クロスバイクやロードバイクのカスタムと自転車情報

ESCAPE Airと自転車ライフ

ハンドル周り 自転車メンテ・改造

クロスバイクのハンドル周りグリップやステムの改造カスタマイズの情報

更新日:

クロスバイクのハンドル周りグリップやステムの改造カスタマイズの情報

クロスバイクのハンドル周りのパーツ(ハンドル、グリップ、ステム)に関する改造カスタマイズの情報をまとめています。

クロスバイクのハンドル周りには、ブレーキレバーやシフトレバー、グリップなどの細々としたパーツがいくつも集まっていることや、ステムやヘッドチューブなどとも一体化しているため、少ないスペースながら改造カスタマイズできるパーツが集中している部分でもあります。

逆に言えば、このあたりのパーツをどうまとめるのかを考えるのはクロスバイクの改造カスタマイズの出来を左右してしまう部分とも言えるかもしれません。

このページでは各パーツの改造カスタマイズをおこなう際のパーツ選びのポイントや作業方法についてまとめたページについて簡単な解説とともにリンクを紹介しています。クロスバイクのハンドル周りの改造カスタマイズの参考にしていただければと思います。

バーエンドバーについて

クロスバイクのハンドルにバーエンドバーを取り付ける

クロスバイクのフラットバーハンドルにバーエンドバーを取り付けるI字型のバーで、ストレートバーのハンドルを擬似的にブルホーンバーのようなコの字型のハンドルにすることが出来ます。

マウンテンバイクなどでよく見かける改造カスタマイズで、持ち手の場所を増やすことで手の角度を変えられるようになるので、長距離のサイクリングなどでの負担を軽減するなどの効果が期待できます。

バーエンドバーはストレートハンドルの両端に取り付けるのが一般的ですが、アレンジを効かせてタイムアタック仕様の自転車のようにハンドルのセンターに取り付けたり、センターとバーエンドの二箇所に取り付けるなど、いろいろな応用が効かせられるのもポイントです。

バーエンドバー自体の価格も安く、簡単に取り付けられるパーツなのでクロスバイクの改造カスタマイズの取っ掛かりとしてもおすすめのパーツです。

下記の記事ではクロスバイクのフラットバーハンドルにブルホーンバーを取り付ける方法を解説しています。

クロスバイクにバーエンドバーを取り付ける方法と作業のポイント

僕がクロスバイクからバーエンドバーを取り外した理由

僕自身もクロスバイクにバーエンドバーを取り付けていましたが、今現在では取り外しています。
バーエンドバーを取り付けることでそのメリットやデメリット、特徴を知ることができ、学習することも多かったので、取り付けしたこと自体はけして無駄だったとは思っていません。

むしろ、バーエンドバーに興味がある方は是非取り付けて試してみるのが良いと思います。多分いろいろな発見があると思います。

そんなわけで僕自身の経験を踏まえたクロスバイクとバーエンドバーの事情について下記の記事でまとめています。

クロスバイクにバーエンドバーは不必要だったけどお勧めする理由

クロスバイクのハンドルグリップの改造カスタマイズ

クロスバイクのハンドルグリップをコンフォートグリップへ交換する

クロスバイクのハンドルグリップはコンフォートグリップと呼ばれる幅広なグリップに交換することで、グリップを強く握らなくてもしっかりとハンドルをホールドできるようになる快適なグリップがあります。

コンフォートグリップに交換することで余計な力を抜くことができ、長距離を走行した場合でも疲労感が少なくなるなどのメリットがあります。

バーエンドバーと同じく簡単に交換できるパーツでもあるので、クロスバイクの改造カスタマイズの最初にとりかかる入門パーツとしておすすめです。またコンフォートグリップにはバーエンドバーと一体型した一石二鳥的なグリップもあります。

下記の記事ではグリップの交換方法や、クリップを交換することのメリットなどについて解説しています。

クロスバイクのハンドルグリップの交換のススメ

クロスバイクのグリップの交換方法

クロスバイクのハンドルグリップをバーテープにする

ロードバイクなどで使用されるドロップハンドルに巻くためのバーテープをクロスバイクのストレートバーハンドルにも使用してしまう方法です。

意外かもしれませんが、バーテープの方がグリップを使用するよりもデザインや素材の選択肢も多く、通常のグリップよりも快適にすることができるので、個人的にはすごくおすすめの改造カスタマイズです。価格はピンきりではありますが、安物だと700円くらいで2回分のバーテープが手に入るので非常に経済的です。

クロスバイクのグリップにはバーテープがおすすめ

クロスバイクのハンドルをカットする

クロスバイク純正のハンドルの幅はおよそ560mmです。そのままでも大丈夫なものではありますが、ロードバイクなどのドロップハンドルの標準的なサイズである420mmと比べると、クロスバイクのハンドルは随分幅が広いです。

ハンドルの幅が広いと、ヤジロベーの要領で自転車の安定性が増しますが必然的に両脇を開いたポジションになるので、空気抵抗が大きくなってしまうため、スピードを出すという点においてはデメリットになってしまいます。

そこで、ハンドルの両端をカットしてハンドルの幅を短くすることで、両脇の締まったポジションを実現し、空気抵抗を少なくしてよりスポーティな走りができるようにする改造カスタマイズがハンドルカットになります。

下記の記事ではクロスバイクのハンドルをカットする方法についてまとめています。

クロスバイクのハンドルをカットする方法と作業のポイント

クロスバイクのハンドルを交換する

クロスバイクのハンドルを交換する方法です。
ハンドルも形状や素材に違いがあり、選択するハンドルによって乗り心地が大きく変わります。

例えば、カーボンハンドルはアルミのハンドルに比べると振動吸収性が高いので手に伝わる振動がマイルドになったりするなど、意外と大きな変化が体感できます。

ただ、グリップの交換などと比べると、ハンドルの交換はチェックしなければいけないポイントが増えるので少し難しい改造カスタマイズになります。ハンドルの径の大きさや、それに適合したステムを考えてパーツを揃える必要があるのです。

そのあたりの情報もまとめて下記の記事では解説しているので、クロスバイクのハンドルを交換する際の参考にしてくいただければと思います。

クロスバイクのハンドルを交換する際のポイント

下記の記事では、クロスバイクのハンドルをカーボン製のフラットバーハンドルに交換したので、作業のついでにクロスバイクのフラットバーハンドルの交換方法や手順ついてまとめています。

クロスバイクのフラットバーハンドルを交換する方法(カーボンハンドル)

ステムに関する改造カスタマイズ

ステムの角度(アングル)について

ステムにはいろいろな角度があります。どの角度のステムにするかは特定のルールもないので人それぞれで好きな角度のものを選べば良いと思いますが、一応の基本として、自転車のフレームのトップチューブとステムの角度が揃うようなステムを選択するのが一つのセオリーです。

一般的にはトップチューブが地面と水平になっているフレームの場合は73°のアングルのステム、トップチューブが右肩上がりのスローピングタイプのフレームには84°のアングルのステムを選択するとトップチューブとステムの角度が揃えられて見た目が良くなります。

ステムの角度の見方や種類についての情報は下記のページで詳しく解説しています。

ステムの角度(アングル)って何度が良いの?

ステムの交換方法

ステムの交換方法には、いくつかの注意するポイントがあります。例えばステムの選び方や、ステムにハンドルを固定する際のボルトの締め方などです。

ステムは自転車のパーツの中では地味なパーツではありますが、角度や長さなど少し違うだけでも乗車感覚は大きく変わってしまうので、試行錯誤しながら自分にとってのベストなステムを探すことになります。俗にステム沼などとも呼ばれるくらいに最適なステムは人によって異なります。

実際問題で僕自身、6本ほどのステムを今までに交換し、ようやくベストが見えるようになった感じです。

ステムの交換方法については下記の記事で解説しています。

ステムの交換方法や注意点を解説します

長さや角度の違うステムを使用してハンドルのポジションを調整する

クロスバイクやロードバイクでハンドルの位置(ポジション)が遠く感じたり、逆に窮屈に感じたりして、しっくり来ない場合は、長さや角度の違うステムを使用して調整することができます。

僕の場合はクロスバイクのハンドルをストレートバーハンドルからブルホーンバーに変更したことで、ハンドルの位置が遠く感じるようになってしまったので、短いステムを取り付けて乗り心地がどのように変わるかをテストしてみました。

テストの様子を下記の記事にまとめているので、ステムの長さを変更することでどのような変化が得られるのかの参考にしてください。

ステムの長さや角度を変えてハンドルのポジション調整をする(ステム交換方法)

実験的にステムを短くしてみた結果から、最適なステムの長さの検討がついたので、再度ステムの長さを調整した結果を下記の記事でまとめています。

ステム沼 何度目かのステム交換でポジション調整

ステムを逆付にする

ステムはコラムからハンドルに向けて斜め上方向に伸びているか、地面に対して平行になるタイプが一般的ですが、ステムを逆さまにして逆付けする方法もあります。

ステムを逆付けすると、ステムが斜め下に伸びた状態になり、正常に取り付けた場合と比べてハンドルの位置を下げることができるのです。

より深い前傾姿勢をとりたい時などで有効で、僕自身も前傾姿勢を深くして空気抵抗を減らしたいと考えてステムの逆付けをしてみたことがあります。

ステムを逆付けにするとどのような変化が起きるのかについては下記の記事で解説しています。ポジション調整の一つの手段として知っておくと良い改造カスタマイズになります。

クロスバイクのステムを逆付けにするとどうなる?その変化や作業のポイントについて

コラムのトップキャップを交換する

コラムの蓋であるトップキャップを交換してみました。性能的には全く影響がない部分なので交換する必要は無いと言えば無いのですが、乗車時には常に目に入る部分でもあるので、気に入ったデザインのトップキャップを使用したかったのです。

トップキャップの交換は特に難しいものではありませんが、交換作業方法などを下記の記事でまとめています。

自転車のコラムヘッドのトップキャップを交換する

フラットバーハンドル用のシフトレバー

クロスバイクで使用できるフラットバーに取り付けるためのシフトレバーをまとめています。

11速用、10速用、9速用、8速用、7速用と、ギア数によって対応するシフトレバーが違うので購入の際には注意が必要です。

クロスバイクのフラットバーハンドル用ロード系シフトレバーまとめ

-ハンドル周り, 自転車メンテ・改造

Copyright© ESCAPE Airと自転車ライフ , 2020 All Rights Reserved.