*

クロスバイクやロードバイクで使うバックパックと背中の汗対策

クロスバイクやロードバイクのバックパックと背中の汗

自転車に乗る時にバックパックを背負うと、目的地に着く頃には、背中一面に汗をかいていて非常に不快な思いをします。

この背中にかく汗をどうにかしたいと思う人も多いと思いますし、僕自身もそう思っている一人です。

そんなわけでロードバイクやクロスバイクに乗る際の背中の汗問題の一般的な対策法と個人的な対策法について書いてみようと思います。

自転車でバックパックを背負った時の一般的な背中の汗対策

まずは、ロードバイクやクロスバイクに乗った時にバックパックを背負い、背中が汗でビショビショにならないための一般的によく見かける方法についてです。

バックバックに汗かき対策用のパネルを入れる

ロードバイクやクロスバイクでバックパックを背負うと汗をかいてしまうのは、バックパックと背中が密着していて汗が蒸発しないためだと思われます。

それならば、背中とバッグの間に空気が流れるようにすれば「背中の汗問題は解決できる!」ってことで、バックパックと背中が密着しないようにするための専用のパネルが販売されていたりします。


僕自身は使ったことがないですが、レビューなどをみると、賛否両論的なアイテムなのかもしれません。

パネル付きバックパック

ドイターレース EXP エアー

同様の解決方法の中で秀逸なのが、ドイターというメーカーのRACE EXP Airという種類のバックパックです。

このバックパックには最初からパネルが組み込まれていて、他のメーカーから同様のバックパックが出ないことを考えると、この機構で特許を取得しているものと思われます。

流石に快適で、僕の身の回りで使用している人も多く、その評価もなかなか良いです。

【関連】自転車用リュックの背中の汗対策の定番DeuterのRace EXP Airを購入|Escape airと自転車ライフ

ヒップバックにして背中に汗をかかなくする

そもそもバックパックにするから背中に汗をかくのであって「バックパックをやめてしまえば背中に汗をかかない」というわけで、ヒップバックで対策する人も多いようです。

ヒップバックと聞くとウエストポーチのようなものを想像して、バックパックに比べて持ち運べる荷物の量は少なくなるかなと思ったりしますが、調べてみるとバックパック同様に大小さまざまなサイズのヒップバックがあるようです。

また、自転車に乗車している時も、背中に背負うよりも負荷が少ないという意見も見られて、背中の汗かき対策の他にもメリットが有り、なかなか調子が良さそうです。

今度は逆にヒップ部分に汗をかいてまうのではないかと思ってしまいますが、そのあたりどうなのでしょうね。

汗はかくものと諦めて、着替えを用意する

バックパックがメッシュ構造になっていたとしても、汗をかくのを完全に防げるわけではありません。

汗をかくのは生きている証ってことで、潔く諦めて、自転車に乗った後はすぐに着替える、という対策(?)をしている方も多いようです。

特に通勤や通学に自転車を使っている場合は、スーツや制服の場合はなるべく汗をかきたくないものですし、汗をかいてしまった場合は不快ですし、無駄な抵抗はやめて往復の着替えを準備するのがベストな対策方法かもしれません。

自転車でバックパックを背負った時の僕の背中の汗対策

自転車でバックパックを背負った時の僕の背中の汗対策

着替えを用意するのが基本

僕も時々通勤でクロスバイクに乗ったりします。
基本的に私服でOKな会社なので、スーツなどで自転車通勤をしている人ほどは汗に対して気を遣う必要はないとは思います。

しかしながら、汗をかいた後はサッパリしたいタイプなので、現場についたら着替えるというのが基本的な対策方法です。

バックパックに汗を吸わせたくない

自分が着ている服は、現場について着替えれば済むことですが、背負っているバックパックはそういうわけにはいきません。

ものすごく汗をかいてしまった時には汗がバックパックの中にまで浸透してしまうこともあるでしょうし、汗を吸った生地部分に塩を吹いてしまったりもします。

そうでなくても、気に入って使っているバックに汗が染み込んで汗臭くなってしまうのは、あまり気分が良いものではありません。

なので、僕の場合のバックパックの背中の汗対策は、服を汗で濡らしたくないというよりも、バックパックを汗から守るための対策を主眼においています。

自転車に乗った時の背中の汗かき対策には切り込みタオルを使う

自転車に乗る前には背中にタオルを入れて、タオルに汗を吸わせて、衣服とバックパックが汗で濡れてしまわないようにしています。

「なんだよ、そんな対策かよ!」と思われるかもしれませんが、ただ背中にタオルを入れるだけだと、タオルがヨレヨレになったり、下にずり落ちたり、首元からタオルが出てしまったりしてあまり具合の良いものではないので、ちょっと一工夫をしています。

タオルに切れ目を入れる

まずは、自転車に乗る時用のタオルを準備します。
タオルを準備したら、下図のようにタオル中央部分まで切れ目を入れます。
クロスバイクやロードバイクのバックパックと背中の汗でタオル

タオルを背負います

クロスバイクやロードバイクのバックパックと背中の汗でタオルを背負う
カットして二股になった部分を両肩にかけます。タオルを背負うようなカタチになります。このカタチで、上着を着て、バックパックを背負います。

これだけです。

え?と思う方も居るかも知れませんが、タオルの汗を吸い取る能力(もちろんタオルにも依りますが)は以外とすごくて、これをやるだけで、よっぽどの汗かきでない限りはTシャツもほとんど濡らさずに済んでしまいます。バックパックが濡れるようなことはほとんどありません。

まぁ、汗をかく量は、自転車の乗り方や個人によって大きく違いますが、のんびりペースであれば、僕の場合は30km程度走ったところでTシャツまで濡れてしまうことはほとんどありません。

背中に背負っている状態なので、タオルがずり落ちてしまうことも無いですし、見た目的にも自然な感じが保たれます。

目的地に着いたら、背中からタオルを抜き去れば良いだけですし、走行中の違和感もほとんど感じません。

どうしても密着を避けられない肩ヒモ部分もタオルが下地に来るので肩ヒモも汗から守ることができます。

切れ込みタオルは小学校のマラソンでの装備でした

実はこの方法は、僕が通っていた小学校でマラソンの授業の時に、生徒全員がやっていた方法です。

マラソンを走り終えると体操着が汗で濡れてしまい、そのままにしておくと急に体温が下がって風邪をひいてしまいます。そこで、この切れ込みタオルを背中に入れて対策するのです。

背中にタオルを入れた状態で走ると、汗をかいてもタオルが汗を吸うため、体操服がびしょびしょになりづらくなります。また、走った後すぐにタオルを抜けば、体操服は乾いた状態なので身体が冷えることもなく快適です。

中学校では使わなくなり、クロスバイクのESCAPE Airに乗り始めるまでは、そんなものの存在すら忘れていたわけですが、バックパックの背中の汗の対策を考えた時に、小学校時代のマラソン用の切れ込みタオルのことを思い出して、こうしてまた使うようになると、あらためて素晴らしいアイディアだなぁと感心してしまうのです。

バックパックで背中の汗に悩まされている方は是非試してみて下さい。おすすめです。

Comment

  1. […] airと自転車ライフさんで紹介されていたこの方法が最強です。 タオルを用意して、真ん中に切れ目を入れ […]

  2. よっぷ より:

    素晴らしいアイディアですね!
    早速やってみます(*^_^*)

    • escape air より:

      よっぷさま
      コメントありがとうござます!なかなか快適だと思います。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑