クロスバイクやロードバイクのカスタムと自転車情報

ESCAPE Airと自転車ライフ

写真の撮り方 自転車全般

クロスバイクやロードバイクの写真の撮影方法基礎知識

更新日:

カッコ良い自転車写真の撮り方の基本

自転車に乗って遠出したりすると記念撮影で訪れた現地の風景をハイケに自転車の写真を撮りたくなります。いろいろな方のブログなどを見ていると、みなさん愛車を上手に撮影されています。

自転車紹介にしろ、パーツ紹介にしろ、写真が有るか無いかで随分違った印象になるので、写真をどんどん増やしていければと思う今日この頃なのですが、いざ撮影してみるとイマイチな写真が出来上がってしまいます。

もっと格好良くクロスバイクやロードバイクなどの自転車写真を撮るためのポイントや撮影方法など、いろいろな自転車メーカーの写真を見ながら考えてみました。

真横から格好良く自転車を撮影する方法の基本

自転車写真の基本と言えば真横からの写真なので真横からの写真を基本に格好良い自転車写真の撮影方法について考えてみました。

クランクの位置はシートステーかチェーンステーに揃える

スポーツサイクルの写真の撮り方 真横から
Photo via:http://www.giant.co.jp/giant15/

いろいろなメーカーの写真を確認してみたところ、クランクの位置はシートチューブかチェーンステーと平行にして撮影するのが基本のようです。どちらかと言えば、個人的にはシートチューブと平行になっている方がカッコ良いのではないかと思います。

要するにフレームのラインとクランクのラインが一直線になるため見た目がスッキリするというわけです。上記の写真でもクランクがシートチューブと一直線になった位置で固定されています。

タイヤのバルブの位置を前後で真下に揃える

タイヤのバルブの位置を前後で真下に揃える
Photo via:http://www.colnago.co.jp/2015/product/c60_aniversary/

多くのメーカーの写真では、空気を入れるバルブの位置が前輪、後輪ともに真下に来るようにして撮影されています

タイヤをホイールに嵌める際にも「バルブの位置とタイヤにプリントされている文字の位置を揃えると良い」なんてことを言ったりしますが、バルブの位置とタイヤのプリント文字の位置を揃えておくと、バルブを真下にした時にタイヤのプリントも上下に配置されることになるので見栄えが良くなります。

撮影する視点の高さに気をつける

視点の高さは、ハンドルの高さが基準になるようです。つまり、真横から撮影すると、手前のハンドルで奥のハンドルが見えなくなる位置になります。

ただ実際問題で屋外では完全な横方向から撮るのは難しいと思うので、ある程度意識しながら撮影する、ということになるかと思います。

車体を右向きにして撮影する

自転車写真は右頭で撮影するのが基本です

理由はコンポーネントが見えるように撮影するためですね。せっかくデュラエースを装備していても左頭にすると隠れてしまうのです。またチェーンはフロントアウターにしておくのも基本のようです。要するに大きなギアの方にチェーンが掛かっていないと格好悪くなってしまうからです。

格好良い自転車写真を撮影する方法の基本まとめ

● クランクの位置をシートチューブと揃える
● バルブの位置を真下にする
● 真横から撮る
● 右向きに撮る

背景を工夫して自転車を撮影する

自転車写真の背景:定番の背景

スポーツサイクルの写真の撮り方 背景を工夫
Photo via:http://www.gizmodo.jp/2010/11/27kg_bycyle.html

工場等をイメージさせる鉄筋や打ちっぱなしのコンクリートなどの冷たくて無機質な背景は自転車と相性が良いようです。

スポーツサイクルの写真の撮り方 映える背景
Photo via:http://www.cyclowired.jp/?q=node/70170

ガレージをイメージさせるシャッターなどは定番の背景でしょう。赤レンガもスポーツサイクルとの相性が良いと思います。

スポーツサイクルの写真の撮り方 背景に海

意外と海などもスポーツサイクルと相性が良いですし、車止めなども相性が良いようです。
洋風の街並も非常に様になります。

逆に駄目な背景としては、板塀や土壁、石垣などは、スポーツサイクルなどの背景としてはアンバランスな感じがします。つまり、和風な背景はスポーツサイクルとの相性が悪い傾向にあると思います。

自転車と相性の良い背景

● コンクリート
● 鉄柵
● 倉庫
● レンガ

自転車と相性の悪い背景

● 植え込み
● 板塀
● 石垣

アングルを工夫して自転車を撮影する

サドルよりも下の視点から自転車を撮影する

スポーツサイクルの写真の撮り方 アングル
Photo via:http://www.orchidcc.com/ranran/>

自転車を後ろまたは、前方から撮影する際は、基本的にローアングルで撮影すると疾走感のようなものが出てカッコ良くなるようです。サドルの裏側が写ってしまうくらいアオりを入れると遠近パースが効いてかなりカッコ良い写真になりますね。

奥行きが出るように自転車を撮影する

スポーツサイクルの写真の撮り方 奥行き
Photo via:http://www.orchidcc.com/ranran/>

飛行場のような真っ平らで奥行き感のある場所を風景を背景にするのもストーリー性が出て良いですね。そのまま遠くへ走って行きたい衝動に駆られてしまいます。こちらもサドルの裏が見えてしまうほどローアングルで煽ってパースを効かせています。

自転車のパーツの一部などをアップで撮影する

スポーツサイクルの写真の撮り方 部分アップ
Photo via:http://www.orchidcc.com/ranran/>

自転車全体ではなく、主要部分を大胆にトリミングした写真もカッコ良い写真になると思います。特にめかめかしいブレーキやディレーラー部分、クランク部分は接写するとゾクゾクするほど格好良い写真が撮れると思います。

自転車写真の背景を工夫して撮影するポイント

● 煽る
● パースを効かせて奥行きを出す
● 接写する

格好良い自転車写真を撮影する方法のまとめ

クロスバイクやロードバイクなどの自転車を格好良く撮影する為の基本的な方法やポイントをまとめてみました。

せっかく自転車で遠出した記念写真を撮るなら、できるだけ格好良く写したいですよね。ちょっとした工夫と基本を押さえるだけで自転車写真が見違えるくらいに格好良くなると思うので、是非自転車を撮影する際には意識して撮影してみるようにしてください。

もっと格好良い自転車写真を撮りたくて知り合いのプロカメラマンにGIANT社のクロスバイクであるESCAPE R3を撮影してもらった作例を下記の記事でまとめています。街中に溢れているカローラ的存在のクロスバイクであるESCAPE R3が見違えるほど格好良く写っているので是非チェックしてみてください。プロの写真力に脱帽です。

参考 → 【プロの技】自転車写真(ロードバイク)をカッコよく撮る方法

-写真の撮り方, 自転車全般
-

Copyright© ESCAPE Airと自転車ライフ , 2019 All Rights Reserved.