Amazon セール

サドル・シートポスト 自転車メンテナンス・カスタム

クロスバイクのサドルの高さは購入後に見直した方が良い理由

更新日:

サドルの高さを調整して快適なサイクリングを手に入れる

クロスバイクの乗り心地が良くならず、どうしたものかと悩んでいたところ、コメント欄で「サドルのポジションを調整しなさい」との助言をいただきました。

お恥ずかしい話、それまでの僕はポジションと言うものをまともに考えずにクロスバイクに乗っていたので、全くポジション調整をせずに「乗り心地が悪いなぁ」と考えていたのでした。

そんなわけで助言通りにサドルのポジション調整をした結果、乗り心地が随分変わって快適になったというお話です。

これは僕に限らず、クロスバイクを購入してそのまま乗り続けている人には起こり得る問題です。というのもクロスバイクの場合、ショップで購入した時に通常のポジションよりも低い位置にサドルをセットされている可能性があるからです。

クロスバイクを購入した後はサドルの高さを確認しよう

自転車の乗り心地が悪いと思ったらポジションを確認しよう

正しいと思っていたサドルの高さが低かった

上記の写真はクロスバイクをブルホーン化した直後の写真です。

この写真をブログに掲載していたところ、写真を見た方から「サドル位置がどう見ても低い、低過ぎる。さっさとポジション調整をしなさい」という指摘を受けました。

僕としては、この状態が正しいサドルの位置だと思っていたので、サドルが低いと言われてもいまいちピンと来なかったのが正直なところでした。

GIANTストアで高さを調整してもらっていたので正しいと思っていた

僕がクロスバイクのESCAPE AirをGIANTストアで購入した時に、GIANTストアのスタッフの方からクロスバイクやロードバイクに乗るために知っておいた方が良い基本的なことを教わりました。

その中で、サドルの高さについても教えてもらい、その場で実際に自転車に跨がってサドルの高さを調整してもらっていたので、クロスバイクを購入した時のサドルの高さのままで乗り続けていたのでした。

その高さはサドルに跨った状態で、両足のつま先がな地面に届いて、なんとか自立できるくらいの高さでした。シティサイクルと比べるとそれでも異常なくらいのサドルの高さだったので、僕自身も「充分高い位置にサドルがある」と感じていました。

なので「サドルが低い」という指摘を受けるなんて考えもしていなかったのです。

サドルのポジションについて調べてた結果

しかし、サドルの高さについて調べてみると、理想的なポジションよりもかなり低い位置にサドルがセットされていたことが判りました。

もともとGIANTストアで言われた通りにセットしていたサドルの高さなので「それが絶対正しい」と信じていました。GIANTストアのスタッフも素人ではないですから、正しいサドルのポジションを知らなかったはずはありません。

そう考えると、あえて低い位置にサドルをセットしていたものと思われます。

最初はその理由がわからなかったのですが、今にして思えば、クロスバイクと言えども、一般的なシティサイクルと比べるとサドルの位置は相当高いので、初心者がいきなり通常のサドル位置で乗ってしまうと、バランスが取れなくて危険です。

なので、初心者用にかなり低い位置にサドルをセットするようにしているのかもしれません。

そう言えば「乗っているうちに徐々にサドルの位置を高くしたくなるかもしれませんが、好みに応じて調整してください」というようなことも言っていたようにも思います。

正しいサドルの高さ(サドルポジション)に調整しよう

正しいサドルの高さ

ロードバイクやクロスバイクではサドルに座ったままだと足が着かないのが普通

ロードバイクやクロスバイクのサドルの高さは、サドルに跨ったままだと地面に足が着かないのが標準的です。

ところが僕が今まで正しいと信じてきたサドルの高さはサドルに跨った状態で両足のつま先が着く高さでした。つまりロードバイクやクロスバイクの標準的なサドルの高さよりも低い位置にセットされていたことになります。

ペダルを踵で踏んで足が伸びる高さ

サドルに跨がりペダルの上にかかとを乗せて足が真っ直ぐになるくらいの位置

一般的にロードバイクやクロスバイクのサドルの高さは、サドルに跨がりペダルの上にかかとを乗せて足が真っ直ぐになるくらいの位置だと言われています。

確かにその状態でサドルの高さを調整すると、どう頑張ってもサドルに跨った状態で地面に足を着くのは無理です。

しかしここで一つの疑問が湧いてきます。「足が着かないのにどうやって停車するんだ?」と。

サドルを高くした状態での乗り降りの方法

僕が今まで乗ってきた自転車(ママチャリなど)の感覚で考えれば、停車時に足が着かない自転車なんて考えられません。足が着かないなら停車寸前に車体を傾けて倒れるように着地するしかないと思えたからです。

なので、安全に停車するためには、どう考えてもサドルの高さは「サドルに跨って両足でつま先立ち出来る程度」が限界だと思っていました。

ところがロードバイクやクロスバイクのサドルは足が着かないくらいの高さで調整されているのです。当然のように「え?それじゃあどうやって停車しているの?」という疑問が沸いてしまいます。

答えは簡単で「停車する前にサドルから腰を降ろして、停車時にはトップチューブを跨ぐ感じで立てば良い」のですが、そんなことは教えてもらわないとなかなか気付くことはできませんよね。

サドルの高さを指摘されるまで気が付かなかったのですが、確かに、街で見かけるロードバイクに乗っている皆さんを見ても、停車寸前でサドルから腰を上げて前方に移動してトップチューブを跨いで停車しています。

ロードバイクに乗っている方々が発進時に立ち漕ぎをしてるのは、スタートダッシュをしたいからではなく、サドルに座っていない状態から漕ぎ出すからなのです。

PBピービー ボール付レインボーレンチセット 212H-10RBCN

PBピービー ボール付レインボーレンチセット 212H-10RBCN

7,166円(05/06 14:54時点)
Amazonの情報を掲載しています

サドルの高さを調整した結果

サドルの位置を通常の位置にセットして乗り降りする方法も理解したところで、サドルの高さを調整してみたところ、いままで「なんだかあまりカッコよく無いなぁ」と思っていたクロスバイクが、一気にスポーティな見た目になりました。

乗り心地だけでなく、見た目も「こんなに変わるのか」と驚かされたので、サドルのポジションを調整する前と後の写真を掲載しておきます。

サドルの高さ調整前と調整後の違い

Before

クロスバイクのサドルの高さを調整

After

クロスバイクのサドルのポジションを再調整

写真の撮り方が違っていて申し訳ないですが、beforeではコラムと同じ程度だったサドルの位置がafterでは随分と高い位置になりました。

サドルの角度も、元々は少し上向きだったのを、地面に対して極力水平にした状態でセットしています。

サドルのポジション調整のポイント

● サドルの基本の高さで調整する。
● 角度はサドルの上面が水平になるようにセットする。
● 調整した後にしばらく走ってみて様子を見る。調整したては正しいポジションでも違和感を感じやすい。

クロスバイクやロードバイクのサドルの高さは、サドルに跨った状態で踵をペダルの上に置いて脚が真っ直ぐに伸びるくらいの高さが基準と言われていたりします。

しかし、基本はあくまで基本として考える必要があるようです。
つまり、絶対的な位置ではなく、ハンドルなどのポジションやフレーム、そして体格差があるので、人それぞれに微調整しながらベストな高さを探すのが正しいかと思います。

なにはともあれ、サドルの高さを調整したことにより、随分とクロスバイクの乗り心地も変わり、より自然なポジションで無理なくペダルを踏む力を伝えられるようになったようにも感じます。

結果として、速度が出やすくなっただけでなく、長距離を走行する際にも疲れづらくなったと思います。

このようなポジションのちょっとした違いでも、はっきりと乗り心地の違いを体感できるのは自転車の楽しいところでもあり、奥が深いと感じる部分でもありますね。

このあたりの情報はおそらくGIANTストアなど、自転車を購入したお店に通っているうちスタッフの方からアドバイスをいただけたりするものかと思いますが、僕自身はすぐにストアのお世話になることがなくなったため、このような情報を得られなかったのだと思います。

今回はコメント欄でサドルの高さの指摘をいただいたことにより、ロードバイクやクロスバイクにおいてポジションが非常に大切であることを身を以て体験出来ました、感謝!

関連記事

シータ

360度カメラ リコーシータ
360度写真をワンボタンで撮影できるカメラです。
いろいろな場所を記録していける素晴らしいカメラです。

自転車保険

自転車保険
自転車でも保険の加入が基本になってきています。
ロードサービスや盗難補償が付いた自転車向けの保険も有るので未加入の方は検討してみると良いでしょう。

ICAN

ICAN ホイール・フレーム クーポン

国内発送商品ならAmazonよりも直販サイトの方が安く購入できます。

Amazon

Amazon 自転車用品

Escapeショップ

Google

-サドル・シートポスト, 自転車メンテナンス・カスタム

Copyright© ESCAPE Airと自転車ライフ , 2021 All Rights Reserved.