クロスバイクやロードバイクのカスタムと自転車情報

ESCAPE Airと自転車ライフ

子供と自転車ライフ 自転車全般

子供が補助輪無しで自転車に乗れるようになるまでの最短練習法

更新日:

子供が補助輪無しで自転車に乗れるようになるまでの最短練習法

子供が補助輪無しで自転車に乗れるようになるための最短ルートの練習方法を紹介します。

補助輪無しで自転車に乗れるようになるまでの練習法

子供が自転車に乗れる

1.ストライダーでバランス感覚を養う

昔は自転車に乗る前の子供の乗り物と言えば三輪車でしたが、今ではストライダーに代表されるキッズバイクになっています。

キッズバイクは自転車に乗るために必要なバランス感覚を養うことができるので、自転車を補助輪無しにしてもスムーズに乗れるようになると言われていたりします。

僕自身の子供たちの経験からも、バランス感覚は自転車に補助輪なしで乗るようになるための基礎ですからストライダーを経験しておいたおかげで、かなりスムーズに自転車に乗れるようになったと思います。

2.補助輪有りの自転車でペダルを踏む練習をする

我が家の場合は補助輪無しでいきなり自転車に乗せるようにしましたが、ストライダーのような乗り方はすぐに出来るようになったものの、ペダルを踏む練習が全く出来ていなかったこともあり、ペダルを漕いで前に進むということがなかなか出来ませんでした。

バランス感覚が身についていても、ペダルの踏み方が分からないとペダルに足を乗せる位置も安定しませんし、いざペダルを漕ごうとしてもバランスを崩しやすいので、怖がってなかなかペダルを踏み続けることができません。

最初は補助輪有りで自転車に乗せてペダルを踏む練習をしっかりとさせることが大切かと思います。

3.補助輪とペダルを外して自転車に乗る

次に、補助輪とペダルを外して自転車に乗るようにします。

ペダルまで外す必要は無いように思えますが、子供にとってストライダーなどのキッズバイクから自転車へのステップアップは大人が思う以上にハードルが高いです。

大きさや重量などが全く違いますから、ストライダーの基礎があったとしてもなかなかうまく操ることができません。

そこでなるべくストライダーに近い状態で自転車に乗れるようにするために、邪魔なペダルを外してしまうというわけです。

補助輪とペダルを外した自転車でストライダーのように加速してしばらく走れるようになれば、いよいよペダルを自転車に付けて走らせるようにします。

上記のような順番で練習を重ねていけば、きっとすぐに補助輪無しで自転車に乗れるようになるでしょう。

子供の自転車のペダルの取り外し方

子供の自転車のペダルの取り外し方

子供の自転車のペダルの外し方の解説です。
固く締め付けてあったりして外しづらいことがあるかもしれませんが、作業自体はとても簡単に行なえます。

ペダルレンチを用意する

ペダルレンチを用意する

ペダルを外すためにはペダルレンチが必要です。
ペダルレンチはレンチの仲間ですが、普通のレンチとの違いはその薄さです。

薄くないとペダル固定部分にレンチを差し込めない場合があるのがペダルレンチは薄い理由です。

いろいろな種類のペダルレンチがありますが、持ち手がラバー加工されているものの方が、体重をかけやすいのでおすすめです。

ペダルレンチのサイズ

ペダルの軸のサイズは15が主流なので、ペダルレンチのサイズは15のものを選択しましょう。大人用でも子ども用でもサイズは変わりません。

ちなみに僕の使っているのはBIKEHANDというメーカーのペダルレンチです。あまり使用する機会も無いと思いますから安いペダルレンチで十分だと思います。

ペダルを取り外す際の注意

ペダルの軸は進行方向に対して逆に回して緩める

自転車のペダルを取り外す際に絶対に忘れてはいけないのは、右のペダルであっても、左のペダルであっても、ペダルを緩める時はペダルレンチがペダルの上を通過する時には後輪の方向に回転させることになります。

つまり、自転車の頭を右に向けた時に手前にくるペダル(乗車時に右)は正ネジで反時計回りにペダルレンチを回すことで緩み、逆に自転車の頭を左向けた時に手前にくるペダル(乗車時に左)は時計回りで緩む逆ネジになっているので注意が必要です。

また、ペダルは意外と固く締め付けられていたり固着していることも多いので、外すのに力が必要な場合があります。また、ペダルが動くので上手く固定できなくて苦労することもあるかもしれませんが、頑張って外しましょう。

ペダルが固着して固い場合は、ペダルレンチに思いっきり体重を掛けられれば大抵の場合は緩んでくれると思います。しかし思い切り体重を掛けた瞬間にペダルが外れたりすると怪我をしてしまうことにもなりかねないので、怪我をしそうなチェーンリングなどには必ずウェスなどの布を掛けたり、軍手をして作業を行うようにしましょう

軍手

ペダルが外れた状態

自転車のペダルを外す

無事にペダルが外れました。
ペダルを取り外す作業は5分も掛からないと思いますので子供のためにも是非トライしてみてください。きっと工具を使うお父さんの姿はカッコ良く子供の目に映るはずです。

外したペダルは保管しておく

自転車のペダルを外す

外したペダルは遠く無い将来ですぐに必要になるので大切に保管しておきましょう。
取付ける際にもネジの向きに注意して取付けましょう。

まとめ

補助輪無しで自転車に乗れるようになるか否かのスピード感は個人差もあります。なかなか乗れるようにならないと思っても、焦らずに気長に見守ってあげるのが良いでしょう。あまりスパルタに教え込んでも上手になるものではありません。

逆に全く乗れなくても、ちょっとしたタイミングでコツをつかむと、一気に乗れるようになるのが自転車です。

そんなわけで自転車に上手に乗れるようになるために必要なのは、とにもかくにも練習です。そして子供が頑張って練習するのは自転車を怖いものだとは思わず楽しいものだと思って練習をするかどうかです。

親としては子供の気持ちを盛り上げつつあるべく障害が無いようにサポートしてあげるのが良いのだと思います。

その他、子供が補助輪無しで自転車に乗れるようになるためのポイントについて下記の記事でまとめていますので参考にしてください。

参考 → スムーズに子供が補助輪無しの自転車に乗れる理由と乗れない理由

関連記事

自転車ライフは結婚と子育てに関する記事は下記にまとめていますので興味のある方は参考にしてみてください。

-子供と自転車ライフ, 自転車全般

Copyright© ESCAPE Airと自転車ライフ , 2020 All Rights Reserved.