバーハンドル用のシフトレバー

クロスバイクで使用できるフラットバーに取り付けるためのシフトレバーをまとめています。

11速用、10速用、9速用、8速用、7速用と、ギア数によって対応するシフトレバーが違うので購入の際には注意が必要です。

クロスバイクのフラットバーハンドル用ロード系シフトレバーまとめ

-ハンドル周り, 自転車メンテ・改造

Copyright© ESCAPE Airと自転車ライフ , 2019 All Rights Reserved.